エクスマキナ

【監督】荒牧伸志
【声の出演】小林愛/山寺宏一/岸祐二/沢城みゆき/五十嵐麗/高島雅羅
【公開日】2007/10.20
【製作】日本

【ストーリー】
2138年。非核大戦によって、人類はその半数が死滅。負傷した多くの人々は一部機械化されて<サイボーグ>として再生した。平和都市オリュンポスの特殊部隊・ES・W・A・Tに所属するデュナンとブリアレオス。先の大戦で負傷したブリアレオスの体が機械化しても変わらず愛し合う二人の前に、機械化する前のブリアレオスに瓜二つのバイオロイド・テレウスがES・W・A・Tに新たに配属され、デュナンはテレウスと一時的にパートナーを組む事となる。
一方、オリュンポスを中心に謎のテロ事件が相次ぐ中、オリュンポスは世界平和のために全世界の衛星の統括を提案する・・・


【コメント】
ジョン・ウーも一枚噛んでいるアニメなので、『ブロークン・アロー』や『フェイス/オフ』なんかで見られた男臭い一対一の対決シーンも含まれてるのかなと期待していましたがぬか喜びでした(^^;)アドレナリンがプンプン出て来るようなガチバトルはありませんでしたけど、ロボットダイスキーな自分にとっては別なアドレナリンが出て来て興奮してしまいました。

このエクスマキナの情報を初めて知った時は、監督である荒巻伸志が3年前に作った『アップルシード』の続編だと思っていましたけど、本編を観る限りだと前作でバイオロイドが生殖機能を宿した事などが丸投げされてるようで、あまり続編という形にも見えなかったですね。どっちかと言えば世界観が同じで独立したもう1つのアップルシードという風にも見る事ができます。
でも前作のストーリーをあまり絡めず、1話完結型のようにした方が予習もしなくて済みそうですし、初めて観る人にもとっつき易い感じがあり、そういったメリットもあると言えばあるので、観た後だとそのスタンスの方が悪くないんじゃないかな?とも思っちゃいました。
声優の方でもブリアレオスの声が小杉十郎太ではなく山寺宏一になっていたりと若干の変化があったものの、これも個人的には許容範囲内。山ちゃんverでは小杉verと違い、なんかブリが若々しいイメージに見えてしまいましたが、山ちゃんの声でもやはりカッコ良いブリだったのは変わらずのようで良かったです。

アップルシードでも圧倒的だったフルCGの映像は本作でもお馴染みで更に進化しているのが感じ取れます。オリュンポスの街並みの細かい描写や、サイボーグやランドメイドといった機械の緻密さも目を見張るものがありますね。
ただ表情の豊かさといった点では、同じくフルCGアニメで以前観た『べクシル 2077 日本鎖国』の方が心なしか勝っているような気がしますが、その反面ハードなアクションシーンによって観る者を釘付けにするのではないでしょうか?ジョン・ウーが参加してるだけに(笑
冒頭でデュナン達が教会の中で戦闘をするシーンもその1つですし、パートナーのブリアレオスと共になんともスタイリッシュなアクションを見せてくれます♪でもちょっと弾ばら撒きすぎなんじゃないかな?とプチツッコミを入れたくなるシーンでもありましたね(笑

それと後半辺りになると自分の好きな展開にもなってとても面白かったっ♪世界の危機を救うため、デュナンとブリアレオス、そしてバイオロイドのテレウスと3人で悪の親玉の下へ向かう際のアクションが、ロボット好きな自分のセンサーにかなりビビッと来て見応えを感じてしまったのです♪ランドメイドで縦横無尽に空中戦を繰り広げるシーン等もスピーディで迫力がありましたし、極太レーザー砲を使う敵側のロボットも中々カッコ良くて予想以上に燃える要素が含まれていました。フィギアかプラモでエクスマキナ関連のメカが出たら欲しいくらいですねっw


少しくどいようですけど、メカ好きな自分としてはアップルシードよりもカッコイイメカやマシンがたくさん出て来て、尚且つアクション性も増していた点では前作よりも評価が良い方です。でも考えると自分ってアップルシードの時も同じ部分しか注目してなかったような気がするんですよねぇ~・・( ̄▽ ̄;)。メカ好きの評価は実に単純だわっ
デュナンとブリのラブストーリーに関しても、時折邪魔だと思う箇所もあったのが正直な所でもありますし、人間の頃のブリと瓜二つなテレウスという存在がいるのですから、そのラブストーリーの面も強くする気があったのなら、デュナンを巡ってブリとテレウスの三角関係という部分も観たかった気がしますね。

『エクスマキナ』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
予定通りアップルシードの続編「エクスマキナ」 (APPLESEED SAGA E
「EX MACHINA -エクスマキナ-」は3年前に公開された「アップルシード」の続編で世界非核戦争後に建設されたオリュンポスを舞台に何ものかに世界の衛星コンピューターを乗っ取り、人、バイオロイド、サイボーグを操って反乱を起こすが、特殊部隊ES.W.A.T.のデュナンらが反
「デウス・エクス・マキナ」とは、「機械仕掛けの神」だそうだ。それだけでネタバレである・・・と言ってしまってはマズイか?(意味わかんないよね?w)ゲームなのか、3DCGアニメーションなのか、実写なのか
ジョン・ウーといえば白い鳩・・・
西暦2138年。中立都市オリュンポスで、謎のアンドロイド暴走事件が発生する。特殊部隊ES.W.A.T.が調査に当たるが、戦闘でサイボーグ戦士ブリアレオスが負傷してしまう。そしてパートナーであるデュナンの前に、過去のブリアレオスと瓜二つの男テレウスが現れる。日本...
「EX MACHINA -エクスマキナ-」というヘンテコなタイトルだが、英語タイトルに「Apple seed」が入っている事からも判るように、2004年に公開された士郎正宗原作のSFアニメ「アップルシード」の続編的な作品。前作同様
「不気味の谷」という言葉がある。 これはロボット工学で言われている概念で、ロボッ
現在、全国ロードショー中です。"EXMACHINA""APPLESEEDSAGA:EXMACHINA"監督・・・荒牧伸志プロデュース・・・ジョン・ウー原作・・・士郎正宗『アップルシード』音楽・・・細野晴臣、HASYMO、テイ・トウワ、コーネリアス、reiharakami、m-flo、他。出演
肉体はただのいれものに過ぎないのだよ ・・な~んてこと言われると その世界感はまるでエヴァじゃないですか。 ひとが争わない世界を作るためには 存在をひとつにとか、同じ価値観しか認めないとか、 ・・・要は思いをぶつけるべき相手すらいない そこまでいかないとダメ
レビューを更新しました。レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。Review→映画レビュー、から見れます
『EX MACHINA -エクスマキナ-』公式HPはこちら ←クリック●あらすじ西暦2138年、人類は非核大戦によって半数が死滅。停戦と共に誕生した中立都市(オリュンポス)には、人間とサイボーグ、そして人間の遺伝子でつくられ怒りや憎しみを制御された種族“バイオ
「攻殻機動隊」などで知られる士郎正宗氏のコミックを原作とし、 2004年に公開された3DCG映画「アップルシード」の続編として 製作された「エクスマキナ」。 戦争で人類の半数が死滅した世界で人間とサイボーグ、 人間の遺伝子によって作られたバイオロイドが共存する 近?...
 評価/★★☆☆☆ (シネ・アミューズにて鑑賞)  監督:荒牧伸志  この作品のせいでベスト10を見直さざるをえなくなった。  ベクシルであきらめかけた3Dライブアニメの未来を、この作品のおか げでまだまだ未来を期待していいと思った。  この『EX MACHI...
総理辞任表明しましたねぇ{/cat_5/} …と、そんなことはさておき、 9月です…9月といえば当ブログの誕生月{/cake_2/} もうすぐ3周年です。 9月といえば…もう9月ですか…「スターウォーズ/クローン・ウォーズ」を観に行けていない{/cat_3/}私ですが、あれっていつまで上...
あらすじ大戦後の2138年、中立都市オリュンポスの特殊部隊所属の戦士デュナンとブリアレオスは固いきずなで結ばれた戦友であり私生活では恋人同士でもあった。ある日、ブリアレオスは戦闘中にデュナンをかばい重傷を負い一命はとりとめたものの昏睡状態になってしまう。そ...

