K-20/怪人二十面相・伝
【監督】佐藤嗣麻子
【出演】金城武/松たか子/仲村トオル/國村隼/高島礼子/本郷奏多/今井悠貴/益岡徹/鹿賀丈史
【公開日】2008/12.20
【製作】日本

【ストーリー】
現在と全く違う発展を遂げた日本-架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生まれ、帝都の富の9割はごく一部の特権階級である華族に集中していた。そんな中、富裕層のみをターゲットとし、次々と美術品や骨董品を魔法のような手口で盗む<怪人二十面相>-通称『K-20』の出現が世間を騒がせる。
サーカス団の曲芸師である遠藤平吉は、ひょんな事からK-20の罠にハマり、K-20に仕立て上げられ世間から追われる身となってしまう。しかし平吉は羽柴財閥の令嬢・葉子、名探偵・明智小五郎らと協力し、自分を嵌めたK-20に再び戦いを挑むことを決意する・・・
【コメント】
さ、先越された~っ!タイトルに肖り、シネコンで『Kの20』の指定席をゲットしようと思ったら、既に年配の男の人が陣取っていて見事に目論見が潰えた・・・
早朝でしかもこういう考え持ってるのって自分だけかな?という考えはどうやら浅はかだったようですね~(--;)孔明に先読みされる気分ってこういう感じなのかも・・?なんて思いました

覚えてる限りでは自分も小学生の頃『青銅の魔人』や『灰色の巨人』といった二十面相シリーズの小説を少し読んでいましたが、本作の原作である二十面相・伝は未読。・・けど映画を観たら自分が覚えてる二十面相や明智小五郎とは大分雰囲気が異なっていて、出だしこそ若干の違和感があったものの、個人的に良かったオープニングアニメーション以降からツボにハマる展開がたくさんあってとても見応えがあった♪自分は仮面ライダーとか好きなので、もしかしたら本作はそういったヒーローモノが大好きな人にも魅力的な内容かもしれませんね。
佐藤嗣麻子監督がアクション重視というだけあり、本作の見所は随所に用意された派手なアクションシーン、とりわけ金城武が演じる主人公の平吉と二十面相が見せるパルクールアクションは凄いカッコよくて、自身の体一つで壁やら鉄塔やらを何の躊躇も無くよじ登るパルクールのスタントマンさんの驚異的な身体能力もこれまた同様に凄かった。平吉と二十面相の対決の際も、パルクールを使った攻防が狭い路地や階段などでスピーディーに繰り広げられるので、その流れるような動きに自分もかなり見入ってしまいました。

また『レッドクリフ』で1人だけ動かず汚れずと、高見で悠々と戦略を練っていた孔明よりも、やはり個人的には動いて汚れてちょっとオマヌケな部分も見せる平吉を演じた本作の金城武の方が好きですね。マトリックスモドキの『リターナー』も結構好きだったので、やはり彼はアクションを披露してる方が断然輝いているように思う。高い所から降りて『イデデ・・』と腰を痛めたり、手をぶつけたりするオバカっぷりも孔明と比較するとギャップが激しくて可笑しいですし、何気にハトを可愛がってる所も共通してて笑えましたね~。ヒロインの葉子を演じた松たか子のコメディな言動も面白く、悩殺ポーズなんてあからさま過ぎて思わず苦笑してしまい、それを冷ややか目線で見て呆れ顔になる明智の気持ちもなんとなく分かりますね


山崎貴率いる白組のVFXも、『ALWAYS 三丁目の夕日』の夕日町より更にリアルになった帝都の街並を作り上げて、背景も申し分なし。大好きなフィンチャー監督ばりのどんでん返しで明かされる二十面相の意外な正体も自分は全然気付いて無かったので、ラストまでワクワクさせる素晴らしい展開を見せてくれて、今年の邦画の中でも中々優れたエンタメ作品だったと思います
でも弱気を助け強気を挫く孤高のヒーロー、新・怪人二十面相がせっかく誕生したのだから、出来れば本作はこのまま終わって欲しくないというのもありますね。少年探偵団の活躍や、平吉と葉子のロマンスももっと見たかったので、自分はちょっと淡い期待をしてしまいます。
南部先生の安否も気になりますし

『K-20/怪人二十面相・伝』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝 235本目 2008-41 上映時間 2時間17分 監督 佐藤嗣麻子 出演 金城武 松たか子 仲村トオル 國村隼 高島礼子 本郷奏多 今井悠貴 益岡徹 鹿賀丈史 会場 一ツ橋ホール(試写会 164回目) 評価 7点(10点満点)  「K...
江戸川乱歩の「少年探偵団」シリーズ、ご多分に漏れず僕も小学生の頃、学校の図書館に
第二次世界大戦が起こらなかった時の、もしものパラレルワールドがこの映画の舞台・・の冒頭の説明に期待度が上がった。江戸川乱歩の《明智小五郎》と《怪人二十面相》という、固定観念にまみれたキャラクターを根底
江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション映画です。
今日、イオンりんくうで「K-20怪人二十面相伝」を見ました。 内容は、華族の結婚式の取材にいったサーカス団員が二十面相に間違われて逮捕され、その後脱獄してサーカスと一緒にいた団員の家に暮らす用になり、その団員が泥棒指南を学んでいく内に怪人二十面相と戦ってい...
世界大戦が起こらなかった架空の時代。帝都では、様々な美術品や貴重品を狙う怪人二十面相が暗躍していた。サーカスの花形・遠藤平吉は、名探偵明智小五郎の披露宴の様子を写真に撮るという依頼を受ける。しかしそれは二十面相の罠であり、平吉は二十面相として警察に拘束...
2008/12/20公開(12/21鑑賞)製作国:日本監督:佐藤嗣麻子出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子、本郷奏多、今井悠貴、益岡徹、鹿賀丈史怪人二十面相は誰だ!?違う!オレは二十面相じゃない!
近頃とっても気になる金城さんを目当てに鑑賞(笑)いそいそ【story】1949年、格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日、サーカスの曲芸師・遠藤平吉(金城武)は、?...
▼動機 どーせあの人でしょ? ▼感想 ほーらあの人でしょ? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒がせていた。ある日?...
  ☆公式サイト☆江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。?『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフによるノスタルジックな映像美も見もの。極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術...
「K-20(TWENTY) 怪人二十面相・伝」は第2次世界大戦が起こらなかったという想定で描かれた帝都を舞台に華族だけを狙う怪人二十面相を追う名探偵明智小五郎が怪人二十面相と間違えられたサーカス芸人を捕まえた事でサーカス芸人が自分の無実を証明するために怪人二十面?...
金城武主演「K-20 怪人二十面相・伝」を観てきました~。 かなり長い事楽しみに
 日本  アクション&アドベンチャー&ミステリー  監督:佐藤嗣麻子  出演:金城武      松たか子      仲村トオル      國村隼 【物語】  1949年、第二次世界大戦を回避した日本の都市、帝都。そこは、19世 紀から続く華族制度により極端な貧...
【監督・脚本】 佐藤嗣麻子   【原作】 北村想   【脚本協力・VFX協力】 山崎貴   【公開】 2008/12/20   【上映時間】 2時間1...
太平洋戦争・第2次世界大戦を回避した後の日本が舞台というのは面白い、回避したらどうなるのか説明は少ない、まぁそれが主題の物語ではないけどね~ 第2次世界大戦を回避した後の帝都、なんだか東京タワーみたいなのと羽柴財閥のタワービルが一際高くそそり立...
怪人二十面相は誰だ!? 違う!オレは二十面相じゃない! 製作年度 2008年 上映時間 137分 原作 北村想 『完全版 怪人二十面相・伝』 脚本 佐藤嗣麻子 監督 佐藤嗣麻子 出演 金城武/松たか子/國村隼/高島礼子/本郷奏多/益岡徹/今井悠貴/小日向文世/鹿賀丈史/仲村トオル ...
20面相は誰だ!?その謎にせまるエンターテイメント作品! コレは原作への、ファンへの挑戦!?
◆金城武さん(のつもり) 金城武さんは、12月20日公開の映画『K-20 怪人二十面相・伝』に遠藤平吉 役で出演しています。 先週、東京厚生年金会館にて開催された試写会で観てきました。 ●導入部のあらすじと感想
江戸川乱歩の小説に登場するダークヒーロー、怪人二十面相の真相に迫るアクション・エンターテインメント。北村想の「完全版 怪人二十面相・...
今年最後の鑑賞となったのはコレ。 実は21日には見に行ったんですが、前記事のとおり 家んなか大変なことになってしまって 更新遅れました。 第二次世界大戦が回避できた日本の もしもワールドで、 怪人二十面相と明智小五郎の対決を え、そんな展開にしちゃうの?!っ..
遅らばせながら、観て来ました~ 怪人二十面相・伝!公開初日に、金城武が舞台あいさつに来てたじゃないのっ!! 有楽町??はーん・・・ 会いたかったよう。二十面相 涙あり、笑いありで 超おもしろかったよー 前半、二十面相にハメられ、つかまった金城武が 殴...
これは良家の子女の嗜みですのよ監督・脚本:佐藤嗣麻子出演:金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、高島礼子(goo映画より)北村想原作の同名の小説を20年の構想期間を経て映画化。第2次世界大戦を回避した架空の日本を舞台に、富める者から金品を奪う怪人20面相の正体...
今年最後のレビューは 試写会で観たこの作品にします。 原作は北村想なんですね。 戯曲はいくつか読んだことありますが、 小説も書いているとは知りませんでした。 試写会場はほぼ満席でした。 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、 富裕層のみを狙い、美術...
監督・脚本、佐藤嗣麻子。脚本協力、山崎貴。VFXディレクター、渋谷紀世子。VFX
監督、アンドリュー=スタントン。脚本、アンドリュー=スタントン、ジム=リアドン。
新春の劇場鑑賞映画第一弾に,明るく痛快なこの作品を選んで,やはり正解!お正月そうそう爽やかな笑いをいっぱいもらえた。 あらすじ: 極端な格差社会の架空の都市“帝都”では、富裕層のみを狙い、美術品や骨董品を鮮やかに盗み出す“K-20”こと怪人二十面相が世間を騒...
K-20 怪人二十面相・伝 監督: 佐藤嗣麻子 出演:  金城武、松たか子、仲村トオル、國村隼、本郷奏多 公開: 2008年12月 今年一発目は「K-20...
新年明けましての第1弾は、現在公開中の『K-20 怪人二十面相・伝』。江戸川乱歩
北村想原作の同名の小説を映画化したもの。第2次世界大戦を回避した架空の日本を舞台に、怪人20面相の正体を明かしていく。出演は、金城武、仲村トオル、松たか子ほか。 <あらすじ> 1945年の架空都市<帝都>。19世紀から続く華族制度により、極端な格差社会が生じ?...
黒いマントさばきもお見事、 まるで‘和製バットマン’のようでした。 きっとバカバカしいんだろうなと思いつつも、出演者に金城武・松たか子・中村トオル、 これだけで観る気にさせてくれた。 まずは初っ端タイトルバックからとてもオシャレ、怪人二十面相の活躍を...

コメントの投稿

非公開コメント

キャストがgood

メビウスさん、こんにちは。
期待度が低かったし、天気が悪くて萎えかけたのですが、メビウスさんのタイトルの◎を思いだして出かけたのは本当です(笑)
思った以上に楽しくてゆるくて楽しめました!
松たか子が竹内結子だったらもっとしつこく感じたかもしれないけれど、お嬢のお転婆っぷりが絶妙でしたねw
「こういうときは・・」とか「良家の子女・・」とか繰り返される決めゼリフ?も良かったです。

続編があったら愉しそうですね。歓迎します!

お転婆お嬢様

>たいむさんこんばんわ♪

あらまっ、自分の評価で足を運んで下さったとは、なんか嬉しいですね♪それで面白くなかったらちょっと申し訳ないですけども、たいむさんも楽しめたようで何よりですw

でも最初、松さんのお上品な言葉が少々鼻についたんですけども、どっかのアニメや漫画でありそうなお嬢様だけどお転婆で行動派な性格は自分も好感もてました♪意外にコメディエンヌな部分もあって笑わせてくれたので、続編とかあったらまた松さんのお転婆ぶりが観たいですね~。

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

なるほど、K-20の席とはまったくそんな発想わかなかったですー。
あ、僕が観た映画館は自由席だったので、そもそも関係なかったですけど(笑)。
ヒーロー好きとしてはシリーズ化期待したいですよね。
他の方のブログを見ても評判良さそうですし。
期待していいかなあ・・・。

私は今日イオンりんくうで見ましたよ。
20面相との戦いはアクションとかもすごくかっこよかったですし、記事のとおり、2時間ちょっとが早く感じるほど見入ってましたし、コメディやアクションでは見ごたえのある映画でしたよ。

