ゲーム・プラン
【監督】アンディ・フィックマン
【出演】ドゥエイン・ジョンソン/マディソン・ペティス/ロゼリン・サンチェス/キーラ・セジウィック/モリス・チェスナット
【公開日】未公開
【レンタル日】2008/10.22
【製作】アメリカ

【ストーリー】
厳つい顔と屈強な筋肉、タフだがスタンドプレーばかりが目立つ”自分至上主義者”のキングマンは、味方チームからも恐れられるアメフトのスタープレイヤー。実力と金と名声を手にしたバツイチ独身のキングマンは悠々自適な生活を満喫していた。彼の家に可愛らしい少女が訪ねて来るまでは・・。
ペイトンと名乗る少女はキングマンの娘だと言い、母親が不在の間、同居すると言い出す。自分に娘がいた事など露ほども知らなかった彼は驚愕のあまり動転。8歳の小さな女の子を街に放り出すわけにもいかず、突然パパとなった彼は戸惑いながらも娘との生活をスタートさせる・・・
【コメント】
俳優として見ると肉体派なのでアクション映画が殆どなザ・ロックですが、そんな彼が新境地とも言えるコメディ作品で主演を務めたのが本作。アメフトスター・キングメンと、彼の娘と言い張る少女・ペイトンとのやり取りは、笑いあり涙ありの連続で終始楽しませてくれる内容でした。
でも全米では2週連続1位になったほどの大ヒットだったらしいんですけど、残念ながら日本では未公開。う~ん、ディズニーだし家族向けだし、イイ映画だと思うんですけどね~?未公開になる基準ってイマイチ良く分からん

『自分一番』なオレ様パパにワガママ娘という、お互いに自分の意地を貫き通すような性格なため、当然唐突に始まった2人の共同生活は最悪。事ある毎に衝突を繰り返し、これまでの生活リズムを狂わされて子供相手にムキになったりするキングマンを見たりすると、なんか大人気ないな~と冷めた目で見てしまう所もあったのですが、そんなキングマンパパに時に食って掛かり、そして時に冷静に対応したり、しれっとキラートークを吐いたりするペイトン嬢の無邪気で掴み所のない行動は見ていて面白ったですね♪
それにペイトンの母親の事情でキングマンと暮らし始めるようになってからは、家の中でもどこかよそよそしく何かを隠してる雰囲気を漂わせていましたが、後半でその事実を知った時、やっぱり本心では父親をずっと求めていたんだな~と感じてしまい、自分も少し目頭が熱くなってしまいました・・・

しかしこういう子育て奮闘記モノって、やっぱりちょっとストーリーの先が読み易い部分もありますね。最初は対立・でも一緒に暮らして行く内に徐々に打ち解け合う、っていうお決まり(?)の展開からは中々逸脱出来ないみたいだから、『え?!こんな人がパパ役?って感じで、キャスティングの方へ観る人の興味を向かわせる傾向が強い気がする。
まあ正直自分も本作に到っては内容よりキングマンを演じるザ・ロックことドゥエイン・ジョンソンのパパっぷりが目当てだったので、そのロックパパがワガママ娘に振り回されながらも親子の絆を育んでいく姿は見応えがありましたね♪『スコーピオンキング』のようなアクション映画で厳つい顔したロックしか観た事がなかったから、優しい笑顔を見せるロックパパとか、ギターを弾いてヘラジカみたいな声で歌うロックパパもかなり新鮮w
ペイトンを演じたマディソン・ペティスという子役も凄い可愛いし、出演者全員が絶賛する程の演技も本作を観れば納得できると言うものっ。将来は名女優になるかもしれないから、今のうちにチェックしとくべきか?と思ったら、当のご本人は映画監督になりたいとか言っておりましたw・・う~む、夢のスケールがデカイです


プロレスラーになる前に活躍していたアメフト選手時代の姿や、華麗なバレエダンサーの姿も披露したりと、ドゥエイン・ザ・ロック・ジョンソンの魅力がたくさん詰まってた本作は、たとえファンならずとも楽しめる秀逸なエンタメ作品ですね。最後のエンディングでも皆ノリノリに歌って〆るから、自分も思わず足でウキウキリズムを取ってしまった
映像特典からも分かるんですが、この映画に参加してた人達はホント楽しく映画作ってたんだな~と思いましたね♪

『ゲーム・プラン』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP