20世紀少年 第2章/最後の希望
【監督】堤幸彦
【出演】豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/石塚英彦/宇梶剛士/小日向文世/佐々木蔵之介/小池栄子/木南晴夏/ARATA/黒木瞳/唐沢寿明/他
【公開日】2009/1.31
【製作】日本

【ストーリー】
『血の大みそか』から15年が経った西暦2015年。歴史では2000年に起こった巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト・ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した"ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪・カンナは、行方不明のケンヂに代わりユキジに面倒を見てもらい、高校生に成長。そして血の大みそかの真相を知っているカンナは、学校で習う偽りの歴史に憤りを覚えていた。
ある時カンナは、ともだちの重大な情報を知ったため命を狙われているニューハーフのブリトニーをかくまう事になる。その捜査で知り合った新米刑事・蝶野は、カンナを信じ手助けをするようになった。そしてともだち中心の国家に反抗するカンナは高校で問題児扱いされ、遂には『ともだちランド』での研修を命じられる・・・
【コメント】
正義の心や勇気の意志が世代を超えて引き継がれていくというジョジョのような設定がたまらなく好きな自分にとっては20世紀少年も例外ではなく、本作の第2章の主人公であり、ケンジの意志を継ぎ血の大みそかの真実を知るカンナの存在もジョジョの血統と少しダブる部分があるんですよね~♪ゆえにツボ♪
漫画でもこのカンナをメインに進んでいき、小泉響子やともだちランドが出てくるストーリーは自分も一番好きなところなので、多少設定が変わってても個人的には1章より面白くなってたので、結果的には良かったと思います♪

第1章は原作原理主義を貫いただけに、漫画と遜色の無い内容やカット割り、キャラクターなどどれもこれもが忠実でしたが、第2章からは内容を踏襲しつつも途中から変化を付けて映画オリジナルの方向へ持って行こうとしてたのが特徴的でしたね。
本来その場面に出てくるはずである人物が出てこなかったりしてましたし、ともだちのパレードといった新しいシーンなども加わっていたので、ストーリーが進むに連れて原作とだんだん異なっていく展開は自分も結構楽しめた所がある。ともだちランドやボーナスステージも微妙に変わってはいましたけど、ランド内の可笑しくも不気味な雰囲気は上手く再現していたのでそこもなんか嬉しかったですね♪

再現度でいえばキャスティングも相変わらずですし、その激似っぷりはもはや本シリーズの見所といってもいいくらいかもしれない。
1章のケンヂメンバーの老けメイクにも力が入っていれば、本作から出てくる新キャラクター達の徹底ぶりもまた同様。個人的に凄い期待をしていた小泉響子は特に良かったです。演じていた木田晴夏という子はよほど小泉の研究でもしていたのか、驚いた顔や目を見開いたオーマイガな絶望的表情など、もう完璧に小泉になりきってたと思う。漫画の方の小泉もやっぱり絶望的な表情のリアクションが多かった子なので、それを忠実に再現してくれた彼女の演技だけで自分は評価+1(笑)。好きなキャラクターを一生懸命演じてくれるとやはり嬉しいものがありますね~♪
それに対し、逆に残念だと思ったのが本作のキーパーソンの1人でもあるサダキヨ
演じていたユースケ・サンタマリアは個人的にはそう悪くなかったんですけども、観た限りだとサダキヨの存在はかなり省略されていた部分が多かった気がする。ボーナスステージでお面の下がああなのも一応ちゃんとした理由があるのに、その説明が省かれていたのであれでは単に不気味なキャラと思われても仕方がないかも?
せめて恩師とのエピソードが追加されていれば良かったんですが、それもまた省かれてたので、本作のサダキヨの使い方は正直ちょっと勿体無い気もしましたね


本作で大きく路線を変更し、オリジナルの結末へと向け走り始めた20世紀少年。
最終章はより詳しくともだちの存在が描かれるそうですし、未だともだち一派が優位に立っているこの状況をケンヂ達秘密基地メンバーやカンナ達次世代キャラがどんな逆転劇を見せてくれるのかというのもかなり期待を膨らませてくれて、8月公開がかなり長く感じてしまいます
せめて映画版くらいはモヤモヤした結末じゃなく、スカッとした勧善懲悪な結末にしてもらいたいものですね~♪

