L change the WorLd

【監督】中田秀夫
【出演】松山ケンイチ/工藤夕貴/福田麻由子/南原清隆/平泉成/福田響志/藤村俊二/鶴見辰吾/高嶋政伸/
【公開日】2008/2.9
【製作】日本

【ストーリー】
名前を書かれた人間は必ず死に至る・・・。『デスノート』を駆使し犯罪者を粛清、新世界の神となろうとした“キラ”こと夜神月。そしてキラの野望を食い止めるべく天才的な頭脳で応戦したL。その二人の天才の熾烈を極めた攻防戦が最終局面を迎えようとしていた頃、タイで一つの村が消滅した。何もかもが焼き尽くされ、あらゆる痕跡を消し去るかのように地上から抹殺されてしまった一つの村。しかしその時、すでに世界の崩壊にも繋がる大事件が、Lの知らない所で動き出していた・・・
【コメント】
自分のホームグラウンドのシネコンで一番デカイ劇場はA~M席まであるんですが、今日M席で観てたら、何故か手前のL席に座ってた人がやたら多かったのが目に付きました。座ってた人はなんか願掛けのようなものでもしてたのでしょうか?(^▽^;)公開3日目なのでまだお客さんがたくさん入っているのもあるんでしょうけど、全国のシネコンのL席はどうだったんだろう?なんて事も気にしながら、本作を鑑賞してましたです(笑

『デスノート the Last name』でキラこと夜神月と決着を付けたものの、その代償として23日後に死ぬ運命を背負ったL。限られた時間の中で、今度は人間が作った『死神』である殺人ウィルスの脅威を止める為に奮闘するLの姿には中々の見応えを感じました。原作である漫画や前2作の映画と比べると内容が随分と変わっているので違和感も感じる所ですけど、個人的には『デスノート』とはまた違った魅力を持った外伝的作品でもありましたね。

キラ事件と前後して進む最初の展開は『Last name』では描かれなかった未公開シーンのような部分も多く盛り込んでいて、自分もちょっとニヤケ顔になりながら楽しく観る事ができ、そしてウィルス事件の方へ変わって行くと、今度はLの意外な一面や行動が次々と現れて笑えるシーンも何度か出て来ました♪
走ったり、子守をしたり、ママチャリをこいだり、飛行機に飛び付いたりと、今回のLはとにかく新鮮そのもの。その姿がファンの方に好感触なのかどうかは定かではありませんが、少なくとも室内でモニター見ながらお菓子バクバク食べてたインドアタイプのLよりも自分は面白く感じましたね。これまでと違って苦手分野のオンパレードでもあるから、表情には出ていなくとも悪戦苦闘するLの姿もちょっとした一興。猫背を正したと思ったら直ぐ元通りになってしまうシーンも可笑しかったですw

そいえば今回ワタリがいないから、用意されてるお菓子の量も格段に減ってるのが目に付いた。洋菓子・和菓子と続いて次はどんなお菓子が出るのかな?って所も楽しみの1つだったんですけどねぇ。でもお菓子を串で刺したり、ビーカーに入ったコーヒー牛乳にタイヤキを付けて食べると言ったL独特の食べ方等は健在。相変わらず『ぅえ・・っ』と胸焼けを誘発させる食べ方です


ただ個人的な不満としては、L以外の登場人物達に過度な演出やリアクションが多くて、それが自分には逆にドン引きモノの苦笑モノだったこと。
冒頭でウィルスに感染したタイの村の人達はまるでゾンビみたいな動きでしたし、真希のパパは絶命中何を言ってるか全く分からず、おまけにこれまたゾンビみたいに突然起き上がってくる所でも'`,、(´∀`;) '`,、と乾いた笑い。駿河に到っては唐突に登場するから突っ込み所満載でしたし、演じてるナンチャンがかなりオーバーリアクションなので、シリアスな雰囲気醸し出してもどこかコメディに見えちゃいましたね(汗
それにエンドロール後の映像も『Last name』のLの最後を引っ張ってくるかと期待していたんですが、それもどうやらぬか喜びだったようです。

