戦国自衛隊1549


【監督】手塚昌明
【出演】江口洋介/鈴木京香/北村一輝/綾瀬はるか/生瀬勝久/嶋大輔/的場浩司/伊武雅刀/鹿賀丈史
【公開日】2005/6.11
【製作】日本

【ストーリー】
陸上自衛隊で人口磁場発生器の実験中に、大規模な暴走事故が発生。的場1佐(鹿賀丈史)率いる精鋭部隊が、460年前の戦国時代にタイムスリップしてしまった。
かつて的場が創設した特殊部隊のNO.2だった鹿島(江口洋介)は、仲間達を救い出す為、事故を引き起こしてしまった神崎(鈴木京香)らと共に決死の覚悟で再度タイムスリップを敢行する。しかし戦国の世で鹿島たちを待っていたのは、異形の甲冑に身を包んだ織田信長と、原野を埋め尽くす大軍勢だった・・

【コメント】
79年に千葉伸一が出演し、当時その斬新な世界観が話題を読んだ『戦国自衛隊』の平成リメイク版。

平成の世に生きる自衛隊員が歴史を修正するために、戦国時代の真っ只中にタイムスリップしてしまうと言う展開は、ストーリーに若干の変更が加えられているものの、現代人と戦国時代の人達が奇妙に入り混じり合うと言うオリジナルと同じ『良さ』を殺していなかったのはgood♪
現代風にリメイクしたともあって旧作の兵器とは違い、正に最先端(?)のヘリや装甲車が戦国の世を駆け巡る姿は結構新鮮。自衛隊も本格的に協力してるだけあって中々のモノです♪
前半はイマイチとっつきにくかったのですが、タイムスリップした後はギャップが激しくなるので見応えはあります

ただこう言った現代の人間が過去にタイムスリップすると言った内容は、『バック・トゥザ・フューチャー』のように非現実的で実際には有り得ないもので、エンターテインメントを全面に押し出したような今作は、正に劇場などで映画として観るには申し分ない作品。

ですが、イマイチ面白味に欠けるのです。
手に汗握るようなハラハラ感やドキドキ感も無ければ、合間に笑いを入れるようなシーンも無い(と言うか全然無い)。
合戦シーンも何だか『しょっぱく』て大河ドラマの合戦シーンの方がまだ勝ってる気がしますし、これで『何か印象に残っているシーンは?』とかもし聞かれたら多分『何も無い』としか答えられ無さそう・・(-_-;)

普通にリメイクしただけのような感じで、個人的にインパクトが全然足りませんでした。
予習も兼ねて2週間くらい前に旧作を観たのですが、もしかしたらそっちの方が面白かったかもしれません・・
キャスト等は豪華でしたが(織田信長風の鹿賀丈史は結構ハマってた)、もうちょっと演出面を強化して欲しかった所ですね。

『戦国自衛隊1549』公式サイト
 
「歴史は俺たちになにをさせようとしているのか・・・ 今日からリメイクされた「戦国自衛隊1549」が一般公開されるのを記念して。 四百年前の戦国時代にタイム・スリップした演習中の自衛隊一個小隊の姿を描く、半村良の同名の小説の映画化だ あらすじは、伊庭三尉を隊長
飛ばされた! 外国に? いや戦国時代に!
 はっきり言ってしまえば、原作者:福井氏の人気と自衛隊全面協力のリアルさだけが売り物の映画だ。戦車やヘリがリアルな割に設定がしょぼいし・・・ 「調べたら、七兵衛は間違いなく1547年の人間だとわかりました」「的場一佐は1547年の戦国時代に行ってる」等々。どうし
今回も、『ローレライ』に引き続き、原作を読まずに観に行った。良くもなく、悪くもなく、ビミョーな印象を持った。とりあえず、良かったところ、悪かったところを書きます。☆☆☆☆☆ 良 ☆☆☆☆☆・ 陸自の全面協力を得られたこと。・ 伊武雅刀の斉藤道三・ 北村一
ストーリー:陸上自衛隊東富士駐屯地で、人工磁場発生器の極秘実験中に暴走事故が発生。的場一佐率いる実験中隊が、460年前の戦国時代へタイムスリップしてしまう。数年後、日本各地にあらゆる物質を飲み込む謎のホールが出現。原因は的場たちの過去への過干渉と思われた。か
昨日の件で母上と壮絶な親子げんかをくりひろげたあと(朝っぱらから金切り声の怒鳴りあいを聞かされた父、すまぬ…)今日から公開の映画『戦国自衛隊1549』を見に行ってきました。戦国自衛隊1549公式サイトしかーし、地元のシネマコンプレックスに映画を見に行くたび思うん
戦国自衛隊を観に行ってきた。話的には面白いねんけど 実際には無理がありありでう~んどうなんでしょ?って感じ。鹿賀丈史って悪役似合うなぁ~マジで。いきなり戦国時代にタイムスリップして あの立場やったら生きていく為に織田信長にもなるわな。だからってやって来...
劇場鑑賞券をゲットした「サハラ」はとりあえず平日回しにして・・・チネチッタのレイトショウ・Wスタンプのためにこちらの作品を観る事に。なんか知ってる顔の俳優さんがいっぱい出てくると安心するのが日本映画のいいところ。元ネタである「戦国自衛隊」は、見た気もする
総製作費15億円!!!邦画にしては大作なのか?金のかかった駄作か?気になるところ...だが人気blogランキング←みなさんのおかげで人気急上昇中!今日の順位は?!(以下ネタバレ注意)
今日はMTGのあとに戦国自衛隊1549を観にいった。 以下、ネタバレ注意。...
これはとても見苦しい作品だ。映画のあいだ中、観客がつきあわされるのは「言い訳」ばかりだからだ。まず加賀率いる部隊がタイムスリップし天下統一を図る。しかし、そこで繰り広げられたであろう強奪も殺戮もレイプも一切描かれていない。協力を得ている自衛隊に遠慮した結
「戦国自衛隊1549」監督:手塚昌明 原作:福井晴敏 出演:江口洋介、鈴木京香、鹿賀丈史、北村一輝、綾瀬はるか、嶋大輔、中尾明慶(おすぎ風)おピカですっ!バカ、バカ、バカーッ、金返せ!って叫んだやりたいわ!!こんな中途半端にくだらない映画、許せないわ!!19
5日の日曜に予告編を載せて、それから連日自衛隊潜入レポートを載せたりして、観てもいないのに煽っちゃいましたが、とうとうこの陸上自衛隊全面協力の映画「戦国自衛隊1549」が昨日から公開されました~!まあ、他の映画の時にやっていた予告編で良さそうだな~と思っ
「戦国自衛隊1549」 期待していたのだが... 普通、劇場を後にするまでに、何らかの感情が沸きあがるものだが、今回は皆無。良い or 悪い、面白い or 面白くない、いずれも当てはまらない。全体的に薄味な作品。福井晴敏の計算しすぎた設定、ストーリー展開。意外性なく、
『戦国自衛隊1549』を見た感想なんぞを。。。『交渉人 真下正義』で予告編を見て、鹿賀丈史扮する織田信長と江口洋介の戦いを見たくて行ったんだが、この映画の主役は別に居た。その名は。。。七兵衛こと北村一輝いや~やっぱかっこいい 惚れた 萌えた(ぉぃ目力が
★時代を越えた内輪もめ??2005/日本 監督:手塚昌明 脚本:竹内清人、松浦靖基本的に、荒唐無稽の話は大好き。なので、この手の映画は決して悪いとは思わない。ただ、「どんな映画だった?」と聞かれれば、「ワイシャツ姿があまりにも似合わない北村一輝と、Gショックな
『戦国自衛隊1549』をみました 原案:半村良、原作:福井晴敏1979年の映画
東宝の株主総会で頂けるチケットを譲っていただいたのがあったので観て来ました。5月末にある東宝の株主総会では6月末まで有効の劇場券を頂けるそうです。今回のチケットは劇場指定で「電車男」「交渉人 真下正義」「戦国自衛隊1549」が観れました。当日観れる券は無かった
『戦国自衛隊1549』を観ました。 福井晴敏原作、江口洋介主演、さらに北村一輝も出演とのことで期待の映画でした。予告編を観たときに、なぜタイムスリップした自衛隊と織田信長軍が戦うの?という疑問が湧きましたが、そういう訳ですか・・・。ストーリーはつ
「俺たちは歴史の辻褄あわせをしてきただけじゃないのか?」・・・とラスト近くで、江口洋介が言う。それがこの映画の脚本の決定的な問題点なのでは・・・歴史っていうかストーリーの辻褄あわせに終始して、エンターテインメントにすることを怠った。戦国自衛隊なんて企画では
KAZZのこの映画の評価  駄目だこりゃ~って言うか酷すぎやしませんか?20年以上も前の”戦国自衛隊”の方が、数段完成度が高い最後のあの終わり方、カット割りは何特撮もしょぼ過ぎるし、お金をケチりすぎて映像に迫力が。。。手を抜きすぎ、戦闘シーン...
戦国自衛隊1549  冒頭3分でorz...でした。  中世の刀や弓を持った人間の群衆の中に、いきなり砲弾やミサイルぶち込む自衛隊って・・・。  兵器マニア、時代劇ファン、SFファン、歴史モノ好き・・・そういう人たちにとっては、ホントに中途半端としか言いようがない映画。
邦画という物は滅多に上映館で鑑賞しない筆者であるが、然程、大きな期待も持たずに何の気なしにチケットを買っていた。「ダニー・ザ・ドック」だと次の予定に間に合わないというのが本当の理由だ。邦画は正直、好きではないし、方向性も間違っているし、やはりお金と時間が
友人・知人の評価がいまいちだったんですが綾瀬はるかちゃんが出てるし、生瀬勝久氏も出てるので劇場へGO-!って、この作品も「FLY,DADDY,FLY」よりも前に観てたんですけどね。どんだけ上げるの遅いんだっつう話しで…orz「戦国自衛隊1549」2005年公...
いごよく(1549)広まるキリスト教。
戦国自衛隊1549一応、大和から、戦争物、鈴木京香 さんつながりね。皆さんのブログ、読んではいないんだケド、何となく、評判が悪いのは知っていました。でも、リメイクなので、どんな映像が見られるのか、楽しみにはしていたのですが、ん~、、、なんとも、、、ま、現...
消滅するのは―――歴史か、俺たちか?CAST:江口洋介/伊武雅刀/北村一輝/鹿賀丈史/鈴木京香/綾瀬はるか 他■日本産 119分お金をかけたのもわかる。自衛隊に協力したのもわかる。でもね~おもしろくなくなきゃダメじゃ~ん。全然楽しめなかったよ・・・。自衛隊の彼ら
江口洋介さん、鈴木京香さん主演の「戦国自衛隊1549」のDVDを観ました79年のヒット作、千葉真一さん主演による「戦国自衛隊」の21世紀ヴァージョン。陸上自衛隊東富士駐屯地で、人工磁場発生器の極秘実験中に暴走事故が発生。的場一佐(鹿賀丈史さん)率いる実験...
今日のお題はDVD発売からちょっと?遅れたが・・・「戦国自衛隊1549」(角川映画)である(以下「新版」と呼ぶ)。当店では始めての邦画か。要はこの映画、1979年製作の「戦国自衛隊」の焼き直しである(以下「元祖」と呼ぶ)。この元祖は半村良原作、あの若き日
監督:斎藤光正出演:生瀬勝久、千葉真一、江口洋介、鈴木京香、綾瀬はるか、北村一輝 的場浩司、鹿賀丈史評価:59点公式サイト(ネタバレあります)自衛隊全面協力。本物の戦車が繰り広げるド迫力の戦闘・・・?本物の戦車であろうが...
今日、21:00~日本テレビで『戦国自衛隊1549』がやっていた。 《私のお気に入り度:★☆☆☆☆》
何故だか分からないけれど戦国自衛隊1549 を観ました。正直、千葉真一らが出演した前作の戦国自衛隊は未見でその存在自体を知らなかったからリメイク?といっても比べようがない。前作が作られた時代の角川映画は隆盛を誇ってたハズだから、面白かったんだ
戦国自衛隊15492005年製作の日本映画。79年にヒットした『戦国自衛隊』をモチーフに福井晴敏が新たに書き下ろしたSFアクション。秘密裏の実験中に戦国時代にタイムスリップしてしまった陸上自衛隊を救うため、かつての仲間だった鹿島と神崎怜2尉らが、2度目のタイムスリ
総論:舞台設定は面白いけど・・・色々台無し。自衛隊が行った科学実験中に暴走事故が発生。その場にいた的場一佐(鹿賀丈史)率いる「第3特別実験中隊」が約460年前の戦国時代にタイ...

