7つの贈り物
【監督】ガブリエレ・ムッチーノ
【出演】ウィル・スミス/ロザリオ・ドーソン/ウッディ・ハレルソン/バリー・ペッパー/マイケル・イーリー
【公開日】2009/2.21
【製作】アメリカ

【ストーリー】
男の名前はベン・トーマス。ベンは7人の名前が載ったリストを持っている。彼らは互いに何の関係も無い他人同士だ。ベンは彼らに近付き、彼らの人生を調べ始める。そしてある条件に一致すれば、彼らの運命を永遠に変える贈り物を渡そうとしていた。
ベン・トーマスとは何者なのか?海辺に素敵な家がありながらモーテルに泊まり、いつも同じスーツを着て、家族も恋人も無く、たった一人の弟からは逃げている。そんな彼の目的は何なのか?そして、贈り物の中身とは・・・?
【コメント】
衝撃の展開やどんでん返し的結末などは好きなんですが、こうも最後までズルズル~と引っ張り続ける作品だとは思わなかったですねぇ・・。ウィル・スミスの観る者を惹き付ける演技のおかげか『飽き』は感じませんでしたけど、自分が思っていたものとはちょっと違った異色の感動作でございました。

しかし予告編も『あなたなら受け取れますか?』、『え?何を?』って感じで謎めいたものを醸し出していた本作ですが、いざ観てみると本編も終始謎だらけな展開で話が進んでいくため、まあ不快な鑑賞にはならなかったものの、それでもどこか置き去りにされているような感じを最初受けたんですよねぇ
観てて唯一分かる事といえば、主人公のベン・トーマスが無作為に選んだ7人の男女にある贈り物をあげる計画を立てているという事くらいで、その目的や行動理由などは一切不明。冒頭でいきなり自殺をほのめかしたと思えば、次のシーンではヘビーなクレーマーとなり、更には唯一の兄弟である弟に『愛してる』と言いながらも頑なに会うのを拒んだりと、言動にも不可解な点が多く見られます。

それに『計画』とやらの内容もイマイチ把握できず、その原因となったベンの過去のフラッシュバックや、唯一全貌を知るダンという親友の戸惑いぶりなども見ると、ベンの考えてる『計画』とはかなり大それたものだと察する事ができ、その為本作はどことなくミステリアスな要素も漂っていたように思えました。『幸せのちから』の監督さんとウィルのコンビだから感動作だと期待してたのに見誤ったかな?と途中で思ったものの、最後に明かされるベンの計画の結末できちんとその『感動』へと着地したのは上手い・・・・っていうか、確かにこの結末には自分も驚きっ『受け取れますか?』っていう疑問系の問いが不思議だったけど、ベンの計画を知った途端、妙に納得してしまった。
けどダンの言う通り常識外れで正気の沙汰とは言えない行いだとは思いますが、贖罪という意味も兼ねてる上では美徳な行いという雰囲気も無きにしも非ずかな?


この作品は数々の謎をはらんでいた分、それが最後の最後で一気に紐解けると、ベンの行った行為にそれなりの感動を覚えるものの、それでもやはり頬を伝うものが無かったのは、結末に到るまでの過程で個人的に色々釈然としない部分があったからかもしれない。
ああいう事を計画してたがゆえに無関係な人をチョイスする必要があったんだとも思いますが、自分だったらやっぱり無関係な人よりもあの事故の関係者や遺族に何かした方が良かったんじゃないかな?とも思いましたし、恋人にひどい暴力を受けてた子持ちの女性にしても、贈ったはいいけど後になってその暴力的な恋人が素性を突き止めたりでもしたらどうするんだろう?なんて一抹の不安もよぎり、贈った後の配慮の不完全さもちょっと気になった。
何よりベンが贈り物を贈る相手の基準が『いい人』だけっていうのも引っ掛かるものがありましたし、そんなんだったら全てを終えた後、おそらく最大級の迷惑をかけたであろうモーテルの男性にも何かしら贈った方が良かったはずです

