本当なら従来のシリーズ通り第4弾までリリースされると思ってたんですが、神獄の章は何故かこの第3弾をもってあっさりと完結してしまった・・。う~む、正直もっと続いて欲しかった・・・
しかしカード枚数の減少といい、もしかして神羅万象チョコも昨今の世界的な経済不況の煽りをくらって縮小気味になってるのかな?と一抹の不安を感じてしまう今日この頃。それとも去年の7月と言う中途半端な月に第1弾を販売したもんだから、続章の『王我の章』は足並み良く4月辺りにリリースするという狙いを含んでいるんでしょうかね~?
まあこれで神獄の章が終わってしまうのは少々物足りない気もしますけども、取り敢えず神羅シリーズはまだ続くという事が分かっただけでも一安心と言った所ですね。

そして今回も1BOX買いでカード大量入手作戦を敢行。ウェハースはどうすんの?という問題は後回しにして、今度こそ1発でレアカードもゲットすべく、いざオープンゲーーット!!なのです。
と、意気込んで開いて自分の思いが通じたのか、なんとホントに1発でレアカードゲーーーット!!!
こ、これはかなり嬉しいっ♪♪アナザーカードやレア以外のお目当てカードも入ってたらもう言う事無しだったんですけど、この際贅沢は言いますまいっ。と言うかレア入ってただけでも個人的にはかなり贅沢モン。幸先のイイスタートでちょっと小躍りしてしまいましたw


【明星神マキシウス】
マキシの武具や七支刀に金箔が施されているので、おそらくこれがレアカードでしょう。メリルとの2ショットでラブラブっぷりも披露w


【羅震帝サン・マナフ】
BOXと一緒に購入したコレクション・ファイルに付いていた、特製カードの羅震帝サン・マナフ。マッチョなガタイでゼロよりもラスボスっぽい貫禄たっぷり。こいつが欲しかったのでコレクション・ファイルも購入したんですが、そのファイルが自分が思ってたよりも小さくてそこはちょっと肩透かし・・


【月影のルキア】
第1弾で謎の存在だったルキアの正体はやっぱり羅震鬼。一気に露出系になった・・サン・マナフの密命を受けて王我の血族であるサン一族を捜していたんだとか。続章でもまた出てきそうですねぇ。


【羅震帝サン・モルテ】
羅震帝の血を引く皇族最後の生き残りであり、ルキアが探していた皇帝継承者の少女。王我の章でのキーキャラクター的な存在になりそうです。


【黒炎獅竜ホウセン】
今回のニューフェイスで一番気になったキャラクター。カードの裏側を見たらなんとレベルがマキシやゼロをはるかに上回る30!一人でぶっちぎりの強さを持ってます
モルテを主と言ってる辺り、ホウセンも重要なキャラクターの1人なのかも?


・・でもなんか王我の章への伏線のためか、完結編にもかかわらずやたら新キャラクターの多さが目に付いた第3弾ですが、その王我の章への期待を高ませてくれる点では非常に魅力的なラインナップとも言えましたね。
神獄の箱を巡るマキシとゼロ(とジーク?)の因縁の対決で彩られた今回の神獄の章。一応の雌雄は決したものの、次もまた二人(三人?)は激突するのかはたまた共闘するのか?未だ謎の多い羅震鬼の存在も気になるので、まだまだこのシリーズの興味は尽きないですね~。

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP