スカイ・クロラ
【監督】押井守
【声の出演】菊地凛子/加瀬亮/谷原章介/栗山千明/山口愛/平川大輔/大塚芳忠/安藤麻吹/兵藤まこ/西尾由佳理/竹中直人/榊原良子
【公開日】2008/8.2
【製作】日本

【ストーリー】
永遠に生きることを宿命づけられた“キルドレ”と呼ばれる子どもたちが暮らすもう1つの世界。彼らは“ショーとしての戦争”で戦闘機に乗って戦っていた。戦うことで生を実感する日々を送る中、元エースパイロットの女性指揮官・草薙水素と基地に赴任してきたエースパイロット・函南優一が出会う。
初めて会ったはずなのにまるで彼を待ち続けていたかのような視線を注ぐ水素。優一はそんな水素に惹かれて行き、2人の距離が縮まるのに多くの言葉も時間も必要なかった。しかし水素は優一に対し『私を殺してくれる?』と、思いも掛けない言葉を口にする・・・
【コメント】
使い回しのシーンがやけに多いのが目に付いたのですが、それもキルドレたちの繰り返される運命を象徴する1つだったのかな?とふと思ってしまった。普通のアニメだったらウザいですけど、このスカイ・クロラで使われるとなんか意味深いものなのかもと勘ぐってしまいます。
・・・・でも深読みし過ぎかも?

世界規模じゃないけど、2つの会社が戦争をショーとして行なっている本作の世界。非現実的だと感じるものの、戦争をする事によって平和を実感するという感覚は、現実でも他国の戦争や内乱を本作の大人達のようにテレビ越しで把握して、『あ~・・・日本って平和だな・・』なんて実感するのと似たようなものなのかも・・。恐らく過去に自分もそう感じた時があると思うだけに、どことなくフィクションとして捉える事が出来ない内容でした。

あたかも戦争の『道具』であるかのように、空の戦場へと赴くキルドレ達。主人公である函南優一と草薙水素を中心としたドラマも奥深く、それこそ最初は函南の素性や草薙の過去などに色々と含みが多くて少し焦らされているような感じもあったのですが、函南の前任者、草薙の噂、そしてキルドレとは何なのか?というキーワードが明らかになっていくに連れて、草薙の抱えていた苦悩なども次第に理解できるようになってくる。
ママこと笹倉主任の話だと、水素はエースパイロットとして突出しすぎていたために、他のキルドレと違って8年以上も長く生き長らえて来たとの事。思春期のまま永遠に生き続けるキルドレであっても、いつ空でその命を失ってもおかしくないから、ひょっとして8年と言う年月はキルドレにとっては長寿なんでしょうかね?
しかし確かにそれだけ生きれば幾度となく配属される新しいキルドレ達と数多く出会うだろうけど、それが同じ顔に同じ癖を持った変化の無いものなら、キルドレの存在等に疑問を抱いたりするのも当然かもしれない。草薙もそんな無限ループのような日常から抜け出したかったのかもしれませんね。


フルCGで描かれた空戦も飛び散る戦闘機の破片1つ1つにこだわってるみたいで、文句無しの迫力だったし見応えも十分だった♪細かい部分では『イノセンス』にも出て来たバセット犬やでっかいオルゴールも登場して小ネタも利いておりました♪
オルゴールから流れる本作のテーマ曲も個人的にかなりイイ曲だったので、グッズ関連であのオルゴールがあったら購入したいものですね。

『スカイ・クロラ』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
スカイ・クロラ The Sky Crawlers 218本目 2008-24 上映時間 2時間1分 監督 押井守 出演(声) 菊地凛子 加瀬亮 栗山千明 谷原章介 竹中直人 会場 国際フォーラム ホールA(試写会 163回目)  ジャパンプレミアということで、菊地凛子さん、加瀬亮...
予告編から「巨大オルゴールは、押井守のお家芸だな。」とか思っていたけれど、よく考えてみるとエンドレスであるオルゴールは、この物語を象徴したアイテムだったんだなーって思った。原作には登場しないオルゴール
戦争がショーとなった世界。戦場に駆り出されるのは、「キルドレ」と呼ばれる歳をとらない少年少女だった。日本人部隊の基地に新たに配属となったキルドレの函南優一は、基地指令の草薙水素と出会う。彼女もまたキルドレの一人だった。戦争という日常の中で、二人の関係は...
2004年の「イノセンス」以来となる、押井守の新作アニメーション映画。 彼は意外と寡作な作家で、劇場用アニメーションに限れば、監督として...
マッチ棒を折る、新聞をキチンとたたむ。 そんな何でもないことに彼らは気がつく。 ああ、誰かが死んだと。 そして「永遠に生き続ける」宿命からは 逃れられないのだと。 クサナギのいた部屋においてあった でかいでかいオルゴール。 なにやら彼らの宿命にも似て 物悲し...
「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」は押井守監督4年ぶりの劇場作品で、平和な世界で繰り広げられる空での戦闘機同士による戦争が描かれそこに登場する人物は戦死しない限り永遠に生き続ける人たちの戦いのループを描いたストーリーである。人生を生きる意味を問い、そ?...
下記のポニョ編の続きです。 http://d.hatena.ne.jp/Gaius_Petronius/20080822/p5 <<『スカイ・クロラ』(The Sky Crawlers) 押井守監督>>  評価:★★★★星4つ (僕的主観:★★★★星4つ) ■CGの俯瞰的な空中戦闘シーンは、秀逸~宮崎駿とはまた別次元の空の
『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 平和を実感させる為のショーとしての戦争が行われている世界・・・。 其処には、思春期の姿のままの人員で構成されている“キルドレ“だった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
人気ブログランキングの順位は? どこか、日本とよく似た国に 大人にならない子供たちがいる そして彼らは、僕たちにとてもよく似ている。 キルドレ 永遠の子供たちの物語 もう一度、生まれてきたいと思う?
脚本ゼミの友人で作っている映画を観る会。 最近はなかなか良いペースで開催されている。 本当は「崖の上のポニョ 」を観る予定だったのですが、 私が先に観てしまい、 アニメつながりということでこの作品になりました。( ^ _ ^; 永遠に生きることを宿命づ?...
押井守監督最新作、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』観て来ました。 少し前に書いた10ジャンルNo.1映画バトン!で、アニメのNo.1に『イノセン...
「スカイ・クロラ」を観てきました~♪ 函南優一(声:加瀬亮)は、ロストック社に所属するパイロットだった。函南は前線基地の兎離洲(ウリス)に配属され、伝説のエースパイロット草薙水素(声:菊池凛子)と出会う・・・ 人気Blogランキング      ↑...
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:押井守 演出:西久保利彦 原作:森博嗣 脚本:伊藤ちひろ 脚本監修:行定勲 企業によって、ショーとしての戦争が行われている世界。草薙水素が司令を務める前線基地に、戦闘機パイロット函南優一が赴任してくる...
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/} まぁ色々あったこの数週間もちょびっと落ち着いて{/face_yoka/}普通の週末を迎えているピロEKです{/face_yoka/} まずは、ここんところブログに書き損ねていた近況(?)報告、思い出しながらダラダラと綴ってみます{/ase/} 少し前(2?...
あらすじ永遠に年をとらない「キルドレ」のユーイチは新たに兎離州基地に配属となった。過去の記憶のない彼だが、初めて乗る機体も身体に馴染み、エースの座に着く。基地司令のスイトはそんなユーイチを複雑な眼差しで見つめていた・・・。感想『マトリックス』に影響を与...
スカイ・クロラは映画専門

PAGETOP