前回の響鬼購入の際、トイザラスの店員さんに入荷してくるのか聞いたら物凄い曖昧な対応だったので、業を煮やして仕方なく通販で頼みましたが、今回発売四日後に赴いたらちゃんと特撮コーナーの棚に陳列してあったのでちょっと安心してしまった自分
・・でもその陳列棚をよく見たらやたら商品が多く置かれてる事に気付き、ひょっとしてあんまり売れてないんじゃ・・?とも思ってしまいました
値段の関係もあって子供はやっぱりS.I.C.シリーズにあんまり手を出さないのかもしれませんね~?

そんな懸念を感じながらも再び購入したS.I.C.極魂。VOL.2となる今回は『仮面ライダー龍騎』でございます。
相変わらずS.I.C.と遜色ない造形美で出来映えもかなり良いのですが、よくよく目をこらして間近でじ~・・と確認してみますと、今回の極魂龍騎は細かい部分にアレンジが加えられていて、S.I.C.龍騎とはまた違った印象を醸し出している気がしますねぇ。



気付いたところだと龍騎の肩パーツと胸部パーツが若干ながらリファイン。肩の方はS.I.C.龍騎のような丸みを帯びた感じじゃなく尖がったようなデザインになっており、また少し外側に反ったような形にもなってるので、心なしか肩パーツがボリュームアップしてる感じも抱いてしまいます。
あと大胸筋チックな胸部パーツは、ファイズのように機械的(?)な模様が施されているのでこれもまたカッコイイ♪
付属パーツはちょっと少ないものの、ドラグクローやドラグセイバーは細かく作り込まれていますし、カードデッキも極小ながら龍の紋章などもちゃんと書き込まれているのでプラマイゼロ。今回も極魂の名に恥じない造形だったのではないでしょうかね~?少なくとも自分は満足できるものがありました♪




今度の極魂シリーズは8月に一旦間を置いて、9月にはまた新たにナイト、斬鬼、轟鬼と3人同時にラインナップされるのでこちらも結構楽しみっ♪



↑今月号のホビージャパンに公開されていた彩色サンプルを見ると、どうやらナイトの方も胸部に模様が新しく彫られてて鎧のイメージがかなり際立ったものになりそうです。これなら次のシリーズも期待できそうですが、でも3体同時リリースとなると1000円弱で購入できるリーズナブル感がちょっと薄くなってしまうような・・?

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。
ちょっと留守にしていたので、こちらに伺うのは久しぶりです。

このフィギュアは、知らないのですが、男心を揺さぶりますね。
いくつになっても、興味が失われません。

楽しい情報、ありがとうございます。
調べてみようかな。

匠な造形美

>亮さんこんばんわ♪ご無沙汰しております。

自分がよく購入してるこのS.I.C.と言うフィギュアは、『スーパー・イマジネイティブ・チョウゴンキン』の頭文字を取ったもので、主に特撮などのキャラクターを匠の造形師達が大胆にアレンジしたりして、芸術美に焦点を当てたフィギュアシリーズなんです。
その他にも『匠魂』、そしてこの『極魂』と、派生したシリーズがいくつもあり、亮さんの仰るとおり男心を揺さぶるようなカッコイイ造形に自分もかなり魅了されています♪・・・でもネックとしては値段が高いというのがありますね(汗)

でもこういった造形美を追求したフィギュアは他にもたくさんありますし、自分のような特撮オタク以外にも部屋のインテリなどに購入する人も増えているらしいので、亮さんも気に入ったフィギュアがあれば部屋の飾りとして購入するのも良いかもしれませんよ。

PAGETOP