少年メリケンサック
【監督】宮藤官九郎
【出演】宮崎あおい/佐藤浩市/木村祐一/田口トモロヲ/三宅弘城/勝地涼/ユースケ・サンタマリア/ピエール瀧/田辺誠一/哀川翔/他
【公開日】2009/2.14
【製作】日本

【ストーリー】
レコード会社で新人発掘を担当する栗田かんなは、ネット上で偶然見つけたイケメンのパンクバンド『少年メリケンサック』に惹かれ、メジャーデビューの話を持ちかける。・・しかしネットの動画は25年前に撮影されたもので、実際の彼らはすでに50歳に近いオヤジばかりだった。そんなかんなの驚愕をよそに、少年メリケンサックの人気はネット上で大爆発。全国のライブツアーも次々と決まって行ってしまう・・・
【コメント】
本作はオッサンパンクバンド『少年メリケンサック』と、そのメリケンサックのメンバーをオッサン達と知らず契約交渉に訪れたドジなレコード会社のOLかんなのドタバタコメディ。キャスティングの人達もパンクみたいに弾けまくってて自分もかなり笑えた作品でしたねぇ♪
でも正直そのパンクの事は良く分かりませんし歌なんかもあんまり肌に合わなかったんですが、他人に笑われようが罵倒されようが、アキオ達のようにいい年こいても自分達の好きだったものやスタイルにひたすらこだわり続ける熱い気持ちみたいなものには共感が持てた気がします。

かんなの勘違いから半ば強引に再結成を果たした少年メリケンサック。そして引くに引けない状況へと発展し、様々な問題を抱えたまま始まった全国ライブツアーというように、なんだか終始不安いっぱいの展開が押し寄せてくるため、観てるとちょっとハラハラするような気分にもなってしまいますね。再結成したとはいえ、アキオとハルオは常に一触即発で凄いピリピリしており、いつ爆弾が爆発してメンバー分裂になってもおかしくない状況にある。そんな仲違いの原因も25年前のメリケンサック解散の謎などに繋がっているのですが、フタを開けてみたら兄弟ゲンカにありがちな意地の張り合いが元だって所が個人的には少々拍子抜けではあったかもしれない。と言うかもっと根深い確執みたいなものがあると思った自分が深読みし過ぎただけかもしれませんけど・・
かんなの方もオッサン4人と狭いミニバンで全国行脚して気苦労絶えない姿なんかを見てると可哀そうとは思うんですけど、そのかんなとアキオ達とのやりとりがまるでコントみたいなだから、逆に笑いを誘ってくれるんですよね~。まあ下ネタもご多分に漏れずでしたが、その中でも車の揺れで錯覚を促すというのはトリビアだったので、機会があれば自分も実践したいと思ってしまいました(グラドル雑誌とか滅多に買いませんけど・・)


出演してる映画作品や『篤姫』なども自分は全てスルーしていたので実質本作が宮崎あおい初見と言ってもいいのですが、今回のかんな役は喜怒哀楽がはっきりしてて面白いキャラクターでしたし、彼女の女優としての素晴らしさを確かめる上でも申し分なかったですね。胸タッチもされたりケリも入れられたりで中々気合の入ってるシーンも演じており、特に弱音を吐いたりトラブルに見舞われたりした時によく出してた甘ったるい声がなんか魅力的だった気がします(笑
個性出まくりなメリケンサックメンバーの佐藤浩市やキム兄のガン飛ばしもかなり迫力があったり、切れ痔なヤング役の三宅弘城も皆のクッションに徹していて影の苦労人のような感じだった。そんでもって個人的にツボにハマッたジミー役の田口トモロヲはもう毎回笑わせてくれましたね~。何歌ってるか全然分からないと思ったら、最後の最後で滑舌良くなって放送禁止用語シャウトしまくりには吹いた。
頭部強打でまた振り出しに戻るみたいなオチも良かったです。

