キャットウーマン

【監督】ピトフ
【出演】ハル・ベリー/シャロン・ストーン/ベンジャミン・ブラッド
【製作】2004年/アメリカ

■ストーリー■
巨大化粧品会社でグラフィックデザイナーとして働くペイシェンス・フィリップス(ハル・ベリー)は内気でシャイな女性。才能があるにもかかわらず、未だ会社でもそして私生活でも平凡な毎日を送っていた。
ところが、会社の新商品の恐ろしい副作用の秘密を知ってしまったために彼女は命を奪われてしまう・・
殺されたはずのペイシェンスに再び訪れた新しい目覚め。
猫の強さと敏捷さ、そして超人的な感覚を持つ"選ばれし者"として復活したペイシェンスは、自らの野生の分身『キャットウーマン』となって、都会の暗闇を駆け抜けていく・・・


■コメント■
92年の映画『バットマンリターンズ』でミシェル・ファイファーが演じた人気キャラクターを、今度は主人公に置き換えたヒロイン・アクション。(といっても今作はゴッサムシティとか出ませんけど・・)
ハル・ベリーのセクシーな演技、そして華麗なムチ捌きやカポエラなんかは観ていてスゴッ!!とは思いましたけど、それ以外はいまいち消化不良な内容でした。
猫の力を得る行程がなんか強引過ぎる気がしますし、敵役のシャローン・ストーンに到ってはただ単に皮膚が異常に硬いってだけで、非常にパッとしない悪役になってしまっている・・
ボコボコにされるシャロンを見て、逆に可愛そうだと思ってしまいました(-_-;)(汗

続編の匂いがプンプンするけど、個人的には続編はあまり期待していません。

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP