【監督】摩砂雪、鶴巻和哉
【声の出演】緒方恵美/林原めぐみ/宮村優子/坂本真綾/三石琴乃/山口由里子/山寺宏一/石田彰/立木文彦/清川元夢/長沢美樹/子安武人/優希比呂/関智一/岩永哲哉/岩男潤子/麦人
【公開日】2009/6.27
【製作】日本

【ストーリー】
汎用ヒト型決戦兵器エヴァンゲリオンに乗ることで、自ら戦うことを選んだ碇シンジ。大きな運命を託された14歳の少年の物語は、ここから未知の領域へ突入する。エヴァンゲリオン2号機とそのパイロットである式波・アスカ・ラングレーの参戦。謎の少女、真木波・マリ・イラストリアスの登場。そして“使徒”とEVAシリーズの戦いは新エヴァンゲリオンの参加で、さらに激しくエスカレートしていく・・・
【コメント】
2007年の公開時、ほんの十数秒間だったとはいえ仰天なキーワードと映像がいくつも現れて強烈な印象を与えてくれた『破』の予告編。本作では情報の規制も上手かったのか、断片的な事柄しか得られないまま臨んだのもある意味幸いし、次々と明かされる事実やテレビの時とは異なる切り口から展開されるストーリーなどにも初見のような新鮮さを覚え、胸が高鳴ってスクリーンに釘付けになってしまいました。なるほど、『完全新作』と大袈裟に語るのも伊達じゃなかったです。

第1部であった『序』はテレビシリーズの第6話辺りまでをベースにしながらも、細かな変更点や新規のシーンなどを盛り込んだり、デジタル撮影・3DCGなどもフルに活用して全く新しいエヴァンゲリヲンを見せて大いに沸かせてくれましたが、今回の『破』は『壊す』という意味合いも含んでいるだけあり、元の内容を一度崩し、代わりに新しい要素を多数加える事で『序』以上に別な作品みたいにへと変化させているのが本作の最も大きな特徴でもあり魅力のようにも見えましたね。
冒頭における仮設5号機の活躍に、仁王立ちで堂々たる登場を果たしたアスカというように、観た感じだとスタート時から大分方向性が変わっていましたけど、そんな中とりわけ注目してたのがやっぱり初登場の新キャラクターであるマリの存在。パンフ(すんごい久々に買ったw)を読むと、彼女は『エヴァの世界を破壊するような存在』と書かれていたんですが、自分はどうもマリは『破壊』というよりも本来の立ち位置にいた人物やストーリーなどを随分と掻き乱して混ぜこぜにしちゃった存在のようにも見えちゃいましたねぇ。そのせいで今回の『破』の話がややこしくなったわけではないものの、聞き覚えのあるあのセリフこのセリフがあんな場面で言われてたりとか、本来乗るはずだったアイツがコイツになってたりなど、マリが絡んできた事によってテレビで見た様々なシーンもかなり起伏に富んでいたように思います。まあごっちゃごちゃにかき回したせいで途中ストーリーがあまりかみ合ってなかったり分り辛いという感じも抱くかなと思ったら意外にそうでもなく、むしろ新旧の要素を混ぜ込みながらもクライマックスまできちんと持っていってたのは素直に上手いとさえ思いました。
そんな盛り上げの起爆剤のような役割を担っていたマナ自身は本作であまり詳細が語られてませんでしたけど、その辺りは次回作に持ち越しなのかもしれませんね?好戦的という意外な性格が分かっただけでも収穫ではありましたが、それでも最初の頃はおしとやかな性格だと思ってたので、結構ギャップのあったキャラクターでございました

エヴァや登場人物の他にも忘れちゃならない第3新東京市に定期的にやってくる魅惑のキモキャラ、『使徒』のデザインに関しては今回もテレビとは大分違った姿をたくさん見る事が出来て、そこもまた良かった♪ラミエルの形態変化にびっくりさせられた『序』に対し、『破』は最強の拒絶タイプことゼルエルが一際異彩を放っていて、その圧倒的な強さは新劇でも健在。しかもテレビとは逆に、今度はゼルエルがエヴァを食べてしまい、真っ白な女体がニョキーンと出てくるシーンにもおったまげぇ~っ!あの異形さはラミエル以上じゃないでしょうかね~?
あと初号機とゼルエルの対決も、『破』を締め括る最後の戦いとしてヤシマ作戦に匹敵する興奮を与えてくれた気もします


緻密に描かれた背景や街並も相変わらず素晴らしいクオリティでしたし、ストーリーの方も路線を大幅に変更した事によってファンでも先があまり読めないドキドキ感があり、結果『序』の好スタートを損なわせる事無く、逆に勢いを付けて次回作の『Q』に良い形で繋ぐ事が出来た『破』はやはり期待以上の出来映えだった♪
真のエヴァンゲリオンにドネルケバブ・・・・じゃなかったネブカドネザルの鍵と未だ謎のキーワードがたくさん残されていますが、本作でエヴァ全機がほぼ再起不能に陥ってしまった辺り、『Q』はもしかしたらエヴァと使徒の戦闘シーンを若干少なめにしたりして、観た人が疑問に思ってる所などを一気に消化しちゃうパートとか含まれてるかもしれませんね。『ネルフ誕生』のようなエピソードがあれば嬉しいですし、出番が少なかったカヲルくんのリベンジもあるとなお良いですね

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
頭の中がエヴァ色に染まる見応え。  
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」は1995年から1996年に掛けて放送されたエヴァンゲリオンの劇場版を新たにリメークした作品で、前回の序に続く新ストーリーも組み込まれた新劇場版第2弾である。今回は前回の続編だけでなく、新キャラクターである真希波・マリ・...
新たに導入されたエヴァンゲリオン弐号機とそのパイロット、式波・アスカ・ラングレー。新たな適格者真希波・マリ・イラストリアス。互いの距離を近づけるエヴァパイロットたち。使徒との戦いは過酷を極め、少年少女は新たな運命に遭遇する。 かつて社会現象を巻き起こし...
☆今、五回目の鑑賞を済ませてきた。  本日、この映画のサントラが届くだろうから、それで多少なりとも、作品の咀嚼が可能となるので、再観を繰り返す必要はなくなると思う。  作り手(聞いて欲しい側)と私(何度も味わいたい側)の、 「売る側と買う側と万物を紡ぎ...
凄い!凄すぎる!前作比180%を超えて計測不能なくらいに凄すぎます!もう恐怖と興奮と驚きと感動で涙と雄叫びしか出ない!見終わった後5分くらい立ち上がれないくらいの衝撃作です。ですから今回は完全ネタバレレビューします。未見の方はご注意ください。 まずOPか?...
初登場となる新キャラクターや、新型エヴァンゲリオンにも注目の「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」全4部作の第2部!! 【関連記事】 「ヱヴァン...
[SFアクション][エンターテイメント][巨大人造人間][人間ドラマ][親子物][リビルド][アニメ][邦画][ビスタ][SRD-EX] 興奮度:★★★★★ ファン向け:★★★★★ ライト層向け:★★★★☆ 監督: (総)庵野秀明、摩砂雪、鶴巻和哉 出演: 緒方恵美、林...
[新世紀エヴァンゲリオン] ブログ村キーワード  前作公開から、待つこと2年。ようやく公開!「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」(クロックワークス/カラー)。興行の方も、公開と同時に好調なスタートダッシュを飾っております。『今回も、サービスサービス!』ってか!?...
これはただの総集編じゃない・・・ ストーリーも映像も、十分に楽しめました。 私自身、エヴァについて実はそれほど詳しくもなく、 TVシリーズは肝心な始めと終わりをちゃんと観ておらずで謎がいっぱい、 ある程度はネットでも確認できるけどやっぱり??? それ...
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 275本目 2009-35 上映時間 1時間48分 監督 庵野秀明 出演(声) 緒方恵美  林原めぐみ  宮村優子  三石琴乃  立木文彦  山口由里子  清川元夢  関智一  岩永哲哉 会場 TOHOシネマズ 府中 評価 8点(10点満点) ?...
{/kaeru_fine/} ここんところ何かと忙しかったりボケてたりしていたのは先日の記事で書いたとおり{/face_ase2/} そういえば、今週は息子が富士山{/ny_hatsuhinode/}の見える付近まで就職試験に行きました。早朝から見送ったり、深夜に迎えに行ったりとそちらも含めて過密?...
これはもう、新作ですね。 伝説の金字塔作品に対し、勇気あるチャレンジ精神?!「こういうのもアリなんだなぁ…」と思わず感心してしまいました 新キャラ。真希波・マリ・イラストリアス(をを、眼鏡っ娘!)を迎えた、新たな展開に、ドキドキ… 綾波レイや碇シン...

コメントの投稿

非公開コメント

は!

破!

思わず叫びそうなほど見応えがありました。^^

目まぐるしいだけじゃない驚きと新鮮味に溢れ,面白かったですね~。

次が待ち遠しくてなりません。
いつなんやろ・・・。

こんばんは

TB&コメントありがとうございました。

前作『序』は、結構正統派の面白さで楽しませてくれましたが、今回の『破』はエヴァらしい暴走っぷりが全開でしたね。いろいろと置いてきぼりを食らいそうな場面もありましたが、『男の戦い』をベストエピソードに挙げる僕には、今回の内容には文句のつけようがありません。

前回からさらに男らしくなったシンジ君の、さらなる成長を期待したいですね。提示されたいくつもの謎の解明も気になります。

男の戦い

>Akiraさんこんばんわ♪

はっ!!Σ( ̄▽ ̄;)

と息飲むくらいの驚きの場面がたくさんあって自分もとても見応えありましたね。テレビで見た3号機の悲劇や初号機の覚醒のシーンにしても、インパクトある曲や演出がとても上手くて凄かったですねぇ~。気持ちが凄い沈みもしましたけど(汗
でも当初は2009年に『急』が予定されてただけに、この分だと2011年頃に『Q』が公開されるんじゃないでしょうか・・?

>えめきんさんこんばんわ♪

今回の『破』は変わり映えしてる箇所がたくさんあっただけに、自分も興奮抑えながら置いてけぼりされないように見てた所もありましたね~w
そいえば自分もえめきんさんと同じく、テレビ版でゼルエルが大暴れする『男の戦い』が大好きなので、その回をクライマックスに用意していたのは嬉しかったですねぇ♪シンジも大分自分の意志を明確に持てるようになったみたいで、綾波のためになりふり構わず使徒と戦った姿はかなり男らしかった気がしますね。正に『男の戦い』です。

ようやっと拝めたか・・・

上のポスターを見ていて思ったのですが、今回一番割りをくったのは委員長ことヒカリちゃんではないだろーかと
彼女の一番の見せ場であったトウジとの切ないエピも、バサッとカットされちゃいましたからね。セリフといや「お弁当一緒に食べよ♪」くらいではなかったでしょうか

カヲルくんも目立つ位置に立ってますけど、結局出番あれだけかい(笑)
わたしゃいーですけど、彼のファンは納得いかないんじゃないかしら・・・

マリちゃんはCVが坂本真綾という時点でノックアウトされてしまいました。なにやら猫語しゃべってましたし、獣の本性もあるようなので、彼女の正体はたぶん猫人間だと思います。にゃー

ヒカリって・・・

>SGAさんこんばんわ♪

エヴァ好きな方の中にはヒカリファンも多いと思うだけに、今回の彼女の出番の少なさはホント悲しいですよねぇ(汗)ヒカリはトウジが3号機に乗るくだりでイイ場面がたくさんありましたけど、今回の『破』はアスカが3号機に乗っちゃったもんですからその分ヒカリのパートも大分カットされてて可哀そうでございました・・・(--;)『Q』でもこんな扱いになりそうな予感・・・。

マリの声役の坂本真綾は個人的にはルナマリアとかナタリー・ポートマンの顔がちらついちゃいますね(笑)猫語も良かったですが、『メガネメガネ・・・』とのび太くんみたいにメガネを探す仕草とかも自分はツボでしたよw

こんにちは

見事にぶっ壊してくれた「破」。
2回目も見てきちゃいました(^^)

メガネっ娘は、今風を狙ったキャラだなーと思ってましたが、結局謎めいたまま終わってしまった感じで、マリの必要性がまだ分りませんね。
カヲルくんも引っ張りまくってくれちゃって、さすが「エヴァ」ですよ。

白い女体は「おお!」ってなりましたねー。
というか、TVシリーズ~旧劇場版だと、ラスト間際で出てきたアレの半身にみえたから、「えー、もうそんな時期なの?」と思っちゃいましたよ。ロンギヌスの槍もそうだし、まだ半分なのに・・・って今後なにが起こるのか楽しみでなりません。

私の最近の真綾は、シエルって少年役(笑)
でもやっぱ上手いですねー。

メガネキタ!!

