劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

【監督】水島精二
【声の出演】朴路美/釘宮理恵/豊口めぐみ/大川透/内海賢二/根谷美智子/藤原啓治/三石琴乃/江原正士/柴田秀勝
【公開日】2005/7.23
【製作】日本

【ストーリー】
2つの世界に引き離されたエルリック兄弟。西暦1923年、『現実世界』にいる兄エドワードは、ドイツ・ミュンヘンで弟の面影を持つアルフォンス・ハイデリヒの力を借り、ロケット工学を学んでいた。しかし、中々弟の居る世界へ戻る手掛りが得られず、エドは焦燥を募らせていた。そんな中第一次世界大戦に敗戦したドイツでは、破滅的なインフレが進行。その状況に不満を抱く者達はトゥーレ協会を名乗り、理想郷シャンバラの門を開き、排他的な単一民族国家形成を目指していた。
一方、壮絶な戦いから2年後の『錬金術世界』。そこには生身の体と引き替えに、兄との4年間の旅の記憶を失った弟・アルフォンスが、兄・エドの行方を追う旅を続けていた・・・

【コメント】
原作コミック実に累計1500万部以上もの売上を記録した『鋼の錬金術師』の劇場版。
自分も原作は結構好きですし、久々の劇場アニメ鑑賞と言うのもあってか、中々面白かったですね。

『命の尊さ』や『人間賛歌』のテーマを扱った深いストーリー性は損なわれる事無く、むしろ劇場版で更に増したと思える位良く仕上がってると思います。
原作やTV版にもあった、イシュバール人に対する人種差別、そして戦争や紛争等、こう言った現実問題の兆候が一番激しかった1920年代初頭のナチス台頭時代に、現実世界のストーリーを絡めたのは上手いですね。
劇場版は錬金術世界と現実世界の2つが舞台ともなり、平行世界という設定をTV版よりも強く押す必要があったと思うので、水島監督のこの配慮は観ていてもあまり無理矢理さが感じられず、スムーズに物語を理解できました。

また、監督も工夫をしたと言うキャラそれぞれの表情の細かさ等にも力が入っており、冒頭の現実世界の馬車で女性達が歌う所は本当に口や表情などが細かく描かれており、更にそのシーンだけ妙にアップになるので、『このシーン注意深く観てくれ!!』と言わんばかりのようでした(^_^;)(笑

御馴染みのキャストもほぼオールで登場してくれて、ファンにとっては嬉しいですね♪(ちなみに自分はアームストロングが好き♪)
と言うか2年経って一番変わったのは、ホムンクルスのグラトニーだけだと思うのは自分だけでしょうか?キモいよグラトニーッ!!∑( ̄□ ̄;)

ただ、オール出演は確かに嬉しい所なのですが、その分それぞれのキャラに時間を割き過ぎて、エドとアル主体の物語としてはイマイチ稀薄になっているのではとも思います。特に錬金術世界のアルサイドはもう少し深いストーリーを入れて欲しかった。イズミ師匠が何時の間にか逝っちゃってましたし・・・(汗


でもアニメ映画としては結構高い完成度ですね☆
アクションシーンも派手な場面が有り、エドとアルがそれぞれを想い合う兄弟愛にも相変わらず感動してしまいます(T-T)
TV版のダイジェストみたいなシーンやセリフも出てくるので、もしかしたら予備知識が無い方でも観る事が出来るかもしれませんね。


『鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』公式サイト
ア・ル・エ・ド!!観てきましたよ、「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」!!皆揃ってハッピーエンドではないし、切なさが残ったところもあるにはあるのですが、やっぱり一番言いたいのは、アル、良かったねvv重い罪を背負ったまま生き続けることになろうが、たくさんのも
人気アニメ「鋼の錬金術師」の劇場版映画「鋼の錬金術師 シャンバラを征(ゆ)く者」が23日公開された。東京都中央区の映画館では、水島精二監督や、主演の朴ロ美さんやかとうかずこさんら出演者が約800人のファンを前に挨拶を行った。「鋼の錬金術師」は、荒川弘さんの原作
はい、観に行ってまいりましたよ、初日初回で大スクリーンでのアルを!(勿論兄さんもvV)最初は観るだけでいいや、と思っていたのに、観終わった後にはパンフを買い、その後訪れたアニメイトで延々ハガレン映画の予告編が流れていたので見入ってみたり、映画のシナリオ本が
新宿で舞台挨拶と劇場版鋼の錬金術師を観てきました!始発で新宿に向かい、6時頃新宿ピカデリーに到着。すでに人人人…徹夜組もいるんだろうなぁと思わせる長い列。お若いお嬢さんが多い。男性客もいるけど、もう圧倒的に女性率高し!!列に並ぶと「立ち見になりますがご了
「人は何かの犠牲なしに、何も得ることはできない。何かを得るためには、同等の代価が必要となる。それが錬金術における等価交換の原則だ・・・。」荒川弘原作で、2003年10月~2004年9月にTVアニメ化された「ハガレン」こと「鋼の錬金術師」の続編にあたる物語。公開
では映画本編の感想です。前夜祭の感想はこちら。以下ネタバレにつきご注意ください。特に映画を見ていない方はネタバレで大きなショックを受ける可能性がありますので……。また、書いてみて気がついたのですが、かなり愚痴っぽい部分が多くなってしまいました。そういった
昨日【劇場版鋼の錬金術師 シャンバラを往く者】観てきました待ちに待った劇場版!!ついに公開日~~~~!!L(@^▽^@)」 ってか凄い人!!一回目見たかったけど、満席2回目にしようとおもったら2時間前なのに席ほとんど残ってないし!まぁ 結構いい席取れたから良
1回目の鑑賞感想。落ち着いて見たかったので、初日のレイトショーで行ってきました。客層は見事に大人ばっかり(終わる時間を考えたら当然だけど)。予想通り、女性二人組というのも多いんだけど、男性が一人で来ているってのも多くて、全体的には男女半々ぐらい。静かに鑑賞
観て来ました。『シャンバラを征く者』。朝いちばん(8:35から…)で。あまり詳しく書かないと思いますが、これから映画を観ようという方は、以下を読まれないほうがよいかと思います。*********************まずは、「予備知識を何も入れていかなくて
-----『ハガレン』映画になったんだ?「よく知ってるね。ぼくはタイトルを聞いたことがある程度。でもこれ、すごい人気なんだね。試写室は満員御礼状態だったよ」-----けど、それじゃ、わかりにくかったんじゃニャいの?「あらかじめプレスに目を通して予習してはおいたんだ
早速、観てきた♪以下、ものすごくネタばれしております。マスタングさんは…伍長、ですか。階級が何であっても、やはり上に立つ人なのねvvと思う。マスタングさんを北方に尋ねたときの、「大佐が待ってるのは中尉じゃないと思う」というようなハボックのセリフ、寂しい…。
text by 八丁ウィンリィ・・・ヤヴァイゼ・・・>挨拶みなさまこんばんわHP作成完了 テストは始まったばかり 鬱八丁ですさて!今日は!劇場版 鋼の錬金術師~シャンバラを征く者~の公開日であります!ってことで早速Crowタンと見てきまし...
劇場版「ハガレン」見てきました~急に思い立って。ちょうどネットで公開してる劇場一覧みたいなのをカチカチやってたら、うちのすぐ近くの映画館でやってることが判明!で、それがわかったのが公開予定時間からわずか40分ほど前。ひたすら車を飛ばして映画館へかけつけまし
大きなお友達たちと観てきましたよ(笑)まさかこんなにハマるとはね~自分でも意外なこと。アニメは第1話をポルノグラフティメリッサ (CCCD)のためにみたんですが。まぁ正直、漫画の前評判も知らずに見ただけなので「面白くないなー」って感じだったんですが、数ヵ月後、偶
鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 観てきました。 映画公式サイトブログのタイトルに深い意味はありません。はい映画には映画館で観るべきものとDVDになってから家でゆっくり観たほうがいいものがありますが、この映画はDVDになってからの方がいいのかなと思います。これ
毎月1日は映画の日と言うことで「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」を観た。ネタバレはしないし出来るほど理解力ありません。テレビ版の記憶も相当おぼろげな状態で観ましたから。なので感覚だけの感想。とりあえず良い作品だ。オープニングの入りはあまり好みじ
えーーっと、これは原作の漫画も、TVのアニメも観てなかったんですが^^;そんなんで観に行って、大丈夫かなぁ?と思いつつ某劇場は入れ替えなしなんで・・・もののついでに観られちゃうものですから・・・ほんっと、そういうスタンスじゃなきゃ、絶対映画館では...
監督・・・水島精二原作・・・荒川弘『鋼の錬金術師』(月刊少年ガンガン連載)主題歌・・・L’Arc~en~Ciel出演(声)・・・朴路美(エドワード・エルリック)、釘宮理恵(アルフォンス・エルリック)、豊口めぐみ(ウィンリィ・ロックベル)、大川透(ロイ・マスタング)、内海賢...
先週久しぶりに映画を見てきました。「劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」です。 久しぶりのハガレンで、興行成績ランキングもそれほど高くないので、あまり期待しないで行ったのですが、これがまたどうして、かなり面白かったです。これは「テレビ版鋼の錬金?..
 劇場版「鋼の錬金術師 シャンバラを征く者」観てきました。  もぉねぇ、最近のアニメでは最高の出来栄えです。 エヴァ以来の大作だでしょうか。  何がってストーリーがさ。 子供だけが観るにはもったいない作品です。  アニメが....
いや~やっと見れました。 とはいうものの・・・。 Agehaは実はこの話原作のマンガのほうを5,6冊読んだ程度で アニメ版はまったく見てなくて。 アニメの最終回がどうなったのか知らず、予備知識のないまま 劇場版DVDを見てしまったもんで なんでアルは鎧の姿じゃない
アニメ・漫画で大ブレー鋼の錬金術師&YouTube(動画)を厳選して提供します!!
鋼の錬金術師の動画はこちらからどうぞ
鋼の錬金術師、懐かしいですね。冒頭でアルを見たとき、一瞬エドかと思っちゃいました。

