バットマンビギンズ

【監督】クリストファー・ノーラン
【出演】クリスチャン・ベール/マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン/ケイティ・ホームズ/ゲイリー・オールドマン/トム・ウィルキンソン/渡辺謙/モーガン・フリーマン
【公開日】2005/6.18
【製作】アメリカ

【ストーリー】
裕福な企業家の御曹司に生まれながら、全てを捨てて放浪する青年ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)。彼を試練へと導いたもの・・それは心の闇だった。
幼い日、古井戸に落ちたブルースを襲ったコウモリの大群。そのトラウマが引き金となって起こった両親惨殺の悲劇。罪の意識と復讐心を胸に成長したブルースは、犯罪者の心理を知る為に放浪の旅に出たのだった。やがて収監された中国の刑務所で出会ったデュカード(リーアム・ニーソン)と言う男。彼はブルースに、己を鍛えたければヒマラヤの僧院に住む伝説の人物、ラーズ・アル・グ―ル(渡辺謙)を訪ねろと告げた・・

【コメント】
先ずは『マシニスト』から経った5ヶ月足らずで100パウンド以上も体重を増やしたクリスチャン・ベールに敬礼!!(`ヘ´)>゛
凄いよホントに・・今回メッチャマッチョボデーに変わってたのでかなり驚きました(^▽^;)

今作は何故ブルース・ウェインがバットマンとなり、絶えず悪がはびこるゴッサム・シティの守人として生まれ変わったのかを描くバットマンの起源、言わば『バットマン0』とも言える作品。(個人的にはビギンズでなく0でも良かったですけど)

今までのバットマンシリーズは、ジョーカー、ペンギン、トゥーフェイス、Mrフリーズと言った、それこそ見た目かなり『アク』の強い敵キャラと、ハイテクマシンを駆使し、仲間と共に戦うアクション映画と言う要素が強かったのですが、今作はブルース=バットマンと言う人物そのものに焦点を当て、彼のメンタル(精神)的な部分を大きく描いています。
両親を目の前で殺され、犯罪者を憎むようになりヒマラヤ奥地の『影の同盟』での修行の元、超人的な力を身に付けるブルース。しかし、その力を善行の為に行使するか、或いは自己満足の復讐の為に行使するのか・・様々な矛盾を心の奥底で抱えながら葛藤する様は、旧4作とは違い、やはり異質な感じを受けますね。だからこそバットマンと言う存在も妙にリアルと言うか『現実的』思えてしまうんですよね。自分だけかな?

『現実的』と言えば、バットマンの存在だけではなくその他のもの・・敵キャラも旧作と比べるとインパクトがかなり低めですが、忍者テイストな雰囲気が凄く気に入りました♪最初ナベケンこと渡辺謙がラスボスかな~と思いましたけど、チョイ役っぽかったのが残念と言えば残念ですね(でも結構キーマン)
ゴッサム・シティは前作と比べると随分風変わりになってましたね~。監督曰く街並みは色々な国の景観を参考にしたと言っているので、ゴッサムが一番現実的でしたね♪

そして何よりキャスト陣も旧作に負けず劣らずの豪華絢爛ぶり!
リーアム・ニーソンは相変わらず師匠や指導者といった役柄が多いですね(笑
しかし何よりもゲイリー・オールドマンが『善良な警察官』って言うのは何?!!(・ロ・;)
個人的キング・オブ・ヒールのゲイリーがこんな役するのもかなり面白かったです。『レオン』の時のちょっとイッチャッてる刑事さんと比較するとやっぱりギャップが激しい・・


全体的に見れば結構暗めで重いストーリーでもあるのですが、深く考えずに観ても凄く楽しめる内容ですし、旧作を見てない方もこのビギンズからスタートして旧作を観ると言うようにしてもイイかもしれません。ラストはファンや1作目を見てる方ならニヤリとさせてしまうシーンがあり、最後まで飽きさせませんでした♪良作です♪

『バットマンビギンズ』公式サイト
監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル    マイケル・ケイン    リーアム・ニーソン    モーガン・フリーマン映画ファンの間では評判がすこぶるイイみたいだけどボクは全く馴染めなかった!前4作品のコミックステイストを全面
 「お菓子をポリポリ食うのはやめろ!ビニールの音は響くんだよ!」と、無神経な客に正義の制裁を加えたくなったが、「報復はただの自己満足よ」というケイティ・ホームズの声が聞こえてきたので思いとどまった・・・ これは、ダークヒーローが原点に戻って、生立ちや誕生
とにかく前半のバットマン誕生までのストーリーが面白い。 あまりヒーロー物ってその
バットマン ビギンズ評価:75点「バットマン ビギンズ」、日本語に訳すと「こうもり男はじめました」時は戦国、舞台は中華料理店「幸楽」。幸楽は向かいに出来た新たな中華料理店に客を奪われていた。さらに追い討ちを駆けるように向かいの中華料理店には「冷やし中華はじ
主演にはクリスチャン・ベールだが、兎に角、脇役が豪華!・ マイケル・ケイン     ・・・・・オースティン・パワーズの父親役だ!・ リーアム・ニーソン     ・・・・・なんか、ブルースの師の姿は、クワイ・ガン・ジンそのもの!・ 渡辺謙     ・・・・
最も面白い脚本、最も細部までリアリティにこだわったバットマンの、まさに最高傑作です。隅々まで納得のゆく設定、今までのシリーズのイメージを見事に打破した全く新しいオトナな作品に仕上がりました。さあ、ネタバレなしでお話しましょうね。
邦題:バットマン ビギンズ『両親を殺害されたブルース・ウェインは、世の中に幻滅し、不当な闘いを終わらせ、弱者を餌食にする悪党を倒すことを心に誓う。そして彼は自らの恐怖を克服し、バットマンになる。』director ...Christopher Nolan(Memento)Bruce Way...
大富豪の息子として生まれたブルース・ウェインは、少年時代に両親を社会の底辺で生きる貧しい男に殺される。男は直ちに逮捕され監獄に入るが、14年後仮出所が決まったため、ウェインは復讐のため裁判所へと向かう。しかし、復讐を目前にして両親を殺した男は、別の事件の
6/18~公開『バットマンビギンズ』出演:クリスチャン・ベール、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ケイティ・ホームズ、マイケル・ケイン、渡辺謙STORY裕福な企業家の御曹司に生まれながら、すべてを捨てて放浪する青年ブルース・ウェ...
バットマン誕生の秘密 とにかく必見バットマンが好きな人も 嫌いな人も楽しく観れますシリーズの中では一番うまく出来ていましたクリスチャン・ベイルが主演なのですが・・・リーアム・ニーソン マイケル・ケイン 渡辺 謙 モーガン・フリーマン等脇が良い噂のケイティ
ようやく公開されました!今までのバットマンシリーズと比べるとちょっと異色かも。今までのバットマンはアメコミ要素が強かった気がするけど今回のビギンズはドラマ性が強いかも。バットマン誕生秘話やバットマングッズの秘密などが色々わかったかな。2次元的要素が好きだ
新たな幕を上げたバットマン。 ドラマ性に優れ面白かった!
-----久しぶりのバットマン・ムービーだね。予告編を観る限りでは、これまでとだいぶ違うようだけど。「これまでの作品は89年にティム・バートンが手掛けた『バットマン』をベースに続いてきた。あれは『ビートルジュース』でその映像センスを高く評価されたティム・バートン
監督 : クリストファー・ノーラン主演 : クリスチャン・ベール /マイケル・ケイン/リーアム・ニーソン/      / ケイティ・ホームズ / 渡辺 謙 /公式HP:http://www.jp.warnerbros.com/batmanbegins/  バッドマン ビギンズ DetectiveComics(探偵漫画...
ファボーレ東宝で本日公開の話題作『バットマン ビギンズ』を観てきました。出演は『リベリオン』の「クリスチャン・ベール」、『ミリオンダラー・ベイビー』の「モーガン・フリーマン」、『ウォルター少年と、夏の休日』の「マイケル・ケイン」「リーアム・ニーソン」「ケ
 ブルース・ウェインは少年時代に、大富豪である彼の両親が目の前で殺されるのを目撃し、強いショックを受ける。やがて父の遺した企業を受け継いだブルースだったが、強いトラウマと親の仇への復讐心が消えることはなかった。そこで彼は、自らの心の闇を見つめ直す旅に出る