『20世紀少年 第2章/最後の希望』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
 『さあ、みんな ”つづき”を 始めよう─』  コチラの「20世紀少年 第2章 最後の希望」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」の1/31に公開となった続編なのですが、早速観て来?...
ケンジと仲間達がともだちの野望に挑んだ「血のおおみそか」から15年。日本はどもだちの支配する世界へと変貌していた。ケンジの姪・カンナは、行方不明となったケンジが帰ってくることを信じて日々を過ごしていたが、ある日同級生の小泉と共に、ともだちの仲間として再...
ヒューマン=ブラック・ボックス - 映画のご紹介 (420) 20世紀少年<第2章> 最後の希望 -もう一がんばりほしかったが 3部作で製作費60億円と言われる「20世紀少年」の第2章が公開された。
さあ、みんな “つづき”を始めよう──。 製作年度 2008年 上映時間 139分 原作 浦沢直樹 監督 堤幸彦 出演 豊川悦司/常盤貴子/平愛梨/香川照之/ユースケ・サンタマリア/藤木直人/宇梶剛士/小日向文世/森山未來/木南晴夏/光石研/西村和彦/西村雅彦/甲本雅裕/石橋蓮司 /...
同級生を思い出そう。  
20世紀少年 -第2章- 最後の希望 監督: 堤幸彦 出演:  平愛梨、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、ユースケ・サンタマリア 公開: 2009年1月 ...
「第1章」の復習上映会に行き、”もう一つの第1章”という「特別版」を金曜ロードショーで視聴、万全の態勢で臨んだ「第2章」だ。そうそう、原作も22巻+2巻をしっかり読了。再編集+新撮未公開シーンが満載だ
早く先が読みたくて次のページをめくる手が震えた・あの感覚が甦りました(笑) 原作の再現力。出演者の「そっくりさ」も健在だ~! 楽しかったです!!
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:堤幸彦 出演:豊川悦司、 常盤貴子、 平愛梨、 香川照之、 ユースケ・サンタマリア、 藤木直人、 石塚英彦、 宇梶剛士、 小日向文世、 佐々木蔵之介、 森山未來、小池栄子、 木南晴夏、 ARATA、片瀬那奈、石橋蓮司...
今週の平日休みは「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で2本。 その2本目。 はもちろん劇場で鑑賞・・・ こういう豪華キャスト系てんこ盛り作品は大好きだけど、 本格科学冒険映画・・・という見出しタイトルは意味不明だよねーーー。
『20世紀少年<第2章> 最後の希望』  公式HPはこちら ←クリック   ●あらすじ 2000年に起こった大爆発から15年立ち、その大爆発・テロは、ケンヂ(唐沢寿明)とその仲間達を犯人にしてともだちは、それを阻止した救世主として崇められていた。 行方不明
「20世紀少年 第2章 最後の希望」は昨年8月に公開された「20世紀少年」の続編で、2000年12月31日に血の大晦日でともだちと戦った原っぱのメンバーがそれぞれ地下活動をしながらともだちへの反撃を伺っていた。行方不明になったケンジの姪のカンナを中心に2015年の人類滅?...
************************************* 2000年12月31日、謎の巨大ロボットが世界各地に現れ、街を破壊し乍ら殺人ウイルスを撒き散らした。歴史上「“血の大晦日”」と呼ばれるこの人類滅亡計画は“悪魔のテロリスト”ケン?...
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの第二章です。
「20世紀少年<第2章>最後の希望」を観てきました~♪ 『血の大晦日』から15年後の2015年、巨大ロボットと戦ったケンヂたちの行動はテロ行為として学校の教科書に載っていた。行方不明と成ったケンヂに変わってユキジ(常盤貴子)に育てられたカンナ(平愛梨)は、そ?...
◆平愛梨さん(のつもり) 平愛梨さんは、現在公開中の映画『20世紀少年<第2章>最後の希望』に遠藤カンナ 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
ご存知、浦沢直樹氏の漫画原作の映画化、3部作の第2弾第1章の感想はこちら原作を読んで面白かったので、結構気に入ってるこの
常盤荘の管理人は常盤タカコ
▼動機 ラストがみたいだけ。 ▼感想 指の上げ方を間違ってるエキストラ多すぎ。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ “血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間?...
本日より公開の「20世紀少年 第2章」見てきました~ 前作に続いてやはり子供が多
今年に入ってやっと3本目の劇場鑑賞が出来ました~感激【story】“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は、悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は救世主と崇められていた...
西暦2015年。2000年に起こった「血の大晦日」は、ケンヂたちが行ったものとされ、それを阻止した“ともだち”は世界の救世主として崇められていた。ケンヂの姪、カンナは高校生に成長し、学校で習う「血の大晦日」に憤りを感じていた。そんなカンナは学校で問題児扱いされ、
  浦沢直樹 原作のコミック(1999~2006年)の映画化  監督 堤幸彦  
前作「第1章」の部分が、漫画の中でも一番面白いとこやって、それがあの程度の出来でしかなかったから、この「第2章」は、もっとダメなんわかって見とったけど、ここまでひどく作られてるとは思いもよらんかった。 まだ「第1章」の時は、完全コピーとか、そっくりさん大会...
何だかよくわかりません・・・ 原作未読だと、こんなもんなんでしょうか。。。 数週間前にテレビで放送してた第1章は一応観たけど、 それだけじゃどうも理解出来てないようで・・・ 映画版とテレビ版は別のようだけど、不明瞭だった‘血の大みそか’や‘ともだち’につい...
さあ、みんな“つづき”を始めよう──。 【関連記事】 20世紀少年 第1章 終わりの始まり 20世紀少年 壁紙1 20世紀少年 壁紙2
あらすじ“血の大みそか”から15年後の2015年。歴史では、2000年の巨大ロボットによる人類滅亡計画は悪魔のテロリスト、ケンヂとその仲間が行ったものとされそれを阻止したともだちは救世主と崇められていた。高校生になったケンヂのめいであるカンナ(平愛梨)...
監督:堤 幸彦 出演:豊川悦司、常盤貴子、平 愛梨、香川照之 評価:79点 いまさらながら第2作目を鑑賞。 上映中の最終章もDVDレンタル鑑賞になるでしょう。きっと。 2時間20分もある長い映画なのに、どうしても消化不良感が否めない。数多くのイベントをぶつ切り...

コメントの投稿

非公開コメント

あら

ボーナスステージでのお面の下のサダキヨに意味ありってところが
気になります~!
ん~やっぱり原作で補完しないとつらいでしょうかね。
でも、これは面白かった!
メビウスさんもばっちりハマってますね♪
第1章よりも面白かったって珍しいけど、
元々好きなところだったならそれも納得ですね!

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

原作の再現度は相変わらず高いですが、今回は映画独自のアレンジも効いていましたね。ともだちの正体が気になって仕方がありません。最終章の公開が今から待ちきれませんね。

小泉響子は本当にソックリでした。主役のカンナを完全に食っていましたね。

ともだちは誰でしょうね~?

>miyuさんこんばんわ♪

あのお面の下の顔が大人のサダキヨの顔なのは、幼少時のサダキヨの顔を誰も知らないっていうのが原作での理由なんですけど、それが映画の方では無かったので自分はちょっと説明不足にも感じてしまいました。
それでも不満点は1章よりも少なかったので自分も大いに楽しめました♪最終章もこのまま右肩上がりの評価にしたいですね。

>えめきんさんこんばんわ♪

映画独自の方向に物語が進んじゃったので、最終章からは原作既読者も新鮮な気持ちで観れそうですね。ともだちの正体は個人的に2人ほど候補に上がっていますが、果たしてそれが合ってるかどうか・・?
ちなみにウチのオカンはドンキーがともだちと言っていました(爆

サダキヨ

メビウスさん、こんにちは。
サダキヨのあっさりな扱いは狙いなんじゃないかな?ってちょっと思ったり。
原作でも結構しぶとい彼だし、まだまだ分らないかもしれません(^^)

小泉響子はどこでも絶賛だけど、姿勢ひとつとってもなりきってましたよね。泥棒歩きなんか最高でしたし!
あとは見事なボーリングセンスを見せてほしいですね(^^)

サダキヨのお面の下の顔が、
ああなった訳があったんですね!
いきなりあんな顔がでてきたので、
すごく不気味なキャラとしか感じられませんでした(苦笑)
いまだに夢にでてきそう~~(苦笑)

こんばんは!!

変更ありましたけど・・。私もこの展開はしっかりと原作を追ってる執念を感じて(笑)
引き込まれました!!
みんなのそっくりさも楽しかったですしね~!!
サダキヨの姿には涙をながしてしまった私ですが、やっぱり彼は怪しい???
バッチの彼のすりかえも気になります!!
3章も油断なりませんね(笑)

怪しいサダキヨ

>たいむさんこんばんわ♪

やっぱりサダキヨのあのあっさり加減は最終章までの布石が入ってるのかもしれませんね。原作とは違う結末を迎えるだけに、だれがともだちか全然分からないですし、観客にも『迷い』を与えるのが狙いでもあるんでしょうね~?サダキヨも一応ともだち候補かも?
でも小泉響子役の木南晴夏が絶賛されすぎてて、シンデレラガールの平愛梨がちょっと隅に置かれてる感じがしますwカンナも個人的には良かったんですけどね。

>えふさんこんばんわ♪

サダキヨのお面の下の顔は漫画でもインパクトありましたが、映画版でもなかなかでした。確かにあんなもの突然見せられたら小泉のように絶叫するのは必至wそしてその場面も忠実に演じてた小泉役の木南晴夏もお見事。
けど、幼少時にあのお面を付けてたせいで顔を誰にも認識されなかったサダキヨの過去は少し悲しいものがあるんですが、そこに自分が付け加えて欲しかった恩師のエピソードが絡む事で感動が生まれるんですよね~♪本作でも再現して欲しかったんですが、残念です。

>くろねこさんこんばんわ♪

個人的にはサダキヨもともだち候補の1人ですね~。たいむさんも言っていますけど、あっさり過ぎる設定が逆に疑問ですし、ともだち博物館に火を付けて自殺したように見えても、モンちゃんやヤマネのように決定的な死を映していなかったので、もしかしたら直前で逃げ出した?みたいな事も想像しちゃいます。
でも最終章でもしそういう結末になったら衝撃的ですよね。他にも怪しい人が何人かいますけど、現時点では確証を得られないので、早く続きが見たいものです♪

小泉

第3章でも小泉響子はおとぼけキャラを爆発させて、面白くさせてくれそうなんですね。
結末がますます楽しみでーーす。

メビウスさんコメント&TB有難うございます

『映画と秋葉原と日記』のhideです
メビウスさんコメント&TB有難うございます
(^^♪本当にに原作ファンの方の、この映画の評価はおおむね好評ですよね。
俳優がキャラに入り込めるようにとか?
観客に違和感を持たれないようにする配慮か?解りませんが。特殊メイクなども完璧でしたね。

その中でも小泉響子役の木南晴夏は確かに一番キャラがユニークだったと思います。

原作未読。予備知識は全く入れないで観ていますが・・・。
最終章では、大団円では無く・・・
カンナ辺りが覚醒?暴走?モードに成って大暴れしてくれるのを念じておりますが
無理かな・・・・(^_^;)

個人的には大、大、大満足ですが、原作を知らない人には話が急展開すぎの為、トモダチのカリスマ性や全世界での支持?友民党の成り立ち、組織規模?ウィルスの恐ろしさや被害規模?ローマ法王との繋がりetc...、特に映画独自のストーリーにするためか、トモダチの暗殺??復活?が変更?改良?省略?されていた為、自作自演??ただ単に省略?....あれは、あれであり?...などと原作を知らない人に説明しないほうが良い?説明してあげたほうが良い?.....とにかく早く最後の章が見たいし、今回良い評価をしていない人にもぜひ見ていただきたいです!!!!!結末が非常に楽しみです。

はじめまして

はじめまして。
ブログを巡っていて、こちらに辿り着きました。
私もこの作品を観ました。
まだ、記事にはしていませんが、1作目よりは変更点もあって楽しめました。
それにしても、素晴らしい記事ですね。
的をえてるというか、ずばりというか。
非常に参考になりました。
これからもよろしくお願いします。

時間があるので是非読破をっ

>ひらりんさんこんばんわ♪

原作だとこれ以降の小泉は神様からボーリングの天才だと言われて、そのボーリングで活躍するシーンなどがありますね。でも最終章はケンヂも帰ってくるでしょうから、活躍は本作ほどじゃないかもしれませんね~。個人的にもちょっと残念ですけど。

>hideさんこんばんわ♪

1章も忠実なら2章も同様。20世紀少年は漫画のキャラクターとキャスティングの酷似性が完璧なので、そこにファンの方はツボを刺激されるんだろうと思いますねw自分も同じです。
その漫画を読めば本作もかなり面白く観れると思いますから、hideさんも最終章に向けて一読してみてはどうでしょうか?半年以上間があるので読破するには十分な時間ですw

>Rex-Tさんこんばんわ♪

最終章で映画オリジナルの方向に持っていくためか、後半からは原作と大分様変わりしてましたよね。個人的にともだちが復活するシーンは漫画の方が説得力あった気がしますw
でもここで描かれなかった分、最終章でブワーーッ!と放出する可能性もあるので、やはり最後まで観てみないと分かりませんね。けど8月は結構長い・・(汗

>亮さんこんばんわ♪そしてはじめまして♪

ちょっとマニアックな駄ブログ駄文ですけど、ちょっとだけ参考になれば自分も幸いです。でもTBをしくれた他のブロガーさんも凄い的を射た文を纏めてるので、それも参考にした上でまた観ると一層本作を面白く観れると思いますね♪
2作目から大分変わってきましたし、最終章は原作ファンの方も知らない結末になるだろうと思うと、期待が膨らみますね♪

お邪魔します~♪

完全に物語りの世界から取り残されてしまいました(^_^;)
1作目はまあまあだったので、かなり期待してたんですけど、
ダメでした(^^ゞ

最終章を観ても、さらにギャップが広がるだけだと思われる
ので、パスすることになりそうです・・・

サダキヨと小泉響子

こんにちは☆
私も原作でかなりひっぱっていたサダキヨの部分が、あっさりし過ぎていて、ちょっと残念でした。
小泉響子は本当に原作そっくりでしたね~
3作目は、どの程度原作と変えていくのか、かなり期待が膨らみます。

サダキヨ説

>はっちさんこんばんわ♪

やっぱりこの作品も漫画の方を読んでるか読んでないかで大分敷居の高さが変わってくるみたいですね~。自分はすんなり入れましたけど、漫画読んでない人には凄い荒唐無稽に見えるから、付いていけないという言い分もなんとなく分かりますね・・(汗)
最終章までまだ半年以上ありますから、はっちさんもなんとか漫画を読破してみてどうでしょう?

>ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪

自分もサダキヨのあっけなさには不満を感じたんですが、今思えば、それも最終章の布石の1つなのかもと考えるようになっちゃいました。結末が大幅に変わると言うことはともだちの正体も変わると言うことでもあるでしょうから、死んだ(?)ように見えたサダキヨも怪しく思えるんですよね~?
サダキヨともだち説は自分だけじゃないので、彼もちょっとキナ臭くなってきました。オッチョもサダキヨだと思ってたんでしょうかね~?

