サハラ-死の砂漠を脱出せよ-

【監督】ブレック・アイズナー
【出演】マシュー・マコノヒー/ペネロペ・クルス/スティーヴ・ザーン
【公開日】2005/6.11
【製作】アメリカ

【ストーリー】
西アフリカ。ナイジェリアとマリ共和国の国境付近で発見された1枚の金貨に、ダーク・ピット(マシュー・マコノヒー)は魅せられた。今でも輝きを失わないその金貨は、南北戦争時に莫大な財宝と共に姿を消した甲鉄艦テキサスの存在をピットに確信させていた。テキサスは間違い無くその地の近くに眠っていると。
一方ナイジェリアでは奇妙な疫病が流行っていた。WHO(世界保健機関)のエヴァ・ロハス博士(ペネロペ・クルス)は、その感染源がマリにあると判断し、ピットに頼み込み、ピットの相棒アル(スティーヴ・ザーン)、ルディ(レイン・ウィルソン)と共に出発する事になる・・

【コメント】
全世界で一億部以上もの売上を記録していると言うダーク・ピットと言うシリーズの待望の映画化らしいのですが、いや~これは面白かったです♪
インディ・ジョーンズとかトゥーム・レイダーのような冒険映画は『男のロマン』のようなものを掻き立ててくれますね~☆
原作は全然知らないし、見てもいないのですが素直に楽しめました。

アクションシーンもイイ具合に盛り込まれており、特に要所要所に出る爆発シーンは迫力があります。かなり危ない場所やキワドイ場所でのバトルシーン、それにダークと相棒のアルのコンビがこれまた絶妙で、時に笑わせてくれたり、そして時に息の合った連携。しかもこのような冒険活劇には必ず1人は居る(?)ボケキャラが正にアルなのですが、彼は一味違う。
ボケキャラなのに、何故か強い!!
銃も軽々と射ちまくるし、危険な場所にもなんの躊躇もなく向かう。
ダークと共に海軍に在籍していたと言う設定ゆえに、今までにはいなかったようなキャラです。気に入ってしまいました♪
ただマシュー・マコノヒーとスティーヴ・ザーンの2人ばかりが目立ってて、エヴァ役のぺネロぺ・クルスの存在が薄かったのが残念。

幾つか不満をあげるとするならば、前半がメチャメチャ『だるい』こと。危うく良さを知らずに寝てしまう所だったのも事実(^_^;)
それにダークが砂漠に埋もれた謎の装甲艦を探索し、エヴァは謎の伝染病の調査。この異なる2つの出来事がやがて1つに結びつくのですが、別にストーリー性を2つに分けなくても、分かり易く1つのストーリーとしてやってくれたほうが良かったです。
途中どっちがメインストーリーなのか不明確になってしまいました。
それが我慢できれば、とても面白い娯楽作品だと思いますね♪

後、最後まで分からなかったのがダークとアルの上司でもあるサンデッカー提督が、中盤辺りにカールと言う人物に言っていた『1982年10月27日』と言う言葉。
これに対しカールが『やっぱりね』と言っていたけど・・・何がやっぱりなんだっ!?劇中にそれらしいのが出てたっけ?(^▽^;)

これは『映画シリーズ化されて、いずれ分かる事だから取り敢えず今は意味不明で解釈してろ』って言う事なのですか?

ま、シリーズ化するのだったら自分は賛成ですけどね♪

『サハラ-死の砂漠を脱出せよ-』公式サイト
九段会館「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」試写会。マシュー・マコノヒーとペネロペ・クルスが共演中に恋に落ちた事も宣伝かと思うほどにペネロペ・クルスは共演者と必ず恋に落ちる。でも、恋に落ちる男優の気持ちもわかる気がする。ただ美しいだけではなくて、可愛らしさが溢
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」 九段会館で鑑賞面白かった。全米1位を取ったと言う事は知っていたけどほとんど内容も知らずいきなり見に行って大満足でした。私はですよ。こういう何も考えなくていいのが基本的に好きなんですよ。これはネタバレしてしまうとつまらないと
 謎の大企業・伊武雅刀!!・・・? グランド・ファンクの“アメリカン・バンド”、レイナード・スキナードの“スウィート・ホーム・アラバマ”と70年代を代表するアメリカン・ロックが心地よく、アフリカ音楽との対比が面白かった。ラストにはフェイセズの“ステイ・ウィズ
公開日 2005年6月11日2005年製作 アメリカ 124分ジャンル アドベンチャー期待度 ★★★☆☆初回鑑賞日 2005年6月8日オンライン試写会総合評価 1200円感動 ★★☆☆☆笑う ★★★★☆泣く ★☆☆☆☆脚本 ★★☆☆☆映像 ★★★★★音楽 ★★★★★出演 ★★☆
試写会です。「ダーク・ピット」シリーズ?って初めて聞きました。予告見た限りでは「インディー・ジョーンズ」っぽかったです。最初眠気がきました。たいしたアクションもないのでね。でも我慢が大切!!ボートのアクションシーンからはまぁまぁ面白くなってきましたよ。ポ
ハリウッド映画『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』をオンライン試写会で観ました。今爆発的に広がっているBlogを利用して知名度をupさせ、オンラインで試写会を行うという画期的な宣伝活動には賞賛の拍手を送りたいと思います。今後似たような宣伝展開が流行るかもしれませんね
この月末の忙しい時期に毎日試写会の為、定時帰社をしてるあーちゃんですこんな事をしてるとそのうち「明日から来なくてもいいよ(/ ̄ー+ ̄)」と言われないかチョッピリ心配をしていますが、そうなったらそうなったで・・・(笑)秀君、ヨロシュ~お願いします。ということで
■Sahara サハラ 死の砂漠を脱出せよ●映画「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」は、アフリカを舞台に、アメリカの海洋冒険家であり学者、はたまたアメリカ海洋機関のスペシャル・エージェント、ダーク・ピット活躍の娯楽冒険活劇とでも言っておこうか。日本でもファンがじわじわ
冒険小説「ダーク・ピット」シリーズの映画化。派手なアクションとテンポ良く展開するストーリーは、ハリウッド娯楽映画の真骨頂。{/3hearts/}2005年 アメリカ アドヴェンチャー、アクション2005年6月8日 東京厚生年金会館(試写会){/heartss_pink/}監督 ブレック・アイ
-----この映画って全米初登場No.1の映画だよね。「とりあえずはね」-----えっ、とりあえず?「だって、よほどの超協力な映画でも現れない限り、初登場でNo.1になる可能性というのは月に4~5回と、けっこうあるからね。ただ、この映画の場合、期待された割にはあまりいいスタ
■ サハラ 死の砂漠を脱出せよ原題:SAHARA    幻の財宝。   手掛かりは一枚の金貨。本作は、人気小説家クライブ・カッスラーの「ダーク・ピット」シリーズから、最高傑作と評される第11作目の「死のサハラを脱出せよ」を映画化モノ。広大なサハ
SIN CITY を観に行く筈が、友人のダンナが「どうしても観たい」と主張するので、急遽 SAHARA を観ることになったのである。Clive Cussler(クライブ・カッスラー) の「DIRK PITT」シリーズから、同名小説 「SAHARA」 の映画化。日本語翻訳版は 「死のサハラを
冒険アドベンチャー映画の新しいヒーローとなるか?!彼の名は、”ダーク・ピット”人気blogランキング←みなさんのおかげで人気急上昇中!今日の順位は?!(以下ネタバレ注意)
多分とてもお金がかかっている映画だと思うんですけど、いい意味でB級添物?映画のような佇まいで、それなりに楽しめる作品ではありました。いわゆるトレジャー・ハンティングものです。マシュー・マコノヒーにあまり馴染みがないためか、彼とペネロペ・ク...
 今日は「サハラ -死の砂漠を脱出せよ-(原題:SAHARA)」です。ストーリー: 一枚の金貨を手がかりに、冒険家ダーク・ピットと仲間たちが幻の財宝を求め、死の砂漠のサハラ砂漠へと向かう。そこで待ち受けていたものは… 全世界で1億2,000万部の売上を記録したベスト
『サハラ-死の砂漠を脱出せよ』をみました 全世界で1億2000万部を売り上げるク
????????Υ??ä?????ää????Υ????б?á?Υ?????Ρ餹??Ω?ε(NUMA)Υ??å(?塼?Υ?)??????Ĥä?????äŴ?????????Υ??????????WHO)ν?(????)???¤?????????????????å???褵?餤?????Τä?Х?(?ž?)????餺?????ä??å???塼???Υ?ä??ĥä?????å?ä??
「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」 とってもわかりやすく、それなりに楽しめましたが、大絶賛ではないですね。突っ込みどころはあるが、欠点が少ない作品。可もなく不可もなくって感じでしょうか。 南北戦争時代の財宝ということで、ちょっとショボイかな。古代遺産、財宝の方