ちょっとした遊び心

>はらやんさんこんばんわ♪

自分、イニシャルや数字の付いた映画のタイトルを観る時は、時々その映画に肖って遊び心的に同じ数字の指定席などを選んだりして1人優越感に浸ったりしてることありますねw自分がいつも観てるシネコンの一番大きい劇場は確かLまであったので、今回もその劇場で狙おうと思ったら、思わぬ先客がいて驚いてしまいましたよ・・・(汗

>かなやすさんこんばんわ♪

そいえばこの作品って確か2時間13分となかなかの長時間作品なのに、自分も全然疲れる事無く、楽しく観れましたね~♪アクションももちろん迫力ありましたし、コメディの部分も金城武と松たか子の凸凹コンビが面白かったですね。

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

いろいろと突っ込みたいところはありましたが、総合的にはちゃんと面白い映画になっていました。整合性や完成度よりも、「観客を楽しませる事」を最優先にした映画だということが伝わってきましたね。
あとは上映時間がもう少し短ければもっと評価したんですが。シリーズ化するなら、次回以降は2時間以内に収めて欲しいですね。

こんにちは♪

私もK20を狙おうと思ったんですが、端のほうなのでやめました。やはり同じようなこと考えてる人はいるんですね(笑)

「ALWAYS 三丁目の夕日」の未見ですが、帝都の街並みはなかなかでしたね。
登場人物も個性的で面白かったし、キャストもハマり役で良かったです~邦画にしてはかなり良かったかなと。
あまり長さも感じずに楽しめましたよ。
続編があったらいいですねぇ。

やり取り

>えめきんさんこんばんわ♪

架空の都市が生んだ格差社会の問題よりも、二十面相の姿や平吉達のアクションに見応えを感じたので、エンタメ作品として結構優れていると自分も感じましたね♪
しかし子供も観る上ではやはり時間をもう少しコンパクトにして欲しかったという部分も一理あります。自分は好みのジャンルだったので、2時間半でも大丈夫だったかも?(笑

>ゆかりんさんこんばんわ♪

そいえば自分以外にもKの20を意識していた二人の女性がいまして、隣上の席で『せっかくだからKの20番にすれば良かったんじゃない?』、『あ、そうだね。あれ?!でももう誰か座ってるww』みたいなやり取りが聞こえて、同じ事を考えていただけに、思わず自分もちょっと笑ってしまいました。

ちなみに原作の方は続編があると聞いています。今度はそれがまた映画化してくれる事を期待したいですね♪

メビウスさん、こんにちは~♪
今回の金城さんは『リターナー』を思い出させましたね。
私もリターナー好きなので、平吉に凄く好感を持ったし、一気に愛着が湧きました(笑)是非続編を作って欲しいですよね~

少し退屈するところも正直ありましたが、全体的にいって楽しめました~♪コメディタッチのところもカッコイイアクションも良かったです!

『Kの20』の席が取れずに残念でしたね~私は何も考えずに席を選びましたが、今頃その席にすれば良かったと後悔しています(笑)

ベストポジション

>由香さんこんばんわ♪

リターナーは『マトリックス』のネオを彷彿とさせ、そして今回の平吉はワイヤーで壁を登ったりするところから『スパイダーマン』を思い出さずにいられませんでした(笑)特に意識してるわけじゃないかもしれませんが、それでもやっぱり邦画のアクション映画などはどことなーくハリウッドの影響を受けてる部分が少なからず見え隠れしてるようで、本作も例外ではなかったかもしれませんね。(でも面白かったですけど(^^;))
でもKの20の席って、他のシネコンだとどうかは分かりませんけど、自分のトコのシネコンのKの20は結構スクリーンのまん前なのでベストポジションなんですよね~。そこに座ってたらもっと面白く観れたはずです。

わははー♪

こんばんは♪
K20の座席とは!思いつかなかったけど、ライバルがいたなんてー残念でしたね☆
映画は、、、ちょこっと退屈しちゃって思っていたよりも評価低くなってしまいました。
金城くんの日本語があんまし好きじゃないのでスルー予定だったけど試写で観れてよかったかな、、、というところでした♪

微妙な日本俳優

>きららさんこんばんわ♪

平吉のライバルが二十面相なら、自分のライバルは先に座席に座っていた年配の方ですねw自分が一番乗りだと思ったら、朝の8時半ですでに座席が1つ埋まってて、それがKの20だったので面食らっちゃいましたね~(笑

でも金城武って、邦画よりも外国の映画に出演してる方が多い気がするので、いざ邦画の主演となってもどことなく違和感覚える・・・なんてのは自分もありますね。
もしかして日本語よりもお隣の国の言葉の方が上手いんじゃないでしょうか?(汗

こんにちは♪

>「Kの20」の指定席をゲットしようと思ったら
なるほど~そう言う遊び方もあったかぁ~。
勉強になりやした!

