レイジング・インフェルノ
【監督】ジョン・ターレスキー
【出演】ブルック・バーンズ/リック・ラヴァネロ/ウィンストン・レカート/ワンダ・キャノン/エリン・カープラック/ロバート・モロニー/レックス・リン
【公開日】未公開
【レンタル日】2009/4.3
【製作】カナダ

【ストーリー】
消防隊員のクリスティンには心に決めた使命があった。火災現場で命を落とした父の遺志を継ぎ、最も危険な森林降下消防隊“スモーク・ジャンパーズ”に入隊することだ。それは女にとって過酷な挑戦だったが、激しい訓練を重ねたクリスティンは着実に夢に近づいてゆく。そんなある日、大規模な森林火災が発生。業火は山麓の街に迫り、消防士たちにも多くの犠牲者が出た。必死で消火活動を続けていたクリスティンは、姉の家族が山中で孤立していることを知り、捨て身で救出に向かうが・・・。
【コメント】
消防士達の活躍を描いた作品なら結構な数があると思いますけど、森林火災に焦点を当てたものは珍しいなと思って借りた本作。亡くなった父の跡を継いでその子供が同じ道を歩むっていう設定はちょいベタなものの、そこに女性ながらの問題や苦悩をちゃんと加えてる辺りはしっかりした作りだと思いました。

昨今の森林火災などで個人的に印象に残ってるのは、やはり今年の2月に起こったオーストラリア・ヴィクトリア州で発生した大規模な森林火災。記録的な気温上昇や異常乾燥など、様々な悪条件が重なった結果、200人以上の死者を出したというこのオーストラリア史上最悪の惨事は、普段こういった災害などと縁遠い場所に住んでる自分にも改めてその怖さを認識させてくれた気がします・・。
それに森林火災などは風向きなどによって火の勢いや火災範囲が劇的に変化し、そのため建物の火事などとは違った恐ろしい側面もあるんだとか。辺りに火が広がる速度も常人が思ってるよりは半端無く速いらしいですし、その為異常なスピードで周りを炎に包み、消防隊員達を瞬時に飲み込んだ本作の炎の速さも決して大袈裟なものではないのかもしれない。森林降下消防隊、通称『スモーク・ジャンパーズ』も燃え盛る火の森の中にパラシュートで降りて突っ込むわけですから、選ばれた者のみが隊員になれるというのもなんか頷けますね(・・でもそれにしてはガケに引っ掛かったりして『えっ?』と思う部分もありましたけど・・

また主人公が女性というのもあり、『消防隊員に女は不要だ』と上司からのあからさまな性差別や嫌がらせも本作では描かれている。確かに消防隊員は災害現場でも十分に対応できるように過酷な訓練を毎日こなしてるため、体力的な面からしてどうしても女性には無理だと言う印象が抱かれる。・・でもそういう体力的・骨格的な点は男女の差別というよりも差異ですから、クリスティンの上司の考えもひどく偏見なものに見えてしまいましたねぇ。


観終わった結果として、本作は森林火災の現場の最前線で被害を最小限に食い止めるスモーク・ジャンパーズらの活躍より、そのスモーク・ジャンパーズに憧れ、性差別や周りからの反目を受けながらも目標に向かって一歩ずつ前進していくクリスティンの成長物語のように見えましたが、これはこれでもしかしたら良かったのかもしれない
もしスモーク・ジャンパーズや消防隊員達の活躍をメインに置いていたら、妙に違和感のあった炎のCGが気になって、1分1秒を争う消火活動などに緊迫感を持てなかった気もしますし、特例とはいえ1週間しか訓練を受けていないクリスティンを現場活動にあたらせると言うのもなんか無理があった気がします
けど火を防ぐには火を使うという逆転の発想とも言うべき対処法は結構タメになりましたね♪(本当に正しいのかどうかは分かりませんが・・

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
原題:TRIAL BY FIRE/SMOKE JUMPER公開:2008年TVM製作国:カナダ上映時間:99分監督:ジョン・ターレスキー出演:ブルック・バーンズ、リック・ラヴァネロ、エリン・カープラック、ロバート・モロニー、エリカ=シェイ・ゲイアー、ウィンストン・レカート+あらすじ+父の?...

PAGETOP