バイオハザード ディジェネレーション
【監督】神谷誠
【声の出演】ポール・メルスィエ/アリソン・コート/ローラ・ベイリー/スティーヴ・ブラム/ミッシェル・ラフ/マイケル・ソリッチ/クリスペン・フリーマン/ロジャー・グレイグ・スミス
【公開日】2008/10.18
【製作】日本

【ストーリー】
ラクーンシティで起きた『アンブレラ事件』。最大手製薬会社アンブレラ社が生み出したtーウィルスが感染拡大を引き起こし住民らはゾンビ化。米国政府はミサイル攻撃による<滅菌作戦>を実行し、ラクーンシティは地上から消滅した。しかし事件から7年。惨劇は再び米中西部の空港で起ころうとしていた・・。
クレア・レッドフィールドは空港内で人々が次々とウィルスに感染し、ゾンビ化する様を目撃する。一方、上空でも旅客機内に感染者が出た事で空港に緊急着陸をするが、ロビーに激突。破壊された機内からは更なるゾンビが現れた。合衆国大統領は事態鎮圧のため、直轄のエージェントであるレオン・S・ケネディを空港に向かわせる・・・
【コメント】
カプコンの大人気ゲームソフトであるバイオハザード。実写映画も3作まで作られていますが、今回はゲームの世界観と関連付かせた初の長編フルCGアニメとして、従来のシリーズには無かった『バイオテロ』という新たな恐怖を描いています。去年の10月に都心などの限定された場所で2週間だけというこれまた限定の公開となっていただけに、かなり歯痒い思いをしながら我慢してたのを思い出しましたね~
レンタルもされないので、DVDを購入してようやく自分も観る事が出来ました♪

サイレントヒル同様バイオシリーズも一通りプレイしてるので、本作の内容もどちらかと言えばゲームをプレイした人前提で楽しめるような感じになっていて、自分も予想していた以上に面白く観れましたね。ラクーンシティの崩壊やG-ウィルスといったシリーズゆかりのシーンやキーワードも出て来ており、レオンとクレアの再会シーンに到ってはモロに『2』のオープニングムービーのオマージュで思わず『懐かしい~っ!』と感極まってしまった。傘(アンブレラ)を手に取ったクレアが皮肉交じりのセリフを言う場面にもちょっとニヤケけしまいましたw
・・モチロン、ゲームをやった事がない人でも本作のストーリーには無難に入り込めるとも思いますし、フルCGのリアルな映像もとてもクオリティが高くてその点も見応えは十分あると思います♪
でも自分はDVDでしたけど、ブルーレイでこういったフルCGを観ると更なる映像美が加わり、なんかリアルを通り越して不気味になる可能性もありそうですね

シリーズの時系列上本作は『2』の7年後という設定なため、主人公のレオンとクレアも久々の顔合わせとなりますが、ゲームをプレイした人にとっては『2』発売当時の98年以来の再会なので、実に10年ぶりという事にもなる(少なくとも自分は10年ぶり)。ゲームの方も関連作が出る度にその都度コンビもコロコロチェンジしていましたが、直接的に出会ってまた同じコンビとして組むのはレオンとクレアが初めてではないでしょうか?2人の声を担当してるのもお馴染みのポールさんとアリソンさんみたいでしたし、そういう懐かしさや再タッグも相まって、息がピッタリ合った2人のアクションや信頼感といった部分も個人的には見所の1つでした。
・・しっかし本作のレオンのタフネスぶりに関してはちょっと異常ですね(^▽^;)後半なんてジェームズ・ボンドもびっくりするくらいの縦横無尽な活躍を披露して仰天過去にゾンビにガナードと数々の危機を乗り越えてきたせいか、何事にも動じないクールな振る舞い等もとても7年前まで新米警官だったとは思えないほどの劇的な変わりっぷりだと改めて感じてしまう。
レオンもある意味G-ウィルスと同じくらい急激な進化をしてきたキャラクターですね


3月5日に発売される『バイオハザード5』の前日譚にも当たるため、新たな製薬会社であるトライセルの暗躍をも匂わせるラストは否応にも5への期待も高めてくれた本作。単品として観てもかなり出来映えは良かったと思いますし、ファンにとっても新しいバイオハザードサーガを観る事が出来て自分もかなり満足感のあった作品でしたね♪
※あと本編には関係ありませんが、DVDの特典の1つとして入っているギャグ映像集というのも爆笑モノ。『短気なクレア』はエンターキー押し過ぎですww

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
公開している劇場が一つしかなく、かつ期間が2週間程度だったので、見逃していた作品
<バイオハザード・ディジェネレーション を観ました> 製作:2008年日本 ←クリックしてね。ランキング参加中♪ みなさん、もう「バイオハザード4・アフターライフ」は観ましたか~? 映画ファンならずとも、ゲームファンにも楽しめる作りになっていましたね! ...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

プレステ3を購入して、初のブルーレイ作品がこちらでした。
やはり映像は高精細で美しかったのですが、メビウスさんが書かれているような不気味さみたいなものがでてましたね。
「バイオハザード」はご無沙汰だったのですが、こちら「5」が出るということなので、久しぶりにやってみようかと思います。

リアル過ぎも困りもの

>はらやんさんこんばんわ♪

PS3買っておきながら自分はいまだブルーレイに手を付けてませんが、DVDでこれだけリアルなフルCGなので、ブルーレイになったらエライ事になるんじゃないかと思ったら案の定でしたか・・(^^;)リアル過ぎるというのも困りものですね(汗

『5』はプロモーションの映像とかを拝見してるくらいですが、それでも凄い期待をしてしまいます。クリスとウェスカーの因縁にも決着(?)が付くとか言ってるので、3月は映画鑑賞そっちのけになってしまうかもしれません(笑)
はらやんさんも是非購入の方向でっw

PAGETOP