三本木農業高校、馬術部
【監督】佐々部清
【出演】長渕文音/柳葉敏郎/奥村知史/森田彩華/西原亜希/小林裕吉/吹越満/原日出子/黒谷友香/松方弘樹
【公開日】2008/10.4
【製作】日本

【ストーリー】
菊池香苗は三本木農業高校、馬術部の2年生。顧問である古賀先生の指導は厳しく、また、早朝から夜中までかかる馬の世話は重労働のため、香苗の他に部員は先輩の帆乃夏、同級生の陽子と賢治、後輩の高橋の4人だけ。泥だらけになりながら馬の世話を懸命にする部員たちは、学校と馬場を往復するだけの毎日だが清々しい高校生活を送っていた。
香苗の担当は過去に馬術競技界で名を馳せた名馬タカラコスモス。左目を患って引退し、三本木農業高校に引き取られたサラブレッドだった。プライドが高いうえ気性も荒く、香苗の言うことをまったく聞かず、軽い気持ちで入部した香苗にとってコスモの担当は荷が重かった。そんなある日、散歩中に突然コスモが暴れ出した。言うことを聞かないことに腹を立てた香苗は、コスモをその場に置き去りにして帰ろうとするが、その時ふとコスモの異変に気付く。コスモの視力はさらに低下し、地面の小さな起伏すら認識できなくなっていたのだ。
初めてコスモの苦しみを理解した香苗は、その日を境に献身的に世話を始めるようになる・・・
 
【コメント】
地元・青森にもこんな素晴らしい話があったとは・・。実話モノ大好物な自分としても非常に琴線に触れ、そして涙腺も少々脆くなった感動的な内容でしたねぇ♪
そんな本作は青森の農業高校を舞台に、盲目の馬とその馬を担当する馬術部員の交流と絆を描いた作品。盲目の馬・コスモと心を通わせながら、主人公の香苗自身が成長していく姿も丁寧に描いています。

しかし上映時間の117分間、三本木農業高校と馬の厩舎の往復ばかりなので、あまり盛り上がりも無ければ起伏も少ない淡々とした内容に見えたのが、本作に対する自分の第一印象。馬術競技大会の場面においても(言い方悪いですけど)そう迫力とかあるわけじゃないので、時折のユーモアなどが無ければ自分も飽きていたかもしれませんねぇ~・・
でもやっぱり実話をベースにしてるだけあって、淡々としててもリアリティ溢れる演出には見入ってしまう。三農高校だけじゃないかもしれませんが、寮に泊り込みをしながら朝早く起き、夜遅くまで厩舎の馬の世話をする学生達、馬の出産、そして子別れと、馬術部の日常を忠実に再現してる辺りは映画というより、ちょっとしたドキュメンタリー作品にも見えてしまいましたね。特にコスモの出産シーンは役者さんも交えて本当の出産に立ち会いながら撮影したみたいなので、観てる側としても手に力が入ってしまい、無事子馬が生まれた瞬間にはドッと感動も押し寄せてきました(T▽T )

主人公の香苗役を演じた長渕文音は本作が映画初主演との事なので、演技の良し悪しや方言の喋り方など、自分もあんまり完璧なものは彼女に求めませんでしたが、肩肘を張らない程度の自然体な演技は良かったと思います。乗馬のシーンも全て本人が行ったみたいですし、乗馬の猛練習風景もエンドロールに出てくるので、本作に対する彼女の熱意みたいなものは感じ取れました。
けどその長渕文音以上に熱意ある演技を見せていたのは、馬術部顧問の古賀先生を演じた柳葉敏郎さん。演技もそうですが、南部弁が完璧過ぎです
やっぱり柳葉さんは東北を舞台にした作品だと一際輝きを放ちますねw他の役者さんも頑張って訛りながらセリフを言っていましたけど、柳葉さんだけ鈍り過ぎてて良くも悪くも1人だけ浮いてた感じがします(笑
その他で注目したのは、高橋と言う部員を演じてた小林裕吉って人が面白かった♪到る所で豪快に転んだり、コスモの出産で古賀先生を呼びに行った時のジェスチャーも可笑しかったりで、なんか本作のお笑い担当のように見えちゃいました


全体的に地味な作品ですけども、感動できる場面もたくさんありましたし、青森も舞台にしてるって事でえこひいき評価も加え、個人的にはとても見応えがありましたね。十和田市の四季折々の風景も美しかったんですけど、少々移り変わりが速すぎた所もあったため、風景に関してはあんまり堪能できなかった気がします

『三本木農業高校、馬術部』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
昨日は、イオン下田に映画を観に行ってきました~。 1本目に観たのは、「三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~」。この映画、本当は10月4日公開なんですが、この映画のタイトルになっている
 青森県に実在する高校の馬術部を舞台に、盲目の馬と少女の交流を描いた実話「私、コスモの目になる!」の映画化。「三本木農業高校、馬術部~盲目の馬と少女の実話~」(東映)。いい映画ですよ~、文句なく。昨今の殺伐とした空気を洗い流してくれるような、“良作”です...

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP