へんなギャラ~新しいお金の稼ぎ方、発明マニュアル~

100年に1度の世界的大不況と言われてる現在、安定した収入と職業を得る事もかなり難しくなり、そして自分の職場もいつ突然潰れてしまうか分かったもんじゃない。・・・そんな不安定でお先真っ暗な今日この頃ではありますが、↑の本を読んだらなんかそういうネガティブな気持ちがちょっと和らいできて、仮に職場が倒産とかしてもこの本を参考にして食い扶ち見つければ何とかなるかも~?なんてポジティブな気持ちも少々沸いて来ちゃいましたね
この『へんなギャラ』という本は、日本のみならず世界中にある仰天な仕事・・・それこそ体を使ったものや頭を使ったもの、暇な時間にやるものや運頼みのものなど、様々な副業を簡潔なイラストと文章で紹介しており、その副業で得られる(または得られた)ギャラなどを5つ星判定のデータと共に分かり易く掲載していてなんとも面白おかしい内容になっています。

自分が知っている副業的なお金儲けと言えば、こういうブログに広告のバナーなどを貼って大なり小なりの金額を貰えるアフィリエイトや、個人でリサイクル品などの物品を売買するフリーマーケット、あと視聴者から投稿された情報やネタが採用されたら○万円貰えるなんていうバラエティのテレビ番組とかが思い浮かびますね。
けどこの本の中には『人生をそっくり売って4100万円』、『オンラインゲームのアイテムを現金販売して年収500万円』、『繁殖力のあるオスの三毛猫が生まれたら5000万円』など、ちょっとしたアイデアや偶然の産物が生み出すもので一気にお金持ちになるものもあれば、『1日中空を見上げてるアドバルーン監視人をして日給1万円』、『他人の墓を代理でお参りして一墓8000円』、『海で漂流アヒルを見つけたら1匹12万円』など、凄い楽そうなんだけど妙に変てこな仕事まであったりと、『世の中にはこんな副業があるんだな~』と、読んでて何かと驚く所がありましたね。

その中で個人的にかなり気になったのが、『映画『サイコ』の初版のチラシは15万円』という内容のもの。
映画のチラシは自分も観た映画をブログの記事にする上で『顔』のような役割も担っているため、結果映画館に足を運べば必ずといっていいほどチラシを何枚か貰いますし、タダなのもあってか自分もブログ開設を機に結構な数のチラシをコレクションするようになってきたんですよねぇ。
そのタダ同然のチラシも何十年か経つとプレミアみたいなものが付くのか、上記の『サイコ』の初版チラシはネットオークションでなんと15万もの高値にっ!?クリント・イーストウッド出演の『荒野の用心棒』のチラシに到っては25万円にもなったんだそうです。スゴッ!!

とまあこう聞くとチラシコレクターの方は『もう何十年でも保管しちゃうよ~!』な感じでやる気も出てくるとは思いますが、残念ながら日本で公開される各映画のチラシは宣伝を目的とした大量配布のものが多いので稀少価値になるチラシはほぼ皆無。自分も途中で読んでてガックリうなだれてしまいましたよ
しかし国内は無理でも海外で作られた『英語の映画チラシ』は結構高値が付くらしく、その理由としてはイギリスやアメリカといった国では基本的に映画のチラシというものを作らないからだそうです。一部の国でしか英語チラシを作っていないのも稀少且つ価格高騰の理由の1つらしいので、映画好きな方はこれから海外旅行などに行く際、映画のグッズなどよりも英語のチラシを見つけたらなりふり構わずゲットしたほうがいいかもしれませんね


・・・と言うか自分、この本を読んで映画のチラシが海外には殆ど無いって事を初めて知りました



ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
副業に関する本を集めました。 より多くの収入を得て豊かになりたい──。 そんなときに役立つ本を厳選しました。 是非、お役立てください。 週末起業 (ちくま新書) 「リストラされたらどうしよう」「老後の生活が気がかり」「いまの仕事で喰っていけるのか」―。景気が冷...

コメントの投稿

非公開コメント

こちらにも~。
面白そうな本ですね!ホントに、わたしの仕事も
この不況をもろに受けているので、いろいろ考えちゃいますが・・・
このご時世、あまり深く考えず明るくいくしかないですね!

この本に紹介されている仕事は、どう考えてもわたしは
実行できそうにない(笑)けれど、たくましくさまざまな仕事に
挑戦する人たちがいると知るだけでも、勇気付けられそう!

目まぐるしいです

>JoJoさんこんばんわ♪こちらの記事にも有難うございます♪

最初この本を手に取って立ち読みしてた時、あまりにおかしい内容ばかりで思わず『クックッ♪』と笑いが漏れてしまい、他の人が見たらかなりキモイと思われそうだったので、立ち読みやめてそのままレジに直行しました(笑
でも不況の波を食らっているのはどこでも一緒ですね。JoJoさんのところも大変そうですが、自分の所も職場の体制や人事異動、給料減など色んなことが目まぐるしく変わって先のことをかなり心配しちゃっております・・(--;)こんな本でも読んで少しでもポジティブ思考にならないと毎日やってられませんねホント。

あ、この本自体は結構面白いので、JoJoさんも本屋さんで見つけたら一度手に取ってみて自分と同じように『クックッ♪』となってみてください(笑

おもしろそうですね

おもしろそうな内容の本ですね。
個人的には、海で漂流しているアヒル・・・
これは、すごいなぁ。
なんなら、敢えてアヒルを放流してもいいような気がしましたよ。
どうですかね、100羽で1200万円でしょう!
やってみますか?


海外ではチラシは作らないんですね。
これも初めて知りました。
邦画の等身大ぐらいのハリボテなんか、意外と海外で人気かもしれませんね。
アキバ系が海外でも人気ですし!!

目印は白

>亮さんこんばんわ♪

『海で漂流してるアヒルで12万円』は、1992年に中国で作られたアヒルのおもちゃ3万個をアメリカに向けて船で輸送中だったところ、嵐にあって3万個が全て海の彼方に・・w
以後17年間、見つかったアヒルもいれば未だ海を彷徨ってるアヒルもいるそうで、この漂流アヒルを見つければ1万2千の報奨金、コレクターの間では12万円もするそうです。アヒルの特徴は長年の彷徨で色が真っ白になってるのが目印(笑)みたいなので、亮さんも運よければ見つける事が出来るかも?w

でも海外はチラシ作らないけど、ハリボテはどうなんでしょうね?ホント、各映画の等身大ハリボテのほうがチラシよりもはるかに高価に見えるんですけどね?(汗

PAGETOP