臨死

【監督】デビッド・S・ゴイヤー
【出演】ジャスティン・チャットウィン/アレックス・オルグラン/クリス・マークエット/マルガリータ・レヴィエヴァ/マルシア・ゲイ・ハーデン
【公開日】未公開
【レンタル日】2008/1.23
【製作】アメリカ

【ストーリー】
成績優秀で人気者の高校生ニックは、友人の窮地を救ったために不良グループリーダーの少女・アニーに目をつけられる。ある日、警察が強盗事件の容疑者としてアニーのもとを訪れ、学校は騒然とする。警察にアニーの事を告げ口した人物と勘違いされたニックは、パーティの晩、アニーの逆恨みのために不良グループから暴行を受け、森に置き去りにされてしまう。
瀕死の重傷を負ったニックが目覚めるといつもと何か様子が違っていた。母親が自分の写真を見て泣き、友人に話かけても彼の前を素通りしてしまう・・・。驚くべきことに、ニックの魂は肉体から離れ、臨死状態に陥っていたのだった・・・
【コメント】
一方的な暴行で瀕死の重症を負い、タイトルの通り臨死体験をして魂だけの存在となってしまった主人公ニックが、自身の体に戻るため肉体を求め彷徨うというサスペンスチックな作品なんですが、未公開作品ながらこれは個人的には当たりの作品でしたね♪でもあの『シックス・センス』の製作陣が作っただけに、幽霊のような主人公、そしてその主人公の存在に気付く事が出来る人物と結構共通点が多く見えたから、途中までは二番煎じのように思えてしまいました(汗

家庭内崩壊で人生ボロボロなアニーが恋人と一緒に強盗をはたらき→盗んだ宝石を巡ってトラブル→腹いせにアニーの恋人は警察にバらし→それを知らず逮捕されたアニーはニックの親友のピートを疑い→更にそのピートは腰抜けゆえに親友のニックの名前を挙げてその場逃れをし→逆恨みされたニックはアニーとその仲間達によって暴行を受けて臨死状態となってしまう。
・・・・という流れで分かる(?)ように、なんかもう出来過ぎてるぐらいに誤解とすれ違いがドミノ式に発生し、その結果が全てニックに降り掛かるわけですから、ホント有難迷惑もいいとこですね(--;)
当然魂のような存在になってしまったニックは誰からも認識されないようになり、例え人にぶつかったり物を投げ飛ばしたりという行為をしても、それは生きてるニックがやってるわけじゃないので、直ぐ何も無かったかのように元通りになってしまう。
おまけに本人がいないのをいい事にクラスメイトが一斉にニックの悪口を言い始めるシーンでは、みんなに見えていない臨死状態のニックがそれを聞いてるので、見てるこっちも気まずいような気持ちになってしまう。こういう時の臨死状態って良いんだか悪いんだか微妙ですね
しかしそれとは逆に、ニックが嫌っていた母親の本心を知るシーンではちょっと感動を覚えましたね。どんなに仲が悪くともやはり親は子供を心配し、見えない所では息子のために涙を流す・・。そこで自分もちょっと目頭が熱くなっちゃいました

ニックが生き返るためにアニーの力を借りて肉体を取り戻そうとする後半も、真犯人であるアニーの恋人を追いつ、そして警察に追われつな展開で盛り上がりを見せてくれる。
誰にも気付いてもらえない幽霊ニックなんですが、偶然か必然かアニーだけは彼の声や気配を感じ取る事が出来るんですよねぇ。ボコボコにして死ぬ寸前まで追い込んだ張本人が、肉体を取り戻す唯一の希望と言うのが物凄い皮肉であると同時に面白い設定で、最悪な人生を歩んできた彼女が『良い事』をしたいと願いながら、ニックの肉体を最後まで必死に探し回る心情変化もまた見応えアリでした。


けどニックがまるでテレポーテーションしたかのようにいきなり登場してたり、アニーに自分の声が聞こえるという展開もまた唐突だったりと、細かい部分で腑に落ちない点も幾つかあるんですが、久々に未公開で当たりを引いて気分が良いので、許容範囲内として許してしまうのですw
『宇宙戦争』以来、全然見ていなかった主演のジャスティン・チャットウィンくんも頑張ってたと思うから、それもプラスです♪