コメントの投稿

非公開コメント

観てきました~

TV放映終了後の後日談を映画にして失敗する作品が多い中、シャンバラはとてもよかったと思います!
個人的には、物語のエンディング、もうちょっと、ハッピーエンドでもよかったんじゃないかなって、気がします。今まで、苦労したんだから、最後くらい・・・っと言っても、この作品らしい締め方でもありましたね。エド・アルのこれからの続編は期待しませんが、OVAあたりで、サブキャらの皆さんの話とかやってくれたら、涙ものです(笑)

OVAとか期待したいですね(^▽^;)

こんばんわ♪コメント有難うございます♪

そうですね~、最後の終り方は自分も予想とは大分離れた結末でしたね。てっきりエドも元の世界にと思いました(^_^;)
もし、OVA化等にするのなら、自分もエド・アルを中心とした物語じゃなくサブキャラ中心としたアナザーストーリーにして欲しいですね。

映画の後日談でも良いですし(笑

初めまして!

TBありがとうございました。
試写でご覧になった方の感想が賛否両論で、自分の目で観るまではドキドキしていたのですが、思いの他映画の出来がよく安心しました。もう少し悲しい結末だと予想してたので、良い意味で裏切られました。
私も兄弟以外のキャラクターも活躍するOVAが観たいです。映画興行収益次第では実現しない話ではないと思うので、密かに期待しています(笑)

興収跳ね上がるといいですが・・

>ながのさんこんにちは♪

自分の友人も先に試写会で観に行ったクチなんですが、内容をこれっぽっちも教えてくれなかったので、自分も観るまでは結構ドキドキものでしたね、好きなアニメなだけに(^-^)

OVAは興収によっては動くと思いますね~。荒川氏がまた大変になりそうです(^_^;)

