ザ・マジックアワー

【監督】三谷幸喜
【出演】佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵里/綾瀬はるか/西田敏行/他
【公開日】2008/6.7
【製作】日本

【ストーリー】
街を牛耳るボスの愛人に手を出してしまった手下の備後は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋デラ富樫を探し出す事を約束する。だが期日が迫ってもデラ見つからない。窮地に陥った備後が取った苦肉の策・・・それは無名の俳優を雇い、殺し屋に仕立て上げる事だった。
こうして三流役者・村田大樹は、二つの組織がしのぎを削る港町・守加護(すかご)へとやって来る。すべてを映画の撮影と思い込み、幻の殺し屋になりきって・・・
【コメント】
架空の港町・守加護(スカゴ)で繰り広げられるおかしな騙し合いを描いた本作。ウソとホントが絡んで入り乱れる展開は複雑でもなく逆に凄い楽しめたし、今回も絶好調な三谷ワールドにも大笑い&ちょい涙
2時間超えの内容でも、なんだか『まだ観たい!』と思わせる娯楽作品でした♪

天塩の愛人に手を出してしまい、命を助けてもらう代わりに伝説の殺し屋・デラ富樫を連れてくる羽目になってしまったホテルオーナーの備後。そしてそのデラ富樫に仕立て上げられる売れない三流俳優の村田。この2人が現実を映画の1シーンのように変えて、危なげながらも危機をどんどんと乗り越えていく過程がとにかく笑えてしまう♪本物のギャングの抗争に巻き込まれているのに、それを映画の撮影だと疑わず信じ込んでいるのは実質村田だけなので、彼がギャング相手に迫真(?)の演技をしてるのを横目に、『どこかでバレテしまうんじゃ・・』と、自分も備後と同じくちょっとハラハラした気持ちで観てた所もありましたw

しかし本来なら直ぐバレてもおかしくない備後の替え玉作戦なのに、運やカンみたいなものも色々と手伝ってしまい、ギャングの面々が大真面目に信じ込んでる姿もまたオマヌケで面白いwギャング一味である天塩商会のボスを演じている西田敏行や、部下の寺島進も普段以上に強面な雰囲気を漂わせて存在感バッチリなんですけど、時々変に緊張感の無いセリフを喋って笑いを誘うから、そのギャップも自分にはかなりツボでしたね♪

けどやっぱり本作で一番笑えたのは、村田を演じていた佐藤浩市♪ナイフを舌でベロンチョしたり、やや時代錯誤に感じるセリフの数々にも何度となく吹いてしまい、『俺がデラ富樫だぁ~×3』は個人的には抱腹絶倒モノでしたね~(^▽^)本来凄い演技が上手いのに、敢えて下手な演技をするっていう佐藤浩市のヘタウマ演技も本作の見所かもしれない(笑
その他にもゲスト出演として参加している大勢の共演者たちも豪華。主演クラスのキャストをあんなチョイ役こんなチョイ役で使う辺りは三谷流の大盤振る舞いと言った感じですね
今回も前作の『有頂天ホテル』に並ぶ、贅沢な使い込みを見せて頂きました。


色んな名作にオマージュを捧げた様な部分は正直全然分かりませんでしたが、でもそういう演出や主人公・村田の映画と役者に掛ける熱い情熱、そしてエンドロールに流れる巨大セットの緻密な構築などなどから、三谷監督の映画に対するみたいなものもひしひしと感じる事が出来た気がしますねぇ♪

伊吹吾郎の『撤収ーーー!!』という力強い声も、本作の幕を引く締めの言葉としては最高でした

『ザ・マジックアワー』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
映画に生きるべきか、舞台に戻るべきか・・・
「ザ・マジックアワー」は三谷幸喜2年ぶりの監督作品でやくざのボスの女に手を出してしまった男がやくざのボスから伝説の殺し屋を探してくるように言われ、連れて来たのが無名の役者・・・その役者が殺し屋を演じていく奇想天外なコメディー喜劇ストーリーである。個人的...
好きな気持ちに気付いた時,人は前を向く!  
 日本  コメディ  監督:三谷幸喜  出演:佐藤浩市      妻夫木聡      深津絵里      綾瀬はるか 【物語】 港町・守加護(すかご)。街を牛耳るギャングのボス・天塩の愛人・マリに 手を出してしまった手下のホテル支配人・備後。はたして天...
映画「ザ・マジックアワー」を観に行ってきましたー!! この映画は、三谷幸喜監督の作品ということもあって、公開前からかなり楽しみにしてたんですよ。 三谷監督の作品といえば、THE有頂天ホテル以来ですかね!? 映画館に行ってみると、さすがに人気作品だけあっ?...
<STORY> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の...
期待しすぎた?
「ザ・マジックアワー」を観てきました~♪ どこか昭和の香りが漂う守加護(すかご)、街を牛耳るボス天塩(西田敏行)の愛人マリ(深津絵里)に手を出してしまった備後(妻夫木聡)。天塩は命を助ける代わりに、伝説の殺し屋デラ富樫を連れて来いと命令する。デラ富樫...
三谷幸喜監督は前作「THE 有頂天ホテル」など、今までも多くの登場人物が絡み合う
『ザ・マジックアワー』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 暗黒界のボス・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに・・・だが苦し紛れ
今週の週末レイトショウは、 最近、宣伝のためにテレビに出まくってる三谷幸喜監督作。
港町を牛耳るギャングのボスの愛人に手を出しボスの怒りを買った部下の備後。命を助けてもらう代わりにボスが要求したのは、伝説の殺し屋デラ冨樫を連れて来ることだった。デラ冨樫を見つけられない備後は、売れない役者を替え玉として用意し映画撮影と偽ってボスを騙す作...
ネタバレなしの感想。 笑えるというより号泣してしまいました。 三谷幸喜さんの映画は役者さんや映画に対する愛情が溢れてるなぁ! ...
完成披露試写会へも初日舞台挨拶へも行けなかった三谷幸喜第4回監督作品『ザ・マジックアワー』を天塩商会公認揚げぱんきなこ味と三日月のメロンパンとコーキークッキーを食べながらのレビュー「みんなのいえ」「笑の大学」「THE有頂天ホテル」と舞台挨拶へ行ってたのに?...
ザ・マジックアワー公式HP 「ザ・マジックアワー」 オフィシャルブック (ぴあMOOK) もうとにかく面白かったです。 周りの人たちもみんな笑ってたけど、私も大笑い。 佐藤浩一がとにかく面白い。 そしてキャストが本当に豪華! ・・・・・・・・・・・・・・・...
人気ブログランキングの順位は? 最後に笑うのは誰だ?
終わりよければすべて良しというけれど、有終の美を飾れてないのが残念なところですね、最初からラスト直前まで面白くて笑い死にしそうでも盛り下がる・・ いかにも芝居がかった、それでいて思わず引き込まれてしまうような、芝居じみたボスの愛人高千穂マリ(深...
 『最後に笑うのは誰だ?』  コチラの「ザ・マジックアワー」は、「THE 有頂天ホテル」の笑激から3年、三谷幸喜監督の最新作となる6/7公開のコメディなのですが、やっと観て来ましたぁ~♪東宝系なので、当初は14日のTOHOの日に鑑賞しようと思っていたのですが、なんと...
【映画的カリスマ指数】★★★★★  にじみ出る”映画愛”に極上の楽しさを味わえ♪  
三谷幸喜の映画愛に溢れたノンストップコメディ
意識したわけではないけれど、今年に入って『月一邦画』のペースが出来ていて、今月の邦画は『アフタースクール』を観に行きました~^^・だってぇ~三谷幸喜監督の作品は、『THE・食わず嫌い』で未見なんだも~んでも、、、あれだけ『コウちゃんズ』とか言ってTVで宣伝?...
ザ・マジックアワー 216本目 2008-22 上映時間 2時間16分 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか 西田敏行 小日向文世 寺島進 戸田恵子 伊吹吾郎 浅野和之 香川照之 会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)    三...
『アフタースクール』の後に、この映画見たから、ものすご~くアホが目立った。 西田敏行のボスはじめ登場人物、アホばっかり! この三谷作の架空のファンタジー世界=守加護(スカゴ)では、これが当たり前なんか? USJか、ディズニーランド(隣の商業施設イクスピア?...
ザ・マッジックアワーは今月12日(木)の9時45分から鑑賞したけども 色々だった有頂天ホテルより分り易くて凄く面白かったし満足だね 内容は売れない役者が映画と信じて殺し屋デラ富樫を演じて進むも 映画撮影は嘘で本当は街でのギャング抗争と言う展開だったね ...
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、西田敏行、綾瀬はるか、戸田恵子、小日向文世、寺島進、伊吹吾郎 「港町守加護では二つのギャングが争っていた。ボスの愛人に手を出した備後は、命を助けてもらい代償にボスが探している伝説の殺し屋デラ富
【The Magic Hour】2008/06/07公開(06/07鑑賞)製作国:日本監督・脚本:三谷幸喜出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向文世、寺島進、戸田恵子、伊吹吾郎 “最後に笑うのは誰だ?” まるで映画のようなお話(笑)
きたぁ~!なにこれ。映画館でこんなに・・・えーいいの???
監督本人が映画宣伝のために出た媒体は150を越えたそうです。 たしかに、来る日も
原題:―― 製作年度:2008年 製作国:日本 上映時間:136分 監督:三谷幸喜 原作:―― 脚本:三谷幸喜 出演:佐藤浩市/妻夫木聡/深津絵...
  太陽が消えてから、周囲が暗くなるまでのほんの僅かな時間、それがマジックアワーだ。 ? 8月19日、遅まきながら「マジックアワー」を鑑賞してきました。三谷幸喜さん最新作です。とにかく豪華キャストがわんさか出演しています。中には往年の俳優さんも登場。三?...
TVでオンエアされた 「THE 有頂天ホテル」 を見てから観に行ったので登場人物が かぶりまくってるのが分かって面白かった有頂天ホテルの登場人物で 全く同じ名前で役柄も同じで出てくる人が一人いますってことで、映画が始まってから 誰だろ誰だろと気になって...
ザ・マジックアワー スタンダード・エディション [DVD](2008/日本) 暗黒界の顔役・天塩幸之助の愛人・高千穂マリに手を出してしまった手下の備後登は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流...
三谷幸喜氏の監督第4作目の作品です。 彼の作品はちょっと食傷ぎみ。 「ラヂオの時間」は好きなんですけれどね。 港町・守加護でクラブ「赤い靴」の支配人を任されている備後登は、 ギャングのボス・手塩の情婦・高千穂マリに手を出したのがバレて大ピンチ。 5日?...
監督:三谷幸喜 出演:佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、伊吹吾郎、寺島進、小日向文世、戸田恵子、西田敏行 評価:88点 笑った笑った。 136分の長丁場なのに、もっともっと映画が続いて欲しいと思わせる見事な構成。 映画、というよりは舞台、コント...
ザ・マジックアワー The Magic Hour 監督 三谷幸喜 出演 佐藤浩市 妻夫木聡 深津絵里 綾瀬はるか     西田敏行 小日向文世 寺島進...
あらすじ暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人高千穂マリ(深津絵里)に手を出してしまった手下の備後登(妻夫木聡)は、命の代償に伝説の殺し屋“デラ富樫”を探し出すハメに。期限の5日が迫ってもデラを見つけ出せない備後は無名の三流役者・村田大樹(佐藤浩市...
最後に笑うのは誰だ?
暗黒界のボスの愛人に手を出した男が、命を助けてもらう代償に伝説の殺し屋を探し出すコメディー・ドラマ。監督は三谷幸喜、キャストは佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行他。 <あらすじ> 暗黒界の顔役・天塩幸之助(西田敏行)の愛人・高千穂マリ(?...
ザ・マジックアワー - goo 映画 ザ・マジックアワー - Wikipedia 映画 ザ・マジックアワー(公式サイト) ザ・マジックアワー@ぴあ映画生活 ザ・マジックアワー(映画.com) ○スタッフ・キャスト キャスト: 佐藤浩市、妻夫木聡、深津絵里、綾瀬はるか、西田敏行、小日向?...

PAGETOP