パプリカ
【監督】今敏
【声の出演】林原めぐみ/古谷徹/堀勝之祐/山寺宏一/大塚明夫/江守徹
【公開日】2006/11.25
【製作】日本

【ストーリー】
千葉敦子は精神医療総合研究所に勤める若きサイコ・セラピスト。普段は研究所でサイコセラピー機器の開発・研究に取り組む知的で大人の魅力を漂わせた優秀な研究員だが、上司の島所長から依頼を受け極秘のセラピーを行う時は容貌も性格も一変し、開放的でキュートな少女・夢探偵パプリカとなり、迷える心を解決へと導いてるのである。
ある日、研究所で開発された最新型サイコセラピー機器"DCミニ"が何者かによって盗まれる事件が発生する。DCミニは頭部に装着するだけで他人と夢を共有できる画期的なモバイル・ユニットだが、悪用されれば人格を破壊するほどの威力を持っている。やがて敦子が危惧した通り、一人また一人と、周囲の人々が奇怪な夢に精神を侵され、異常な行動にかられる現象が起きはじめる・・・
【コメント】
夢を扱った作品は実写でもかなり難しい要求があったり映像面でも苦労すると思うのですが、本作のパプリカも実写化するとなると相当監督泣かせな作品になるかもしれませんね(^^;)パプリカが夢の世界の建物や物体を自由に行き来したり、狂乱のパレードが練り歩く様、そして色彩豊かな映像表現などはアニメだからこそ実現可能になった感じがする。オープニングの演出も凝っていて、街をリズミカルに移動するパプリカに自分は魅入ってしまいました。

『DCミニ』という他人の夢を共有できる器械が盗まれた事が発端となった本作の夢の浸食事件。やがて被害が拡大し、眠っていない覚醒状態の人でさえ夢の浸食を受け精神が壊れていくシーンは、まるで見えない何かに襲われるかのような恐怖と不安を抱いてしまう。また、夢から覚めたと思ったら実際にはまだ夢の中にいたという展開も、観る者に夢と現実の区別が付かなくなる錯覚を与え、その辺りは難しい用語と合わせてちょっと混乱してしまった部分もありましたが、自分の場合先読みし過ぎたり深く考え過ぎたりして余計に混乱を招いたしまった所もあったので、この場合のほほんと鑑賞した方が良かったのかもしれませんね~?

映像も幻想的なものから不気味なものまで多岐に渡っており、CGも手伝って相変わらずそのどれもがクオリティの高さを伺う事が出来る。特にパレードのように練り歩く人形やポストやカエル、その他様々のものも緻密に描かれていて映像美も申し分無し♪パプリカが妖精や孫悟空に変身して駆け巡る姿も、夢の世界ならではの設定で面白いです。
それと映像観ながら思いましたが、『パーフェクトブルー』と同じくやはり赤色が結構多用されていたと感じましたね。両方ともサスペンスチックですし、パーフェクトブルーの未麻も女優の自分とアイドル時代の自分(幻影)に翻弄される姿が、本作の夢と現実に振り回される敦子ともちょっと似通ってるな~と勝手に思っちゃいました


ジブリアニメとは異なり、声優の方も林原めぐみや古谷徹、大塚明夫などプロの方を中心に置いているので、今回の今敏監督の作品も安心して観れましたが、内容的には少々複雑な所も見受けられたので、『楽しく観れたか?』という点ではう~ん・・・と首を傾げてしまう。
楽しく面白くだったら個人的にはやっぱり『東京ゴッドファーザーズ』が良かったですね♪今監督の作品の中でも一番好きなのでっ♪

『パプリカ』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
庵野秀明が、『エヴァンゲリオン』の“真の完結”に10年振りに向き合うことを決めたという。 「孫悟空のとこ『ダイコンフィルム』に似てるけど、クオリティ高っかいなぁ~、 クライマックスの暴れ方も『エヴァ』の暴走みたいやんけ。 よ~し~、やったるわ~い!(byも?...
2006.11.25公開初日のレイトショウ(11:00~)で観てきました。 ひらりん、アニメには詳しくないけど・・・ ヴェネチア国際映画祭に出品した・・・という事でこの作品は観てみようかな・・っと。 夜中だっていうのに・・・ アニメが好きそうな人たちが、結構まと...
ずっと前に買っていて、見てはいたんだけど、ちゃんと見てなくて もう一度見直してやっと感想を書くことができました。 筒井康隆の同名小説のアニメ映画化。 監督は「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」などの今敏(こん・さとし) ストーリー展開を説明するのが非常...
筒井康隆のSF小説を、日本アニメ界の鬼才、今敏が映画化。地方なんで首都圏よりやや

コメントの投稿

非公開コメント

今敏

正直、いつまで『ブレードランナー』をひきずってるんや、あんた、と思いました。
これは『スカイ・クロラ』の押井守にも言えるんやけど。
私も『東京ゴッドファーザーズ』が一番好きですね~。
作品数少ないけど。

量より質

>aq99さんこんばんわ♪

まあ宮崎アニメと比べると作品数は凄い少ない今作品ではありますが、パプリカも合わせた計4作とも見応えのある作品ばかりなので、今作品に到っては量より質といった感じですねw

ちなみに自分は・・
1位:東京ゴッドファーザーズ
2位:千年女優
3位:パーフェクトブルー
4位:パプリカ

となっちゃいました(^^;)

いつもどうもでーーす

この作品・・・説明・解説するのが難しいですねーー。
実写化も難しそうだし・・・
アニメとしては力作だと思います。

時田は石ちゃん

>ひらりんさんこんばんわ♪

実写化したとしたら、相当CGや特殊効果に頼らなければならないかもしれませんね~コレ(^^;)超メタボな時田はホンジャマカの石ちゃんが似合いそうですっ(笑

おはようございます

遅くなりましたが、コメントありがとうございました。
それから、残念ながらTBは届いてませんでした。

この作品は、映像は良かったと思いますが
私も、『東京ゴッドファーザーズ』の方が好きですね。

相性が悪いですね・・(汗

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

あれ?トラバまた届いてませんでした?(汗
fc2ブログって楽天のブログとかなり相性が悪いのでしょうか?いつもトラバできなくてすいません・・。後でまた送ってみます。

確かに本作は映像面に関しては文句なしでしたね。・・・でも個人的には楽しく観たかったというのもありましたので、その点はパプリカはイマイチだったかなと思います。

こんばんは

メビウスさんは今敏作品全部見てるんですねー 
わたしは未だにこれしか見てません。どうも他の作品は「アニメでなくてもできる話では?」ということで、食指が動かなくて
実際に見てみたら、また評価も変わるかもしれませんが
(^^;

この映画で衝撃的だったのはアムロや星矢の古谷徹さんがデブのオタクくんを演じていたことでしょうか(笑) なかなかはまってました

実写でも面白そう

>SGAさんこんばんわ♪

確かに今監督の作品ってアニメじゃなく、実写でも実現可能な部分があるんですよね。パプリカはともかく、前の3作は実写化しても面白そうですし、もしそうなったら個人的には『千年女優』が見てみたいですね♪SGAさんも機会があれば、前3作をご覧になって見てください♪

※ちなみに古谷徹は時田役は自分に合ってないんじゃないかと思って最初は辞退していたそうなんですが、監督からアムロみたいな子供っぽい雰囲気で演じて欲しいといわれたみたいなので承諾したんだそうです。でも確かに意外な役所ですよねw

PAGETOP