『少年メリケンサック』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
憂さ晴らしシャウト!
「少年メリケンサック」は崖っぷちOLの新人発掘部門音楽社員がmixiで見つけたバンドのライブを報告した事で交渉に向かうが、バンド既に解散しメンバーは50歳前後になっていた。映像は25年前に解散した解散ライブが流れていたものだった。しかしその映像をHPにアップす...
少年メリケンサック 243本目 2009-4 上映時間 2時間5分 監督 宮藤官九郎 出演 宮崎あおい  佐藤浩市  木村祐一  田口トモロヲ  三宅弘城  ユースケ・サンタマリア  勝地涼  ピエール瀧 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)  クドカン?...
少年メリケンサックを 観る。 みなとみらいの 劇場は満員御礼。 超おもしれー!!!! だから 何も語らない。 みなさんも 劇場へ 笑いに行きましょうよ。
□作品オフィシャルサイト 「少年メリケンサック」□監督・脚本 宮藤官九郎 □キャスト 宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、ユースケ・サンタマリア、勝地 涼、ピエール瀧、田辺誠一、哀川 翔■鑑賞日 2月14日(土)■劇場 109CINE?...
 宮藤官九郎監督作品第2弾!主演・“国民的女優”宮?あおい!!「少年メリケンサック」(東映)。クドカンにあおいちゃん?!イイのか?ホントにイイのか??こんな組み合わせ!    メイプルレコードの新人発掘部の派遣契約社員・かんな(宮?あおい)は、契約期間満了...
☆「少年メリケンサック」 監督:宮藤官九郎 出演:宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、ピエール瀧、峯田和伸、ユースケ・サンタマリア、田辺誠一、哀川翔、烏丸せつこ、中村敦夫、犬塚弘、遠藤ミチロウ、日影晃、仲野茂、佐藤智仁、波岡?...
観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる 総評:★★★★★+ 少年メリケンサック公式サイト>> *再生注意!!ガンガンです!!もちろんパンクですから!! 監督:宮藤官九郎 主なキャスト KANNA(宮崎あおい) アキオ(佐藤浩市) ハルオ(木村祐一) ?...
今までと違う宮崎あおいありきのパンク物語 【Story】 レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバ...
映画館にて「少年メリケンサック」 宮藤官九郎の監督2作目。 おはなし:レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像を発見。彼らと契約すべく会ってみると、メンバーは50歳過ぎのオヤジで、彼女が見つけ?...
公開:2009/02/14製作国・年度:上映時間:125分レンタル開始日:鑑賞日:2009/02/18(宇都宮ヒカリ座)監督:宮藤官九郎出演:宮崎あおい、木村祐一、勝地涼、田口トモロヲ、三宅弘城、ピエール瀧、ユースケ・サンタマリア、佐藤浩市、田辺誠一、哀川翔好きです!パンク?...
監督、脚本は宮藤官九郎。 主演は宮崎あおい。 全国ツアーを展開するはめになった 中年オヤジパンクバンド。 バンドのメンバーには佐藤浩市、 木村祐一、三宅弘城、田口トモロヲ。 レコード会社の上司には、 ユースケ・サンタマリア。 解雇間際のレコード会社新人発...
監督:宮藤官九郎 出演:宮崎あおい、佐藤浩市、田口トモロヲ、木村祐一、ユースケ・サンタマリア、勝地涼 「レコード会社新人発掘部に勤務する派遣社員のかんなは、契約が切れるその日動画で少年メリケンサックというパンクバンドを見つけた。気に入った社長にバン
最近のクドカン。「流星の絆」も個人的にイマイチだったし、前回の映画「舞妓Haaan!」もイマイチでしたが・・・。 今回の「少年メリケンサ...
今週の週末ナイトショウは、14日は1000円で観れる「TOHOシネマズ」で。 工藤官九郎監督、宮崎あおい主演。
 日本  コメディ&音楽  監督:宮藤官九郎  出演:宮崎あおい      佐藤浩市      木村祐一      田口トモロヲ 【物語】  メイプルレコードの新人発掘部に在籍する契約切れ寸前のがっけぷちOL 栗田かんなは、インターネットで偶然イケメンパ?...
「篤姫」で文句なく国民的女優となった宮?あおいさん主演、そして押しも押されぬ人気
脚本家・宮藤官九郎の『真夜中の弥次さん喜多さん』に続く監督第2作に あたるノンストップハイテンションパンクコメディ。 ひょうんなことからおっさん4人組のパンクバンドと全国ツアーに出ること になったOLの奮闘を描く。OL栗田かんなには宮崎あおい、おっさん パ..
◆宮崎あおいさん(のつもり) 宮崎あおいさんは、現在公開中の映画『少年メリケンサック』に栗田かんな 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
▼動機 宮藤官九郎作品にしては面白そう! ▼感想 ま、信じた私が悪いんだけどね・・・ ▼満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ▼あらすじ レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、動画サイトでイケメン4人組のパンクバンド“少年メリケンサック”のライブ映像...
ぼく パンク・ロックが好きだ 中途半端な 気持ちじゃなくて ああ 優しいから好き
「少年メリケンサック」を観てきました~♪ レコード会社に勤めるかんな(宮崎あおい)は、ネットの動画サイトで見つけたパンクバンド「少年メリケンサック」のライブ映像を発見する。社長(ユースケ・サンタマリア)の命により、バンドをスカウトしに行く・・・ ...
「少年メリケンサック」★★★☆オススメ 宮崎あおい 、佐藤浩市 、木村祐一 、田口トモロヲ 、 三宅弘城 、ユースケ・サンタマリア 主演 宮藤官九郎 監督、2009年、125分 「レコード会社の新人発掘部門で働く主人公、 ネットで見つけたバンドと契約しようと?...
ネットの動画サイトから人気に火が付いたパンクバンド「少年メリケンサック」と彼らを担当するレコード会社の派遣OLの物語です。
くだらん。
メイプルレコードの新人発掘部に所属する契約社員・栗田かんなは、契約切れ寸前に謎のインディーズバンド「少年メリケンサック」を発掘する。ライブ映像はネットで大人気となり、かんなはプロデュースを任されるが、ライブ映像は25年前のもので、バンドはとっくに解散し...
少年ならぬ“中年”メリケンサック、いけるかも?!^^
あらすじレコード会社OL・かんな(宮崎あおい)が、動画サイトで見つけた〈少年メリケンサック〉のライブ映像。そこには凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンが!!契約を取るため...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは★