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
【THE INVISIBLE】2007年劇場未公開製作国:アメリカ 監督:デヴィッド・S・ゴイヤー原作:マッツ・ヴォール出演:ジャスティン・チャットウィン、マルガリータ・レヴィエヴァ、クリス・マークエット、アレックス・オローリン、カラム・キース・レニー 幽体離脱ぅ~ぼ?...
ついに映画『L change the WorLd』公開しましたね もう観られましたか? 自分は2月12日・13日のどちらかに、行ければ行く予定です。楽しみ...
タイトルから、てっきりホラー・サスペンスかと思って観始めたのに、アレレ、なんだなんだ ホラーというには怖さの欠片もなく、アイドル映画か、青春ものって感じ アニーの思い込みから、肉体が瀕死状態に陥り、ほぼ幽霊になってしまったニックが何とか自分を救っても...
監督 デヴィッド・S・ゴイヤー 主演 ジャスティン・チャットウィン 2007年 アメリカ映画 111分 サスペンス 採点★★★ “ムー”やら“うしろの百太郎”やらをワクワクしながら読んでいたその昔、まぁこの手の本を“ワクワク”しながら読むってのは今も変わりませんが、?...
   \'07年製作 主演ジャスティン・チャットウィン 共演マルガリータ・レヴィエヴァ、マルシア・ゲイ・ハーデン、クリス・マークエット、アレックス・オルグランほか。 母親のみならず、学校からも将来を嘱望されている高校三年生の優等生ニック(ジャスティン)...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪
テンション低い時に観ちゃったせいか辛口になってしまいました。
ちょっと都合良すぎる感じ(笑)

ジャスティンくん頑張ってますねぇ。
どうしても胸毛が気になる~顔は可愛いのに^^;

処理

>ゆかりんさんこんばんわ♪

映画鑑賞をする上で『気分』と言うのは確かに大事ですね。落ち込んでる時とかにこういうサスペンス風の映画観ても晴れないでしょうし・・(汗
ジャスティンくんはあの『ドラゴンボール』の主役だそうですね。絶対上半身は露出するだろうし、その時は胸毛処理ですね(笑

メビウスさん、こんばんは☆

ジャスティン君の胸毛は、自分の目を疑ってしまうほど、驚きました~~\(◎o◎)/!
ドラゴンボールの悟空を演じる時には、隠してしまうか、ちゃんと処理しておいて欲しいです・・・。

胸毛

>honuさんこんばんわ♪

遺伝の関係もあるでしょうけど、ジャスティン君若いのにかなりの剛毛でしたね(汗)少なくとも自分よりは明らかに毛が多かったですw
ドラゴンボールも戦う時やたら肌が露出してましたから、胸毛のある悟空となるとさすがにイメージ悪いですもんね。もう撮影してると思うので、多分剃ってるでしょうね(笑

面白かったです~!

メビウスさん、こんばんは!本作、わたしにとっても当たりでした。「当たりの作品」と感想に書いたのですが、こちらに伺ったら、メビウスさんも”当たり”書かれていて大喜び!

前半はゆっくりペースで、どうなんだろうな・・・と思ってたのですが、後半が面白かったです。思い込みと偏見が著しい危うい10代の心情をよく表したストーリーだなと興味深かったです。しかし、なんとも切ない結末でしたね。

主人公の声が彼女に聞こえたのは、わたしの思い切り勝手な解釈ですが、罪悪感が原因かなんて思いました。この主人公が「ドラゴンボール」を演じるんですよね!?想像できない~(笑)

後半から面白く♪

>JoJoさんこんばんわ♪

おお♪JoJoさんもこの作品を観ましたか♪自分と同じく当たりな作品だったようで良かったです。観た人によっては結構不評な部分も多かったので、自分は変な見方をしてたのでは?と不安でもあったんですよね~・・(汗

ニックが臨死体験するのは結構後からなので、本作は後半から徐々に面白くなっていくタイプですね。切ない結末も自分には好印象♪でも出来ればアニーも助かって欲しかったですね・・。

PAGETOP