バットマン・ビギンズ上映時間 2時間20分 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベール リーアニ・ニーソン モーガン・フリーマン 渡辺謙 今回の試写会はなんと品川のアイマックスシアターで見ました。やっぱちゃんとした映画館はいいねー。つか
5月30日(月)完成披露試写会(ピカデリー1)にて友人の誘いで『バットマン・ビギンズ』の完成披露試写会に潜入した。今やすっかりハリウッドスターの仲間入りとなった渡辺謙が出演していることが話題になっているアレだ。スーパーマンとかスパイダーマンとか、空飛
「バットマン ビギンズ」監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン    ゲイリー・オールドマン、渡辺謙映画というものは、つくづく監督のものなんだね。今作の監督は、日本でも興行的&
『バットマン ビギンズ』を観てきた。公開初日だというのに私の見に行った劇場は半分も入っていない。というか3割くらいしか埋まってない。バットマンってこんなもんなの?身の回りにバットマングッズがたくさんある映画バットマンフェチとしてはいささか不満。さてさて作品
★ 我らが、渡辺謙さん出演の『バットマン ビギンズ』あらすじ…クリストファー・ノーラン監督が贈るこの映画はバットマン伝説の起源と、ゴッサム・シティの善なる力としてのダークヒーローになるまでを描く。両親を殺害された後、世の中に幻滅したブルース・ウェイン(クリ
■ 渡辺 謙Ken Watanabe1959年10月21日生まれ新潟県 / 小出町 ・バットマン ビギンズ (2005)・SAYURI (2005)・砂の器 (2004)・北の零年 (2004) ・天切り松 闇がたり (2004) ・ラスト サムライ (2003)・川、いつか海へ 6つの愛の物語 (2003)・陽はまた昇
『バットマン ビギンズ』★原題★BATMAN BEGINS全く新たな衝撃が舞い降りる!!ついにシリーズは自らの[闇]と対峙した??「覚悟はいいか?? “魔物”の正体はお前の中にある」公開日2005年6月18日(土)全国松竹・東急系にて日米同時公開2005年6月17日全米公開2005年/アメリカ
今日は朝一で観てきましたよ~ うん、楽しめた。 バットマン ビギンズ 監督 クリストファー・ノーラン 出演 クリスチャン・ベール    リーアム・ニーソン      モーガン・フリーマン    ゲイリー・オールドマン    ワタナベ・ケン 映画始まって早々に.
¿?Х???Τ?????????Τ褦??Хå????äΤ?????Хå?????äΤΤ?Ĥ??????Ф???????Τ?Хå??ε?Τκ?????Τ?äκ?????ä?ΤΤ?????????ä?????????ä??Τ????å????ŤΤ??γΩĤ?礦????????Ρ?Ĥ?äΤ?Υ?åΥ??????Ť????Хå????ΰ?ζ?????????Ŭ???μ
    ハリウッドの総力結集   完成度の高い”超”大作!”後悔(=公開)”するまえに準備しろ!!新しい”バットマン”がやってくることを!●特にこんな人にお薦め-今までのバットマンが好きじゃなかった人-正義を常に信じる人-今
『バットマン ビギンズ』(05/アメリカ/クリストファー・ノーラン) Text By 膳場 岳人  総じて面白い映画と言っていいと思う。でも、他人に勧められるかといえば結構難しい。観ている間はずっと重苦しい気分に支配されるし、肝心のアクションシーンも、出来不出来の差が
一昨日の土曜日に、夫婦で映画『バットマン・ビギンズ』を観に行った。妻は、この映画を随分前から心待ちにしてた。なぜなら………HE IS MY WIFE\'S FAVORITE ACTOR.YES, \"BATMAN BEGINS\" WILL BE ONE OF OUR DVD COLLECTIONS.主演のクリスチャン・ベールの大フ
公開初日のナイト・ショウで観て来ました。PM11:35からだっていうのに、けっこう入ってましたね。渡辺謙のおかげかなっ。2005年製作のアクション・ヒーローもの、140分。あらすじ大富豪のお坊ちゃま、ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベイル)。おうちの古井
■監督 クリストファー・ノーラン■キャスト クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ルトガー・ハウワー、渡辺謙、ケイティ・ホームズ 目の前で両親を射殺された後、ゴッサムの路上で起きたあの晩
バットマン・ビギンズ鑑賞してきました。実は、バットマンシリーズの4作をまったく観ていなかったんです。だけど、今回の作品は、新生シリーズで、コミックでも語られなかった、オリジナルストリーとのこと。まったくの予備知識がなくても、すごくわかりやすくて...
日本でも公開しているようなのですが、人気はどうなのでしょう? 英国では、以前紹介した「シン・シティ」がかなりの広告展開をしていて、あまり目立っていません。 しかし、小学生の時の缶ペンケースがバットマンだったぐらい好きだったので、楽しみにして観まし
バットマン ビギンズ(2005/米)(映画)バットマン ビギンズ(2005/米)超ド級のB級活劇人気blogランキング参加中新たなるバットマンのはじまりはじまり決して!!『バートン=バットマン』と比較してはいけません。『バートン=バットマン』とはある意味対極に位置する硬派...
あの‘バットマン’の誕生物語・・・前作シリーズは観ておらず本作も観る予定は無かったが、ド派手な予告編と渡辺謙出演、そして誕生秘話という言葉に惹かれてしまった。ストーリーとしては、それほど面白いとは思わなかったなぁ。。スパイダーマンほど等身大的なもの
きようはばつとまんびぎんずというえいがおみてきました。あんまりおもしろくなかつたです。おわり。で、終わっていいですか?笑。いやぁ、たぶんつまんないだろーなーと思って観に行ったんですけど、まさかまーったく予想通りにつまんないとはさすがにビックリしました。じ
近頃マーベルコミックの映画化が華やかな反面、そう言えばあんなに人気の有ったDCコミックの雄「バットマン」映画は消えていました。97年のシリーズ4作目は「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」なんてタイトルで、主役のバットマンよりも敵のMr.フリーズ役アーノルド・
よく出来た部類の作品ではあると思う。しかし、オレにとってバットマンとはバートン版の印象が強すぎるのだろう。その内容はオレが求めていたものといささか違うものだった。たしかにこの映画には魅力的な部分はある。描写は細かく丁寧だし、CGを極力使わないのも好感が持
ストーリー:ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱
「バットマン・ビギンズ」★★★★クリスチャン・ベール主演1989年製作の「バットマン」前にも2作作られているが、それ以降「バットマン リターンズ」(1992)「バットマン・フォーエヴァー」(1995)「バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲」(1997)3作...
★内なる闇を解放する、新しい魅力のバットマン2005/アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 脚本:クリストファー・ノーラン、デビッド・S・ゴイヤーバットマン ビギンズ 売り上げランキング : おすすめ平均Amazonで詳しく見る by G-Tools「悪を粛正するには、正義(j
「バットマン」というシリーズは、続き物の様でもあり、又一方でシリーズ物でない両面を持ち合わせている。それには色々な要因があって、例えば、監督も途中で変わったり、主人公のバットマンを演ずる俳優が次々に交代しているという部分も大きい。しかし、今回特に大きな変
最近立て続けに映画を見たので、ちょっと感想を書いてみようと思う。バットマン。これもスターウォーズの系列のような超娯楽大作。私はそんなに興味がなく、ずいぶん昔に大流行したなあ・・という記憶があるだけ。映画観に見たい映画を見に行ったら、たまたまその映画の上映
「バットマンビギンズ」見ました。 ん~7年待った甲斐がありました! 主演のクリ
 娯楽映画というよりも、文芸映画。 私の感想を一言で言えばそうなる。 主人公ブルース・ウェインが、バットマンになるまでの過程を、しっかりとした人間描写で見せていく。その映像スタイル。音楽。編集。映画の前半部は、文芸映画の荘厳さと、重厚さを持っている。
(←画像をクリックすると予告編をみることができます。) 1989年に上映されたマイケル・キートンのバットマンのダークさ、金持ちで孤独感たっぷりの演技は最高でした。ですから今回のバットマンは「??」というところもあったのですが、スキなシリーズということもあ
応募して当選した時はかなり喜びました。けど「スクリーン6」これを知った瞬間は喜びが1/3くらい減りました。今回の試写状は封書で送られてきました。これって①1人一枚だから封書なのか②試写状紛失?と郵便やさんやポストこそドロ対策で封書なのか。と1人で考えてしまった
†【XBX】バットマンビギンズリアルアクションヒーローズ/BATMANBEGINSverDCDirectBATMANBEGINS/BatmobileReplica人が何と言おうとジョージ・クルーニーのバットマンにはまってた私は、他のバットマンなんて観たくない!と思っていたけれど、「前作『マシニスト』で不眠症...
昨年末あたりからだったでしょうか、劇場で予告が流れ始めたのは。蓬髪に髭面でいつの時代なのかわからない衣装を着たリーアム・ニーソンが、氷河を背景にして、とても覚えられそうにない顔した若造を相手に刀を振り回すカットを見て、てっきり『スターウォーズ3』の予告だ
もともとクリスチャン・ベールが好きなので、「バットマン・ビギンズ」は大大大満足で
     アメコミに一切の興味無し。されど映画版バットマンの、暗い世界をこよなく愛した身としては、「あの ‘メメント’の監督が、バットマンを撮るんだって ? やったー ! 」と、情報が入ったとき一旦は、小おどり気分に。それも束の間、脇役の豪華なキャスティングが判
見てきました、見てきました!公開中の映画BATMAN・BEGINS(バットマンビギンズ)日本の俳優・渡辺謙さんが出演してるのでも話題ですが今回WB(ワーナーブラザース)の映画としては5作目なんですが、今回は今までの続きではなく、タイトルの通りBEGNS(
渡辺謙さんが観たくてバットマン ビギンズを観に行った。渡辺謙といえば忘れもしない大河ドラマ「独眼竜政宗」。小さい頃に観たあの役の印象が未だ強くて、ラストサムライでも「お、伊達政宗が英語話してる」などと思ってしまった。それはさておき、バットマン。一人の青年
ゴッサム・シティの大富豪の御曹司として、幸せな少年時代をおくっていたブルース・ウェインの人生は、目の前で両親が殺されて以来、一変した。悲劇の発端を招いてしまった罪悪感、抑えがたい犯人への復讐心、父から受け継いだ善行への使命。さまざまな葛藤を抱え、ブルース
アメコミヒーロー・バットマン物語の最初から描く、いわば「エピソード1」{/hearts_pink/}2005年 アメリカ アクション、サスペンス2005年7月6日 川崎チネチッタ監督 クリストファー・ノーラン(メメント)出演 クリスチャン・ベイル、マイケル・ケイン、リーアム・ニー
お恥ずかしい話ですが、告白します。 私、いつバットマンが登場するのかとウキウキしながら待っていた訳ですよ。 ・・・が、登場しないんです。 いつまで経っても登場しない。 「あれ?オカシイぞ?」と思いながらも観ていくと、どうやらバットマンの誕生から描いている作品
(ネタばれ注意) 夜空にコウモリが映るとき どこからともなく黒い影があらわれ、世の悪をバッタバッタとやっつける そんな誰もがしってるヒーローはどのようにして生まれたか・・・ あれ、今回はちょっと趣がちがうぞ~ それもそのはず テーマは 人間バットマン.
「バットマン ビギンズ」 140分の上映時間、少々長め。イメージしていたアメリカンヒーローモノとは趣の異なるタイプの作品。アクションは控えめ、ヒーローの内なる部分を垣間見ることの出来る、人間ドラマの要素が多分にある。過去のシリーズは、ひとつも観ていな
ネタバレはないはずです.バットマンシリーズで8年ぶりに公開された最新アクション大作.この作品ではバットマンとなった主演のブルース・ウェインの秘められた過去を描き,バットマンの誕生過程が明かされる.スターウォーズでいうエピソード1に当たるようなものかな.クリ
その男は[闇]から生まれた―――。バットマンシリーズはジム・キャリーが出てた「バットマン・フォーエバー」を小さいときにテレビで“観た”記憶がある程度。そんなバットマンビギナーの私でも楽しめるのから?と半信半疑なから観賞~。(世間では結構評判がいいみたいだけ
昨夜、レイトショーで「バットマン・ビギンズ」を見ました。事前に予約をしたんですが、自由席で結構空いてました。もう公開から数週間経ってるからねえ。シリーズ物ですが、前作とかは見ていませんので今度DVD借...