『7つの贈り物』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
 ウィル・スミスの最新作「7つの贈り物」を見てきました。 封切り2週目土曜日ですが、ガラガラでした。 国税庁の徴収係ベン・トーマスと名乗る男(ウィル・スミス)が、7人の人物を調べ、人が見ていないところでもいい人だったら、その人の人生を永遠に変えるような...
原題:SEVEN POUNDS それを贈り物と呼ぶにはあまりに哀しい、イエス・キリストが人々の罪をあがない人類を救うために自らを十字架にかけた、かのように、贖罪はミステリアス~ 不思議な男ベン・トーマス(ウィル・スミス)、海辺の豪邸、7人の名前が書かれたリ...
 『あなたなら、受け取れますか? 彼は【ある計画】を進めていた。 7人の他人を選ぶ。 そして、彼らの人生を変える。 何のために─?』  コチラの「7つの贈り物」は、ガブリエラ・ムッチーノ監督、ウィル・スミス主演という「幸せのちから」のコンビが再びタッグ?...
(原題:Seven Pounds) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただくことをオススメ。 ----このタイトル、どこかで聞いたような…。 ん?デジャ・ヴかニャあ。 「いや、そうじゃないと思うよ。 ほら2年前に公...
「ネタバレ厳禁令」がしかれていたこの映画。予備知識は予告編程度な私だったので、原題も「Seven Presents」かと思っていた。でも『Seven Pounds』だったのだね。”Pounds”(ポン
□作品オフィシャルサイト 「7つの贈り物」□監督 ガブリエレ・ムッチーノ □脚本 グラント・ニーポート □キャスト ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、ウディ・ハレルソン、バリー・ペッパー、マイケル・イーリー■鑑賞日 2月21日(土)■劇場 チネチッタ■...
「7つの贈り物」、観ました。 ウィル・スミス主演のヒューマン系映画。深い悩みを抱えるベン・トーマスは、様々な人に会い、その苦境に...
クラゲではなくウィルに毒を 【Story】 過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた…...
※ストーリー※過去の事件により心に傷を負った謎の男ベン・トーマス(ウィル・スミス)はある計画を立てていた。親友のダン(バリー・ペッパー)にだけ打ち明けられた計画は、見知らぬ7人の他人に彼らの人生が変わるような贈り物をすることだった。そして計画実現のため?...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス    ロザリオ・ドーソン    マイケル・イーリー    バリー・ペッパー    ウディ・ハレルソン クラゲがあんなにも怖い生き物だったなんて[:ピ...
7つの贈り物 ~SEVEN POUNDS~ 監督: ガブリエレ・ムッチーノ 出演:  ウィル・スミス、 ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ ...
おも~い、おも~い、贈り物{/m_0072/} 人助けも、ここまでくれば究極。 オッサンコーナーに登場させたばかり、大好きなウィルの新作という事で楽しみにしていた今作。 賛否分かれた『幸せのちから』の監督、ガブリエレ・ムッチーノとの再タッグによるウィル主演にしては...
昨日は7つの贈り物を観てきました。 この映画はネタバレしてしまうと、これから観る人は楽しめないと思うので、当たり障りのないところで感想を書こうと思うのですが、ネタバレせずに書くのは難しいですねぇ・・・。絶対ネタバレは困る、という人は読み飛ばしてくださ...
その球体を7つ集めると、どんな願いでもかなえることができる・・・というのはまた別
☆「7つの贈り物」 (原題:SEVEN POUNDS) 監督:ガブリエレ・ムッチーノ 出演:ウィル・スミス、ロザリオ・ドーソン、マイケル・イーリー、バリー・ペッパー、ウディ・ハレルソン、エルピディア・カリーロ、ロビン・リー、ジョー・ヌネズ、ビル・スミトロヴィッチ、テ?...
ウィル・スミス主演の『7つの贈り物』を観ましたー。 かなり観る人の好みがわかれそうな作品だなーという感じ。自分は割とこういう話嫌いではないので、結構ジーンときちゃいました。 ******************** ウィル・スミスが『幸せのちから』のガブリエレ・ムッチ?...
心臓に病を抱える女性エミリーの前に現れた国税庁の職員ベン・トーマス。彼はエミリーにいくつもの親切を行い、さらにエミリー以外の何人かにも同様に親切を行っていた。何故ベンは見ず知らずの人々を助けるのか。そこには、ベンが引き起こした事件と、彼のある計画が隠さ...
 あなたなら、受け取れますか?彼は【ある計画】を進めていた。7人の他人を選ぶ。そして、彼らの人生を変える。何のために──? 近年ではジャンルを問わず出演作がメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」の1人だそうです。“アイ・アム・レジェンド”、?...
あなたなら、受け取れますか?
暗~い顔をしたウィル・スミスが終始いました
あらすじ謎の男ベン・トーマスは、リストに書かれた人々に近付き彼らの人生を調べ始めるが・・・。感想主演ウィル・スミス、監督ガブリエレ・ムッチーノ『幸せのちから』コンビの再タッグでしたが9作連続の1億$超えヒットを逃しウィル・スミスの汚点となった作品観たら...

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

全く同感です。
自分も、あの行動にはちょっと?でした。
もし、自分の行為を後悔しているのなら、まずは、自分が被害を与えた人たちに対して、何ができるのか、それが大事だと思います。
これは、外国人と日本人の倫理観の違いなのかもしれないですけど。
それにしても、表現がうまいですね。
参考になります。

やや説明不足

>亮さんこんばんわ♪

あんな大惨事を起こしてしまったんですから、ベンの贖罪の方法はやっぱり事故の関係者とリンクさせた方が良かったとも思ったんですが、でもそうなると本作のミステリアスな要素が少々薄れちゃう可能性もあるので、映画的に面白くするにはああいう内容がちょうど良かったのかも?
それにもしかしたら事故後すぐ遺族などになんらかの償いをしてた可能性もありますね。しかしそこら辺も描かれていなかったため、やっぱし説明不足な感が否めない部分もありました・・。

こんにちはー

美談かとおもったら・・というお話でしたね。
無作為でもない、ってところを隠し過ぎていて、「あえりえない」印象を受けるのもナンです。
必要な描写があっさりしていたりスルーされてしまっては説得力に欠けちゃいますよね。

うーん、って後味な映画でした。

あっさり感は否めず・・

>たいむさんこんばんわ♪

ベンの行いは一応筋は通ってる感じはするんですけど、何か魚の骨がノドに突っかかる・・・そんな気になる部分を残していた気がするんですよね~?
あっさりと言えば、ベンの過去の出来事はフラッシュバックで断続的に見せるのもありでしたけど、個人的には事故後の出来事も少々映し出して欲しかったものです。

こんにちは☆

結局あの7人を選んだ理由が
はっきりしないため、ラストの
盛り上がりが弱いんですよね。
7人に共通点でもあれば、
もう少し良作になっていたでしょうね。

ウィル・スミスで持っている映画と
言う感じですかねw

ウィルありきの作品

>daiさんこんばんわ♪

まあベンが選んでいた『いい人』という点では7人それぞれ共通してたと思いますけど、その判断基準が個人的に最後まで鼻に付いたので、見終わっても首傾げな余韻が残ったのかもしれません・・(汗

それに確かに自分もこの作品はウィルが出てたからこそ鑑賞したようなものですし、なんか彼の作品は必ず観なくちゃという義務的なものになってる気がします・・(汗

わたしもおもっていたのとは違って、
かなり!?唖然としてしまった結末でした。。。
気持ちはわかるけど~
あそこまで自分を・・・
っておもいました。
もっと違ったかたちがあったのではないかと。。。
気持ちはわかるけど、
見てるほうはね~~(苦笑)

裏切られた感もないだけに・・

>えふさんこんばんわ♪

駄作・・・でもないし、裏切られた・・・という気持ちにもなれないあやふやな結末・・。純粋な感動作を期待してた人はその分落胆も大きいでしょうね~。自己犠牲ほど切なくなるものはないですしね・・(--;)

複雑な作品ですね

やはり主人公の精神は絶望に破綻してしまったと観るべきでしょうね。
しかし簡単に「あげる」っていって、拒否反応とか大丈夫なんかいと思ってしまいました。
人に勧めるのが難しい作品でもありますね。

繊細

>クマノスさんこんばんわ♪

ベンは毎日死ぬ事ばっかり考えてると言ってたので、少なくともあの事故以来は自分が生きてる事自体が嫌になってて、早く提供して消えたいなんて事も思ってたかもしれませんね。・・でも最後に生きる希望を見出してくれた女性と出会った事で、死にたい生きたいのジレンマに苦しまれるウィルの演技の方は見応えがあったと思います。底抜けに明るいウィルの方が好きですけど、最近は繊細な演技が多いですね。

そいえば拒否反応の問題はいやにあっさりしてたよーな・・?(汗

乗ったら見ない 飲んだら乗らない

この映画、某番組で堂々とネタバレをやらかしてたそうです。あとネットうろつてるとどうしてもバレとニアミスしちゃったりするんですよね。でもメビウスさんはほぼベストの状態で鑑賞できたようで

皆さん総じてご不満がおありのようで・・・ わたしはよかったですよ。いろいろ考えさせられたし、何より彼と同じ立場になったら・・・・と思うと、とてもベンを責める気にはなれません
運転中の携帯の脇見とか、本当に気をつけようと思いました・・・

