AVP2 エイリアンズVS. プレデター

【監督】ザ・ブラザーズ・ストラウス
【出演】スティーヴン・パスカル/レイコ・エイルスワース/ジョン・オーティス/ジョニー・ルイス/アリエル・ゲイド
【公開日】2007/12.28
【製作】アメリカ

【ストーリー】
南極のピラミッドでの死闘後、プレデター達は故郷を目指し宇宙船で帰路についていた。しかし、死亡したプレデターの体内からチェストバスターが飛び出した。
宇宙船の中で『プレデリアン』へと成長したニュー・エイリアンは、船内のプレデターを次々と殺戮。コントロール不能となった宇宙船はコロラドの森に墜落し、プレデリアンをはじめ、宇宙船に潜んでいた無数のエイリアンが飛び出していった。・・一方、エイリアンを駆逐する事を生業とするニュー・プレデター『クリーナー』は、宇宙船の異変にいち早く気付き、エイリアン達の後を追うべく地球へと向かう・・・
【コメント】
遠い未来の世界で暴れてたエイリアンが現代の街中を跋扈(ばっこ)する姿は新鮮でもあり恐ろしい・・。それに窓越しから外を覗いててぬぼっとエイリアンの顔がいきなり出て来たら誰でもおったまげますね(^▽^;)。自分も冬時期になるとたまの夜中にカーテンをどけて、どれくらい雪が積もってるか確認するために窓を覗いたりもするんですけど、これ観たら少し嫌になってきました

プレデターの体内からチェストバスターが飛び出し、気になる終わり方をした前作の最後から始まる本作。一見さんには最初から『?』な展開で辛い所かもしれませんが、それでも多分観に来る人の大半はプレデターとエイリアンの戦い目当てでもあると思うから、ストーリーはそっちのけでも別に問題無いかもしれませんねw
登場人物達もあまり魅力的ではなく、何をしてムショに入ってたか不透明なままのアニキに、『お払い箱よ!』とキツイセリフ吐きながらも間髪入れず次の彼氏を色仕掛けでゲットしようとするヒロインもかなり気に入らなかったので、舞台となる町の人達のエピソードはひどく薄っぺらぁ~に感じました。・・・けどプレデターの宇宙船が誤って近くの森に墜落してしまい、その結果とんだ災難に町中巻き込まれてしまうと言う部分に関しては同情してしまいますけどね・・(汗

また本作からプレデター側にクリーナー、そしてエイリアン側にプレデリアンと呼ばれるニューカマーが登場し、その2大モンスターが町の一般市民を巻き込みながら激しくぶつかり合う場面などは結構迫力がありました。
エイリアン+プレデターの混合種であるプレデリアンは、通常のエイリアンよりも更に凶暴な姿をしていて見た目は凄いカッコイイ。しかし外見は変わっていても攻撃方法がエイリアンのそれとあまり変わっていなかったので、欲を言っちゃえばプレデリアン独特の武器や攻撃を見せて欲しかったですね。口の中にあるもう1つの顎も進化してて、カメレオンみたいに物凄く伸びるとか(笑)でも今回そのプレデリアンをボスにして、エイリアン達に統率のようなものが取られていたのが印象的でした。
対してエイリアンを駆逐する事を目的としたプレデター・クリーナーは、見た目はプレデターと全然変わってませんけど、装備している武装が大幅に変わってたのが特徴的。お馴染みの武器であるプラズマキャノンも両肩に搭載し、その他の武器も様々に使い分けてエイリアンを次々と狩っていくクリーナーの姿は、プレデリアン同様凄いカッコイイ♪それに自分はどっちかと言えばプレデターの方がエイリアンよりも好きなので、今回はプレデターに勝って欲しかったですけど、やっぱり前回同様引き分けだった(--;)やっぱりこういうVSモノって、双方に根強いファンもたくさんいるから、一方が勝ってしまうと後から色々と批判があるんでしょうね~?


2大モンスターのバトルと周りに対する迷惑度も更にパワーアップしていたりと、面白い部分も見受けられましたが、自分の目が悪くなったのか、クリーナーとエイリアンが対決するシーンで観難いような印象を度々抱きましたね。両者が戦うのも決まって夜か暗闇だったで、視界不良も更にパワーアップ(汗)。真っ昼間な時もあったから、お天道様がサンサンに射し込んでいる下で殺し合うシーンがあっても良かったんじゃないかと思いますね。その方がプレデリアンもよりまじまじと観れて満足出来た気がします。
そう言えば今回もまた最後が気になる終わり方だった本作。『ユタニ』と呼ばれた女性は、やはりあの企業に関係しているのかな?・・ここからエイリアンシリーズに続いて行くとなるとまた面白い♪それともまた『AVP3』かな?