予備知識なしです。

TBありがとうございました。

予備知識なし(プレスには目を通しました)ですが、
とてもオモシロく観ることができました。
現実世界で今起きている問題と、
1920年代ドイツと重ねあわせた展開に感服しました。

TB有難く頂戴致しました

 実は自分、アニメ版をほとんど見ずに突入した身でして・・・
直前に友人に説明して貰ってみたわけなのですよ(;´Д`)

それでも、やはりとても面白く観れましたね!
現実の世界とのリンクがなんとも言えず素晴らしかったです

TBありがとうございました

OVAいいですね…
私は兄弟ものと錬金術世界もので二つやって欲しいですね(欲張りめ!!)

映画について、
やっぱり錬金術世界に戻って欲しかったという気持ちも否めないのですが…
最後のアルに感激してしまったので、あれ以上は望めないですね。
兄弟愛万歳!!な感じで(笑)
ナチスは何気に興味があったので、その点でも楽しめましたv

テンパッてました

>えいさんこんばんわ♪

予備知識無しでもそれなりに楽しめる映画(又はアニメ)ってイイですよね。劇場版のハガレンは最終話の後日談的なものにも見えますので、本当は前情報が無いとキツイかな~と思ったんですけどね。
えいさんも楽しく観る事が出来て良かったですね♪


>八丁さんこんばんわ♪

自分もぶっちゃけるとアニメ版48~51話分を、映画公開の2日前で観終えてイイ具合にテンパッテましたよ(^▽^;)(苦笑
あの平行世界と言う設定は自分も結構好きですね♪テレビ版では、ホントに最後の最後でしか平行世界の場面が出ませんでしたからね。

どんどん広げたいです♪

>蒼桜さんこんばんわ♪

やっぱりOVA化は結構望んでいる方多いですね(^_^;)こういう口コミとか噂も実現させる要因ともなりますので、どんどん広げていきたいですね(笑

自分もエドとアルには錬金術世界に戻って欲しかったですが、アルが最後エドに言った『兄さんと一緒に生きたい』って言うあのセリフはジ~ンときましたね~

イズミ師匠!!

そうだ、亡くなっていたんですよね(泣)
原作にはめた友達が「師匠好き!」と言ってたのに
映画では死んでました…とは教えられず。
ナイショにしてつれていこうと思います(笑)

師匠残念

>桃兎さんこんばんわ♪

自分もイズミ師匠好きだったんですけどね~(^_^;)1シーンだけ門の手前でラースを迎えに来る場面しか出番無かったですね(しかもセリフ無し!!)
友人さんも知らずに行くと多分ショック大きいと思いますよ(笑
観る前に『師匠は出るけど、そんなに期待しない方がいいよ』なんてフォロー入れてみてはどうでしょう?(汗

タイトル未入力

映画ムッチャおもしろかったデスが・・・ウィンリィが可哀想だ・・・せっかくエドに逢えたのに(;_;)

たしかにウィンリィが・・・

予想を超えておもしろかったです。でもウィンリィ・・・可哀想ですね・・・。続編か映画のDVD化のときに救われるようなフォロー
とか期待したいですね(錬金術を使わずに科学の力でもとの世界に帰ってくるとか)

置き去りに・・・

こんばんわでっす♪

ウィンリィは確かにちょっと可愛そうでしたね(^_^;)
終盤でウィンリィも、もう戻ってこないと確信めいたセリフ漏らしてますけど、せめてあそこで大粒の涙をこぼしながら悲しんでくれれば、感情移入できたのですが、意外にも半泣き程度で(^▽^;)(苦笑

でもウィンリィの性格上、当然と言えば当然な感情でしたけどね。
劇場版のDVDが出たら本編の他に未公開映像とか付け加えて欲しいですね♪

しょんぼり

観てきました~。
練成の豪快なアクションシーンに期待してたので自分としては
もの足りなかったです。
エドは大人しいし、マスタングの鼻息も控えめになってしまったしー。
アームストロング大佐しか以前のテンション保ってなかったので
題材が暗いのは分かってるけど、もうちょっと明るくして欲しかったなぁ。TV版のつじつまあわせは良いんですけどね。
そしてエドが現実世界へ居残るってコトはあの背丈は
もう以上伸びない・・・;んですかね。

大人だから?

>あっきーさんこんばんわ♪

エドが大人しくなってしまっているのは、やっぱり2年と言う歳月ですっかり大人びてしまったからだとも思えますね。(でも背の事を言うと相変わらずのキレっぷりでしたけど(笑)
アクションシーンで豪快な見せ場だったのは、ラースとグラトニーとの対決シーンだけ・・・・でしょうかね~?
あそこは個人的にはスピーディな展開で、結構好きな場面でしたね。

映画見たい~!!(泣)

映画見たいよ~~でも見れないよ~~(オーストラリアに留学中)
誰かストーリー教えてェ~~(;0;)(フルストーリーで。)

歯がゆい

>ニシマンさんこんばんわ♪

ニシマンさんはオーストラリアに留学をしてらっしゃるのですか?!
だ、だとしたらオーストラリアでここ見てくれてたりとか~?(^▽^;)>゛

確かに留学中だと日本の映画とかアニメ観れなくて本当に歯がゆい思いすると思います。さすがにハガレンの劇場版は映画館で観る事は出来ないと思いますが、早く留学を終えて、見れる事を自分も願ってますよ♪留学頑張って下さいね☆

タイトル未入力

メビウスさん、どうもありがとうゴサイます。がんばって学校終わらせて、DVD買って、日本のうちでゆっくり見ますよ。(^0^)/

DVDも楽しみですね

>ニシマンさんこんばんわ♪

楽しみは後に取って置いた方が、その時の喜びも一塩と言うものです♪
DVDなら多分映像特典なんかも付いてくるかと思うので、自分も結構楽しみにしているんですよね♪

学校ファイトでっす♪p( ̄▽ ̄)q

テレビ版の最終回をみてない・・というのはちょっと辛かったです。
遅まきながら反省。
でもテレビ版の完全完結編として作品は○だったかと。
もともと原作と枝分かれしてしまってるので
続編が作れないような終わり方でもええんとちゃうかなと。

話が重いので30分アニメや原作では多少笑うやりとりが
含まれていたはずなんですが、劇場版にまとめるにあたって
シリアスモードはいたしかたなく、
よりによってドイツのあんな時代とリンクしたら
なんだか無理に年齢層あげてないかなとか邪推。

CGつかった鎧の動きは気持ち悪かったです。
妙にリアリティがありました。

完全にファン向け

劇場版もTVも、既に原作とは大きく異なったもう1つのハガレンといった方が良いですね。
それでもさすがに最終回のラストを観ていないと、序盤のエドのストーリーは躓いてしまいますね・・(汗

残念なのは完全にファン向けな映画になっていたので、初見の方にはとても酷な映画だと思いました。時代設定もアレですしね~・・(汗

自己潤滑パーツ

 今や時代はS-MAGIC。

>SKDパンチさん♪

S-MAGICってなんでしょうかね?^^;(汗

SKD

 なんか嬉しくて書いたようですが、うちでもSLD8という鋼の材質からS-MAGIC(SLD-MAGIC)に変えたらエンジンでいう焼付き(凝着、かじり)が激減しました。材質切り替え当時はこれってマジマジックだよねといったものでした。
 説明が悪くて済みません。機械を使って塑性変形を利用し、金属の造形をする産業での感動物語でした。

>タレパン屋さん♪

自分もちょっと・・と言いますか、全然意味が分からなかったのでググって日立のサイトとか見てみたのですが、やっぱり意味が分からずで・・^^;金属加工にも色々な技術がありますけど、SLD-MAGICもその1つということでしょうかね?

この記事にコメント頂いたものですから、自分はてっきり『ハガレンにそんな単語あったかな~?』とうんうん考えちゃってたのはここだけの話ですw

PAGETOP