銀色のシーズン

【監督】羽住英一郎
【出演】瑛太/田中麗奈/玉山鉄二/青木崇高/佐藤江梨子/田中要次/杉本哲太/國村隼
【公開日】2008/1.12
【製作】日本

【ストーリー】
雪山でやりたい放題の日々を過ごしている『雪猿』たち、城山銀・小鳩祐治・神沼次郎の3人組は、寂れた町営スキー場の『雪山の何でも屋』。個人レッスンからスキーのチューンナップ、駅への送迎まで全てを商売にしている。しかし時には賭けスキーに興じたり、スキー場で当たり屋を演じたりと、周りの人々に迷惑を掛け続けていた。そんなある日、東京から結婚式を3日後に控えた、全くスキーの出来ない花嫁・綾瀬七海が彼らの前に現れる・・・
【コメント】
の次は雪!スキーを使って階段の手すりを滑ったり川を横断したり、ロシア産のバズーカで雪崩を起こしたりと、3バカトリオの銀達の破天荒な行動、それに個性的な桃山町の人々のやり取りにも笑いを誘われ、今年最初に鑑賞する邦画としては中々楽しめました♪

本作は冒頭から見所の1つとも言える雪上アクションが華麗に披露され、『雪猿』こと銀、祐治、次郎の3人組が雪山のてっぺんからスキーでカッコ良く滑降するシーンは、カメラワークの演出もあって自分もかなり魅入ってしまいました。
何でもあの『スパイダーマン』のカメラワークを実現させたクルーが本作に参加してるとの事なので、スキーを滑ってる時の疾走感は確かに迫力があります。祐治が山向こうのリゾート地で『賭けスキー』を行うシーンでもソレが活かされており、カメラアングルギリギリな角度から早いスピードで横切っていくといった場面なども上手く見せていたと思いますね♪それに馬鹿馬鹿しいと思ってた手すり滑りも、実際見てみると凄い事っ♪エンドロールでもその難しさと危険性が理解出来たので、絶対真似はしたくないものです(^▽^;)

モーグルの元全日本エースだった銀の過去もドラマ的には悪くない内容でしたが、その反面、ヒロインの七海のエピソードが個人的にちょっと腑に落ちなくて、そこが唯一の不満どころでしょうか。
七海の新郎である彼氏の事に関しても、自分が見逃してただけなのか最後まで真相が曖昧で良く分かりませんでしたし、雪の洞穴で銀に吐露する場面もイマイチ感動出来なくて、自分には不発だったかも?(--;)でも演じていた田中麗奈のスキーウェア姿とか可愛かったですし、サービスカット(?)の入浴シーンも観れたからプラマイゼロと致しました(笑
あと祐治の過去のエピソードも少し盛り込んでいたようですが、これは有っても無くても別にどっちでも良かったかな?賭けスキーの最中に選手だった頃の後輩にバッタリ遭遇して何ともぎこちない雰囲気になってしまい、その後銀の励みでまた再起を図るのかとも思いましたが、結局こちらも最後まで曖昧に・・・(汗
『海猿』のように一度映画になってその後テレビで再び放映なんて形を取れれば、登場人物の過去や背景を補完出来そうな感じもしますけど、場所や時期の関係上、連ドラには向いてないようにも思えますしねぇ。雪猿と花嫁と桃山町の人々をもっと深く知る為、羽住監督にはいつかまた映画として作ってくれないかな?と期待をしてしまう自分です。


ドラマ性に関しては及第点な部分も見えましたけど、それでも最後のモーグル大会で見せた銀の行動には結構感動できるものがありました。
ああいうカムバック的な流れになると、過去の失敗を克服し、ジャンプを成功させる・・・・なんて雰囲気も想像しちゃいましたけど、劇中の銀は5年もブランクがあって練習もろくにしてなかったわけですから、あのような結末になるのは至極当然なわけで・・・(--;)
でも自身を『中途半端』と言っていた銀が最後まで諦めずにやり遂げた姿は、自分も少し見習わなければならない部分があったかもしれない。考えてみると自分も銀と同じでかなり中途半端な性格なので、何かを最後までやり遂げたというのは数える位しかないんじゃないか?と、思ってしまったこの頃です。

『銀色のシーズン』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
-----ゲレンデを舞台にした青春映画か…。 原田知世を思い出しちゃうニャあ。 「そりゃまた古い(笑)。 この映画の主人公はどちらかというと男、 人気の瑛太だね。他には玉山鉄二、そして青木崇高が 雪山のバカ3人組《雪猿》を演じる」 -----ぶっ(笑)。『海猿』じゃな?...
この季節にピッタリの映画『銀色のシーズン』を観てきましたSTORY:モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リーダー格の銀を中心に、ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。ある日、町の名物、雪の教?...
 「雪山の何でも屋」3人組が、”雪の教会”で挙式の為、  来訪した女性と出会い、各人の生き方を見つめ直す。  個人評価 ★★★☆  『 映画雑感 』
スキー場でやりたい放題の「雪山の何でも屋」で生計を立てている銀・祐治・次郎の3人組。スキー場で結婚式を挙げるがスキーが出来ない花嫁・七海と出会った銀は、結婚式までの3日間、彼女にスキーを教えるという仕事を引き受ける。特訓の中、七海は銀がかつてプロのモー...
■動機 フジテレビの関わったモーグル映画だから ■感想 里谷多英を擁していながら何故・・・ ■満足度 ★★☆☆☆☆☆ いまいち ■あらすじ 寂れた町営スキー場でやりたい放題の日々を過ごしている城山銀(瑛太)、小鳩祐治(玉山鉄二)、神沼次郎(青木崇高)?...
広大な雪山を舞台に繰り広げられる青春ドラマ。自由奔放なスキー場の青年たちとスキーが出来ない花嫁を中心に、様々な人間模様や経験を通じて成長していく姿を描く。主演は瑛太と田中麗奈。監督は「海猿」シリーズの羽住英一郎。 寂れた町営スキー場で働く城山銀、小嶋...
久々にスキーをテーマにした映画が公開されると言う事は知ってましたけど、予告見ても
『銀色のシーズン』鑑賞レビュー! この冬は<雪猿>たちがアツくする!! 《雪猿》たちの季節がやってくる! 2007年/日本 公開日::::2008年1月12日(土) 上映時間::::108min(1時間48分) ビスタサイズ/ドルビーデジタル 配給::::東宝 ...
銀色のシーズン’08;日本 ◆ 監督:羽住英一郎「逆境ナイン「LIMIT OFLOVE 海猿」◆出演:瑛太、田中麗奈、玉山鉄二、青木崇高、佐藤江梨子、田中要次、?杉本哲太、?國村隼 ◆STORY◆ モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リ...
「銀色のシーズン」を観てきました! 実はこの映画、去年の製作時にエキストラ登録をしてたのです。何度か召集のメールが来てたのですが、な...
≪ストーリー≫ モーグルの町、桃山町には、ゲレンデの厄介者と呼ばれる3人組がいた。リーダー格の銀を中心に、ゲレンデの客を相手にぼったくり商売をしたり、当たり屋をしたりとやりたい放題。ある日、町の名物、雪の教会で挙式を挙げるため、一人の女性が訪れる。スキ?...
スキーを楽しむ若者たちとスキーができない花嫁が、 様々な人間模様や経験を通じて成長していく姿を描いた青春群像ムービー。 雪山ならではの大迫力のアクションと切ない恋愛模様を絡めた 青春ドラマを描き出しています。 「海猿」シリーズを手掛けた羽住英一郎監督が舞台...

コメントの投稿

非公開コメント

東宝青春映画

こんばんは。

祐治の過去のエピソードは、中途半端でしたね。
ぼくも銀の結果は少し驚きました。
でも、それはそれでありなのでしょうね。
同じ東宝青春映画でも
若大将だったらこうはいかないです。
でも、彼だったらさいしょからこんな
“猿”になならないか(笑)。

どんなに無様でも~

>えいさんこんばんわ♪

自分も途中まで銀はジャンプ成功させるんじゃないかと思ってただけに、あんな結果になるとはちょっと残念でしたねぇ。お決まりの展開にならなかったのが意外でしたけど、どんなに無様でも最後まで諦めずに滑り、最後に清々しい表情で完走し終えた銀の姿には自分も自然と微笑んでおりましたです♪

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

スキーアクションは良かったんですけど、ストーリーが追いついていない感がありましたよね。

七海のエピソードは本当によく解からなかったです。ああいう行動に出て、最終的に彼女はどうしたかったのか、その辺りをもっと明確にして欲しかったですね。

見事な肩透かし

>えめきんさんこんにちは♪

七海の『都会から来た全くスキーの出来ない花嫁』という設定が少し蛇足気味な感じがするのも然もありなんで、あれだと別に都会っ子じゃなく、地元っ子でも問題なかったような気もしますね~(^^;)
彼氏がいつまで経っても出てこないからなんか一癖ある人だと思いましたが、真実は意外・・というより自分は肩透かしだったような気がします(汗

◎ですね

まあストーリーの半端な所とかは目を瞑ってしまいました。
スキーシーンは最近の流行とか取り入れて楽しそうでした。
わたスキ族風のスキーヤーの”下手なのに悦に入っている”
滑りはウケました、昔はあんな滑りしてたかも~

ギクリと来た・・

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

自分も『映画だから』って事で、曖昧なストーリーや銀達の無礼千万な行いには桃山町の人々同様目をつぶっていましたね。・・それ以前に自分は表面上の鑑賞が目立ってるので、理に適っていない部分が分からなかっただけかもしれません(汗

そういえば、人の迷惑考えず下手なのに上手そうに滑ってるあの男の人見て、自分もちょっとギクリと来たかも?(^^;)自分も滑る時結構大袈裟に位置取りしたりするんですよねぇ~w『人のふり見てわがふり直せ』です(汗

PAGETOP