バットマン ビギンズ  アクション大好き!、爆発大好き!、アメコミ大好き!って人は観てもいいかもね。  僕は「もういいよ」って感じでしたが。  映画の出来云々というよりは、バットマンシリーズの舞台設定(ゴッサムシティーとか)や世界観が暗すぎて、僕の性に合わな
 この手のスーパーヒーローものは、ヒーロー誕生の過程が紹介されることがあっても、たいていはごく簡単にまとめられているのが常です。しかしながら
◆ バットマンはかく生まれり  アメコミで最も有名なスーパーヒーローの一人、バットマン。    これまでにも様々な監督がバットマンワールドを  独自の感性で映像化してきましたね。    今までの映画版がコミックの延長線にあるとすると、  今回のバットマンは超リア
6.5点  (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)アメコミが好きじゃないので、もちろんバットマンも好きじゃないです。てか、スーパーマンは宇宙人だから飛んだりビームを出したり出来るし、スパイダーマンも普通の人間じゃないので特殊な能力があるけど、バッ
89年から97年に製作されたバットマン4作のDVDボックスのバットマン・アンソロ...
バットマン・ビギンズおもしろかった!!ブルース・ウエインがバットマンになるお話し。実はあたし、バットマンって、あまり好きじゃなかったのです。だから、今までの映画も、一応見てはいるものの、よく覚えていません、、、でも、これはおもしろかった。今までのも、....
ロードショーと、目黒シネマでの上映をスケジュールが合わず見逃し。これが最後のチャンスか!映画館は古くちゃちいが、そんなのどうでもいい。映画館で観れる事が嬉しいのだよ。DVDも買うかも知れなかったけど、ようやく観れて大満足。派手なストーリーではなく、じっくり.
『バットマン ビギンズ』観ました。久しぶりに酒も飲まずにそこそこ真面目にみたつ
『バットマン』という作品。初代のバットマンがマイケル・キートン。あの唇がイヤで(笑)2代目のバットマンはバル・キルマー。…ちょっと知性が足りない感じ。3代目のバットマンはジョージ・クルーニー。とってもいい感じだったのに。「Mr.フリーズ」にいいとこ全部持
レビュー 内容紹介 『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』『ス
『スターウオーズ エピソード3~シスの復讐~』のDVD発売にともなって コンプ
レンタルDVD(2005年10月24日から10月30日まで)1位(初):『バットマン・ビギンズ』レンタルDVD(2005年10月31日から11月6日まで)1位(1):『バットマン・ビギンズ』レンタルビデオ(2005年10月24日から10月30日まで)1位
エピソード3が公開~ネットのいろんなサイトで色んなコメント見ますが、やはり人気
夢中で更新してきたここ何日か...気が付けば映画ネタばかりになってる事に気がつ
と言っても『自分的に』ですが(^^;) 栄誉に輝いたのは『エターナル・サンシャイ
少し更新に間があきました(__;) 冬がきました。木枯らしがふいたり、新型イン
 新生バットマンシリーズ第1弾とも言われるこのバットマン・ビギンズ{/kaminari/}観てから少し時間が経ってしまいましたが、とりあえずひと言で感想言うならやっぱりヒーロー大好き{/ee_3/}って感じです{/nezumi/}スパイダーマンなんてもう結婚したい位好きだし{/hiyo_en1
僕的には劇場公開観たから満足してた『ハウルの動く城』。 この前家のDVD置き場
欲しい人はこの画像をクリックして下さい(^^)日本初!!【ストラップ・ボージョボ
ブルース・ウェインの頭から片時も離れることがないのは、眼前で最愛の両親を射殺され
バットマン ビギンズ 特別版クリスチャン・ベール クリストファー・ノーラン マイケル・ケイン ワーナー・ホーム・ビデオ 2005-10-28売り上げランキング : 18Amazonで詳しく見る by G-Tools★ストーリー★ブルース・ウェインは少年時代に井戸でコウモリの大群と遭遇し...
                       監督、クリストファー・ノーラン。バットマン(ブルース)役にクリスチャン・ベール。バットマン誕生までのストーリーを描いている。映画での、前4作品とは、別もの。★★★★★★★★★★(10点満点中)→★★★★★★★☆
