犬と私の10の約束

【監督】本木克英
【出演】田中麗奈/加瀬亮/福田麻由子/佐藤祥太/池脇千鶴/相築あきこ/布施明/ピエール瀧/大沢あかね/海老瀬はな/藤井美菜/笹野高史/高島礼子/豊川悦司
【公開日】2008/3.15
【製作】日本

【ストーリー】
北海道の函館で暮らす14歳の少女・あかりの家に一匹の子犬がやって来た。前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリーバーに、あかりはソックスと名前を付ける。母はその時あかりに、犬を飼う時には犬と『10の約束』をしなければならないと教えてくれた。そしてその約束を交わした瞬間から、あかりとソックスは一緒におとなへの道を歩き始める。
母の急死、父の突然の辞職、初恋、憧れの仕事、初めての独り暮らし、恋人の事故・・・・あかりの人生を揺さぶる様々な出来事。しかしどんな時も、ずっとそばにいて励ましてくれたのはソックスだった・・・
【コメント】
ネットや口コミで話題になったと言う作者不詳の短編詩『犬の十戒』をモチーフにした本作。犬を飼う上で守らなければならない10の約束事が犬の視点で綴られているのですが、この短編詩ってかなり前からあったとも聞いてるので、ひょっとしたら自分が犬を飼っていた時もすでに存在してたのかもしれない・・・。飼ってた当時はこの詩の事は知らなかったし、知ったら知ったで改めて自分の当時のしつけの仕方に問題が無かったか?とか、家族同然に接していたか?など、色々と落ち度があったのではないかと疑ってしまいました。

主人公のあかりもソックスを飼っていた当初は片時も離れずに一緒にいて本当に仲良しだったものの、大人になるにつれて仕事の事や幼馴染の星くんとの付き合いなどに時間を取るようになり、次第にソックスから疎遠気味になっていってしまう。『忙しいから』と言う理由もあると思うけど、一緒にいられるのは子供の時までという感じなのはちょっといただけませんね。・・・しかしその『忙しいから』と言う理由で構ってあげず、時々親に押し付けた経験が実は自分も思い当たるフシがあるし、それは恐らく自分だけじゃない・・・・・?とも思うから、『けしから~んっ!!』と声を大にして言えない自分もいるわけで・・・(--;)だから10戒の内容を高島礼子が朗読する度、耳少し痛かったですねぇ・・(汗

キャスティングの方では、少女時代のあかりを福田麻由子ちゃん。そして大人のあかりを田中麗奈が演じていますが、今回この2人をあかり役として選んだのはある意味正解ですね♪顔立ちからしてかなりソックリで、特に2人の笑った時の顔が激似でびっくりしてしまいましたよw個人的に田中麗奈は好きな女優さんの1人だから、福田麻由子ちゃんも将来的には彼女に似てくるのだろうか?なんて思うと、先がちょっと楽しみになってきました(笑
豊川悦司が演じたあかりのパパも、家事全般が出来ず犬も苦手と言うちょっとダメパパっぽい役所が妙に面白く、醤油と間違えてソースを納豆にかけてしまうおまぬけなシーンなどでも時々笑いを誘ってくれましたね。けどせっかく田中麗奈と共演してるんですから、どこかのシーンで『○○ですからっ』とか言ってくれたらツボにハマッてもっと笑えたかもしれません。
あと忘れてはいけないもう1人(1匹)の主役であるソックスを演じたワンコ達も凄い芸達者。年齢に合わせて様々なゴールデン・レトリーバーが出て来てましたけど、どの年齢のソックスも演技が上手いですね♪子犬ソックスには癒されましたし、デカソックスはアッチ向いてホイがかなり可愛かったので、観てるだけで和めました。


でも予想はしてたけど、ソックスとの最後の別れはやはり切なく涙目になること必至ですが、自分の場合は高校の時まで飼っていた犬とソックスの最後がかなりダブっていたので、涙も人一倍だった気がする。
看取ったのもちょうど自分と、仕事を早く切り上げて来たオトンの2人だけだったから、状況もソックリで少し不思議でした。
感情移入もされたので本作は結構感動出来た作品だったんですが、1つ気になる部分として、あかりと星くんの家を交互に行き来して住んでいたソックスはストレスみたいなものとか溜まらなかったんでしょうかね?賢い犬だから星くんの家にも素早く順応してたのかもしれないですけど・・・。

『犬と私の10の約束』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
「犬と私の10の約束」は犬と飼い主の少女との10年の月日に渡って起きた出来事を綴ったストーリーである。母親との約束から母親の死、父の退職、恋人との再会など色々な出来事の中には常に愛犬がそばにいた。
□作品オフィシャルサイト 「犬と私の10の約束」□監督 本木克英 □原作・脚本 澤本嘉光、川口 晴 □キャスト 田中麗奈、豊川悦司、福田麻由子、池脇千鶴、高島礼子、加瀬 亮、ピエール瀧、笹野高史■鑑賞日 3月16日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★...
ソックス、 私のそばにいてくれて、 ありがとう。
製作年度 2008年 映時間 117分 脚本 川口晴 、澤本嘉光 監督 本木克英 音楽 チョ・ソンウ 出演 田中麗奈/加瀬亮/福田麻由子/佐藤祥太/ 池脇千鶴/ピエール瀧/高島礼子/豊川悦司 {/book_mov/}北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の...
■動機 福田麻由子と田中麗奈のキャストリレー ■感想 期待していたんだけどなぁ・・・ ■満足度 ★★★☆☆☆☆ まあまあ ■あらすじ 北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日、前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデ?...
監督:本木克英  CAST:田中麗奈、豊川悦司、加瀬亮 他 14歳のあかりは、医者の父親(豊川悦司)と母親と3人で平和に暮らしてい...
‘犬の10戒’とは犬から飼い主へのお願い。 1. 私と気長につきあってください。 2. 私を信じてください。それだけで私は幸せです。 3. 私にも...
人気ブログランキングの順位は? 大好きだった母からの遺言 それは──「犬の10戒」 ソックス、 私のそばにいてくれて、 ありがとう。
戒めは 人のためならず  かつて、「新潟県中越地震」で大きな被害に見舞われた山古志村のお話ということで、「マリと子犬の物語」を鑑賞した際の感想にも、「父親役の船越英一郎演じる石川優一と私は同じだ。何が同じって、そう、犬が好きじゃない。犬を飼うなら猫...
あらすじ北海道・函館で暮らす14歳の少女あかり(福田麻由子)の家の庭に、ある日前足の片方だけが靴下を履いたように白いゴールデン・レトリバーの子犬が迷い込んでくる。その子犬に“ソックス”と名前をつけたあかりに母(高島礼子)は犬を飼うときは犬と「10の約束」を...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

こんにちは♪ TB、コメントありがとうございました☆

ワンコ好きには胸に響く作品でしたね。
あの10戒には、色々と反省させられました(^-^;)

ワンコとの出会いというのは人の出会いと同様、
人生の中でとても大切な一時ですね。
だからこそ、最期は辛いけど・・・
私も残りの自分の人生の中で、またいつか必ずワンコを飼うつもりでいます。
その時はあの10戒を思い出さなきゃならないですね。

おはようございます♪

TB&コメントありがとうございましたm(__)m

私、動物ものには、超弱いんですけど、
今回の映画は、特別でした!
最初のパピーの映像見た時点で、参った・・・(T_T)
って成ってしまって(^_^;)

10戒は、ずっと飼っていても、
何度も繰り返し、確認したい事柄ですね。(^-^)

犬を飼ってる人必見

>nonさんこんにちは♪

自分も10戒を聞いてて、至らない部分があった事を理解できた気がします。10戒を全て守れている人がいたら、それは凄く犬を愛して大切にしている人ですね♪
自分は別れが辛いのでもう犬を飼うことはありませんが、nonさんはまた飼う事があったら、その時はちゃんと10戒を守ってくださいませ~。

>すぅ☆さんこんにちは♪

動物と人の触れ合いって不思議と感動してしまうんですよね。本作にはソックスのみならず色々な犬が出て来ますけど、どれもが癒される存在でした♪
確かに10戒を知った後だと、犬を飼う時の見方が変わってくるかもしれませんね。そういう意味では犬を飼ってる方には必見な作品かもしれません。

『犬の十戒』は私は今回初めて知ったんですけど
犬好きの人たちの間では自分前から広まっていた内容なんですってね。
おかあさんがあかりに話して聞かせる時
胸にす~っと入ってきてもうあの場面だけで泣けてきてしまいました。
あなたには学校もあるし友だちもいます。でも私にはあなたしかいません。
という一文は特に・・・

メビウスさんも自分の思い出とソックスとあかりの生活がだぶって
胸がいっぱいになったでしょうね。

配役はお見事でした!
子役から大人へのバトンタッチが全然違和感なかったですものね。

何時頃からなんでしょうね?

>ジュンさんこんばんわ♪

犬好きの友人などがいなかったので、自分も10戒の存在は本作で初めて知りましたねwどのくらい前からあるんでしょうね?なんか昔の頃と内容が大分変わってると言ってるので10年くらいは知れ渡っているものなのかもしれないですね~。
高島礼子の柔らかいトーンで語られる10戒も、聞いてるだけで癒されてしまいますし、幼少のあかりに10番目の約束を語る場面は自分自身の事も言っていたのでとても感動できる場面でした♪

こんばんわ

コメントありがとうございました。

福田麻由子に、田中麗奈の少女時代を演じさせるのは
ナイスキャスティングでしたよね。
犬との10の約束は、良い言葉でしたね。

基準はどっち?

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

幼い頃と大人の頃のキャスティングって微妙に似てないのが多いですけど、本作に限ってはよく見つけたなって思うくらい似てましたねw・・でも一体どっちを基準にしてキャスティングしたんでしょうね?キャリア的なものでやっぱり田中麗奈でしょうか?

まあ自分も昔犬を飼っていたもんですから、本作に出てくる犬との10の約束は結構ジーンと来る部分もありましたね~。

PAGETOP