ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛

【監督】アンドリュー・アダムソン
【出演】ベン・バーンズ/ウィリアム・モーズリー/アナ・ポップルウェル/スキャンダー・ケインズ/ジョージー・ヘンリー/セルジオ・カステリット/ピーター・ディンクレイジ/ビンセント・グラス/ティルダ・スウィントン/リーアム・ニーソン
【公開日】2008/5.21
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ペベンシー4兄弟が白い魔女を倒し、平和を取り戻した1300年後のナルニア。魔法の国はテルマール人によって占領され、ナルニアの民は迫害の末に森の奥深くで息を潜めていた。一方、テルマール人の王子カスピアンは、王位を狙う叔父に暗殺されそうになり命からがら逃げのびる。しかし森へと追い込まれた彼は、窮地を脱するため“伝説の4人の王”を呼び戻すことができるという魔法の角笛を吹く・・・
【コメント】
第1章から1300年後と言う凄くぶっ飛んだ時代のナルニアが舞台の本作は、打倒白い魔女!の前作とは打って変わり、後にナルニアを侵略し支配したテルマール人との戦いを描く一方で、テルマール国の王位を巡る争いも絡んで結構スペクタクルなストーリーとなっておりました。
原作は児童文学だけど、この章では国の謀略や裏切り、登場人物の確執なども入り乱れて大人でも楽しめると思いますね♪

見所の1つであるVFXの凄さ等は前作でも証明済みですが、今回はそれ以上の迫力の映像が随所に盛り込まれていて自分も素直に驚いてしまった。壮大な風景も手伝ってか、花びら1枚1枚、木々1本1本、川一面に到るまで魔法の国ナルニアの世界を表現していてとても幻想的な部分が多かったんですよねぇ♪
それでいて終盤の合戦シーンでは大木が大暴れしたり、川が人の形になってテルマール兵を飲み込んでいく圧巻のシーンもあったりとスケールのデカさも伺えたんですが、冷静に観たらあの川から出て来た人ってどことなくガンダルフのじっちゃんにも見えて、1人で小笑いをしてしまいましたっ

また今回は1300年後の世界となっているため、おなじみのペベンシー兄弟やナルニアの創造主であるアスラン以外ほぼ新キャラクターでひしめきあってるので、魅力的なキャラクターがかなり多いのも特徴ですね。
本作の中心人物であるカスピアン王子をはじめ、松露とりと呼ばれる喋るアナグマにドワーフと多種多様な種族がいて個性も光っているナルニアの民ですけど、個人的にはリーピチープと呼ばれるネズミが一番好きでしたね♪ナリは小さくとも、騎士道精神に溢れたその姿はネズミながらとても勇ましいw天敵であるネコを縛り上げるという荒技(?)もププッと笑いを誘ってくれて、何ともツボったげっ歯類だった♪3章でも再び登場するカスピアンと一緒にまた出て来てくれないかなと思っちゃいます(笑


こうなると原作通り7章作るのか?はたまたどこか端折って3部作か4部作に縮めるのか?一体どこまでやるのか分かりませんが、2章でこれだけ面白かったのなら後続の章と監督さんはかなりのプレッシャーになりそうですね
個人的に先制ジャブのような控え目な評価だった1章と違い、本作は役者もストーリーもVFXも色々な面で急成長したような印象を受けて、楽しく鑑賞出来ました♪

『ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 原題:THE CHRONICLES OF NARUNIA:PRINCE CASPIAN 監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ベン・バーンズ(カスピアン王子)    ジョージ・ヘンリー(ルーシー)    スキャンダー・ケインズ(エドマンド) ...
「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は原作ナルニア国物語の第2章で前作第1章「ライオンと魔女」から1300年後のナルニアを舞台に滅びたナルニアを復興させるために再びナルニアの地を踏んだ4兄妹がナルニアのために国を追われた王子と共に戦うストーリ?...
 『魔法vs人間──引き裂かれる心。』  コチラの「ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛」は、C・S・ルイス原作の全7章から成る「ナルニア国物語」の第2章の映画化で、5/21公開となったアドベンチャー・ファンタジーなのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪  前?...
もちろん字幕版で鑑賞。アスラン、アスラン・・・と、「アスラン」の名が字幕に出るだけでニンマリしてしまうのだけど、それは別人の事だったりする(笑)先日TVで放送された「第1章:ライオンと魔女」を見るのを
 アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー&ファミリー  監督:アンドリュー・アダムソン  出演:ジョージー・ヘンリー      スキャンダー・ケインズ      ウィリアム・モーズリー      アナ・ポップルウェル 【物語】 偉大な王アスランと“伝説...
パンチ力は弱くても, ファンタジーはじわっと効いてくる。  
     『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』は、劇場で鑑賞したけれど、、、イマイチ好きになれず(汗)、その後もWOWOWで2度ほど観ても、、、やはり好きになれず(汗)、、、でも、第2章には期待をしていましたよ~だってカスピアン王子が素敵なんだもの~家族...
なんとまた試写会当たりました。 普段は字幕派なのですが、今回は吹き替え版で観賞で
THE CHRONICLES OF NARNIA:PRINCE CASPIAN(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督: アンドリュー・アダムソン 出演:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/スキャンダー・ケインズ/アナ・ポップルウェル/ベン・バーンズ/リーアム・ニーソン/ピーター・ディ?...
最近は映画鑑賞は平日狙い。金曜の夜にユナイテッド・シネマとしまえんでレイトショーで『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』を鑑賞してきましたー。 公開開始週とはいえ平日のレイトショーなので、混雑はしていなかったのでゆったりと映画の世界に浸りなが...
監督:アンドリュー・アダムソン  CAST:ベン・バーンズ、ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップウェル 他 ナルニア国で白の魔女に...
アゴも鼻の先も、割れています...セクスィーどうあがいても\"少女マンガ\"になってしまいました、うきゃあ~~ 第1作と違って今回は各紹介も終...
 「カスピ海王子」の方が覚えやすいと思います。(5月21日 富士シネプレーゴにて
映画「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」に関するトラックバックを募集しています。
■邦題:ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 ■原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN ■上映時間:150分 ■製作国:アメリカ ■ジャンル:ファンタジー、アドベンチャー、ファミリー ■配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャ...
ついにきた~~~~~♪っと原作大好きな『ナルニア国物語 第2章カスピアン王子の角笛』初日に鑑賞しに行ってしまいました^^;;;うれしいことに、今回招待券が当たりました♪くじ運悪い猫なのですが、運がまわってきたのかなぁ~(笑)ナルニアからイギリスに戻ってき?...
C・S・ルイス原作の「ナルニア国物語」のシリーズ第二弾。 2006年に公開された「第1章:ライオンと魔女」に続く「第2章:カスピアン王子の角...
白い魔女との戦いに勝利したペペンジー兄弟は、現実の世界に戻っていた。或る日、地下鉄の駅構内で、突然ナルニアに呼び戻される。そこは戦いから1300年後の変わり果てたナルニアだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、伝説の国が蘇るかも!?...
  ナルニア死す――   ■ぺベンシー兄妹の治めた黄金時代から、1300年の歳月が流れたナルニア国。戦闘民族テルマール人に征服されたこの国に、もう魔法は存在しない。人間たちに迫害され生き残ったナルニアの民は、森に逃れ、歴史から葬られながら、この暗黒の闇の世
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 The Chronicles of Narnia: Prince Caspian 前回の第1章では、ぐたぐたの感想を書いていたこの私も (くう...
何故か日本では先週の水曜日に劇場公開された、ナルニアの第2章。 人気者タムナス(ジェームズ・マカヴォイ)が出てない代わりに、 カスピアン王子役にイケメン(ベン・バーンズ)をキャスティングしたのねーーーー。
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 現実のイギリスの学園生活をしていたペベンシー4兄妹は、ある日地下鉄内で不思議な体験をして時空を飛んでしまう。それは有る者の角笛の音に導かれ、再び1300年後のナルニ
人気ブログランキングの順位は? そこは楽園のはずだった・・・ 1300年後のナルニア 魔法vs人間──引き裂かれる心。
白い魔女との戦いに勝利したペペンジー兄弟は、現実の世界に戻っていた。或る日、地下鉄の駅構内で、突然ナルニアに呼び戻される。そこは戦いから1300年後の変わり果てたナルニアだった・・・ 人気Blogランキング      ↑ 押せば、伝説の国が蘇るかも!?...
 闇と光、人間と魔法の壮大なる戦いが始まる 5月23日、MOVIX京都にて鑑賞。とりあえず、話題作なもので鑑賞することに。前作の“ライオンと魔女”も鑑賞しましたので・・・・。 今回も前回のスタッフとキャストでの再結集ということです。第二章は、“ナルニア滅亡?...
「ナルニア国物語 第2章:カスピアン王子の角笛」見てきたよー!! アヒャヒャヒャヒャ ヘ(゚∀゚ヘ)(ノ゚∀゚)ノ ヒャヒャヒャヒャ 正直、前作の話はライオンの名前はアスランってぐらいしか全然覚えてない!! カスピアン王子のイケメンぶりをチェックしてきた!! ?...
イマイチ好き度のあがらないナルニア、今回の目玉はカスピアン王子である、と見せかけてドワーフであった。 > のはrukkiaだけか? 意固地な表情で何気に大活躍なトランプキン(ピーター・ディンクレイジ)、ずいぶん自然だなぁ、とおもったら、自然に背の小さい俳優さ...
満 足 度:★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:アンドリュー・アダムソン キャスト:ジョージー・ヘンリー       スキャンダー・ケインズ       ウィリアム・モーズリー       アナ・ポップルウェル       ベン・バー...
ペベンシー四兄弟がナルニア国を救って1年。四兄弟は、角笛の導きによって再びナルニアに召喚される。そこで彼らを待っていたのは、人間の王国テルマールによって滅ぼされた1300年後のナルニアだった。そして、角笛で彼らを呼び寄せたのは、臣下によってテルマールを...
ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛 THE CHRONICLES OF NARNIA: PRINCE CASPIAN 監督 アンドリュー・アダムソン 出演 ジョージー・ヘンリ...
{/kaeru_night/}レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
子供が躊躇なく人を殺すという戦争 【Story】 白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア...
ペペンシー兄妹の治めた黄金時代から1300年の歳月が流れたナルニア国。かつて全能なる王アスランに祝福され、生きとし生けるもの全てが幸福に包まれていた魔法の国は、戦闘民族テルマール人に征服され、もはや存在しない。人間たちに迫害され生き残ったナルニアの民は森に逃
ポスターには こんなにメインに載っている カスピアンですが実際には例の4人兄弟が めっちゃめちゃ活躍します逆に、だめだめカスピアンのせいで 何人もの仲間が殺されるはめになって団結力にかける場面もあったり。  でも、実物の彼がイケメンなので許す (結局、...
「ナルニア国物語第2章 カスピアン王子の角笛」★★★ ウィリアム・モーズリー、スキャンダー・ケインズ、アナ・ポップルウェル、 ジョージー・ヘンリー主演 アンドリュー・アダムソン監督、2008年、147分 この映画は家族で安心して見ることができる 子供の絵...
ボクの中では第1章は完全にコケちゃったけど、第2章は無難に完走!って感じかなぁ~! ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? 評価:★6点(満点10点) 2008年 150min 監督:アンドリュー・アダムソン ...
あらすじ白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており平和で美しい魔法の国は、暴君ミラースに支配されていた・・・。感想2時間半には感じ...
かつて「動物がしゃべる!」ということで爆発的な人気を呼んだナルニ山動物公園。だが
『ナルニア国物語 第2章 カスピアン王子の角笛』原作&映画 雑感メモ やっとあえたー! ※以下、ネタバレ感想 ? まずは原作版から。ほぼ単なる心情メモです。 ? リーピチープ大好きなキャラです。アナグマさん(松露とり)も好きだけど。勇敢なねずみの...
あらすじ: 白い魔女に勝利してから1年。現実に戻ったペベンシー4兄妹は、角笛の音に導かれ再びナルニア国へと舞い戻ってきた。しかし、この国の時間ではすでに1300年が経過しており、平和で美しい魔法の国は暴君ミラースに支配されていた。荒れはてたナルニア国を目にし?...
「ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛」観てました。 びっくりしました。これがディズニー映画かってぐらい過激です。 子供...
と、言う訳でやっと行って来ました『ナルニア国物語~カスピアン王子の角笛~』と『花より男子F』♪ ではでは ネタばれしま~す♪セリフが...
だいぶん壊れた記事ですので、真っ当なナルニア・ファンの方は読まないで下さいね(^^ゞ。
今日{/hiyoko_cloud/}からまたまた夜勤です{/face_acha/} 月曜日は割と体力的にも余裕があるので{/face_ase2/}こうやってブログ更新をしております{/face_nika/} 昨日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}はブログ更新後、車{/cars_red/}の点検に。 最近ってガソリンスタンド?...
『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』を観ましたC・S・ルイスの名作児童文学を壮大なスケールで映画化したファンタジー・アドベンチャーのシリーズ第2弾です>>『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』関連原題: THECHRONICLESOFNARNIA:PRINCE...
魔法vs人間──引き裂かれる心。 【関連記事】 「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」