『L change the WorLd』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
早速観に行った。踊るのスピンドルとは違い、本編を意識した作りになっており、世界観...
 change the ord  ←ちょっとこだわってみまし
【L change the WorLd】2008/02/09公開(02/09鑑賞)製作国:日本 監督:中田秀夫出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、平泉成、福田響志、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸 ウィルスのご利用は計画的に!
健ちゃんの魅力を楽しめるエンタメ性バツグンの駄作!
L,無駄使い。
シネトレのスタッフよりも、映画を熱く語れる方、大募集です。 いつも映画情報+試写会プレゼント『シネトレ』をご覧いただき、ありがとうございます。 『シネトレ』公認!映画ブロガーを募集します。 応募に関する条件は、 その1:『シネトレ』のスタッフよ...
映画「L change the WorLd」を観てきました!! 「DEATH NOTE」の前、後編を観てすっかりはまってしまったので、このスピンオフムービーはずっと楽しみにしてたんですよ。 こんな内容です。 ↓↓↓ 『キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、...
「L change the WorLd」はデスノートで夜神月と対決する世界的名探偵Lのデスノートに自らの死を書いた日からの23日に起きた難事件を追って獅子奮迅の活躍をするデスノートスピンオフストーリーである。デスノートで死と引き換えに勝利したLが残され...
「L change the WorLd」を観ました~♪ キラ事件を解決したL(松山ケンイチ)、しかしパートナーのワタリを失ってしまう。或る日、ワタリを訪ねて、タイから少年がやってくる。そして同じようにワタリを訪ねて、追っ手から真希(福田麻由子)が逃げ込んでくる・・・ ...
映画『DEATH NOTE デスノート』のLが大好きなので、スピンオフを楽しみにしていたが・・・予告を観て不安になった。これってもしかして・・・ヤバイかも【story】名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ...
Lの最後の敵は,人間の手で作り出された新たな死神----。
誰も知らないL、最期の23日間。逃れようのない「死」を待つだけのはずが、「ただ待つ」には23日は長すぎる時間。随分慌しいものになってしまったが、残された時間を目いっぱい有効に使うことが出来た「L、最後
と言う訳で昨日観てきました♪ (以下、セリフなど、曖昧なところも有りますが御容赦下さい)  いきなり捜査官時代のナオミ登場(レイ...
\'08年 監督 :中田秀夫  主演:松山ケンイチ  共演:工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、藤村俊二、鶴見辰吾、高嶋政伸  他(敬称略) ワタリを失い、自らもKira事件解決のため「デスノート」に名前を書きんで、余命23日と...
観ましたよ~結局。 何だかんだ言って観ましたっ。 (笑) それにしても本編の感
満 足 度:★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:中田秀夫 キャスト:松山ケンイチ       工藤夕貴       福田麻由子       南原清隆       平泉成       福田響志、他 ■ストーリー■  デスノートを
今年の10本目 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野...
The DEATH NOTE can only operate within 23days (in the human calendar). This is called the 23-day rule. ―― デスノートで操れる死の時間は人間界単位で23日間以内である ―― 新世界の神になろうとしたキラこと夜神月と、熾烈な戦いを繰り広げたもうひとり?...
もう、誰も失いたくない。 L 最後の23日間
2008年度 日本作品 128分 ワーナー・ブラザース配給 STAFF 監督:中田秀夫 脚本:小林弘利 CAST 松山ケンイチ 工藤夕貴 福田麻由子 南原清隆 平泉成 福田響志 け、、結構グロイ{/kaeru_shock2/}全然心構えなしに観てしまったからキツかった~。リングとか制作して?...
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/日本 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、高嶋政伸、南原清隆、鶴見辰吾・・・     わたしのHNはイニシャルのFをとってるんですが!
 前後編合わせ80億円の興行収入を獲得した  『DEATH NOTE』のスピンオフ映画  残された23日間でL/竜崎が挑んだ事件の顛末   個人評価 ★★☆  『 映画雑感 』
☆「L change the WorLd」 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、平泉成、福田響志、高嶋政伸、正名僕蔵、金井勇太、佐藤めぐみ、石橋蓮司、波岡一喜、鶴見辰吾、藤村俊二、瀬戸朝香、細川茂樹、田中要次、戸田恵梨香、藤原竜也 声:中村?...
これから中田秀夫のことは、“the boy”と呼んであげてください。 ?『デスノート』のスピンオフ作品が作られると第一報(2007.3/18 『デスノート』DVD発売記念イベントにて) が入ってきた時って、松山ケンイチと戸田恵梨香でって言ってたよね~。「後編」のミサミサ祭りに...
※ 今回はコミックおよび映画『デスノート』の重要な謎を思い切りばらしてます。未見
映画「デスノート」のスピンオフ作品。 デス・ノート事件の後、Lに残された23日間に 起きた最後の事件を追うストーリー。 走るL、飛...
知られざる “最期の23日間”に目を凝らせ!全世界注目のスピンオフ! 「デスノート」からいよいよLが動き出す!描かれるのは、「L、最期の23日間」。誰もが知りたかった謎が、ついに明かされる! 「ワタリ、日本へ向かう手配をしてください」キラ事件を解決するために、...
まだ、映画館で観てないよって方は、公式サイトの右下の“ひょっとこ”を押すとゲームが楽しめますので、それをある程度やってから観にいくといいですよ。 (なお、「デスノート検定」というのがありますが、映画からの出題もあり、一度しか受験できませんので、映画を観...
「L change the WorLd」★★★ 松山ケンイチ主演 中田秀夫監督、2008年 大ヒット作、「デス・ノート」から生まれた もう一つの物語、 こんな安い企画やってるようじゃーなーと、 思いつつも劇場へ。 しかし、 面白かった、これが。 もちろん、「デス・...
L change the WorLdは18日の月曜の午前にに今年の劇場鑑賞4作目し 午前9時半に開始で客15人ほどだが内容は期待し過ぎて消化不良だ 内容としてはでウィルス発生で唯一の生き残りあるがワタリ訪ね は博士の娘マキ&とウィルスで人類削減を狙う達か?...
人気ブログランキングの順位は? <キラ事件>結末の後── 彼を待っていたのは 全く新しい<死神> <それ>の覚醒は── ある小さな村の消滅から始まった 誰も知らない <L>最期の23日間 限りある僅かな時間 究極の選択の果てに── <死神>と?...
現在放送中の、「ロス:タイム:ライフ」というドラマがありますが、 この作品も、「L」のロス:タイムという感じでした。 ただ、ドラマも映画も、サッカーのロスタイムと違い、 「逆転」「勝ち越し」がなく、「結果」の決ってるところが、 非常に残念、というか切ない。 ...
名前を書かれた人間の命を奪うデスノート。謎の名探偵・Lは、そのノートを巡る戦いに自らの命を賭けて決着をつけた。しかし同じ時、タイ奥地の村では恐るべきウィルス兵器の実験が行われていた。唯一生き残った現地の少年は、Lの窓口であるワタリに連絡し、Lに危機を伝...
L change the WorLd OFFICIAL MOVIE GUIDE (ジャンプコミックス)大場つぐみ・小畑健 ジャンプ・コミック出版編集部 編集英社このアイテムの詳細を見る ようやく観て参りました→L change the WorLd みなさんのウェブ上の反応がイマイチだったので正直あまり期待していな?...
『DEATH NOTE前編』『DEATH NOTE the Last name』
久々に映画を見る時間が取れたので見てきました~撚 はい鍊 よかったです烈 (デスノートの主役(だよね?)藤原竜也より目立っちゃったね) タイの子供・うさぎの甥っ子に激似。。。嶺 所々。。。う~ん。。。𕾮と思..
監督/中田秀夫   脚本/小林弘利   原作/大場つぐみ、小畑健    製作年度/2007年   公開/2008年2月9日   上映時間/128分 ...
Lより残るK(工藤夕貴)の過剰演技 【Story】 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろ...
2008年:日本 原作:大場つぐみ/小畑健 監督:中田秀夫 出演:松山ケンイチ、工藤夕貴、福田麻由子、南原清隆、福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、鶴見辰吾、高嶋政伸、金井勇太、石橋蓮司、藤村俊二 キラとの壮絶な頭脳戦の末に倒れたLの「最期の23日間」。最も信頼す...
「デスノート」「デスノート the Last name」で大人気を博した名探偵Lを主人公にしたスピンオフ作品。出演は、松山ケンイチ、藤村俊二、工藤夕貴、福田麻由子、高嶋政伸、南原清隆ほか。 <あらすじ> キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリを失い、自?...
あらすじキラ事件解決の代償として唯一無二のパートナーワタリを失い、自らもデスノートによる究極の選択をしたLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年がワタリへのメッセージを携えて送られてくる。そしてもう1人、亡き父親からあるものを託された...
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 実写版のデスノートは面白かった ▼感想 実写版デスノートファンへのプレゼントであって・・・ ▼満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ▼あらすじ 名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世?...
今回も、何の脈絡もなく、「デスノート」のスピン・オフ企画ものをチョイスしちゃいました。 「デス~」後に、松山ケンイチの魅力爆発・・・みたいな気もするので、 この作品もちょっと気になってはいたが、見逃してたのね。

コメントの投稿

非公開コメント

TB&コメントありがとうございました

松ケンLの為だけの映画でしたね
監督が監督だけにホラー風味もありましたけど
半端なコメディーは滑ってました・・・
まあ色んなLを楽しめたのでファンには良かったですね

こんばんは♪
デスノートもL列、今回もL列で観てきましたよ(笑)
松山Lを堪能するには良いのですが、ストーリーはちと引きましたねぇ。ホラー部分?も笑ってしまいました。

Lを見るだけなら・・・。(わわわ)

エヴァではないですが
Lにとっての苦手克服物語、補完計画成功ってとこですか。
彼ひとりを注目するならば、
私はラストシーンでうるうるしてたから
満足だったんですが。
インドアのLが外にでてあんなこともこんなことも
しなけけりゃいけなくなった、さあどうする。
・・・監督はLを壊したかったのかもしれません。
頭脳戦をあえてしなかったのもそのせいかも。
・・・八神月に敬意を表してか?

同じような天才が出ればでたでまた比較するのでしょうしね。

にしても、L以外のキャラ設定や演出は
ひどかったな・・(わわわ)

そう来たかっ♪

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

笑いの要素は駿河とかではなく、これまでにない姿を見せてそのギャップで笑わせてくれたLだけにすれば良かったと思うんですよねぇ・・。ナンチャンなんて凄い滑ってましたもんね(汗)スピンオフだけど、デスノートのようになるべくシリアス路線で通して欲しかったと言うのも正直な所です。

>ゆかりんさんこんばんわ♪

ゆかりんさんのように、L席を意識している人はたくさんいそうですねwやはり映画を観る時は雰囲気とかも大事ですしね(笑
ストーリーに魅力はあまりありませんでしたが、Lの一挙手一投足にはかなり魅力が詰まっておりました。ワタリ以外とコミュニケーションを取るLも中々新鮮でしたねぇ♪

>Agehaさんこんばんわ♪

BOYと一緒にワイミーズハウスへ向かうラストシーンは自分も本作で一番好きな場面かもしれません。BOYに名前を決める時に『ニア』の名前が出た瞬間、『そう来たかっ♪』と、顔が凄いニヤけてしまったんですよね~w
去り際にも自分の最後の姿をニアに見せたかったのか、猫背を必死に伸ばしたり、世界に希望を持ったLの最後の笑顔も印象的♪
けどあの場面で終わらず、出来ればLの最後の瞬間までスクリーンに映して、やや哀愁の漂う終わり方でも良かった気が致します。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。

メビウスさん、こんばんは☆
「河童のクウと夏休み」以来でTBさせてもらっちゃいました♪

このストーリー構成は「う~ん・・・」でしたけど
Lの魅力にどっぷりはまって楽しめました(^。^*
真希のパパ・・・何を言ってるのか分からない所が
また微妙な笑いを誘いましたね。。(笑)

でも私が観に行った映画館では好感触だったようで
Lの一挙一動にクスクス笑い声がしたり
終わった後ではLの歩き方を真似する客がけっこういて
なんだか和やかでした・・・(*´▽`*)

理解不能w

>まさみさんこんばんわ♪ご無沙汰しております♪『河童~』ではお世話になりましたっ。

真希パパの言葉を全部理解できた人っているんでしょうかね?(^^;)他のブロガー様もかなり突っ込んでいるので、皆さんやっぱり苦戦していたようです。自分なんか『プラズマ・・・ぐぼあぁ~~!!!』くらいしか分かりませんでした(爆

でも自分が観終った時L歩きしてる人はいませんでしたけど、そういうの見ると面白そうなので自分もちょっと見てみたかったですね♪
しかし猫背になってた人はただ単に座席に長時間座って疲れたためではないでしょうか?(笑

笑い

どうでもいいと思えるシーンが多かったですね。
笑いの演出もほっとんど滑ってるし・・・。

頑張ったLが可哀想・・・。

こんにちは!
どうしよう・・・恥ずかしながら私は、何と劇場のL席で鑑賞しました(笑)
実は『Last name』の時もL席をゲットして満足していたクチです(恥)
そんな感じで子どもと張り切って鑑賞しましたが・・・物語はイマイチでしたね~
もっと完成度の高い物語を期待していたのですが・・・残念です。
でも松山さんのL君は良かったし、はじめの方にデスノートの面々もチラリと観られたので、それなりに満足出来ました。

残念な出来にがっくり

メビウスさん、こんにちは。
>今回ワタリがいないから、用意されてるお菓子の量も格段に減って
ワタリがいないわりには部屋が整然と片付いているのには、お菓子より気になりました(笑)

そして、「L」が生き残ってる自体で、もう原作とは完全なる別物と思い、ニアにはアキバでのロボットで、もしやと思いました。。
でも、ニアはふわふわっとウエーブのかかった白人のかわいい男の子であって欲しかったなぁ(爆)

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは、ご無沙汰で~す!本作は、松山さんのLの魅力を抜かすと、かなり薄くて浅い内容でしたよね(笑)ツッコミどころが満載で。

スピンオフなので、こんなものなのでしょうかね・・・ストーリーがもっと原作に忠実で硬派だったら、傑作になった可能性もあったかも!?

凸凹コンビ

>AKIRAさんこんばんわ♪

ぶっちゃけてしまいますと、ナンチャンの存在自体がどうでも良かった気がします(汗
Lとのコンビもどこか凸凹ですしね~(^^;)相方はレイのようなちょいクールな人が良かったかもです。

>由香さんこんばんわ♪

ファンの方が座る席を何かと予想してみたのですが、由香さんも該当していたとは笑ってしまいました(^▽^;)
でもせっかくLの映画なんですから、座る所もLって感じで合わせたい気持ちも理解できる所がありますね。面白半分で自分もやれば良かったですw

>たいむさんこんばんわ♪

LがBOYに最後『ニア』と名付けた瞬間ニヤリとなりましたが、原作のニアを知ってるだけにギャップもまた大きかったですね(汗
けどたいむさんも言うように、Lが生きてる時点で原作とは別物であるので、アジア系のニアもアリかな?なんて思っちゃいました(笑)
そして数年後にLの後継者とか名乗って、難事件を次々と解決してるんでしょうね~。

>JoJoさんこんばんわ♪ご無沙汰しております♪

スピンオフ作品は元の作品のサブキャラなどが主役となって新しい魅力を与えてくれる部分もありますが、デスノートのように前作が傑作だと超えるまでとは行かなくとも、同等の面白さを確立するのは難しい気がしますね。L役の松山ケンイチは本作で新しいLを見せてくれましたが、プレッシャーも相当のものだったのではないかと思いますね。
それにテロではなく、キラとの勝負で見せてくれた頭脳戦も披露して欲しかったのもあります。

自分は昨日観て来ました~
『デスノート』本編のとは全く違うLになってましたね~
自分も別人L、受け入れOK、好きになれた派で非常に楽しめました。

猫背矯正とか、たいやきにコーヒー牛乳コーティング(自分はチョココーティングに見えちゃいました)には笑えましたね。(美味しかったら。。どうしましょう?(滝汗)

『Last Name』に繋がるシーンがチョコチョコ有って、にんまり出来ましたね♪最後だけ、ちょっと拍子抜けで、残念でしたが。正直、今作で「感動」を予想してなかったので、観終わった時はビックリ。嬉しい驚き、感動でした♪

あつそうそう、うちは『L席』は集中してなかったようです。。。と言っても、それほど込み合ってなくて、ゆとりの入りでしたが(苦笑)

ムカムカ・・

>水音さんこんばんわ♪

正直Lのみの面白さではありましたが、頭ではなく体の方をフル活動させて事件を解決するLの姿はなんとも斬新でしたね。猫背走りもなんか速そうに見えちゃいましたw
でも自分も甘いもの好きですが、Lの食べ方だけはさすがにマネできませんね(^^;)『ラストネーム』でもカキ氷に上から練乳シロップをまんべんなく降りかけてるシーンがあって、凄い胃がムカムカしたのを覚えていますよ・・(笑

こんばんは♪

コメントありがとうです。
私は原作でのLの死がv-12だったので(笑)
同じ孤独を抱えたちびっこ達と過ごす彼の姿に
なんだかじ~んときてしまって~。
展開のお粗末さも気になりませんでした(嘘)

私もエンドロール後、八神パパとのくだりに繋がるの?
と期待したんですけど・・、ぬか喜びでしたね(涙)

メビウスさん、TBありがとう~★

お菓子の串刺しとか、Lうち(PC)とか猫背&背伸ばしとか
いろいろなLみられましたね~。

キャスティングには笑っちゃったけどほんとナンチャンはなんじゃ?って(洒落じゃないですよ?)思っちゃったなぁ。

でも、なかなか楽しめちゃいました♪

L席の事は、まったく気にしていなかったので、
ほぉ~って思っちゃいました(笑)

今回の「L」私は好きでしたよ。

前作2本の場合、暗いイメージしかなかったのですが、
今回は、ちょっとおちゃめな「L」が見れたかなぁって(^-^)

わたしもお菓子の量がなにげに減っていたのが残念でした~。
やっぱワタリが・・・いなくなっちゃったから調達できなかったのかなぁ~(苦笑)

それとやはり脇役のキャラの演技がなんか過剰すぎましたよね。
とくに工藤夕貴とか。。。
ナンチャンはとてつもなく違和感あったし(汗)

エンドロールの後もデスノのLの最後にもっていくならまだわかるんだけど・・・(汗)

『生』に執着

>くろねこさんこんばんわ♪

原作Lは無念にもキラに殺されてしまいましたが、映画は立場が逆転して、正義は勝つみたいな勧善懲悪風になってたのもまた面白かったですね。ワイミーズハウスで過ごしていたLも観てみたかった所です。
でも最後、絶対オマケ映像あると思って我慢して、案の定オマケ映像ありましたが、正直あってもなくてもどっちでも良かった映像のように思えます・・(汗

>migさんこんばんわ♪

あれだけ動き回っていたのなら、アクションシーンも披露するLというのも観たかった気がしますねw原作だとライトとも派手に喧嘩してたくらいですしね(笑

ナンチャンの役は本当に奇妙・・・(?▽?;)映画で見る事自体初めてなので、あれが迫真の演技なのかな?と思うと、ウッチャンと違って俳優業は向いてなさそうですね(汗

>すぅ☆さんこんばんわ♪

前2作はデスノートを扱っていたから『死』が主な題材になって暗かった印象がありましたが、今回は逆に『生』を描いていたように思えますね。限られた時間で生に執着するかのようなLの姿もまた魅力の1つだったと自分は思います♪
だからなのか、茶目っけたっぷりのLもいっぱい映ってて、自分もかなり笑ってた部分がありました。

>えふさんこんばんわ♪

今までのお菓子は全部ワタリが調達していたそうなので、今回お菓子の量が減っていたのは当然の成り行きだったようですねwデスノートではお菓子の方も楽しみの1つだったので、スピンオフの本作でもどこか期待していた所がありました(^^;)
でも工藤夕貴って国際派の女優さんなのに、本作では本領を発揮できなかったのか、イマイチな役柄でしたね。・・・悪役を演じた事がないんでしょうかね?

松ケンLはよかったですね。

こんにちは!
ゾンビだったり、ダイハードだったり…
Lはやたら動き回るのですが、あのL走りを見ると、Lの「苦手」なのがまるで運動のように見えますが、本当はバリバリテニスも上手なスポーツマンなんですよね。
私はもう少し、頭脳を使うシーンも欲しかったですが、各国語を流暢に喋るシーンがめっちゃ格好良かったので、よしとしましょう。

まだまだ

「デスノート」と絡んでる部分が面白かっただけに、このようなデキになってしまい残念です。
まぁ、ニア編も旬の男優(今なら小栗旬?)を使って一から作れそう出し、ヨツバの話とか、SPKの話とか、オリジナル小説とかもあるみたいだし、まぁ個人的にはTVシリーズでいいと思うんですけど、また作られるんやろな~。

ども。けっこう原作や前劇場版を丁寧にしらべてあるな・・・と感じました。タイトルロールの脚本協力にアニメ・特撮系で知られてる會川昇氏の名が。もしかするとニアの命名やその辺は彼の提案だったんじゃ・・・と勝手に思ってます

アニメ版は井上敏樹脚本でヒビキさんが劇場版に出演と、そこはかとなく平成ライダーと関わりのあるデスノート。でも今回のヒビキさんの出番に関しては、あまりにも気の毒でした(笑)

切羽詰ってる逃亡劇なはずなのに、Lのキャラクターのせいか、全体的に緊張感が薄くてまったーりしてましたね。それはそれで楽しめました

ポスターの上の方でひっそり飛び去っていくリュークの姿が、ちょっと哀愁を誘います(笑)

ヒビキさんはひどい扱いです・・・

>ノルウェーまだ~むさんこんばんわ♪

漫画の方ではライトとテニスをしたり喧嘩をしたりと、本当は運動も得意な設定なんですよねw残念ながら映画の方ではそれが描かれていなかったので、漫画を知らない人にとっては運動が苦手と思われるのも仕方ないかもしれませんね。
そいえば松ケンは外国語を流暢に話していたシーンもありましたね。この映画のために勉強したそうなので、吹き替えじゃなくてホント良かったですw

>aq99さんこんばんわ♪

ニアが小栗旬ですかっ?(笑)でも『クローズゼロ』の時のキツイ目つきを活用すれば似てない事も無さそうですねw
映画の方はLがライトに勝った時点で全く別な視点になっちゃいましたから、また作るとしたら色々いじれそうな気がします。映画が好評でその後にテレビシリーズっていうのは御馴染みなので、デスノートもアニメに続いてドラマ化でしょうか?・・・でも自分、漫画やアニメのドラマ版ってあんまり見ないんですよねぇ~。イメージが崩れると言いますか・・(汗

>SGA屋伍一さんこんばんわ♪

アニメの方は見ていないのですが、仮面ライダーの製作に縁のある方たちが参加してるのは興味深いですね。特撮だけにとどまらぬ活躍で嬉しい事です♪
でも我らがヒビキさんこと細川茂樹の扱いは、ナンチャンよりも酷いですよねぇ・・(^^;)姿が一切映らず声のみって一体・・(汗
自分もごひいきの俳優さんだから、ちょっと位は姿を見せて欲しかったですね。

今晩は!

TB・コメント感謝です。
「L」だから”L”席で鑑賞というこだわりですか、なるほど気がつきませんでしたね。
この作品では、映画本編で繰り広げられた高度な頭脳戦という要素は相対的に薄いですよね。
世界的な探偵である「L」との頭脳戦は、相手も余程の個性や特徴がないと成り立たないし、「L」の好敵手となれる相手は、「夜神月」くらいしか存在しないというのが現実だと思う。
「夜神月」と比べると、今回の敵は個性も特徴も物足りないし、まさか敵のレベルに合わせたわけではないのでしょうが、「L」の天才性もあまり発揮できていない。
むしろ天才「L」ならば、もっと効率的に戦えたのではないか、と感じてしまいました。
しかしながら、この世界で、もっと生きていたいという「L」の思いが伝わる作品でもありましたね。

ライト以上の敵は有り得ない?

>パピのママさんこんばんわ♪

前作は夜神月という最大のライバルがいたし、頭脳戦も正に熾烈だったので、自分も今回の敵である九条たちは随分と器の小さい敵にも見えちゃったんですよねぇ(汗)スピンオフとはいえ、ライト以上の手強い敵はいないと思いますしね(^▽^;)
だから今回はデスノートで見られなかったL目当てでもありました♪その点に関しては自分も満足できましたし面白かったですね♪

こんばんは!

底抜けに馬鹿な映画でありました。何の愛着もない作品でこういう馬鹿をやられたら大爆笑できるんでしょうが、モノがデスノート、しかも主役がLとなると話が違ってきます。
話の無茶苦茶さは脚本を読んだ段階で解かると思うので、監督がこういう作品にしたのは確信的犯行なんでしょうが、デスノートの魅力をここまで無視しているのは頂けません。
もう少し観られる映画にして欲しかったですね。

予習したんでしょうか・・・?

>えめきんさんこんばんわ♪

松山ケンイチは完璧にLになりきってただけに、他の登場人物が彼の演技を駄目にしちゃってる感じもするんですよね。特にナンチャンは思い切り滑ってたので、こんな事ならレイ役の細川茂樹をちょこっとでもいいのでどこかで出して欲しかったのがあります。
それに中田秀夫監督は、漫画の方を予習してこの作品に望んだのかも疑問視されますね。時々ホラーっぽい所があって逆に苦笑しちゃったりもしたんですけど・・(汗

こんばんわ♪

>L以外の登場人物達に過度な演出やリアクションが多くて、それが自分には逆にドン引きモノの苦笑モノだったこと。

わかります~(^^;ゞ
私的にはナンチャンがやはり一番のどん引き賞でした。
まぁ、松山Lお別れ祭りなんだ、と思って見に行ったので
こんな物かな。ってところでした(^.^)

そう言えば、私は別に意識せず「L」席でした(^▽^

コメディ風味

>くうさんこんばんわ♪

ナンチャンは演技と言うよりもバラエティなどで良く見るリアクションしか取ってなかったので、一挙手一投足が全部コメディに見えてしまうんですよねー(^^;)シリアスな場面だった『後はFBIに任せろ』って言ってるシーンすら苦笑してました(笑
せっかくのLの最後のストーリーがこんな出来映えだとイマイチ納得できない所もありますね・・

こんばんは

メビウスさん、こんばんは♪
ストーリーはアララな展開でしたね。
子役ちゃんは良かったのに
悪役やナンちゃんFBIがねぇ・・・
それに真希パパの絶命シーンも長過ぎです。^^;
でも、デスノとは別物として観たので
それなりに楽しめました!
松ケン君のLは良かったですね~ 最高でしたよ。
生松ケン君に会えて、更に好感度アップです☆

割り切るべし・・ですね

>Anyさんこんばんわ♪

ホント、デスノートとは別物と、頭で割り切りながら鑑賞でもしないと本作は酷評だらけになってしまいそうですね。Lを演じた松山ケンイチは唯一のはまり役だっただけにとても勿体無い。ナンチャンを筆頭に他の役者さんが少々足を引っ張っていたように思えたんですよね~・・(^▽^;)過剰な演出も好き嫌いありそうですけど、自分は苦手でしたね。真希パパがイイ例です(汗

コメントありがとうございました

TBは残念ながら、届いてませんでした。

タイ人は酷かったですよね。
完全に素人でしたね。
ナンチャンは完全に、道化役ですよ。
でも、コミカルなナンチャンでは意外性がなかったので
それほど笑えませんでしたが。

やっぱり1番笑えたのは、鶴見さんですよね(笑)

ホントにすいません・・

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

TB反映できなくて本当に申し訳ありません。fc2はココログとアメブロ、そして楽天とはかなり不具合があるのか全く反映されなくて・・(汗)いつもコメントばかり残してしまってすいません・・。

でも本作はかなりミスキャストばかりが目立っていましたね~w
人気のある原作の外伝的作品なだけに、これではファンの方もかなりがっかりしていたのではないでしょうか?タイ人の方々はゾンビな演技ばかりでしたけど、その点では鶴見さんも負けてなかったような気がしますねw何喋ってるか分かりませんでしたけど(^^;)

ミスキャスト

なんちゃんが全然ダメでしたね。
スピンオフだけに、デスノートとは違う味付けもありでしょうが、
それにしても内容がイマイチで、タイトル負けしてる気がしますね。
松ケン自体は、Lのキャラを生かしきっててさすがでした。

勿体無く思います

>ひらりんさんこんばんわ♪

ひらりんさんもなんちゃん駄目でしたか^^;あの人なりに真面目に演じてたとは思うのですが、やっぱり自分はバラエティの顔が先行しちゃいまして、ところどころで失笑ばかりでしたねぇ・・(汗
映画のデスノートは後編で原作とかなりかけ離れた設定になってしまったので、自分もLの後日談を描いた本作の内容はそれほど悪くはなかったんですけども、やっぱりミスキャストの存在がちょっと邪魔をしてた感じがしますね。松ケンのカメレオン演技が相変わらず秀逸だっただけに勿体無いですよね~。

PAGETOP