大いなる陰謀

【監督】ロバート・レッドフォード
【出演】ロバート・レッドフォード/トム・クルーズ/メリル・ストリープ/マイケル・ペーニャ/アンドリュー・ガーフィールド/ケヴィン・ダン/デレク・ルーク
【公開日】2008/4.19
【製作】アメリカ

【ストーリー】
対テロ戦争をプロパガンダにし、大統領選へと野望を抱く上院議員のジャスパー。その裏に巨大な陰謀を感じ取ったTV番組のジャーナリスト・ジャニーンは、上院議員との会話の中から真実を暴こうと画策する。また、意義ある人生を送りたいと願う若者たちは、アフガニスタンで対テロ戦争に命をかける選択する。その若者たちの選択に誇りを感じながらも戸惑いを隠せない大学教授のマレー。
今、それぞれの思惑がひとつに繋がろうとした時、何も知らずにアフガニスタンで戦う若者たちの未来が、大きな陰謀のうねりに巻き込まれようとしていた・・・
【コメント】
ロバート・レッドフォードが久々にメガホンを取った本作は、アメリカが現在も抱えている『対テロ戦争』の問題とその裏側で関わる様々な人物の思想や思惑を描いた非常に骨太い作品。出演も兼任したレッドフォードに加え、メリル・ストリープ、そしてトム・クルーズの3人の豪華出演者のおかげもあってか、小難しい社会派ドラマの内容でも結構引き込まれるものがありました。

観終わったあと後ろのカプールが『ちょっとハズレだったね』と言っていたのは、内容を知らずに鑑賞したからなのか?はたまた純粋に肌に合わなかっただけなのか?その辺りは良く分かりませんが、観る人を選ぶというのは確かかもしれませんね。
対テロ戦争に勝利するための新作戦を口実に、更なる地位に上りつめる事を画策するジャスパー上院議員と、ジャスパーの本音を暴こうとするベテランジャーナリストのジャニーン。無駄に毎日を過ごしている学生のトッドと彼の才能を見抜き説得をするマレー教授。そしてマレーの教え子であり、ジャスパーの立案した作戦に参加する志願兵のアーリアンとアーネスト。・・・本作はこの3つのエピソードが同時進行で交互に展開されていくのですが、ジャスパーとジャニーンの討論にはじまり、マレーとトッドの対話と3つのうち2つが会話中心で進んでいくため、映画としての娯楽性は極めて低いように思えますね。議論も結構めまぐるしく、中には専門用語・・・と言うか難しい単語も少なくないので、付いて行けない人もいるかもしれない(--;)

それにこういったジャンルの作品は自分も正直苦手なので、今回の鑑賞目的もトム達の存在による所が大きかったですし、これが他の配役だったら多分観てなかったかもしれないですね(汗)
でもプライベートでは政治家と同じくらい色々と叩かれてたトムだけど、いざ役を演じるとやはり雰囲気のようなものが違って見える。本作でも腹黒さ満点のジャスパーを熱演しており、メリルとの討論も言葉の駆け引きが幾重にも張り巡らされてるように感じ、終始地味なシーンだけどなんかハラハラさせられるシーンでもあったんですよね。そこが個人的には見応えがあって良かったです♪


テレビでも良く耳にする対テロ戦争の現状と現地で犠牲になっている米兵達の報道には胸を痛めるものがありますが、しかしそれとは逆に遠くで起こっている出来事で自分には直接関係ないと思っていた部分もあったため、『無関心』という言葉がアメリカの若い学生たちのみならず、自分にもグサッと突き刺さる的を射たような言葉だった。
アーネストたちのように現状を憂い、志願兵となって行動を起こす事はさすがに出来ないけれど、問題提起のように投げかけた本作を観て、トッドみたいに考えや見方等を変える事は出来るかもしれませんね。

