秒速5センチメートル
【監督】新海誠
【声の出演】水橋研二/近藤好美/尾上綾華/花村怜美
【公開日】2007/3.3
【製作】日本

【ストーリー】
小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。そのとき、二人の間には二人だけの特別な想いが存在していた。しかし無情にも時だけが過ぎてゆく・・。そんな日々を重ねたある日、ついに貴樹は明里に会いに行くことを決意する。訪れた約束の日、チラホラと舞う雪がスピードを増し、辺りを白く包んで行った・・・
【コメント】
遠距離恋愛ってやっぱり難しいもんなんですね~・・(^^;)子供の頃の甘酸っぱい思い出とはいえ、あれだけ想いが深かった貴樹と明里ですから、どうにか幸明るい二人の未来を途中まで想像してたのですけど、アニメでも現実の厳しさと言うか、『距離』という概念が持つ見えない壁の厚さを感じた気がします・・。

1作目の『ほしのこえ』は短編、2作目の『雲のむこう、約束の場所』は長編、そして3作目となる本作はオムニバス形式の短編連作という珍しい形で描かれている『秒速5センチメートル』。新海作品の見所でもある映像美も然る事ながらですが、今回は内容に非現実的な要素が見られず、主人公である貴樹を中心に彼らが過ごす日常的な出来事を淡々と見せているため、前の2作よりもかなり現実的な作風に見えてしまいました。

全3作で織り成される物語は貴樹の少年期から成年となるまでの過程を描いており、なんだか1種の回顧録のような内容に見えなくもなかったのですが、3作品ともとても良く出来たストーリーなので、1つ1つ独立した作品のように観たとしても面白いと思いますね。
1話の『桜花抄』は、中学生の貴樹が転校で遠く離れた場所にいる明里と再開する為、電車で会いに行こうとする貴樹のプチロードムービーみたいな展開w
・・・まあ自分、今でこそ車で通勤したり映画観に行ったりしてますが、それこそ貴樹と同じくらいの年頃は隣町とかに遊びに行ったりする時は電車が非常に重要な移動手段だったので、劇中のように豪雪で電車が一旦停止して目的地まで何時間も掛かるという辛さは、北国出身ゆえ痛い位に理解できるんですよね~そんな感じで、目的は違えど貴樹の歯痒さにかなり共感してしまった自分なのですが、それとは別に待ち合わせの時間から何時間も経ってたのに、それでも来るのを信じて待ち続けていた明里の姿にもかなり感動を与えられてしまいましたね~。ああいう一途な子って今のご時世にはなかなかいないと思いますよ?(笑

2話の『コスモナウト』は、鹿児島に転校した貴樹を想う地元っ子の花苗という女性の視点から描かれた物語ですが、個人的にはこのストーリーが一番グッと来た感じがします。
中学の時に一目惚れをし、猛勉強の末貴樹と同じ高校に通ったりする辺り、花苗も少女時代の明里と同じ位『一途』に見えましたが、そんな花苗の内なる想いとは裏腹に当の貴樹は明里への想いをまだ忘れる事が出来ずどこか上の空。遥か先をぼんやり見据えながら花苗にも優しく接するその姿は、叶わぬ恋と理解した上で優しくされる花苗本人にとっても辛いものだったと思いますね。『中途半端な優しさは人を傷付ける』なんて言葉をどっかで聞いたような聞かなかったような・・・ちょっと自分も曖昧な所がありますけど、なんにせよ花苗に対して貴樹が接した行動はそんな感じにも見えちゃいましたねぇ・・。


しかし約1時間の作品なので2話が終了した時点で残り10分弱くらいしかなくて、〆の第3話は少々あっさりしたものになるのかな?と思ったら、最後は最後で山崎まさよしの『One More Time, One More Chance』の歌に乗せて映像が流れていくシーンが、『残酷な天使のテーゼ』に合わせてテンポ良く流れるエヴァンゲリオンのオープニングのように上手くてこれまた引き込まれてしまった♪
ラストシーンも冒頭の踏切で偶然か運命か、一瞬とはいえ再会する事が出来た貴樹と明里。絶妙なタイミングで電車が二人を遮り、『早く通過してくれ~!直ぐそこにいるんですよ~!!』とソワソワさせてくれたように、到る所に張り巡らされた『距離感』という要素を凄く上手く活用していた本作は、前2作以上に好きになってしまった新海作品でした♪

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
すみません!ブログ放置していました...。また、ぼちぼち、見てね。 今週は『マイティ・ハート』も『ミッドナイト・イーグル』もイマイチ観る...
まさやんの「One more time,One more chance」が 主題歌に使われたとあっては 見ないわけにはいかんでしょ~。(また不純な動機) この歌に関しては以前 映画「月とキャベツ」のレビューでも触れてますので コチラにもリンクさせときますね。 「One more time One more cha...
ブログネタ:自分の芸名 参加中 芸名というか、モノを書く時のペンネームは、 冴羽木らえるにしています。 さわきらえる、と読みます。 らえる、は「生きながらえる」から。 あとは画数に合わせてます。(笑) 本名の字画があまりよくないのでそうしたのですが、...

コメントの投稿

非公開コメント

メビウスさん、こんにちは。
>豪雪で電車が一旦停止して目的地まで何時間も掛かるという辛さ
私も同じく(^^)
でも、この作品で一番リアリティにない部分にも思いました。埼玉・栃木であんなに降ったらとっくに運休です。って思いませんでした?(笑)

物理的な距離と心の距離。バランスをとるのって難しいですねー。

運休

>たいむさんこんばんわ♪

自分は埼玉・栃木に行った事が無いので分かりませんが、少なくとも青森ではあんだけ線路にドカ雪積もってたら間違いなく運休ですw
おそらく新海監督は、雪で電車が立ち往生とかいう経験をした事がないのかもしれませんね。次の新作などは本人の体験も踏まえた作品を観てみたいですね。

・・でも貴樹も明里も遠距離恋愛の結果自然消滅という典型的な終わり方をしちゃいましたが、疎遠になってしまうきっかけはなんだったんでしょうね?そこも知りたかったです。

こんばんは♪

あ~、ホントに貴樹のプチロードムービーなのかも。
早く早く着きたいのに、なかなか辿り着けない。

あれだけの雪だと運休?!確かに~。
新海監督は『信濃毎日新聞』のCMを作る際、
高校の時、電車通学をしていた"小海線"(八ヶ岳高原鉄道)をモデルにした、
と言ってましたから、北国出身ですよね。

リアリティ抜きでドカ雪を使い電車を足止めし(笑)
心理的なもどかしさを表現したかったのでしょうか?
あれだけ時間がかかると、切なさに拍車がかかりますしね~(笑)

長野

>あんさんこんばんわ♪

プロフィールを見たら、新海監督は長野県出身なんだそうです。長野にも結構雪は降ると思いますから、やはり実体験も基にしてるのでしょうか?としたら長野付近もあれだけドカ雪が・・・恐ろしい(--;)(汗

でも貴樹のような切ない気持ちを自分は体験した事ありませんけど、恋人がいる方なら多少は共感出来ると思いますね。

PAGETOP