コメントの投稿

非公開コメント

わたしもいきなり1300年もぶっ飛んだのには
ビックリしました!(汗)
時系列をついていくのに理解するのが大変でした(苦笑)
アスランの登場にはまたされましたが、
それだけの年月を生きているのには驚きですね。

見終わった後は・・・
懐中電灯がその後どうなったのか!?
が気になってしかたありません!
第3章でなんの活躍もしなかったら・・・
悲しいです~~(爆)

懐中電灯

>えふさんこんばんわ♪

あまりにも年月が過ぎ去っているため、前作に出て来たタムナスさんとかが出て来ないのがちょっと残念ですよね。結構好きなキャラクターだったんですけど、本作では代わってネズミ騎士が好きになってしまいましたw

ナルニアに置いてきたままの懐中電灯、3章でカスピアン王子が持っててまた合図とかに使うんじゃないでしょうか?電池が切れるまで活躍して欲しいですね(笑

本当だよね~

本作は文句なしに楽しめちゃいましたよ~!
迫力のある戦闘シーンも、圧巻のVFXも、
サスガ!ディズニーの残酷描写ないのにこれだけ
興奮できるスペクタクルに仕上げてくるとは恐れ入りました。
って感じでした。
リーピチープは次回作でも出番あるみたいだし、
楽しみですよね~♪

川のひと

メビウスさん、こんにちは。
水のお化けは迫力ありましたが、チラシにネタバレされていたと、後で気がつきました。
ライオンと魔女の時に、書店で立ち読みできるくらいの児童書だと思い、その後は読む気もなく・・・(^^;

ネズミとか、スカンク?(アナグマ?)とか、アスランとか、動物系は見事でした。さすがはディズニー!
あとは、及第点ってとこかな?私には(^^;

こんにちは♪

まぁ確かにツッコミ所も多々あるし、物語に
深みもテーマらしいテーマも無かったように
思えましたが、あまり深いことも考えずに
サクサク観れ、気に入った部分も多々あった
んで個人的には最後までオモシロく観れたと
言ったところです♪ (゚▽゚)v

でもメビウスさんと違って登場した多々のキ
ャラに関しては全て薄く、魅力に欠けた印象が
強かったですかね。

こんにちは!
前作はイマイチ楽しめなかったのですが、今回は面白かったです~
2時間半があっという間でした♪
期待したイケメン王子の大活躍はそれ程でもありませんでしたが、代わりにピーター王が頑張っていましたね~
ネズミさんは私もお気に入りです♪可愛いキャラでしたね!
それから『川から出て来た人ってどことなくガンダルフのじっちゃんにも見えて』―私もそう思いました~
似ていましたよね~思わず、一緒に観た家族と「ガンダルフが出てる・・・」と囁き合いました(笑)

続投は嬉しい♪

>miyuさんこんばんわ♪

続編は前作超えれないとも良く言いますが、本作に限ってはそんな事無かったように思えますね。3章もこれ以上に面白くなって右肩上がりの評価を維持して欲しい所なんですけどっ♪
リーピチープは3章も続投ですか?おっ、それは嬉しい情報ですね♪

>たいむさんこんばんわ♪

書店で立ち読みできるくらいの内容だったら自分も読んでいそうなんですけどね~(^^;)ハリポタには及ばないけど、結構なボリュームですよねwでも7章もあるとちょっと気が滅入ります(汗
たいむさんは好きなナルニアの民はいましたかね?やっぱりアスラン・ザラ?(爆

>風情♪さんこんばんわ♪

娯楽作品としては申し分ない面白さでしたけど、細かいツッコミどころや不満な部分があるのは自分も気付いていましたね。
戦闘シーンとかは確かに凄かったんですけど、スローを多用してる部分も多くて、スピーディな展開がちょっと少なかったのが自分は気になりましたね。
それにミラースがいなくなった後、テルマールの住民もすぐ『カスピアン王子万歳』みたいな事になってるのが疑問でした(汗

>由香さんこんばんわ♪

そいえば本作って2時間超えなんですよね。子供も楽しく観れますけど、この長さは少々子供にはデメリットな部分になりかねないかもしれないですね・・。

あ、由香さんもガンダルフに見えちゃいました?(^▽^;)自分だけかと思って不安でしたけど、なんか安堵w他の人はどう見えたんでしょうかね?(笑

ハリポタの原作は、充分、今でも面白いですが...

『ナルニア』一冊分、軽くて、書店で立ち読みできるくらいの内容...しかし、オトナになってから読むには少々ツライ子供向けの文体なんで『ライオンと魔女』だけ読んで、止めました。
子供の頃、読めば良かった、と思いました。
映画は、今回のほうが好きです。楽しめました^^

奥深い

>あんさんこんばんわ♪

自分は小説の方ではありませんが、全7章からなるナルニアの世界観を一纏めにして簡単に解説している本ならコンビニで立ち読みしてましたw3章ではまたカスピアンが出てきたり、ペベンシー兄弟のいとこも登場したり、時間軸を前後したりと簡潔ながら本作の物語の奥深さを垣間見た気がしますね。

なんか俄然、全章映画化してもらえないもんかと思っちゃいますね(笑

こんばんは

メビウスさん こんばんは
小説というよりも、児童文学
なんせ岩波ですから(笑)
文体がハリポタと違うのでかなりさくさく読めちゃう
ものになってますよ。
猫も大人になって読んだ時より、中学生のときに読んだ時の
印象のほうがいい感じに残ってました。
そういえばリープチープもいいんだけど
ドワーフの彼も、なんかいいキャラなんだよね~(笑)
<小さきひと
結構好きだったりします。あの性格

こんばんは

観ながら色々と思うところもあったのですが、結局のとろこナルニアはこれでよかったと思います。
大人が感受移入出来る対象がいなかったり、映画単体で観ると突っ込みどころも多いのですが、原作を読んだときの事を思い出すと、確かに原作から浮かんでくるのはこういう映画だよなあと思えてきました。
多分、子供の頃に観たほうがもっと入り込める世界でしょうね。

こんにちは♪

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

第1章より楽しかったですね(^^)
迫力も増したし、ストーリーもなかなか面白かったし。
ネズミ、可愛かったです♪
続編が楽しみです。

おはようございます。

前作に比べて大人仕様になったことで、見応えありましたね。
花びらの精はファンタジーを感じさせてくれて好きなシーンでした。

>天敵であるネコを縛り上げるという荒技(?)

あれは私もツボでした。笑
次回の活躍にも期待してます!

大人だとどこか冷めた目線?

>にゃんこさんこんばんわ♪

児童文学だから、やっぱり文体も大き目なものになってるんでしょうかね?(^^;)ハリポタみたいに細かいと目がちょっと疲れそうですしね(汗
ドワーフは最後までいた、ひねくれものだけど本当は優しいトランプキンという人がイイですね♪ルーシーと抱き合う最後のシーンは印象的です♪

>ノラネコさんこんばんわ♪

ノラネコさんもかなり前に原作読んでいたんでしょうか?確かに子供が経験する冒険譚のような作品ですから、大人よりも子供に受けが良いのは当然ですよね。大人は大人で現実と照らし合わせてしまう部分があるから、どこか冷めた目線になる事が多いんですよね~これがまた(汗

>nonさんこんばんわ♪

これだけ面白いと自分も3章4章と続編が楽しみなんですけど、単純計算で2年おきに公開されてるっぽいので、もし全章映画になるんだとしたらあと10年くらい必要になりますね(滝汗
それまで内容覚えてるかどうか・・・(--;)

>アイマックさんこんばんわ♪

ちょうどピーターとスーザンが大人になり掛けていたのもあって、大人の自分もその2人の気持ちを汲み取りながら楽しく観てました♪でもあの2人がこれで最後のナルニアになってしまうと思うとちょっと残念ですね・・・