コメントの投稿

非公開コメント

そうですか

はじめまして、TBありがとうございました。
そうですか・・・別の方のBlogでも書かれてました、あんまりおもしろくなかった、と。期待が高い分、観る側が高望みし過ぎ、っていうのもあるんですかねぇ?

特化しておらず・・

Yusukeさんこんにちは♪
そ~ですねぇ~、自分も少し期待はしていたのですが、それほど特化したような演出なども無くて、イマイチお腹いっぱいにはならなかったのは事実です。確かにあまり高望みはしないほうが良いですよね。
でも映画って観る人によって十人十色ですからね♪Yusukeさんからみたら、もしかしたら面白いって思えるかもしれませんよ。

今晩は

初めまして、トラックバックありがとうございました。私も試写会で観た感じではちょっと物足りなかったです。また映画を取り上げた時に、重なる事があればこちらからもトラックバックさせて頂きますので。宜しくお願いします。

こちらこそ♪

青龍さんこんにちは♪
やっぱりどこでも『物足りない』とか『満足しない』と言う評価が飛び交ってますね(;^_^A何だか酷評・・・

こちらとしても観た映画が重なったらまたTB&コメントもさせて頂きますね♪有難うございました

この映画

合戦シーンとか笑いなんかに重点を置くのではなく、現代日本人が見失っている国を愛する心とか、勘違いしている自由などに警鐘を鳴らす映画なのです。

と、同時にナショナリズムの高揚にも警鐘を鳴らしています。

製作側の訴えたい事はローレライと同じですね。


現代日本に危機感を抱かない脳内ユートピアな人間はアクションシーンが物足りないとかそういった感想になるのだろうと思います。
が、逆にそういった蛇足的な部分を押さえる事によってこの映画を通じて本当に伝えたい事が伝わりやすくなってるのではないかと思います。

視野を広げてこの映画を見れば、また違ったモノが見えてくると思いますよ。

視野を広く

たくさんこんにちは♪

考えてみれば、自分はこの作品を単なるエンターテインメント的な作品として捕え、旧作より劣るやら迫力味に欠けるやらと、外側しかみてなかった様な気がします・・
映画って観て楽しむのもそうですが、同時に観客にその作品を通して何かを伝えると言う根本的なテーマもあるのもまた然り。たくさんのコメントを見て、自分も映画を観る上で、少し視野を広げなければ痛感しました。

「戦国自衛隊」(1979年作)の上映について

はじめまして、私、岡山県倉敷市にございます倉敷東映という映画館の者です。
早速ですが、7/31より「特撮映画特集」を開催します。
第1弾として「戦国自衛隊」(1979年作)を上映します。
その後は、「東宝特撮映画」を中心に、来年GW公開予定の新作ガメラ製作を記念して、「大怪獣ガメラ」も上映します。
「宇宙戦艦ヤマト」も上映しますよ。
詳しくは、当サイトをご覧下さい。

こんにちは。昔の記事にすみません。つい今さっきDVDで見たばっかりです。記事にする気もおきません。(^^;)おとつい「サウンド・オブ・サンダー」という駄目映画を観たばかりですが、こちらのほうがまだ整合性がありました。○○のみで世界が破滅する後者と、第二陣がぼんぼん人を殺してもハッピイエンドで終わる前者と。富士の演習場って、斉藤道山や織田信長のところから相当離れているのでは……。信長を殺したことで、あそこの家臣とお家騒動はどうなったのか。いや、考えるだけ野暮でした。
……そうではなくて、なぜここにコメントしたかというと、コメント欄に倉敷東映の涙ぐましい営業コメントがかかれてあったため。この映画館は去年の12/30に閉館しました。わたしの12/30の記事に詳しいレポートがあります。この頃はまだ必死にがんばっていたんだろうな、と思うと、少しうるうる。

雲泥の差

>KUMA0504さんこんばんわ♪

1549はオリジナルと比べると雲泥の差が有りすぎる気がしますね。設定がいい加減に見える箇所もちらりほらりと見えますし・・・
そう言えば『サウンド~』もこれと同じタイムパラドクスな関係で、歴史を修正するために奮闘する映画ですよね。事前に鑑賞した方のレヴューを観たら酷評も酷評なので自分は観なかったんですけど・・(汗

でも倉敷東映と言う映画館が閉館したというのは、凄く淋しいものがありますね。自分は訪れた事はないのですが、こういった古くからあるの映画館が閉館となるのも、昨今のシネコンの急増が要因の1つでもあるんじゃないかと思っちゃいますね・・

PAGETOP