メビウスさんとは逆で宮崎あおいの作品を
全て観ている私ですw
そんな私でも今作の宮崎あおいは衝撃を
受けました。今までのイメージを完全に
壊していましたよ。ただ壊していても
十二分に魅力的に描かれているのだから
不思議でした。
これも彼女の演技の幅ってやつですかね☆

切り替えが凄い

>daiさんこんばんわ♪

彼女の演技を本作で初めて本格的に観たので残念ながら他作品と比較が出来なかったのですが、全作チェックしてるdaiさんから見ても相当弾けていたとなると、確かに凄い幅を利かせた演技ですね。
聞いた所によると去年の『篤姫』と一緒に撮影していたそうなので、その演技の切り替えもびっくりしてしまいますね~。女優としては完成されてるかも?

こんにちは♪

メビウスさん、TB&コメントありがとうございました!
そちらはまだ寒いですか~?
北陸は今年は雪が本当に少なくて助かりました。

あおいちゃん、同性から見ても嫌味がなくてカワイイです。
クドカンワールドも下ネタのくだらなさはさておき、いろんなところでクスクス笑わせてもらいました。
ジミーはツアーがリハビリになったんでしょうね、いつから治ってたんだろう?(笑)
で、振り出しに戻る・・・と(笑)

こんにちは♪

いい年して~と言われる世代の人が頑張ってるのは応援したくなりますね。
宮崎あおいちゃんのハジケっぷりは凄かったですね。とても篤姫の人とは思えない~っ
佐藤浩市さん目当てで観に行ったのですが、みなさん個性的な役どころで楽しかったです♪
ジミーさんいいっすね(笑)

連日降り続いてます・・

>ミチさんこんばんわ♪

東北にかけてはまだまだま~だ雪が降り続いてまして、昨日は大雪警報が発令されて連日連夜降りまくっております。仕事帰りの雪片付けがしんどいこの頃です・・(汗)

でもぶりっ子っぽい仕草は女性の方もちょっと引くんじゃないかと思いましたが、演じる方によってはやっぱり受け取り方も違ってくるみたいですね(笑)自分も結構カワイイと思いましたが、勝地涼の方は同じ男視線から見てもキモかったですw

>ゆかりんさんこんばんわ♪

こういうオッサンたちや団塊間近の人達が若い世代に負けじと頑張ってる姿なんかを見ると、こっちが元気を貰ってしまいますよね。佐藤浩市ももう若いとは言えない年齢に差し掛かってますし、そんな人がウニ頭で『ワン!ツー!スリー!!』とシャウトしまくってると、良い意味で笑みがこぼれてしまいますw

そいえば自分は誰目当てとかでもなくこの作品チョイスしたのですが、観終わってみたら全キャラクター面白かった気がします♪ジミーはもちろんですが、脇のテルヤも捨て難いw

こんにちは♪

>車の揺れで錯覚を促す
高速でそれなりのスピードで走っているときに、
走っている方向に掌を向けて外に手を出すと、
胸を触ってる感触が味わえると、聞いたことが
あるんで、揺れよっかコッチを試してみる価値
ありかと…ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ

本作は文句無しにオモシロかったんですが、あ
まり残るものが無かった作品でもありました♪

蒼井派かあおい派か

ひらりん的には蒼井優ちゃんの方が好みだったけど、
「篤姫」はなかなか面白かったし・・・
地味に結婚発表しといた夫は、
上手いタイミングで浮気がばれるし・・・
なかなか話題性のある女優さんで今後も注目です。

触れる感触

>風情♪さんおはようございます♪

高速はあんまり走らないんですが、胸揺れよりは胸触れの方がイイのでそっちの方が断然魅力的ですねw風の抵抗なんかでそういう錯覚が起きるんでしょうかね?
でも確かに内容的にはあんまり残るものなかったですね。キャスティングのほうがインパクトあったので、そっちの方が印象強いです(笑

>ひらりんさんおはようございます♪

う~ん、確かに蒼井優も捨て難い。フラガールでは魅力的なフラを踊ってくれましたし、鉄コン筋クリートでも見事な声優を演じていたので、『あおい』繋がりでは甲乙付けがたしですねw

・・・えっ?って言うか、宮崎あおいって結婚してたんですか?!(^▽^;)う~む・・、今は早くに結婚するの芸能人が多いですね~。旦那の浮気も若気の至りか?

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

あおいちゃん、いいですよねー。
表情豊かで、コメディアンヌ振りもなかなかでした。
メリケンサックのメンバーのキャラクターも曲者ぞろいで、それをまた演じる俳優さんたちがまた達者でしたよね。
クドカンの書くキャラはアクが強いので、このくらいじゃないとやっぱりだめですよね。

お腹いっぱい

>はらやんさんおはようございます♪

宮崎あおいだけじゃなく、佐藤浩市やそれぞれの役者さんの凄い弾けた見ると、楽しくやらせてもらったという意味が良く分かりますね♪クドカンは役者としてなら他作品でちょくちょく拝見しますけど、監督作や脚本関係ではことごとくスルーしていたので、本作を観たら以降のクドカン作品はあまり外せなくなってきました(^^;)
キャラクターも立っててホントアクも強いですし、笑いもテンポが良いので、内容が薄くてもお腹がいっぱいになりますw

『入浴済ませろ』と聞こえなくもない

クドカンも宮崎あおいも特に好きってわけでもないのに、メビウスさんはどうしてこの映画を見ようと思ったのかな? ほかに見たいものがあまりにもなかったんでしょうか
でもあまり期待せずに見たものが面白いと、なんかトクした気分になりますよね

あおいちゃんの豹変ぶりもすごかったですけど、勝地涼くんもこれまではマジメくさった役の方が多かったんでないかな。『亡国のイージス』とか(見てないけど(^^;))
そういう意味では彼も一皮むけたんじゃなかろうかと

特に萌えたのは予告編でも使われていた、「さくら、さくら、さくら~」「もう~ やべでぐだざい~(ToT)」のシーンでしたー

やや衝動的

>SGAさんこんばんわ♪

>ほかに見たいものがあまりなかった?