花びらの精は自分も驚きました♪どういう技術であんな凄いもの作ってるんだろうと感心してしまいますね~。

お邪魔します~♪
>天敵であるネコを縛り上げるという荒技
殺すんだと思ってたけど、緊縛できましたか!(笑)
リーピチープ立派な騎士でしたねぇ~♪

こんばんわ

>冷静に観たらあの川から出て来た人ってどことなくガンダルフのじっちゃんにも見えて、1人で小笑いをしてしまいました

ふふふ(^0^)
アスラン自体もガンダルフっぽいですね~。

でも、第1章に比べて格段面白かったですね。
次も楽しみです♪

それはNG

>はっちさんこんばんわ♪

いや~、あそこでネコちゃん殺しちゃったらディズニーとしてはNGですね(汗)でもどう切り抜けるんだろうと思ったら、そういうやり方で乗り切ったか!と驚き半分笑い半分でした♪
ネコちゃんがちょっと可哀相でしたけどね(^^;)

>くうさんこんばんわ♪

1章と比べると、キャラクターの成長にVFXの進化など、色々変わってる面が観られて、前作とのスケールの違いを感じさせてくれますね♪
自分の中では今の所右肩上がりの評価で嬉しいので、3章の朝びらき丸も期待したいですね。カスピアン王子の成長っぷりも楽しみです♪・・・・ってちょっと早く期待しすぎですね(汗

前回より上出来

ひらりんも前作は、お子ちゃま向けな物語で、ちょっと物足りなさを感じてましたが、
今回は、その反省からか、キャラの成長やスピード感ある展開が、とってもファンタジーっぽくて良かったです。
次回作も期待が膨らみました。

(^_^;)ペベンシー4兄妹の活躍の謎?

『映画と秋葉原と日記』のhideです
メビウスさんTB&コメント有難うございます

(^_^;)hideは冒頭の現実の学生同士の子供の喧嘩のシーンと、後半の戦闘シーンのペベンシー4兄妹の活躍?強さの点は、違和感と言うか?謎でしたが。

作者は学者でも有りキリスト教など宗教学にも造詣が深いそうです。
まあペベンシー4兄妹は、。アダムの子供達!と言うか。あの世界では特別な存在なのですね。そのように理解しました

(同日最初に『ランボー 最後の戦場』を観たので喰い合せが悪いと言うか。影響を受けました(笑)

実は密かに・・・?

>ひらりんさんこんばんわ♪

自分も前作は無難な評価でしたが、全7章もあるくらいですから、将来的に右肩上がりの評価を期待して控え目にした・・・というのもありますね。予想通りこの2作目は色々な面で成長していたので、3章の朝びらき丸にいい形で引き継ぐ形になったのではないか?と自分は思いますね♪

>hideさんこんばんわ♪

現実世界では平凡なペベンシー兄妹も、ナルニアにくれば英雄ですから、ナルニアではなにか特別な力が働いてるのかもしれませんね~。あるいは現実世界でひそかに日本の剣道とかアーチェリーを使って訓練していたって線も捨て難いですw

でもナルニアの前に『ランボー』は組み合わせ悪いですね~(汗)イイ映画を最初に観ちゃったりすると、余韻が残って後の映画の内容がさっぱりになってしまう事ありますからね(汗

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

僕も新キャラではあのネズミの騎士が好きでした。
ちっちゃい割に騎士道精神たっぷりで、三銃士みたいでしたね。
やっぱりディズニーはネズミキャラにはチカラがはいるのかしらん。
カスピアン王子はイケメン、イケメンと騒がれていましたが、作品の中では存在感が薄く・・・。
ただのオボッちゃま王子に見えてしまったのが、残念でした。

動物キャラ

>はらやんさんこんばんわ♪

ネズミのリーピチープは自分もお気に入りです♪もしかしたら前作のタムナスさんより好きかもしれませんね~♪(笑

でもネズミキャラ以外にもたくさんの動物キャラが出てくるのがナルニアの魅力ですから、3章の朝びらき丸ではどんな動物キャラが出てくるのかちょっと楽しみです♪

TB・コメントありがとうございました!

メビウスさん
今晩は★☆ 「スター・ダスト」観たのですが、べン・ハーンズには気づきませんでした(^_^;)日本に来日した彼は、ファンの反響にびっくりしたようですね。さてお兄ちゃんのピーターが今回で出番終了らしいので、カスピアン王子+あの3人兄妹が活躍するらしいですが?どのような展開になるのか?ちょっと気になるところです。そういえばあの4人は他の作品ではお見かけしませんね。

こんばんは

前作を超えるスケールとアクションに酔いしれてしまいました。主人公であるペベンシー四兄弟は頑張っていたし、新たに加わったカスピアン王子も良かったです。
見所満載の正統派ファンタジー映画でしたね。次回作も期待してます。

2年越し

>mezzotintさんこんばんわ♪

ナルニアはなんか2年越しで作ってる感じがするので、ピーター役のウィリアム・モーズリーも2年経ったらすっかり大人ですもんねwピーターがナルニアを必要としないように、ナルニアもまたピーターを必要としないんでしょう。
でも今度ピーターがいなくなった分、次男のエドが大いに活躍しそうですね♪本作でも精神的な成長が目覚しかったです。

>えめきんさんこんばんわ♪

今回は登場キャラやVFXも凄かったから、自分も思いの外興奮してしまいましたね♪ちょっと最後の戦い辺りは『指輪』の2つの塔を彷彿としていましたが、アスランの登場で勧善懲悪を果たす爽快感も味わえましたね~ww

こんにちは

ネコを縛り上げたところは、私も笑ってしまいました
あのネズミ、笑わせてくれましたよね^^
なかなか楽しいキャラで嬉しかったです。
できることなら7章まで作ってほしいなぁ♪
早く次回作が待ち遠しいです!

素晴らしい動物さんたち

メビウスさん、こんばんわ☆
動物さんたちは、本当に愛らしく勇ましく、可愛らしかったですね。
メビウスさんは2作目のほうがお好きなようですが、私は戦闘シーンがリアルすぎて、子供たちが戦う姿が痛々しく、なんだか泣けてきて楽しめませんでした。

一理ある・・・

>ミカさんこんばんわ♪

ネコをどうやって縛り上げたんだろう?と言う疑問は置いとくとして、縛られた後のネコの悲しい眼差しが何とも言えませんでしたねwwリーピチープは、その小柄な体格を生かして色んな活躍をしてくれそうなので、ホント以降の章でも立て続けに出演して欲しいですよね♪自分もそう願いたいです。

>ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪

確かに自分はこの2作目の方が楽しめましたし、戦闘シーンも迫力があって良かったんですけど、冷静に考えると一騎打ちのシーンなどは子供のピーター相手に大人が容赦なく斬りかかるシーンでもあるので、ノルウェーさんの言う事も一理ありますね・・・(汗

こんばんは

四兄弟があんなに苦しんでるのに、ギリギリまで助けにきてくれないアスラン
「人間が一生懸命努力して、初めてウルトラマンは助けてくれる」
そんな言葉を思い出しました

リーピチープ、猫を縛り上げてましたが、結局最後には猫に頭を下げてましたよね。隊長を思いやる部下たちの心意気に感動しました(笑)

作品の順番が作中の年代順でないところが『ナルニア』のややこしいところですよね
とりあえず最後は『最後の戦い』でしめくくってほしいものです。『ランボー』じゃないですけれど

頃合を見計らって?

>SGAさんこんばんわ♪

>ギリギリまで助けてくれないアスラン
・・・・自分は『ヒーローは遅れてやってくるもんさっ』っていう、どっかで聞いた事あるような歯の浮くセリフを思い出しましたよ?(笑)でも真打ちが早い内に登場しちゃったら『見せ場』が無くなっちゃいますしねwそこら辺もアスランは計算に入れてたのかな?『おっ?そろそろルーシー嬢が来るな?』みたいな?(笑

そいえばナルニアって章ごとに年代が進むんじゃなくて、章によっては時代を逆行したりするんですよね。ナルニアのガイドブックを前読んだんですけど、第4章が年代を遡る章なんですよね。ペベンシー兄妹が来る以前のナルニアというのも面白そうです♪

おはようございます

『ロード・オブ・ザ・リング』っぽい場面が
沢山ありましたね(笑)

リーピチープは、『シュレック2』の長ぐつをはいたネコ
っぽかったし(笑)

前作よりも笑える映画でしたね。

指輪っぽい?

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

後半の合戦シーンとかはなんか『二つの塔』みたいですもんね(笑)他にも最後に出て来た水神様も自分はガンダルフに見えちゃいましたし・・(^^;)物は言いようで、その気になればなんでも『指輪』との共通点が出て来てしまいそうですw


こんばんわ!メビウスさん!コメント遅くなりました!

確かに前作に比べて、戦闘シーンはレベルアップされていたように思えます!それなりに楽しめました。
でもやっぱり子供用の映画ですね!ディズニーが絡んでいるので仕方ないことなのでしょうか。。。
次回作に期待したいと思います!

目突き

>あっしゅさんこんばんわ♪

配給がディズニーだと必然的に『残酷描写、流血モノ削除』になっちゃうから、合戦シーンなどはかなり気を使っちゃいそうですけど、そんな規制を受けても迫力ある雰囲気で見せてくれた辺りはさすがだと思いました♪
でもリーピチープの攻撃は人間の目への刺突に見えて、個人的には結構残酷に見えちゃいました(汗

こんにちは。
1作目はどうしても子供だましに見えたのですが(だってサンタクロースとか出てくるし)
今作は戦闘シーンも充実して,なかなか見ごたえがありましたね。
あのねずみさん,大好きなキャラです。
「かわいい」といわれると怒り,初対面の相手が「お前,ネズミか?」としか言わないのに失望し・・・ここらへんはいかにもディズニー式。
このシリーズはしり上がりに面白くなっていってくれるといいですね。
次回はカスピアン王子の活躍がもっと観たいです!

大人っぽく

>ななさんこんにちは♪

1作目はまだペベンシー兄妹の4人も幼かったので、嫌でもお子様向けに見えちゃった所がありましたけど、2年が過ぎて大分顔つきも大人っぽくなった長男のおかげもあってか、大人な自分もすんなり入れた気がしますね(笑

ねずみのリーピチープは前作のタムナスさんに次ぐ人気キャラクターになりそう♪次作の『朝びらき丸』でもその小さい体を利用し、カスピアンと活躍して欲しいですよね。

おじゃまします

おじゃまします。
ファンタジー映画食傷気味の昨今。でもその中にあって…個人的にはまぁ悪くないと思った作品です。
悪くないとはいえ…次回作公開ぐらいの時期ですでにファンタジーは完全に下火…というか鎮火しちゃってるでしょうから、興行的に失敗って結果は見えてるようにも思うんですけどね{/face_ase1/}
まぁ「ライラ」とか「エラゴン」と違って、無理に続きを作らなくても良い作りになっている点は懸命かもですね

ところで、こちらのブログって記事によってはコメント投稿できないように設定されているんですね。
以前何度かコメントを書こうとして「おや?」となりました。最近では「ダーク・ナイト」ですかね。

では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。

3部作はちょうどいい

>ピロEKさんこんばんわ♪

ナルニアは原作でも確か7章くらいまであった気がするので、多分大真面目に全章作る気なら絶対どこかでダレちゃう所がありますね。そう考えると3部作とかって案外ちょうどいい構成なのかも?(笑

※あ、ちなみに記事によってコメント欄がない理由ですけど、自分時々仕事の勉強とかの都合で一時TBのみの時があるんです。ダークナイトの時は『あおもり検定』っていう検定試験の勉強期間中だったためです。
勉強期間中に入ったら近況伝言板に報告しますので、良ければ目を通してみてください

たびたびおじゃまします。
私なんか文章中に変な英文字混ぜちゃってますね。gooブログだと絵文字が現れるタグなのですが、こちらではもちろん反映される訳もなく…申し訳ありません。
コメント欄の件は分かりました。近況伝言板もチェックさせていただきますね…と、早速「あおもり検定」って書かれていますね(^_^;)
検定名も面白いから、どんな検定なのかも気になるところです。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願い致します。

あおもり検定

>ピロEKさんこんばんわ♪

fc2ブログは他のブログのTBやその他の機能が反映されない事が多々あるので、その点に関してはこちらから申し訳ありませんとしかいいようがありませんです・・(汗)

『あおもり検定』の方は5月31日に中級試験がありまして、去年初級を合格した自分は今年中級を受けるつもりで頑張ってます。
ピロEKさんも良ければ試しに問題をやってみてはどうでしょうか?あおもり検定と検索すれば公式サイトが出てきて、その中に練習問題と言うのがありますので、お時間があればどぞです♪

PAGETOP