>たいむさんこんばんわ♪

自分も『破』の予告編で最初にマリを見た時はメガネ属性でもないのに『ついにメガネっ娘が来たっ!?』と、随分気分が高揚してたのを覚えてますね~w
でも残念ながら『破』の時点では彼女の全体像は分からなかったので、現時点では好きキャラとは言えませんけど、もしかしたら『Q』では日本に来た理由やなぜ2号機の裏コードとか知ってたのかなどなど、色んな秘密が分かれば好きキャラの株がググンと上がるかもしれませんね~?(ちなみに好きな女性キャラはマヤだったりします(笑)

そいえばクライマックスのゼルエルの女体といい、ロンギヌスの槍といい、旧劇場版と比べると展開が大分前倒しになってますね。この理由はやはり、後の2部作でもかなり新作の色合いを濃くさせるためなのかもしれないですね。

トラコメありがとうございました

今回の『破』はとにかく「凄い!」の一言に尽きましたね。

アスカが搭乗した参号機、レイを助けるシンジ、弐号機のビースト化、ゲンドウの狙い、そしてカヲルの本当の存在意味。

謎がまた謎を呼ぶ展開。
早く次の『Q』が見たいですよ。

ビースト!

>にゃむばななさんこんばんわ♪

当初の公開予定の年から大幅にずれていたものの、その分製作陣が時間を掛けて丁寧に作った部分を色々と感じる事が出来て、ホントに凄いとしか言えない内容でしたね~♪
随所に変更点が見受けられて驚きましたが、個人的に一番ビックリしたのは弐号機のビーストモードでしょうか。背中のボルトが外れて怪物のような姿になり、ATフィールドさえいとも容易く突き破るその獰猛なさは初号機の暴走と同じくらいのインパクトがありましたし、裏コードを知っていたマリの形相もかなり変わっていましたねぇ。テレビと違って新しい要素がかなり増えているので、その分新たな謎も出て来て自分もこれから目が離せない状態。もうしばらくエヴァ熱は収まらないですねw

初心者

こんばんは。
エヴァに関しては詳しくないので謎も多いのですが、
この‘破’はとても面白かったです。
新キャラ・新手法も斬新で、次回作以降の期待度も高まります。

これはちょっと・・TV版などをしっかり観直さないといけないかもです。

もう一度テレビを・・

>未来さんこんばんわ♪

完全新作と謳ってたものの、今回の破もテレビ版の6話以降をリファインした形になっていたので、やっぱり初めての方には敷居が高いかもと感じたのですが、未来さんも面白く観れた辺りからするとファン以外の方にも受けが良いのかもしれませんね♪

パチンコなどでエヴァ旋風が吹き荒れていますから、ホントテレビ版ももう一度再放送とかして欲しいものですw

おじゃまします

おじゃまします。
随分前にブログにコメントいただいたのに今まで放置して申し訳ありません。
このエヴァは以前のものと結構違う部分があって楽しめました…がまだ警戒は解いていませんよエヴァには。
今となってはこの警戒も含めてエヴァの楽しみ方なのかもしれませんなぁ^^;
また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします(良いお年をお迎えください)。

安心するには早すぎる

>ピロEKさんこんにちは♪

ブロガー様によっては諸事情が色々とありますから、TBやコメントが遅れても基本的に自分は大丈夫なので問題無しですよっ。
そいえばエヴァ破は結局自分は今年のベストに選んじゃいましたね~。冒頭からかなりハマッちゃいましたし、テレビとは違った展開も多々見られて興奮しまくりでした。・・・でも次の急で終わるかと思ったらQになっちゃいましたから、確かにまだきな臭い部分は抜けてませんよね。がた落ちする可能性も捨てきれないので用心用心w

2009年もあと少しで終わりですね。ピロEKさんにも今年色々とお世話になりました♪来年もよろしくお願い致しますっ。

PAGETOP