帝都の街並みは申し分なしでしたか。
ボクは逆でロケ地となった中国の風景がいたるとこ
ろで目に付いてしまって舌打ちしてましたよ。
金をかけてでも「帝都物語」のようなセットを組む
なりして欲しかったが正直なところです。

>このまま終わって欲しくない
これは100%同感です!
ホントこの1作で終わらせるには勿体ですよね。
出来れば寅さんみたいに毎度、ヒロインを変えて
が望ましいかな♪ (゚▽゚)v

自己満足

>風情♪さんこんばんわ♪

映画を楽しく観るには、時に席指定も重要って事ですねwでもただ単に自己満足なのであしからずですw

帝都上空の映像はCGで街並はセットかと思ったんですが、あれって中国のロケ地なんですね。そう言われると日本と言うよりどことなく上海っぽい街並に見えなくも無いですね(汗

でも見た所自分だけじゃなく他の皆さんも続編の声を挙げてるので、このまま支持が上がれば続編の期待も高まりますね。それに本当の二十面相もあれで死んだとは思いませんしね。

K-20

メビウスさん、こんばんは♪
TB&コメントありがとうございました^^
夜にコメントに伺う予定が先を越されてしまいました(笑)

K-20席GETの敗北、残念でしたね~ 年配のおじさまは狙っていたのでしょうか。何気に気になります。 そういえば、デスノでもL席狙いの方がチラホラおられましたね。

本作、鑑賞の目的は平吉様だったんですが、予想外に楽しめた作品でした。 
脇の俳優陣も其々にはまり役で良かったし、松さんがやっぱり可愛かったですね~ 掛け合いの間も絶妙だし、ヘリコプターを操縦しながら「平吉さま、笑って!」のシーンはププッとしちゃいましたよ。
私もこのまま終わって欲しくないです。続編が観たいですね!
南部先生はどうしちゃったんでしょう・・・

このまま終わってほしくないですね。
まだまだ松たか子さんと金城武さんのコンビで(違)
見たいと思える作品でした。

徹底してエンタメ。
お正月にファミリーでどうぞな映画。
細かいこと抜き。(コラ)

私は正直レッドクリフのすました孔明よりも
イデデデデ・・・の平吉のほうが断然好きっ!(笑)
アクションしてほしかった~~と
レッドクリフで書いたくらいですから
今回はそれだけで大満足でした。

コメディ令嬢

>Anyさんこんばんわ♪

自分より先に座ってた年配のおじいさんは恐らく狙ってたと思いますね。だって他の席は1席も埋まっていないガラガラ状態なのに、何故かKの20だけは埋まってたので、2番手となってしまった自分も席を選ぶ際には驚いてしまいましたwやはり上には上がいるものです(笑
それとアクションも見応えありましたけど、何気にゆるいギャグや笑いも盛り込んであって、適度に笑わせてくれたのも好感でした♪特に松さんは見事なコメディエンヌぶりっw悩殺ポーズとか『笑って~』と怪盗にお約束の事までさせる律儀な所もまた可笑しかったですね。

>Agehaさんこんばんわ♪

最初はキャスティングにも妙な部分があった本作ですが、観終わってみるとなかなか型にハマッていたので、続編があるとしたら『ALWAYS』のようにまた同じキャスティングで作って欲しいですよね。降板して別なキャスティングとかになると、やっぱり違和感とか感じますしね。ハムナプトラ3みたいに・・(汗
レッドクリフではなんにもアクションしてなかったので、本作の平吉が正に金城武の真骨頂のような感じもしました♪個人的には金城武はアクション俳優の方が似合ってると思うので、自分もレッドクリフの孔明は似合ってないというより、ガラじゃなかったような気がしましたね~(^^;)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あけましておめでとうございます

私の新春第1弾はこれでしたー
楽しかった~
ほんと金城さんはアクションしたり,
ずっこけたりしてる方が魅力的ですねー。
今回のアクションは特に高所をふんだんに使って,
見どころありましたね。
怪人の正体は私も気付きませんでした。
というか,そんなに見破ろうと思ってなかったからかも・・・。
だから「へえ~!」と楽しめましたね。でも乱歩さんが見たら怒りそう。
松たか子嬢の悩殺シーンは楽しかったですねー。
あのひと,ああいうキャラ,けっこう似合いますね。可愛かったです。