プレゼント先は自分と拒否反応が起きなさそうな人を前もって調べておいて、そっから選んでいったのではないでしょうかね
そうなるとだいぶ人も限られてくるはず。お家と角膜に関しては、ほぼランダムだったと思いますけど

ちなみに自分も感動はしたけれど、涙は出ませんでした。それは納得がいかなかったからではなく、「ク○ゲ」のせいです

全部○ラゲのせい

>SGAさんこんばんわ♪

ウィルもネタバレ厳禁とかって言ってたのに、あっさりとばらしちゃうその某番組って一体・・・(--;)(汗
まあ・・本作のような作品はネタバレしちゃうと途端につまんなくなっちゃいますけど、でもネタバレした後観ればもしかしたらまた違った観方が出来るかもしれませんね。(ちなみに自分は観る映画は公式サイトだけの情報だけ閲覧して、先に鑑賞したブロガーさんの記事などは極力見るの控えるようにしております。)

でもベンは贈り物を提供するために、最後あんな氷風呂を作ったんだと思いますが、クラゲの毒で体の組織とか内臓とか大丈夫だったのかな?とも思ったんですよね~?イマイチ腑に落ちなくて・・
あ、だから自分も涙が出なかったのかも?(汗

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

感動作にミステリー要素を盛り込んだのは意欲的だとは思いますが、今回はちょっと失敗でしたね。
ベンの計画に共感できなかったのが最大のマイナスでした。ベンの行為は尊いものでしたが、少々押し付けがましい感じがしましたね。

押し付け

>えめきんさんこんばんわ♪

ベンの贈り物ってある意味貰う側の意思を無視した強制的な贈り物ですもんね。言い方がちょっと悪くなりますけど、押し付けがましさやありがた迷惑な所も然もありなんです。お国柄によって価値観も違いますから自分たち日本人にはあんまり受け入れ難いかもしれませぬ・・

メビウスさまへ

今晩は☆★
筋書きが把握できなくて、最初は何が何だか分からず(汗)
ベンが事故でを起こしたことで7人の方が犠牲になった
ことが後半でやっとわかったのですが、これまた何故?関係の
ない7人を選んだのかもまたわからず?ずれたベンの
方法に疑問を感じました。やはり7人のご遺族に償うこと
が一番でしょうが。また作品としても今ひとつのれず・・・。
残念でした。賛否両論に分かれている作品ですね。
てなわけで、TB・コメントありがとうございました<(_ _)>

ちょこっと裏切られました

>mezzotintさんこんばんわ♪

真相を最後の最後まで引っ張り続けるので、観てる方としては早く把握したい所でもありましたねwサスペンスチックな部分もありましたが、純粋な感動作を期待していた自分もちょこっとだけ裏切られました(汗
でもあの7人の遺族にはもしかしたらすでに何らかの形で償っていたのかもしれませんね。映画の中で描かれて無かっただけかもしれませんけど、謝罪もしてなかったら最悪ですね(^^;)

メビウスさん、おはようございます♪^^

これ、やはりどうもスッキリしない感じで、感動も今ひとつできなくて・・という作品になってしまってましたよね。
仰る通り、贈った後の配慮の不完全さ、気になりました。
あの母親と子供たちだって、家があっても生活はできないだろうから
働かなくっちゃいけないけど、ちゃんと働き口はあるんだろうか?とか
暴力男がやってきちゃったら・・とか、いろいろ心配しちゃいました。
それにエミリーに言うっていうのも、どうかなぁ~・・・と。

全く何も成さず、事故に対しての責任も感じず・・というよりは
ずっと良かったのかもしれませんが、やはり7人の遺族の方に
償っても良かったのでは・・と思いました。

個人的には、もうちょっとバリー・ペッパーを長い時間見ていたかったです(笑)

可もなく不可もなく

>メルさんこんばんわ♪

う~ん・・、確かに自己犠牲的な救済と言うのは簡単には出来ない事ですし、ベンや親友の含みのある物言いからも最初は凄い興味津々で観てましたが、フタを開けてみたらちょっと決め手に欠く部分がちらほらあったんですよねぇ・・。だから可もなく不可もなくといった感じで普通な作品でしたねぇ。『幸せのちから』が面白かっただけに、余計な期待をしてしまったのかもしれません(汗

遺族への償いは・・・ベンの性格からすると、なんらかの形で償ったと思いたいのですが、そういう事柄すら突っぱねてたので気になる部分は多数ですね・・^^;

PAGETOP