そうそう、正にその通りですw個人的に2/14は特別観たいな~って思える作品が無かった気がするので、衝動的な感じで邦画に手を出して鑑賞したのがこの作品。予備知識とかあんまり入れてなくて、宮崎あおいがコメディ初挑戦と言う謳い文句も正直ピンと来てませんでした(笑

でもその宮崎あおいや佐藤浩市らの弾けぶりも見物でしたけど、脇の人達もホント負けず劣らずですよね。勝地涼は自分も『亡国のイージス』の時のクールなイメージがありますし、それが本作ではクネクネっとして尚且つ見事なヒモっぷりで、こちらもギャップ満点でございましたw

高校時代なら

お邪魔します~♪
>グラドル雑誌とか滅多に買いませんけど・・
もうグラビア誌って何十年買ってないだろうか・・・(^_^;)
もっと若い頃にこのトリビアを教えてもらったら、絶対に
やってみただろうなぁ・・・

こネタは笑えたけど、もうちょっと笑いたかったです(^^ゞ

揺れたら凄い

>はっちさんこんばんわ♪

グラドル雑誌で買うと言えば、ヤング系の雑誌くらいなもんですから、なんかピンと来たアイドルでも無ければ自分も滅多に買う事はないですね。まだ実践はしていませんが、ホントに揺れたら野郎衆にとっては思わぬトリビアですwそれだったら自分は巨乳のアイドルさんが載ってる雑誌ばかり買ってしまいそうです(^^;)

こんばんは

TB&コメントありがとうございました。

宮崎あおいの魅力が爆発した作品でしたね。これまでは「そこそこ好き」だった宮崎あおいですが、これからは「大好き」に昇格です(笑)。今後も、時々でいいからこういう馬鹿でハイテンションな路線を見せて欲しいですね。

>滑舌良くなって放送禁止用語シャウトしまくり
あのシーンは笑いすぎて涙が出ました(笑)。そのまま宮崎あおいが退場していく様も素敵でしたね。

なかなか体当たり

>えめきんさんこんばんわ♪

自分は宮崎あおい初見だったもので、どんな女優さんなんだろう・・?と新鮮な気持ちで観ましたが、弾けてるのもそうですけど蹴られたり汚物に塗れたりとかなり体当たりな部分も見受けられましたね~♪
コメディエンヌな演技は問題なかったので、今度は清純な感じの演技も見てみたい気がします。

メビウスさん、こんにちは☆^^

そう!あの車の中でのグラビア写真?の”あれ”!私もトリビアでしたわ~(^ー^* )フフ♪
主人が持ってる古~い、あのような写真が載ってる雑誌がどっかに隠されてたはずなので(笑)それ持って、車に乗って試してみようかなぁって思いました(^^ゞ
でも、揺れなかったあおいちゃんが、彼らの魔の手にかからなくて?!ほんと良かったです(笑)

濃い濃いキャラの登場人物を笑い、台詞も面白くてクスクス笑いいっぱいだったし、下がかった台詞も可笑しかったです^^
キャラと会話を楽しませてもらいました♪

え?メルさんも・・?

>メルさんこんばんわ♪

グラビア写真のアレは女性のメルさんもトリビアなのですか!?(^^;)て、てっきり野郎限定のトリビアだとは思いましたが・・・あ、でもグラビア意外でも活用できる所がありそうですから、言い得てますねw

それに後に何も残らない内容だけに、濃いキャラクター勢でひっきりなしに交わされる下ネタやゆるゆるなセリフの数々は、自分も結構ツボにハマるものが多かったですし、お腹抱えてしまう所も多々ありましたね~♪宮籐印の作品は本作が初めてですが、これだけ笑える作品ならハズレでもないですから、次の作品などもちょっと気にはなってしまいますね。

PAGETOP