『大いなる陰謀』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
 『何のために立ち上がり、何のために戦い、 何のために生き、何のために死ぬのか──?』  コチラの「大いなる陰謀」は、4/18公開となったロバート・レッドフォード監督による感動と衝撃のヒューマン・ドラマ超大作?なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  主...
豪華キャストだけど・・・どうかなぁ~【story】未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)に最新の戦略についての情報をリークする。そのころ、大学教授マレー(ロバート・レッドフォード?...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 監督:ロバート・レッドフォード 出演:ロバート・レッドフォード(スティーヴン・マレー教授)    トム・クルーズ(ジャスパー・アーヴィング上院議員)    メリル・ストリープ(ジャニーン・ロス)    ...
トム・クルーズは正義か悪か? 【Story】 未来の大統領とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストの...
原題「Lions for Lambs」は、激しく噛み砕いて言えば「愚かな指揮官(将軍)の盾となった勇敢で無垢な兵士」といったニュアンスだろうか?まったく噛み合わない邦題なのだけど、内容は確かに「大いな
 これは言いたいことが絞りきれていない映画です。構成が難しかったです。(4月18
ジャーナリストのロスは、上院議員アーヴィングに招かれ、彼に単独インタビューを行う。そこで語られたのはアフガン戦争で行われる新作戦の概要だった。同じ頃、カリフォルニア大学の一室では、不登校の学生と顧問の教師が話し合っていた。顧問の教師は、自分の教え子が軍...
今年はアメリカ大統領選が行われる年。 言い換えれば二期八年のブッシュ政権の総決算がされる年でもある。 ロバート・レッドフォード監督の...
『大いなる陰謀』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 将来の大統領候補とも目される上院議員のアーヴィング(トム・クルーズ)は、テレビジャーナリストのロス(メリル・ストリープ)を呼び異例の1時間のインタビュー時間を作り。最新戦略の情報をリー
「大いなる陰謀」★★★ トム・クルーズ、メリル・ストリープ主演 ロバート・レッドフォード監督、2007年、92分 膠着状態が続く中東情勢、 アメリカ軍の死亡者は増え続けている、 ひとりの政治家が新しい作戦を ジャーナリストの独占取材中におおまかに 披露...
政治不信は無関心からくる僕ら自身の責任でもあるという映画。
ロバート・レッドフォードが監督&出演し、その他のキャストもメリル・ストリープ、トム・クルーズなど超豪華!!これは見るしかないということで、観に行ってきました。 <あらすじ> ベテラン・ジャーナリストのジャニーン(メリル・ストリープ)は、アーヴィング上院?...
久しぶりの原題VS邦題対決かな?
「大いなる陰謀」を観てきました~♪ 大統領を目指す野心家の上院議員アーヴィング(トム・クルーズ)の事務所に、ジャーナリストのジャニーン・ロス(メリル・ストリープ)が訪れる。アーヴィングは、ジャニーンにアフガニスタンで展開される、新しい軍事作戦の内容を...
人気ブログランキングの順位は? 陰謀をたくらむ1人の政治家 立ち上がる2人の青年 彼らの代償はあまりにも大きかった 人は何のために戦うのか 人は何のために死ぬのか
何のために立ち上がり、 何のために戦い、 何のために生き、 何のために死ぬのか? という何とも勇ましいキャッチフレーズ。 こういうの、アメリカ人は好きやね~。 J・F・ケネディーの有名な言葉を思い出しました。 「祖国があなたのために何ができるかを問うより、 ?...
アメリカが今ほどに世界中から嫌われている状態というのはなかったでしょう。 けれど
「大いなる陰謀」観ました。本当のタイトルは「LIONS FOR LAMBS」。 観るまでは「ロバート・レッドフォード、老いぼれて世間が見えずに撮った...
戦争は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだバータレ。 ・・・って言いたくなる映画。(わわわわわ) 大学院に行く奨学金のために志願する兵隊、 でも彼らは行動を起こすことで世界が変えられると 信じているからこそ前線へ出て行く。 それは冷めた目で傍観...
2001年の9・11事件からいつのまにか7年の歳月がたった。われわれ日本人にとっては,いまひとつ実感のわきにくい面もあるかもしれない「アメリカの対テロ戦争」。 お恥ずかしいことに,自国の政治にも疎い私は,この件に関して詳しい知識はあまりない。この「大い?...
『大いなる陰謀』未来の大統領候補の呼び声高いアーヴィング上院議員(トム・クルーズ)は、大物女性ジャーナリスト、ジャニーン(メリル・ストリープ)をオフィスに呼び、密談を行った。対テロ戦争における極秘作戦の情報をジャニーンにリークする議員と、彼の行動の裏に...
トム・クルーズ 、 メリル・ストリープ 、 ロバート・レッドフォード この顔ぶれでタイトルに「陰謀」とつけば なんか気になりますよね。 DVDで鑑賞。 ベテラン・ジャーナリストのジャニーン・ロスは、 未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議...
『大いなる陰謀』を観ましたロバート・レッドフォードが7年振りにメガホンをとり、レッドフォード、メリル・ストリープ、トム・クルーズとオールスターキャストが勢ぞろいし、アメリカの対テロ政策の裏を描く感動的な群像ドラマです>>『大いなる陰謀』関連原題: LIONSFO...
あらすじベテラン・ジャーナリスト、ジャニーン・ロスは未来の大統領候補と目されるジャスパー・アーヴィング上院議員の独占インタビューに赴き、対テロ戦争の新作戦について知らされる。同じ時刻、カリフォルニア大学の教授マレーは優秀であるのに勉学に身が入らない学生...

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちは!
かなりメッセージ性の強い映画でしたね~
とても興味深かったですが、、、映画を観たというよりも講義を聞いたような気になりました(汗)

トムは政治家がハマっていましたね~
仰るようにプライベートでは散々言われていますが、、、やっぱり凄いなぁ~と思いました。

人によってははずれな作品だったかもしれませんね~。
わたしはわりとこういった議論を見るのは好きなので。
自分があんな議論できないもんで(汗)
あちらはほんと、大学生でも議論が上手いですね~。
あらためて大学の授業風景を見て感心してしまいました。

トムの上院議員役、はまってました~!

メビウスさんこんばんは♪

トム・クルーズはまっていましたね☆
この作品のこの議員をやるために俳優をやってきたかのように感じましたw

『無関心』という言葉は本当に私もグサっときましたwでもそれを意識しているだけでも「まだ救いようがあるなあ」と自分に言い聞かせましたw

無関心

>由香さんこんにちは♪

本編の大半が討論議論のオンパレードですから、確かに講義の授業を受けたような気分ですねwそれでも引き込まれたのはトムたち出演陣の熱の入った演技の賜物かと思いますね。
私生活はスキャンダル続きなものの、演技となると切り替えが早くて見事な役者魂♪『MI3』以来だったので、久々のトムを観れて自分も良かったです。

>えふさんこんにちは♪

こういう知的な社会派ドラマは、若者向けとはあまり言い難い気もしますが、会話のシーン等は結構緊迫感もあったので面白く観れた部分もありましたね。
・・・でも確かに自分も討論議論とか出来るほど饒舌じゃないですね(笑)ホント、アメリカの学生さんは論文発表が凄い上手くて、間にユーモアなんかも交えて、あれだと聞く方も楽しいかもしれませんねw

>daiさんこんばんわ♪

トムも熱演でしたが、ジャーナリスト役のメリル・ストリープもかなり熱が入っていましたし、教授役のレッドフォードも落ち着きがある静かな演技で良かったですね♪3人ともスクリーンで久々に拝見しましたが、やはり安心して観れる演技ですね。
でも今の平和ボケしてる日本の人々に、この『無関心』という言葉はかなり当てはまるのではないでしょうか?対テロ戦争のニュースが今度流れたら、この映画を思い出しながら違った観点で見ようと思います。

日本人から

するとアメリカ人、アメリカの若者ですら
よっぽど政治への関心度は高いように感じます。
ですから、日本ってのがいかに関心が低いかってことですよね。

W

メビウスさん、こんにちは。
時を同じくして見ていた「ガンダムW(エンドレスワルツ)」の着地点にシンクロしていたことで、相乗的に共感してしまった私でした。

日本人の無関心は平和ボケだからであり、アメリカの学生のソレとは若干異なると思います。
日本人のほうが身近でない分、素直に受け入れられそうな、教授のメッセージに感じましたが、どうでしょう?(^^)

こんばんは

対テロ戦争と、それを利用する政府の影が描かれた意欲作でしたね。国民へのアピールは良いけど中身は腹黒い野心家という難役をトム・クルーズが見事に演じていました。

『無関心』という言葉は今の日本でも適用されるでしょうね。ニュースで内閣支持率低下が言われていますが、具体的に国民が何を求めているかが明確にならないんだから、福田総理もどうしていいか解からないですよね。

戦争を知らないゆえに共感できるかも?

>miyuさんこんにちは♪

若者の選挙の投票率の低さからして、政治等に如何に無関心なのかが良く分かりますね。自分も一昔前はそんな感じだったので恥ずかしい限りです・・(汗

>たいむさんこんにちは♪

日本には戦争というものが身近にない分、やはり国民の無関心さは他国よりも明らかに上だと思いますね。確かに戦争を知らない今の日本国民大半に観てもらいたい作品かもしれないし、マレー教授のメッセージも対テロ戦争の見方を変えてくれると思います。

>えめきんさんこんばんわ♪

対テロ戦争のニュースは前々から頻繁に流れていましたけど、その中にジャスパーが画策していたような情報操作があったと思うと、自分の無関心さがちょっと恥ずかしくなってきます。今の日本政府も不安定な態勢になっていますけど、それは国民の無関心さも一因になってる気がしないでもないです・・

こんばんは

テーマ性はよく出てるんですけど、それが心に響いてこない作品でした。
レッドフォード先生のポリティカルサイエンスのクラスを受講してるみたいで、「映画を観た」という感じが無かったのです。
テーマを表現するためのロジックはよく出来ていましたが、それを詩的な映画原語に変換して表現して欲しかったです。

受講感覚w

>ノラネコさんこんばんわ♪

やっぱり内容が固すぎると、娯楽性がかなり失われてしまいますね。本作も議論討論のオンパレードなものですから、確かに『映画を観た』と言うよりも受講感覚でレッドフォード監督の熱い思いを聞いてるかのようでしたw
これだと興収にも響くのではないかと思うのですが、多分興収云々で作ったんじゃないとも思いますね~。

メビウスさんTB&コメント有難うございます

『映画と秋葉原と日記』のhideです
メビウスさんお久しぶりです。TB&コメント有難うございます
トムとメリルの所は、あの部屋だけの場面のシーンでしたが。二人は自分の役割の演技を完璧に演じて居るように感じて大変満足できました。
戦場のシーンも良かったと思います。
ただ、レッドフォードは興行的な面を気にしたのでしょうか?論点をずらして
単に『若者よ関心を持とうよ』で逃げたと言うか?お茶を濁した印象を持ちガッカリしました
テロとの戦い・イスラムを親米化させると言う狂気の沙汰を継続すれば、殉教に憧れるイスラムの若者は絶えないと言う本質が有るとは思うのですが。残念です

興収気にせず?

>hideさんこんばんわ♪

トムとメリルのあの対話は一見地味なシーンにも見えるんですが、お互いの腹の探り合いみたいな駆け引きが続いて結構緊迫しているシーンでもあるんですよね。またそこまで引き付けるベテラン役者のトムとメリルの熱演振りも一役買っていましたね♪自分も本作で久々に2人を見たので、正直会話の内容よりも2人が目当てだったような気がします(^^;)

でもレッドフォード監督は興収面は2の次だったのではないでしょうか?エンタメ性をあまり重視していなかったように見えましたし、やっぱり自分はこの映画を観て最後のトッドのように見つめ直す人が増える事を願って作ったのではないか?そう思ってしまいます。