★本日の金言豆★サハラ:アラビア語で「荒れた土地」。 米国の冒険小説「ダーク・ピット」シリーズの中でも最高傑作とされるシリーズ第11作「死のサハラを脱出せよ!」の映画化作。 正直、原作の日本での知名度は今ひとつという感じですが、全世界で累計1億2千万部を突破
筆者は全く知らないのだが、この原作はクライブ・カッスラーの「死のサハラを脱出せよ」という大ベストセラーらしい。クライブ・カッスラーといえば、筆者との接点は「レイズ・ザ・タイタニック」の原作者であることくらいである。どうも、英米の現代作家に関してはハリーポ
ギャガ配給の「サハラー死の砂漠を脱出せよー」を観て来ました。アミューズソフトとあったのでDVDはアミューズが売るのかな?USENの子会社になってからは「GAGA USEN」と映画館で流れます。「GAGA」だけのテロップに慣れていたのでちょっと違和感が…親会社なので「USEN」
邦題:サハラ 死の砂漠を脱出せよ『NUMA(米国立海洋機関)のエージェント、ダーク・ピットは、存在しないと言われている金塊を積んだ沈没艦「テキサス」を探索中、謎の疫病の感染源を探すWHOの医者エヴァと知り合い、彼女と幼馴染のアルと共に捜索を始める。 』dir...
 ペネロペ・クルズ主演の新作ということで、注目を集めている「サハラ」。4月9日、「サハラ」と「ビューティー・ショップ」をハシゴして見た。「サハラ」は結構空いていて、「ビューティー・ショップ」は満席だったが、興行収入ランキングは「サハラ」は1位で、「ビューティ
タイトルやキャスティングの地味さ、公式ページやストーリーのB級感などから、個人的には、もしも試写会で観てなかったら、一生鑑賞する機会はなかったであろう種類の映画(ビデオですら観なさそう)。鑑賞後、「食わず嫌いは不幸の始まり」を身に沁みて感じたが、だからと言
 ニコラス・ケイジの『ナショナル・トレジャー』に続く トレジャー物だが、舞台が南アフリカの為か、 魅力に欠ける。 個人評価 ★★  『 映画雑感 』第一作がマシュー・マコノヒーとペネロペ・クルスのキューピットになったとしても、続編製作は難しいのでは …
監督:ブレック・アイズナー出演:マシュー・マコノヒー、ペネロペ・クルス、スティーブ・ザーン、ウィリアム・H・メイシー、ランベール・ウィルソン、デルロイ・リンド評価:78点(100点満点)ペネロペの訛った英語が楽しい。彼女はスペイン人だから、おそらく
先日行われた「サハラキャンペーン」でGAGAさんから頂いたチケットで観に行ってきました。貰っておいてなんですが(^-^;正直、最初の30分くらいウトウトしてしまうようなストーリー展開でして果たして最後まで観れるのか?と不安でした(^-^;が、中盤から(中盤かよっ)ボートの
アミューズソフトエンタテインメント サハラ -死の砂漠を脱出せよ- 試写会で見てきました。試写始まる前の説明(?)とかで、『ダーク・ピット』シリーズが『ダーク・ピット』シリーズがとか何回も聞いたけど、サッパリ…。(´・ω・`)ワカンナィョ・・・
サハラ 死の砂漠を脱出せよダーク・ピット・シリーズ っていう小説の映画化なんですか。NUMA っていうのは、実在するアメリカの機関なのね。主人公の ダーク・ピット っていうのは、そこのエージェント。NUMAって、要するに、海底、湖底、水の下に沈んだお宝を探..
アクション/アドベンチャー2005年 アメリカ監督 ブレック・アイズナー出演 マシュー・マコノヒー/スティーヴ・ザーン/ペネロペ・クルス/ランベール・ウィルソン/グリン・ターマン/デルロイ・リンドー/レイン・ウィルソン/グリン・ターマン/ウィリアム・H・メイシー原作
『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』 2005年アメリカ(124分)監督:ブレック・アイズナー 出演:マシュー・マコノヒー   スティーヴ・ザーン   ペネロペ・クルス   ランベール・ウィルソン   デルロイ・リンドー ★ストーリー★....
SAHARA2004年 アメリカ・独スコーンと気分爽快にしてくれ~と思って見たら、意外にこ難しかった。「トレジャーハンター」が独立戦争ならこっちは南北戦争だ。南北戦争で南
監督 ブレック・アイズナー 主演 マシュー・マコノヒー 2005年 アメリカ映画 124分 アドベンチャー 採点★★★★ 原作、人気あるんだってね?読んだ事ないけど。おかげでキャラクターになんの思い入れもなく、単純に楽しめましたよ。結構原作のファンから叩かれていた作品
先週末にDVDを借りてきて見ました。 ?本当は劇場で見ようと思っていたんですが、いつの間にか終わっていて、見るタイミングを逃していたんですよね^^。予告編を見たイメージとしては、「ハムナプトラ 」を勝手にイメージしていたんですが、ああいった魔術のような類の
【SAHARA】2005年/アメリカ 監督:ブレック・アイズナー   出演:マシュー・マコノヒー/スティーヴ・ザーン/ペネロペ・クルス ニコラス・ケイジの『ナショナル・トレジャー』を観た
story 広大なサハラ砂漠に潜む巨大な陰謀から世界の危機を救うため立ち上がる冒険家とその仲間たちを描いたアクション・アドベンチャー。クライブ・カッスラーの世界的ベストセ
と、言うより美女はどこにいても画になるんだね。Read more...
サハラ 死の砂漠を脱出せよ 原題:SAHARA  2005年海洋保全に務める米国特殊機関NUMA(国立海中海洋機関)のエージェント=ダーク・ピットは、世界中にあらゆる場所に眠っている秘宝を探し出す究極のトレジャーハンターでもある。ある1枚の金貨が、南北戦争時に姿...
サハラ~死の砂漠を脱出せよSAHARA監督 ブレック・アイズナー出演 マシュー・マコノヒー ペネロペ・クルスアメリカ 2005
サハラ死の砂漠を脱出せよの原作を読んだときにはワクワクさせて戴きましたね。なんといっても初期の頃は、ダーク・ピットとアル・ジョルディーノのアクションシーンは目に浮かぶほど素晴らしかった。