かっこいいですよねー。明智が。金城さんのファンが多いですけどね。私はだからといって仲村さんのファンでもなく、明智自体が好きなんです。私も明智の性格ってこんなんだったっけと思いながら観てました。葉子は笑いを起こすキャラですね。入浴シーンとか(笑)。色仕掛け作戦あえなく失敗しましたけど合気道はなかなかのもの。正直、明智が撃たれた時テンションがあがりました。(ごめんなさい。仲村さん・・・・)
また観に行こうと思っています。

新しいコンビ

>ななさんこんばんわ♪

特別金城武が好きなわけではありませんが、この作品は彼の魅力を遺憾なく発揮していた作品だとも思いましたね。キャラクター性で言えば、レッドクリフの孔明よりも自分は平吉の方が好きかもしれませんw
アクションもあまりCGを使ってないと言う事なので、生身で挑むヤマカシアクションはカメラアングルもあって迫力十分♪時折息抜きみたいに笑わせてくれる松令嬢のコメディエンヌぶりも個人的にはツボにはまってしまいました♪

>レインさんこんばんわ♪

明智自体が好き・・・。と言う事はレインさんは乱歩の作品を結構読んでた方でしょうか?元祖の方を読んでた方にとってはこの作品の展開は意外性のあるものばかりですよね。明智なんて○○ですし・・・w
登場人物で自分が好きだったのは國村隼が演じてた源治ですね♪金城武とのコンビがこれまた意外にもマッチしていて、以心伝心の掛け合いや笑いも型にはまっていたように思えます。続編とかあったらまた2人には続投してもらいたいものです。

こんばんはっす

自分もむかし「少年探偵団」に熱中したクチです。そのスリコミがあったせいか、あのオチは全然読めませんでしたねえ。てっきり鹿賀丈史が二十面相なんだとばっかり思ってましたよ

でも「容易に想像がついた」っていうブロガーさんがけっこういますね。みんなすごいなあ(笑)

一応続編は内定したらしいですけど、スポ-ツ紙の情報なんであんまりアテにできません(笑)
ちなみに原作では「葉子」というのは、平吉が引き取る孤児の名前だったりします

五分五分な続編

>SGAさんこんばんわ♪

まあ簡単に読めるオチっていうのもそれはそれでつまらないものがあると思いますからね~w娯楽作品はあまり考えず純粋に楽しんだ方が面白いですから、下手な勘繰りは返って疲れそうですね(笑
そして続編内定♪う~む・・・でも嘘なのかはたまた真なのか?上映からまだ何ヶ月も経ってない内に続編発表というのも変な感じがしますから、その情報の信憑性は五分五分でしょうか?
けど続編が出るとしたら、SGAさんの記事にもあった青銅の魔人で決定しそうですね♪

エンタメ度大

レッドクリフ孔明の‘静’もいいけど、この‘動’の金城クンも素敵でした!
松さんの‘天然系お嬢様’も痛快ではまり役、
彼女の魅力満載でしたよね。
アクションのマンガチックな展開も、キレよく楽しんで観ることができました。
続編あれば・・・今度こそ少年探偵団の活躍でしょうか。。。

ギャップが激しい

>未来さんこんばんわ♪

レッドクリフからあまり間を空けずの公開だったので、孔明と平吉のギャップが個人的には面白かったですね♪ストーリーもテンポ良かったですし、イチ特撮好きとしても20面相の出で立ちなどがかなりツボにはまってしまいましたw

続編は一応予定されてるそうなんですが、イマイチ信憑性がありません(汗)でも内容を忘れないうちに早く発表して欲しいものです。

宣伝

明智かっこいい。てなことで明智同盟というのをやってます。明智好きな人はぜひ一度おこしください。携帯のみ閲覧できます。上記のURLで検索。

同盟

>Kさんこんばんわ♪

明智同盟って名前からしてカッコイイですね。本作で明智を演じた仲村トオルも個人的にはサマになっていた感じがするので、本作を観て明智好きな方がますます増えるのではないでしょうか?
でも続編が実しやかに囁かれており、それが本当なら次は明智が出ない可能性もありますね・・(汗

PAGETOP