トムの

コメント&TBどうもでした~♪
>観る人を選ぶというのは確かかもしれませんね。
トム・クルーズが出てる!ってだけで観に行くと、違った
イメージで捉えられてしまうのかも(^^ゞ 最近のトムの
お仕事は、どっちかというと娯楽作品が多かったですから・・・
ボクは、けっこうハマった映画です。考えさせられました・・・

最近のトム

>はっちさんこんばんわ♪

トムが出演してるだけでその映画の集客は結構上がると思うので、改めてトムの人気の高さを思い知らされますね~。プライベートは散々ですけど・・(汗
この他にもトムは確か『ワルキューレ』という戦争映画も控えていたはずですから、娯楽抜きにした真面目なトムが最近多いのも新鮮に見えちゃいますね。

こんばんは
確かにエンタメ性はかぎりなく低く
「紀元前~」の直後にこれを見たので「寝るかも・・・」と危惧しておったのですが
それなりに彼等の緊迫感あふれる会話劇に引き込まれたのは
やはり名優競演のなせるわざでしょうね。
日本の学生の無関心は今に始まったことではありませんが
アメリカの若者って,もっともっと政治的な意識が高いのかと思っていました。
最近のアメリカの若者は,それだけ昔とは違ってきていて
レッドフォードもそれに危機感を覚えたのでしょうか・・・?

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

「無関心」でいないようにするというのは、余程意識的にしないと難しいですよね。
日本でも政治のことも、自分に実質的な不利益がないとピンとこないのも確かなところ。
だからこそ、意識的に関心を持つというスタンスが大事なのでしょうね。

今の日本人は平和ボケボケボケでしょうね

でもたった一つだけですが希望があります。
最近、アメリカ人を含めた世界中のアニメファンが、日本アニメに共感し、憧れているものの中に「のほほん」とした雰囲気があるようです。
無邪気に自分を含めた大勢の人が幸せであればいいのに、と日だまりの中で自然と願うキャラクターは日本アニメにしか出てこないようです。
長い平和で育った「大らかさ」が、もっともっと世界中に伝われば、世界に点在する地獄を減らすことが出来るかも知れません。やや無責任ですが「のほほん」をちょっと誇りに感じる今日この頃です。

のほほん

>ななさんこんばんわ♪

『紀元前~』の後にコレですか?(^^;)ジャンルもガラリと変わるから付いていくのが大変だったのではないでしょうか?(汗
でもこういった問題に対してあまり関心を示していないのは、日本のような他国だけじゃなく、母国でもかなり多いんだと言う事も分かりますね。9.11の事はまだ記憶に新しいのに、それすら風化させてしまうような感じがありました・・

>はらやんさんこんばんわ♪

政治でも戦争でもそうですが、確かに自分の身に何かしら深刻な問題が間近に来なければ人はあまり関心を示さないものなんですよね。確か『不都合な真実』でゴア氏もおんなじ事を図で分かり易く言っていた記憶があります。
・・・けど何かしたいと思っても何をすればいいのか?という部分でも悩む人は多いかもしれませんね。

>クマノスさんこんばんわ♪

確かにジャパニメーションは世界でも高い評価を得ていますが、『のほほん』という雰囲気が共感されているというのは初耳でした(^^;)
個人的に『のほほん』なアニメと言えば、『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』といった1つの家庭のありふれた日常を描いたアニメが思い付くのですが・・・・・そういえば外国でもしんちゃん等は凄い人気があって、色々な国で放映されてますもんね。それもあってかその『のほほん』とした雰囲気がちょっとしたやすらぎがあって海外でも広く浸透してる・・・・のかもしれませんねw

重たい宿題みたい

こんにちは~
なんだか、テーマの重い宿題を出されたようなかんじで、エンドロールでも誰一人喋っている人がいませんでしたね。
みんな考え込んでいるみたいで…
トムの演技は冴えていましたよね。
だんだんと垣間見える腹黒い部分をうまく出していて、反対に爽やか過ぎる笑顔が空恐ろしさを強調していました。

PAGETOP