ワルキューレ
【監督】ブライアン・シンガー
【出演】トム・クルーズ/ケネス・ブラナー/ビル・ナイ/トム・ウィルキンソン/カリス・ファン・ハウテン/トーマス・クレッチマン/テレンス・スタンプ/エディ・イザード/他
【公開日】2009/3.20
【製作】アメリカ

【ストーリー】
偉大な作曲家・ワーグナーの代表曲から名付けられた極秘作戦-『ワルキューレ』。反乱組織の首謀者であるシュタウフェンベルク大佐は、自宅でワーグナーの『ワルキューレ騎行』を耳にしたことから、『ワルキューレ作戦』を利用してヒトラー独裁政権を崩壊させると言う壮大な計画を思い付く。
『良心』に従い世界を変えようと協力する者。『独裁者』の権力に屈し作戦を阻止しようとする者。『両者』の裏で陰謀を企む者。そして困難な計画の行く末を見守る家族。様々な思惑が交錯し、果たして過去40回を超える暗殺未遂計画を潜り抜けてきた厳重な警戒に匿われた男を倒す事が出来るのか?
死と隣り合わせの極限状況の中、世界の命運をかけた『10分間』のカウントダウンが始まる・・・
【コメント】
ヒトラー政権もやっぱり一枚岩なわけじゃなかったんですねぇ・・。まあ40回以上も暗殺計画が行われていたそうなので当たり前って言えば当たり前なんですが、個人的にナチス・ドイツ関係の作品はそう観てる方ではないので、本作も戦争の中で自分の良心と義に従って反旗を翻したシュタウフェンベルクという人物の生涯を知る上では結構見応えがあった作品でしたね。好きジャンルの実話なだけにっ。そしてトムも出てるだけにw

独裁政権によって罪無き人々が虐殺されていく現状に心を痛め、レジスタンス勢力の一員となりヒトラー暗殺を謀るシュタウフェンベルク。『ワルキューレ作戦』と名付けられた彼の暗殺計画は、暗殺・逃亡も含め僅か10分足らずの非常にスピーディな作戦なんですが、そこに到るまでの話の流れがとても緊迫感に溢れていて、引き付けられるシーンもかなり多かったです。
何しろヒトラー暗殺の首謀者や実行犯、またそれに加担していたと知れれば、有無を言わさず反逆者として捕らえられ処刑されてしまうだけに、隠密裏に計画を進めていくドキドキな展開は観てる方も冷汗をかいてしまいそうなほどっw本来のワルキューレ作戦を発動させる司令官の所に大胆にも接近したり、シュタウフェンベルクと副官との爆弾の組立てやテーブル下への設置などもハラハラさせられてしまいました。

主人公のシュタウフェンベルク大佐を演じたトム・クルーズも実際のシュタウフェンベルクと似てるかは分かりませんが、インパクト大のアイパッチとナチ軍服に身を包んだ姿はやはりカッコイイ♪出演作が決まる度大なり小なり騒がれてしまい、本作でも撮影上のトラブル続出で公開前から話題に事欠かなかったみたいですけど、それでもひとたびスクリーンに現れると、他を寄せ付けないスターとしての力を発揮する辺りはさすがトム♪何を演じてもサマになるし、自分もトムが出演してるだけで観たくなるっていう部分もあるため、そういう気持ちにさせてくれる彼の存在感の大きさってまだまだ健在だなとも思いましたねぇ。
トムの他にもレジスタンス側やヒトラー側にタバコが似合うシブいオヤジ達が脇を固めててこれまたカッコイイ♪ビル・ナイなんて個人的に他作品で化け物役しか印象に無いので、今回のオルビリヒト将軍役はどことなく新鮮に見えてしまいました


でも正直なところ、シュタウフェンベルクという人物やワルキューレ作戦等もトムがこの映画に出演するっていう時点で初めて知ったもんですから、自分には敷居の高い映画になる恐れもあったんですが、そういった史実に詳しくなくても彼らの心理的な駆け引きや1発勝負の作戦といったスリリングな場面だけでも観た価値はあった本作。
ヒトラーも歴史上で暗殺はされていないから結末も観る前から分かっていても、その過程で描かれる反ナチス派の将校たちが、覚悟を決めて本気で変革を促そうとした勇気と信念の姿はとてもドラマチックでした

『ワルキューレ』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
 『ワルキューレ それは女神の名を冠した「作戦<ミッション>」』  コチラの「ワルキューレ」は、紆余曲折を経て3/20に公開されたトム・クルーズ主演のサスペンス・アクション超大作なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪歴史にその名を刻む独裁者ヒトラーの暗殺...
ワルキューレ・・・・それは女神の名を冠したミッション。・・・・実話好き,歴史もの好きの私としては,もうそれだけで鑑賞意欲は最高潮に達する。首謀者のひとりで,のちに「ヒトラーに対する抵抗運動の英雄」と讃えられたクラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐を...
 アメリカ&ドイツ  サスペンス&ドラマ  監督:ブライアン・シンガー  出演:トム・クルーズ      ケネス・ブラナー      ビル・ナイ      テレンス・スタンプ 【物語】  第二次大戦下、劣勢に立たされ始めたドイツ。アフリカ戦線で左目を失う...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ・ドイツ 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ    ケネス・ブラナー    ビル・ナイ    トム・ウィルキンソン    カリス・ファン・ハウテン    トーマス・クレッチマン    テレ?...
失敗は成功のもと。  
『ワルキューレ』を観ました第二次世界大戦時に実際にあったヒトラー暗殺計画を題材に、トム・クルーズが主演を務める戦争サスペンスです>>『ワルキューレ』関連原題: VALKYRIEジャンル: サスペンス/ドラマ製作年・製作国: 2007年・アメリカ/ドイツ上映時間: 12...
予告編では、バックに流れるワーグナーの旋律に心が掻き立てられたんだけど、結局シュタウフェンベルク大佐が「ワルキューレ作戦」をクーデターに利用することを思いつくシーンにしか使用されなかったのが残念だった
ユダヤ人でゲイという、ヒットラー時代のドイツだったら確実にガス室行きのブライアン・シンガー監督が、主演にトム・クルーズを迎えて作り...
本作「ワルキューレ」は実際に第二次世界大戦中にあったドイツ将校によるヒトラー暗殺
映画ワルキューレの感想  史実をもとにしているということで、計画が失敗することは...
ミッション・インポッシブル・イン・ジャーマニー。かつてミッション・インポッシブルでフェルプスを主役の座から引きずり降ろした上に殺害し、後任に居座ったトムが、そのノウハウを活かして権力争い映画に再登場。主役内定していたトーマス・クレッチマンを脇役に左遷さ...
スッキリと痩せてカッコ良く見えたトムがスマスマに出演したのを見たし(『トロピック・サンダー』の時とは大違い・笑)、TV放送された『トップ・ガン』も見た。楽しみだなぁ~ワルキューレ【story】第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目、右腕、左手の指2本を失った将校...
ドイツ人将校をトム・クルーズが?ってことは英語で?? なーんて懐疑的に観始めた本作。 でも、そんなことはすぐに気にならないくらい緊張感のある展開で、すぐにストーリーに引き込まれた。 特にミッションが開始されてからの緊張感は物凄くって、手に汗握りながらな...
「ワルキューレ」は第2次世界大戦のナチスドイツでヒトラー暗殺計画を企てた幹部たちのワルキューレ作戦の全貌を描いた実話の歴史ストーリーである。第2次世界大戦でヨーロッパを恐怖に陥れたヒトラーの暗殺計画の中でも大規模な暗殺計画には祖国ドイツを愛した人たちのゲ...
監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン 評価:83点 第2次世界大戦末期にドイツで実際に起きたという、ヒトラー暗殺未遂事件を映画にしたもの...
「ワルキューレ」を観てきました~♪ WWII末期、アフリカ戦線で負傷したシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、トレスコウ少将(ケネス・ブラナー)、オルブリヒト将軍(ビル・ナイ)が中心となっているレジスタンスのメンバーにスカウトされる。同士のメ...
今週の平日休みは・・・ 久しぶりにラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」で鑑賞。
「ワルキューレ」、観ました。 第二次世界大戦中、ドイツのシュタウフェンベルク大佐は激しい戦いを経て、一つの決意をする。ドイツと世...
 ワルキューレとは→北欧神話に登場し、「戦死者を選ぶ者」との意味を持つ女神たち。その女神の名を冠した「ワルキューレ作戦」 3月27日、MOVX京都にて鑑賞。 トム・クルーズが実在したドイツ名門貴族出身の将校、クラウス・フォン・シュタウフェンベルグを演じた。...
本日は最近すっかりアメコミ監督となっていたブライアン・シンガーの最新作『ワルキュ
 久しぶりに映画館に行って来ました。観て来たのはブライアン・シンガー監督&トム・クルーズ主演の『ワルキューレ(英題:VALKYRIE)』、第二...
□作品オフィシャルサイト 「ワルキューレ」 □監督 ブライアン・シンガー □脚本 クリストファー・マッカリー、ネイサン・アレクサンダー □キャスト トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・ク?...
コスプレはトム・クルーズの十八番 【Story】 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ...
ヒトラーの独裁政権下のドイツ。絶対的な権力を誇るヒトラーだったが、その支配体制に反感を抱く将校も少なくなかった。反政府的な態度から最前線へ飛ばされたシュタウフェンベルク大佐は、負傷を期にベルリンに戻った。そこで反ヒトラー組織の一員となり、自らが発案した...
最初この映画の予告編を観た時に「今時ヒトラー映画!?」って思いましたが・・・当時ヒトラー暗殺計画なるものが40数件も起こっていたとは知らなかったので、ちょっと興味をそそられて公開初日に観てしまいました{/face_ase2/}。 ヒトラー暗殺計画の史実に基づいた脚?...
▼動機 この頃流行の実話物 ▼感想 「へぇ~」 ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回?...
祖国を救うために戦う・・・それが、全てを犠牲にする選択だったとしても。
全編に緊迫感はあったけど、冒頭の暗殺計画のところが一番ドキドキしたかも
え~っと、ブログを蔑ろにし続けているピロEKです{/ase/} ちゃんとした近況報告も含めてどのくらい放置してるんでしたっけ{/hiyo_oro/}{/ase/}… 先週からはAmazonで購入したPSPとモンハンポータブルセカンドGのお陰で、他の日常生活まで疎かになっております{/face_as...
VALKYRIE 2008年:アメリカ 監督:ブライアン・シンガー 出演:トム・クルーズ、ケネス・ブラナー、ビル・ナイ、トム・ウィルキンソン、カリス・ファン・ハウテン、トーマス・クレッチマン、テレンス・スタンプ、エディ・イザード 第二次大戦下のドイツ。純粋に祖?...
トム君のサスペンス? 予告編を観た時はそんな印象。 第二次世界大戦下のドイツ。 アフリカ戦線で左目を負傷したシュタウフェンベルク大佐は、 “良心”と“忠誠心”の葛藤に悩んだ末、 祖国の平和のためにヒトラー暗殺を考えるようになる。 彼は暗殺計画≪ワルキ...
あらすじ連合軍との死闘によって、ドイツの敗色が濃くなった第二次世界大戦末期、ドイツ人将校シュタウフェンベルクはヒトラーの危機管理オペレーション≪ワルキューレ作戦≫を巧み...

PAGETOP