コメントの投稿

非公開コメント

士郎さんのメカ

メビウスさん、こんばんは。
士郎さんテイストの独特のメカは欲しくなるので困るんです(^^;;
それにしてもデュナンの赤いランドメイドはあっけなくって勿体無かったです(><)
プロトタイプとか言ってるし、いずれ・・なんてあるのかしら?(^^)
山ちゃんのおかげで若返ったブリ。アテナも小山さんじゃなかったし、全体的に若返った感じでしたね。

>たいむさんこんばんわ♪

『攻殻機動隊』もそうですが、士郎さ氏の漫画のメカはガンダムのモビルスーツといったコテコテちっくなロボットとはまた違った魅力がありますね♪独特と言うのも分かります。タチコマなんかはかなり奇抜なデザインですもんねぇ(^▽^;)

でも最後のシーンで、デュナンはポセイドン製のランドメイドに乗るよりも、エスワットが使ってるランドメイド使った方が良かったんじゃないかな?とも思いましたです。武器もあまり魅力的じゃありませんでしたし・・・
逆にブリが持ってたデカイナタみたいな剣はカッコ良かった~☆山ちゃんの叫びにもシビれましたw

TB&コメントありがとうございました

山ちゃんのブリは、トグサくんがバトーさんの中に入ってるみたいで変な感覚でした。
とりあえずフォーマルは止めてくれと、、言いたかったです。
ロボットがガンカタしてるのが一番楽しかったですね、最後はしまらなかったのが残念でした。

こんばんは

久しぶりのジョン・ウー・アクションをフルCGで体感できたというのが一番の印象ですね。露骨に各種のキーワードを提示してくれたもの好印象でした。
ただ、ストーリーは印象が薄くて、『エクスマキナ』=「機械仕掛けの神」というタイトルに負けている感じがしました。タイトル通り、テクノロジーの暴走をもっと深く描いて欲しかったですね。

マナーを重んじた?

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

攻殻を観た人なら山ちゃん=トグサってイメージを抱くのは自然かもしれませんねwガタイがバトーで声はトグサと考えるとアンバランスと捉えられても致し方なし。フォーマルスーツもまた然り。あ、でもパーティーの席でもあったからブリもマナーを重んじたのかもしれませんね(笑

>えめきんさんこんばんわ♪

ジョン・ウー監督の作品は近年ぱったりと止まってしまっているのが残念ですね。自分も監督のド派手なアクションは好きなので、その片鱗をアップルシードと言う映画に取り込んで見せてくれたのは嬉しい事です♪

けどストーリー面に関しては自分も物足りなさを感じた所ですね。世界規模の洗脳を行ったのに、それがオリュンポス内しか描かれていなかったから妙に狭い印象を受けましたし、発端となったポセイドンも情報が少ないので薄っぺらくも感じますね。

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

冒頭からアクションはなかなかの迫力ありました。
ランドメイドの空中戦もなかなかのもの。
「アップルシード」よりもテーマ性を抑えたのもわりきりよく、魅せるアクション映画になっていたと思います。

ジョン・ウーだから派手w

>はらやんさんこんばんわ♪

冒頭の教会突入のアクションから派手でしたもんねぇ♪プロデュースがジョン・ウーだから、今回はそのアクションがかなり見応えあったと思います♪
ストーリーはいささか腑に落ちない点もありましたけど、また続編がある?と考えると合点がいくかも?

おじゃまします

おじゃまします。
メカニックはカッコ良くて、シーンごとに切り取れば結構いい感じのものが多いんですけどねぇ。
映画として組み立てたらアラの方が目立つ作品に思えました。
個人的な感想としてはCGのレベルが多少ずつ上がっていくだけならもう観なくていい感じですかね。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

CGだけじゃなく

>ピロEKさんこんばんわ♪

う~・・ん、確かにCGだけ向上して、その中身・・・ストーリーが拙いものでしたら、自分も例えカッコイイロボット等が出て来たとしても良い評価を下せないかもしれませんね~。
多分こういうモーションキャプチャーを使ったフルCGアニメは、これから先も技術の進歩と共に増えていくと思うので、その分内容の充実や、声を担当する声優さんも実力に合った方を起用して欲しいですね~

コメントありがとうございました

ジョン・ウーの鳩を上手く生かしている映画でしたね(笑)

パトレイバーとマトリックスを思い出しました。

ウー印

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

毎回ジョン・ウーのハトはどういう場面でどういう使われ方をするのか楽しみなんですが、本作でも効果的に使われていましたね~。それに近未来を舞台にしてても、スロー二丁拳銃は相変わらず映えてました♪

PAGETOP