メビウスさん、こんばんは~♪
原作を知らずに観ていて、「小泉響子って面白いなぁ~」と思ってお気に入りだったのですが、物凄く原作のキャラに似ていたようですね。
演じた子はかなり研究したのでしょうか。主役のはずのカンナよりも何だか印象に残りましたよ♪

前作から15年経った設定で、いきなり日本が変な世の中になっていたので少々引きましたが(笑)、“ともだち”の正体が気になるので第3章も楽しみです!

ハマる小泉

>由香さんこんばんわ♪

原作未読者でもハマる小泉と言う事で、ますます木南晴夏がハマり役だというのが分かりましたね~。確かにあのオーバーリアクションとか面白かったですし、ああいった仕草もホント漫画の通りなので自分もツボにハマってしまいましたw

でも15年の月日が流れて日本もともだち色に染まっていましたが、最終章になると西暦もともだち歴になって、日本は近代化どころか戦後のような荒れた世界になるので、またギャップに苦しむかもしれません(汗

すみません

水をさすようですみませんが、私はダメでした~。
まぁ、そっくりさんキャストは、今回、事前に知らなかった人が多くて楽しめたけど。
チョーチョの藤木とか、高須の小池とか、ほくろの巡査とか、一番似てたんは、神父やな。
小泉響子は、前作の予告で見てて、知ってたけど、満足でした~。

設定変えたのが不味かったんでしょうか

>aq99さんおはようございます♪

ありゃ、aq99さんはダメでしたかっ(^^;)自分はともだちランドとか小泉とか原作で一番好きなシーンとかキャラクターが出てきたのもあって評価高かったんですけど・・・・やっぱり原作と微妙に違う設定にしたのが逆にまずかったのかも・・?

そいえば神父役の六平さんも激似でしたねwルチアーノ神父やローマ法王さんが絡んでこなかったのが残念でしたけど・・。

どうも・・・

原作のサダキヨはそんなにも注目の人物なのですか?
原作とはやはり違ってたりするのですね。
未読者には、イマイチこの作品の魅力が分かりにくく、
あれよあれよという間に終わった気がします。
ともだちのカリスマ性やともだちランド、復活など
ちょっと意味不明で・・・原作はきっと素晴らしいのでしょうね。
こんなこと言いながらも、最終章は気になるので観ちゃうかもです。

サダキヨの存在

>未来さんこんばんわ♪

原作のサダキヨはともだちランドで小泉が体験した恐怖もあってか、不気味な存在でもありましたが、幼少期にずっとお面を付けたままだったせいか同級生にも素顔を覚えてもらえなかったという悲しい存在もあるんですよね~。本作ではその辺りがちょっと欠けてて残念だったんですが、もしかしたらその情報の薄さが最終章での結末に何か関係してるんじゃないかと自分は勘繰っており、その為個人的にともだちの正体候補にサダキヨも入れちゃったりしてますw

でも確かに原作未読だと20世紀少年の世界観は荒唐無稽でとんでもないんですが、原作読んじゃうとどうしてもあれやこれやといちゃもん付けちゃうので、未来さんもやっぱり未読のまま最終章に突入した方が新鮮な感じで観れて後々面白くなってくるかもしれませんよ?

コメントありがとうございました

コメントありがとうございました。
小泉響子は似てましたよね。
それに反し、小池栄子の高須は別人でしたね(笑)
映画オリジナル、『トリック』の堤監督らしさが出た第2章でしたね。

2章は良かったのに・・

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

3部作通して色んな役者さんが激似キャラを演じていましたけども、その中でもやっぱり一番似てたのが小泉を演じてた木南晴夏ですよね。ショックを受けて顔が強ばるシーンとかもうそっくりすぎて笑ってしまいましたですw・・でも最終章ではコーンビーフ食べてるシーンしか印象に無かったので、手の平返したかのような扱いがちょっと寂しかった気がします・・(汗
それに出来れば最終章も監督のオリジナル色が出ていれば良かったんですが、結局は原作と同じような結末になっちゃったのも少し味気なかったかなと思いました。

PAGETOP