コメントの投稿

非公開コメント

1982年

すっかり忘れてました!!
何だったんだろ・・・あれ。
気になってきましたよ(笑)

やっぱり続編?!

kossyさんこんばんわ♪
あの『1982年10月27日』が一番心残りだったんですよ。
最後でその謎解けるのかなと思ったんですが、結局分からず終いで・・
気になりますよね~☆やっぱり続編フラグ立てておくべきですかね?(笑

前半は

我慢我慢ですよね~
船でのアクションからはなかなかでした。

TBありがとうございました

相互TBさせていただきました。シリーズ化賛成。宣伝もシリーズ化を念頭に入れていますね。ぜひヒットして次はもっとアルをフューチャーした作品を!

トラックバックありがとうございました。

ぼくも楽しめました。
シリーズ化されるといいですよね。

帽子が~~っっ!!!

なななさんこんばんわ♪前半に勢いが付いていればこの映画は尚良かったですよね。船でのアクション・・『パナマ』ですね♪あれは笑いました(≧m≦)

ももママさんこんばんわ♪アルは面白かったですよね~☆続編が出たら次はどんな帽子飛ばされるんでしょうかね?(^_^;)

えいさんこんばんわ♪
シリーズ化は自分も希望しますね♪出来ればマシューの出世作になって欲しいです

TB深謝です♪

こんにちわ、メビウスさん♪
拙宅へのTBどうもありがとうございました!
ツッコミどころは満載でしたが大衆娯楽作品として思いっきり楽しんできたので個人的には非常~に点が甘くなってしまった一本です。「1982年云々」の部分は、おそらく原作ファンなら知っているトリビア的なネタなんじゃないかなぁと思っています。こちらからもTBさせて頂きますね♪

TBサンキュです

確かに前半は寝むたかったです
個人的には、人にお薦めできるかと言えば微妙ですね

『1982年~』は果たしてシリーズ化されたら謎が解けるのでしょうかね?(^_^;)一億部以上のモンスター書籍なので、自分もその一億に荷担しようかな(馬鹿
自分もまたTBさせて頂きますよ~♪

映画の花道さんこんにちは♪
自分は映画前日に4時間しか睡眠とってなかったので、それが眠気強化の原因にもなったんですけどね(アフォ~
シリーズ化されたら他の人達にもお勧めしたいですね自分は♪

はじめまして!
TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきます。
ホント、ツッコミどころ満載でしたが、かなり楽しめました♪
「ダーク」もイイけど、とにかく「アル!」って感じでした!かなりのお気に入です(^^)

アル派

shirasuさんこんにちは♪

ダークとアル。とにかくいいコンビでしたよね♪アルの方が人気高そうですよね。皮肉交じりのジョークなんかが場を盛り上げてくれるんですよね♪自分もこの映画凄く楽しめました♪
前半我慢すれば、後は笑いと興奮が押し寄せる娯楽作品と行った所でしょうかね(笑

こんばんは!

TBとコメントありがとうございました(^^)

前半はかなりダルかったので思わず早送りで観てしまおうか?と思ってしまいました(笑)
ストーリーが2つに別れているのがこの映画の難題だったですね。どちらかに絞りこめばかなりの娯楽作品になったと思うのに勿体無いです。

1本道

>稲葉さんこんにちは♪

こう言う娯楽作品は複雑にせず、単純に1本道のストーリーでも面白いと思うんですよね。
アクションとかもそつなくこなしてましたし、爆発シーンとかも迫力あっただけにちょっと勿体無かった感じですね。

PAGETOP