『バットマン ビギンズ』 2005年アメリカ(140分)監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベイル   マイケル・ケイン    リーアム・ニーソン   モーガン・フリーマン    ゲイリー・オールドマン★ストーリー★...
ワーナー・ホーム・ビデオ バットマン ビギンズ 特別版 (2005) 出演 クリスチャン・ベイル (ブルース・ウェイン/バットマン)    マイケル・ケイン (アルフレッド)     リーアム・ニーソン (ヘンリー・デュガード    モーガン
監督 クリストファー・ノーラン 主演 クリスチャン・ベイル 2005年 アメリカ映画 140分 アクション 採点★★★ ティム・バートンの溢れる作家性とこだわりが炸裂しスタートしたシリーズも、ジョエル・シューマカーによって、新宿二丁目的ギラギラしたショーパプ状態となり
ハリウッド映画に出ている渡辺謙氏を見たくて。「ラストサムライ」は未見。「ビギンズ」というのだからその生い立ちを説明しなければいけないのはわかるけど長~~~い。途中で飽きた。そういえば他のバットマン映画、観てなかった。つまり、私、バットマンその
なんでヒーローは、コスプレ好きなんですかね。Read more...
 『バットマン ビギンズ』*録画監督:クリストファー・ノーラン出演:ゲイリー・オールドマン 渡辺 謙 HP我らが「謙」さんが出演!やっと観賞です。さらに以前から好きな俳優さん、「ゲイリー・オールドマン」も出演。あまりに...
『バットマン』シリーズは、イマイチ好きじゃない。でも、クリスチャン・ベールはカッコイイから観ようかなぁ~とも思っていた。念願叶い、WOWOWで鑑賞~【story】大富豪ブルース・ウェイン(クリスチャン・ベール)は、幼い頃に目の前で両親を殺された。彼は、自分の恐怖心
これを紹介するの忘れてました、感想書いてると思い込んでいた(汗:プレステージ上映
つれづれなるままに、日暮らし硯に向かひて、心にうつりゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。★★★★★★★★☆☆(10中8)。なんだ、面白いじゃないか。暖気団は、バットマンシリーズは「?」しか見たことありません。いや
 実を言うと「バットマン」シリーズは大好きなんです。特にティム・バートン監督の「バットマン」と「バットマン・リターンズ」が好きなんですが、この「バットマン・ビギンズ」でバットマンを務めるクリスチャン・ベイルが会見で「これまでのバットマンは観てません」と...
『バットマン ビギンズ』を観ましたバットマン誕生に至る主人公ブルース・ウェインの秘められた過去を壮大なスケールで描くアクション大作です>>『バットマン ビギンズ』関連原題:BATMANBEGINSジャンル:アクション/サスペンス/アドベンチャー上映時間:140分製作国...
【BATMAN BEGINS】2005/06/18公開製作国:アメリカ監督:クリストファー・ノーラン出演:クリスチャン・ベイル、リーアム・ニーソン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、渡辺謙、ケイティ・ホームズ
アメリカンコミックの雄、Marvelの「ハルク」が映画化され、只今公開中だ。秋には「アイアンマン」が日本上陸する。 アメコミもう一方の雄、DCコミックも負けていない。人気のダークヒーローの映画化作品がこの夏を席巻している。 DCコミックには光と影のスーパーヒーロ...
人はなぜ落ちると?…そこから這い上がるためです。 バットマン ビギンズワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る 「バットマン ビギンズ」(2005年製作) 監督:クリストファー・ノーラン 製作:エマ・トーマス他。 製作総指揮:ベンジャミン・メルニカー&マ?...
BATMAN BIGINS 2005年:アメリカ 監督:クリストファー・ノーラン 出演:クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、リーアム・ニーソン、ケイティ・ホームズ、渡辺謙、モーガン・フリーマン、ゲイリー・オールドマン、ルトガー・ハウワー 大富豪の家に生まれたブル...