『AVP2 エイリアンズVS. プレデター』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
南極で起きたエイリアンとプレデターの闘い。プレデターの活躍によってエイリアンの地球拡散は免れたが、プレデターの体内には新種のエイリアン「プレデリアン」が宿っていた。覚醒したプレデリアンは宇宙船内のエイリアンを皆殺しにし、宇宙船はコロラド州へと落下。異変...
今年最後の劇場鑑賞はコレだぁぁぁ~【story】南極での死闘の後プレデターの体内にエイリアンが寄生していた。胸を突き破るエイリアンの幼体。こうして生まれた新種のエイリアンは『プレデリアン』へと成長し、故郷を目指す宇宙船内でプレデターたちを襲撃。制御不能とな?...
人気ブログランキングの順位は? 新種降臨 人類はもう、逃げられない
正真正面、これがラスト鑑賞!実は、『エイリアン』は彼これ30年前の第一作くらいしか見た覚えがない。当時、あの独特な怪物くんには魅力を感じながらも、どーもヌメヌメが苦手でねぇ。。。『プレデター』に至って
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆言わせてもらえば・・・どちらもエイリアンです
エイリアン好き!プレデター好き!ということで、僕にとっては前作「AVP」は一粒で
まさかこの手のネタ物に2作目があるとは(笑 2004年に作られた「AVP」は20世紀FOXの誇る凶悪宇宙人の二台巨頭、エイリアンとプレデターを競演さ...
JUGEMテーマ:映画 2007年/アメリカ 監督:コリン・ストラウス、グレッグ・ストラウス 出演:レイコ・エイルスワース    ジョン・オーティス    スティーブン・パスクール    ジョニー・ルイス    デビッド・パートコー いつも遊びに来てくださる...
B級お馬鹿大作映画「AVP2 エイリアンズVS.プレデター2」を見てきました。
エイリアンズVSプレデター2 196本目 上映時間 1時間34分 監督 グレック・ストローズ コリン・ストローズ 出演 スティーブン・パスカル レイコ・エイルスワース ジョン・オーティス ジョニー・ルイス アリエル・ゲイド 評価 6点(10点満点) 会場 新宿?...
さあて始まりました。第二回宇宙最凶決戦。「宇宙の暴れん坊」エイリアン対「銀河の忍
人間は必要? 【Story】 コロラド州のガニソン。人口5000人余りのこの小さな町で、エイリアンとプレデターの本能を合わせ持つプレデリアンと...
またもやエイリアンとプレデターの対決です。自分らで勝手にやってくれたらええのに、わざわざ地球に来て戦うねんっ何の嫌がらせですのん どえらい迷惑ですがなっしかもエイリアン進化してて プレデリアン ですってよ。どーりでドレッドヘアになってると思ったわ   ...
2008年1本目の劇場鑑賞。 まさか、ホラー系を1本目に見るとは・・・ ひらりんも成長した???いや、マニアック化???
2004年に公開された「エイリアンVS.プレデター」の続編。 2大モンスターが想像を絶する究極のバトルを繰り広げ、 それに巻き込まれていく探索チームのサバイバルを描いています。 監督に「ファンタスティック・フォー:銀河の危機」「300」などで ビジュアルエフェクトを...
{/kaeru_fine/} 東京ビッグサイトのエスカレーター事故。 あのエスカレーターは何度か利用したことがありますが、随分高いから上の方の人は怖かったんじゃないかなぁ{/face_acha/}…実際に怪我した方は下の方の人ですが…っていうか、あの人たちキチンとフィギュア買えた?...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

夜の戦い、観辛かったですよね。前作は地下遺跡を舞台にしていたのに観やすい戦いをやってくれたのでここは大きなマイナスです。主役は2大クリーチャーなので人物描写がおざなりなのは仕方ないかもしれませんが、結局人間がでしゃばってくるんですよね。日本の怪獣映画みたいに、クリーチャー同士でしっかり決着をつけて欲しかったです。

お邪魔します~♪
パニック怪獣映画のノリで楽しめました。
ちょっと行き過ぎだなぁ~と思うグロイシーンはありましたが(妊婦さんとか・汗)、、、
今回のプレデターは、孤高の戦士っていう感じでカッコ良かったです。
でも肝心なプレデリアンが観難くて残念でしたね~
もっと造形や武器をハッキリ見せて欲しかったな。

終わりが無い・・

>えめきんさんこんばんわ♪

ホント。前作の南極の地下遺跡の方がまだ観易かった印象があります。最後のシーンもあともう一歩で両者に決着付くと思ったら人間側が核を打ち込んで強制的にドローにしてしまうからなんか歯がゆいと言うか首の辺りがむずがゆいと言うか・・『フレディvsジェイソン』もそうでしたが、アメリカの対戦モノって終わりが無いように思えてきました・・(汗

>由香さんこんばんわ♪

うっ・・、あの妊婦さんのシーンは確かにグロかったです・・(--;)普通一匹しかチェストバスターは出てこないのに、プレデリアンは何匹も生ませて・・(汗)お腹からドバーー!!っと一斉に出て来た時はエイリアン以上の気持ち悪さを感じてしまいました。あそこは妊婦さんが観ると凄い辛い・・・(滝汗

初見にちかいけれど

メビウスさん、こんにちは。
今年もよろしく!デス(^^)

エイリアン以来なので、さすがにちょっぴり予習してから観に行きました。けど、内容が無いからエイリアンの変体と繁殖の仕組みが分っていれば、それで十分だったみたいですw 
三つ巴ではなく人間たちのドラマはオマケなんですね。
しかし、ヒロイン?の女の子の無残な死に様にはビックリ(@@)

>窓
うげー。私も窓の外の雪を確認しますよ~(今はないけど)
全然関連付けていなかったのにぃー
なんだか覗くのが怖くなりそう(><)

ちょっと無様な死に方・・

>たいむさんこんばんわ♪こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします♪

自分はもう『エイリアン1』の内容すら曖昧になってしまったので、あの化け物達の繁殖方法もすっかり記憶から抜け落ちてしまっていました。確かエイリアンは卵を植えつけた宿主の遺伝子をいくらか受け継ぐから、プレデターのように若干酷似した形になるんですよねぇ~。

そう言えばあのヒロインの女性の死に方はかなり意外だったと同時にちょっと笑ってしまいましたねwwなんて間の悪いタイミングで突き刺さったのやら・・(^^;)
男をすぐお払い箱にする罰が当たったのではないでしょうか?(笑

こんにちわ

メビウスさん、あけましておめでとうございます♪
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

鳥目の私にとっては、夜のエイリアンvsプレデターのバトル
はかなり観にくかったっす。しかもほとんどが雨のシーン
だったでしょ?・・・余計に見えない。

≫お天道様がサンサンに射し込んでいる下で殺し合うシーンが
あっても良かったんじゃないかと思いますね

うん、ホントにそう思います。
でも、いろんなことがバレちゃうから、やっぱり出来るだけ
視界をごまかせる中でバトらせるのが、製作側としては
都合いいんでしょうか(笑)?

こだわり

>睦月さんこんばんわ♪こちらこそ、今年も宜しくお願いいたします♪

クリーナーとエイリアンの戦いが殆ど夜や雨と観難い場面のみだったのは、なんでも少ないものを多く見せたかったという製作側の狙いだったんだそうです。視覚効果に手馴れた兄弟の監督さんなので、『こだわり』のようなものもあったんでしょうけも、それが万人に理解出来るとは限りませんよね。自分も睦月さん同様観難い印象を受けたので、雨や暗闇は余計な存在にも見えました・・


こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

暗がりでの戦いが多かったからとても観づらかったですね。
せっかくのプレデリアン、エイリアンとプレデターのハイブリッドの造形をしっかり見せて欲しかったですー。
プレデリアンはもうちょっと頭がよろしければよかったのに。
人間側もただ殺されるだけで、もう少しキャラクターがが描かれていて欲しかった。
全体的にもの足りなかったです。

こんばんは

まあまあの印象でした。
ぶっちゃけ大した映画じゃないと思いますが、正月の祭り映画としてはこういうのもアリでしょう。
「マジンガーZ vs ゲッターロボ」で育った世代としては懐かしいノリです。

ストーリーは薄っぺらだったけど、
ただひたすらプレデターとエイリアンが戦っているのがよかったですね(笑)
特にプレデターのハンターっぷりがかっこよかったですね!

暗いのに・・

>はらやんさんこんばんわ♪

映画館の中はたださえ暗いのに、更に目を細めて鑑賞せざるを得ない映像は眼球を疲労を起こしてしまいますね(^^;)まああの2大モンスターが日の当たる場所で戦うなんて所はあまり想像できませんし、演出的な問題もあったんでしょうね。・・・でも観難いことに変わり無かったですけどね~(汗

>ノラネコさんこんばんわ♪

正月映画は内容が単純で楽しくて豪華(?)なものが多いですよね。去年の最後に観た『ナショナル・トレジャー』はその基準満たしていたように思えましたが、本作は今ひとつでございました。
『マジンガーZ vs ゲッターロボ』。時代を感じさせるネタですねぇ~w自分はまだ生まれていませんよ(笑

>えふさんこんばんわ♪

エイリアンはシリーズ通してあまり攻撃が変わっていないけど、今回のクリーナーは定番の武器から新しい武器までひっさげて、とっかえひっかえでエイリアンをばったばったなぎ倒していく姿がカッコ良かったですね♪・・・ただ今回最後の手段に使う自爆装置が出て来なかったのが残念でした。・・それとクリーナーが持ってたあの青い液体は、証拠隠滅用じゃなくエイリアンの戦いに使ってた方が良かった気がしますね(汗

おばんです

>自分も冬時期になるとたまの夜中にカーテンをどけて、どれくらい雪が積もってるか確認するために窓を覗いたりもするんですけど

それってまるで『グエ○ル』のラストシーンみたいじゃないですか(笑)

見終わって気づいたんですけど、このシリーズって『バイオハザード』シリーズと流れが全く一緒ですよね。第一作の監督は両方ともPWSAだし
だから三作目では地球上に増え広がったエイリアンとプレデターの戦いが、お日様サンサンの下で繰り広げられるでしょう(笑)

あと男同士の戦いに水をさす、というかミサイルを撃っちゃいかんよなあと(ネタバレ?)思いました。アメリカ政府も空気読めよなと
ちなみにメビウスさんはエイリアンとプレデター、どっち派ですか?

流れ的に次は・・・

>SGA屋伍一さんこんにちは♪

なるほど。内容はともかく流れは確かに『バイオハザード』と酷似していますね。1作目がポール監督で隔離された場所が舞台ですし、今回も街で『バイオ2』もラクーンシティ全体が舞台となっていましたから・・・・次はまた飛躍し過ぎて広大な砂漠とかに・・?(汗

人間側もミサイルで両者の戦いを強制的に痛み分けにするのも、個人的には憤慨モノでしたね。もう少しで決着が付いていたのに・・・
ちなみに自分はエイリアンよりもプレデターの方が好きなので、今回はクリーナーに勝って欲しかったですね♪

コメどうもでした

三つ巴の戦いはなにやら面白かったですけど
どれが誰か判らないトコありましたねぇ
プレデリアンのオリジナル攻撃見たかったです、同感
クリーナー何者かよく判らんかったし、
謎の液体も何で減らないのか知りたいです

観る側にも分かる配慮を

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

エイリアン・クリーナー・人間の戦いは雨や暗闇と言ったものの他に、アップも結構多用されていたので、観難い印象が否めなかったですね。どんなに迫力がある映画でも、観る側にちゃんとそれが伝わらないと意味が無いように思えますね。

謎の液体・・・・アレをもっとエイリアンに使ってれば、多勢に無勢でも切り抜けられたはずです。でもエイリアンの酸性の血液よりも凄い融解度を持っていましたねアレは。もしかしたらプレデターシリーズの武器の中で一番凄い兵器かも?

暗い・・・

メビウスさんおはようございます♪

私も戦闘シーンを目で追えませんでした。やっぱりこれは演出がいまいちなんでしょうね。次作はどうにかしてほしいものです(汗)


登竜門のような?

>daiさんこんばんわ♪

プレデターが好きだっただけに、観難い演出が邪魔をして自分もいささか歯痒い思いでの鑑賞でございました。エイリアンシリーズなどは新進気鋭の監督さんが手掛ける事が多かったので、本作の監督さんもこの失敗(?)をバネにして良い作品を作って欲しいのですが・・・(汗
でも『3』は手腕に実力のある監督さんで作って欲しいですよね(^^;)

いつもどうもです

ひらりんにとっては惰性で観に行ってる感のあるシリーズですが、
続いちゃうと、ついつい観ちゃうんですねっ。
VSものは日本ではウケるので、
まだまだ作り続けそうですね。

どうしても観てしまいます

>ひらりんさんこんばんわ♪

そうそう♪続編やシリーズ、vsモノって『何故か』観ちゃうんですよね~(笑)シリーズや続編は1つでも見逃すと後々になって内容が分からなくなりますから仕方無しに観に行くというのもありますが、本作のようなvsモノは夢の競演みたいな作りですから、内心つまんないと分かりつつもどうしても観てしまう・・・。これも性というやつでしょうか?(汗

でもこのシリーズで、ひょっとしてエイリアン4部作を超えてしまうのではないでしょうか?(汗

おじゃまします

おじゃまします。
今回の仕事熱心なプレデターさんは、いつものどこか愛嬌のあるプレデターたちとちょっと違って冷たい感じがした私。
あのブラスター拾った兄貴と肩を並べて戦うシーンを少し期待していた部分のあったのですが…
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

仕事人

>ピロEKさんこんばんわ♪

本作のクリーナーは従来のプレデター達とは違うって事を描きたかったのでは・・・とも思いますね。エイリアンを始末した後の掃除(笑)もきちんと行ってた辺りも仕事人って感じがしますし、人間も目的を妨げる存在としか考えていなかったんじゃないでしょうか?
とにかく、『丸腰の相手を襲わない』というプレデター独特の哲学を持たないプレデターもいるっていう事が分かりましたね。他にも色んな種類のプレデターがいそうな気がして、次回作があればちょっと期待をしてしまいます。

PAGETOP