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック&コメントありがとうございます。

敵のインパクトは低かったですよね。何か恐怖が感じられないというか。やることは恐ろしいことですが、それが伝わってこなかったです。

コメント&TB  ありがとうございました。

コメント&TB  ありがとうございました。

>良作です♪

同感です。
大傑作というわけじゃないけど、
そんなにけなす要因も見あたらない。
この言葉に集約される作品でした。

井戸

ブルースが井戸の中で見たのは、蝙蝠でなくて貞子だったかもしれません(スイマセン)。
同じくリング2を見ていた人は、笑っていました。

もうちょっと強くても良かった?

ゆうさんこんばんわ♪
今作は敵キャラも旧作と違い現実感があるので、やる事も現実的にしたかったんでしょうかね?
戦闘シーンに関しては少しカメラアングルがアップなのとカメラが旋回し過ぎてちょっと見難かったのも挙げられますね。

えいさんこんばんわ♪
そうですね。欠点が無いと言えばそうでもないのですが、でもそれを補うくらいの演出の良さなどから、良作たらしめる要因を作ってるのではないかとも思えますね。

貞子かっ!!

うぞきあさんこんばんわ♪

蝙蝠じゃなく、そこに貞子いたらトラウマどころじゃないでしょうね・・Σ(´Д`;)
多分顔が歪んで・・・(アワワワ・・
でもそれだったらバットマンのコスチュームも変更ですね(笑

TBとコメントサンキュです

いや~ひさしぶりに”ハリウッド”から生まれた”ハリウッド”らしい良質の大作だったんじゃなか~って感じました。

最近は、ハリウッドもネタ切れで色々なところからストーリーを買ったり、つまらない続編を作ったりしてましたから・・・・今回のように純正のハリウッド大作はひさしぶりでよかった

大作と呼んでも良いかと♪

花道さんこんにちは♪

続編ブームがひしめくハリウッドの中、久々に濃密でしっかりとした作品でしたよね。
バットマンシリーズってマーブルヒーローと並んで、米では根強い人気が有りますからね~。
ファンの方にとっても今作は凄い満足の行く出来だったと思います♪

はじめまして。
僕もゲイリー・オールドマンがあの役だったのには驚きましたです。いつ裏切るかという雰囲気たっぷりで、楽しかったです^^

裏切らなかったですね

hanamaraさんこんばんわ♪

結局ゲイリーはヒール(悪役)になりませんでしたね♪( ̄ー ̄; (笑
自分も少しはワルッぽい所が出るかな~なんて期待してたんですが、最後まで善良警察官。
でもハリポタに続いて、この所悪役ゲイリーが恋しいです・・・

新生バットマン

 キートン版のバットマンは監督のせいで暗いものでしたが、のちのバットマンは明るすぎ。やはり暗いダークな印象がバットマンやスパイダーマンには欲しいところです。今回の作はダークな雰囲気が実によろしい。バットモービルがパトストライカーみたいだったりするのはご愛敬であります。

正にダークヒーロー

佐音さんこんばんわ♪

旧作のバットマンシリーズはバットマンよりも何だか悪役がすごいインパクトが強いキャラで、やっぱり痛快劇のように見えてしまうんですよね自分は(^_^;)
今作のバットマンは正に原点に戻る意味であり、バットマン自体のキャラを極限まで魅せてくれてましたよね~♪モノホンのダークヒーローとはああいうのを言うかもしれませんね♪

おはようございます!

TBとコメントありがとうございました♪

ゲイリーとニーソン、役がいつもと逆転しちゃってますが、それが監督の狙いだったみたいですよ?(笑)ビックリしましたけどね。
ベイルはマシニストから一度太ったんですが、今度は太り過ぎてバットスーツが入らなかったらしいっす(^^;)で、また減量…と忙しい毎日だったようですが監督曰く『ベイルは自分に厳しい俳優だ、要望を完璧にこなす』と絶賛でした。ますます彼のファンになりましたよ(^^)

立場が逆転

>稲葉さんこんばんわ♪

善人が悪役、悪役が善人。確かにゲイリーとニーソンの役所は立場が逆転してますよね。そういう意味ではこの映画は新鮮な気持ちで観れますね♪
でもクリスチャン・ベールのあの肉体改造は役者魂を感じさせます。『マシニスト』観た直ぐ後に『ビギンズ』観るとかなりギャップ感じることでしょね(笑

こんばんは~♪
またまた古い映画にお邪魔しますm(--)m
私はバットマンが苦手で。。。この映画も未見だったんです。
でも、面白かった~~~!!
劇場で観れば良かったなぁ~と後悔しています(泣)

取り敢えずでしたけど・・

>由香さんこんばんわ♪

自分もバットマンはそれほど好きなキャラクターではなく、シリーズとして続いてるから取り敢えず観たって感じですけど、本作は旧作とも作りが違っていて自分も見応えがありましたね♪特に装甲車のようなバットモービルが凄くカッコ良くて、プラモも買おうかなとも思ってしまったりw
続編製作中ですから、そちらも楽しみですねっ☆

いよいよ

続編ですね~。
昨日チラシもいただいてきました。
個人的にはお気にのアーロン・エッカートにも期待なのですが、
なんと言ってもヒース・レジャーは大好きだったので、
あの鬼気迫る演技はちょっとつらくもありそうなんですよね~。
でも、ファンとしては彼の姿をスクリーンで頑張って見るつもりです。
クリスチャン・ベイルはあんまり好きじゃないんだけどね~。
一応克服はしたつもりだけど(;・∀・)

話題性アリ

>miyuさんこんにちは♪

正直続編のダークナイトは、作品の話題性よりもヒース・レジャーの方が先に来てる感じがしますよね(^^;)まあ彼の遺作みたいなものになっちゃいましたから当然ではあるんですが・・・聞いた話ではかなり鬼気迫る演技をしてるそうなので、自分もヒースを見所にして楽しみたいですね♪

ちなみに自分はゲイリー・オールドマンに相変わらず期待しておりますw

PAGETOP