ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

【監督】摩砂雪/鶴巻和哉
【声の出演】緒方恵美/林原めぐみ/三石琴乃/山口由里子/立木文彦/清川元夢/結城比呂/長沢美樹/子安武人/石田彰/他
【公開日】2007/9.1
【製作】日本

【ストーリー】
人類の半数を死滅し、地球環境をも激変させた原因不明の大災害『セカンド・インパクト』から15年の月日が流れ、人類はようやく復興の兆しを見せつつあった。そんな中、箱根に位置する第三新東京市に謎の生命体“使徒”が襲来する。
14歳の少年・碇シンジは、特務機関NERV(ネルフ)の最高司令官で父親でもある碇ゲンドウに呼び出され、“使徒”に唯一対抗出来る人造人間エヴァンゲリオンのパイロットに突如任命される・・・


【コメント】
一般公開より遅れる事1ヶ月ちょい。待たされた甲斐がありましたっ。テレビアニメを見て好きになったイチオールド(?)ファンとして、新たな映像と設定で再起動したこの新劇場版の出来映えは予想以上に素晴らしかったです。

『序』・『破』・『急』という題の3作に、完結編と言われている『?』の4部作構成になっているエヴァンゲリオンの劇場版作品。『序』である本作はテレビアニメの1~6話まで描かれており、旧作の様々なシーンを踏襲しながらも最新のデジタル技術や特殊効果によって映像美が格段に上がってるので、何度も見たシーンなのにマンネリを感じる事無くむしろ新鮮に観れました。
それこそ導入部分のストーリー等はテレビアニメの方と全然変わっていないんですが、よくよく見ると微妙に変わってる部分があるんですよね。それはミサトの階級が一尉から二佐になってたり、初号機が部分的に蓄光してたり、シャムシェルのアバラが露骨にウネウネしてたりとストーリーにあまり関係のないホント~に細かい部分なんですけど、その細かい部分がテレビ版と異なっているからこそ、↑で言ってるように自分には新鮮に観れた理由の1つでもあり、新しいエヴァだと実感できた所でもありますね。

それに6話分のストーリーを100分にも満たない上映時間に詰め込んだ辺り、急ぎ足な展開も予想していたんですけど、観た感じだとそうでもなかったですね。
テレビ版で見た所々のシーンを削り取って、その削った部分に新作カットを加えて上手く繋げているように見えたので観難いという印象は受けなかったんですけども、自分はもうテレビの方を何度も見てるし世界観もおおむね理解してるからこう言える訳で、初見の人にはセカンドインパクトやら何やらの情報が少なくて困惑する所もあるかもしれない。あと急ぎ足じゃない反面ちょっと唐突なシーンがあり、シンジが部屋でうずくまってるシーンからいきなりバキッとトウジに殴られるシーンに変わった時は正直面食らってしまいました(・□・;)
ここも初めて観た人は結構違和感覚えるんじゃないでしょうかね?

クライマックスの『ヤシマ作戦』に至ってはもうテレビの方と展開がガラリと変わっていたので、最後はかなり見応えがありました。
日本中の電力を使った大掛かりな使徒殲滅というスケールのデカさや、3DCGで表現された第3新東京市の都市機能の凄さなんかも一役買っていますが、ここではやはり第6使徒ラミエルの存在が一番際立っていて、個人的に本作での一番の見所はこのラミエルでしたね。
ラピュタのムスカが喜びそうなでっかい飛行石のような姿の他にも、攻撃を防御する姿や、エヴァを砲撃する姿だったりと多種多様に変化するその形態にも驚きましたが、コアを貫かれた時に『ギャアアアアアアーーーー!!』とまるでマンドラゴラを抜いた時の様な不気味な叫び声を発した所にもこれまた驚いてしまい、なんとも飽きを感じさせない使徒です。使徒の中では後から出て来るゼルエルが個人的に一番なんですけど、この新劇観たらでっかいブルーウォーターことラミエルが一気に急上昇。暫定的ですが一番になっちゃいました(笑


細部のディティールの緻密さやビジュアルも大きく進化し、そのクオリティの高さを観るだけでも価値があったヱヴァンゲリヲン新劇場版。映画を観ながら12年前の興奮が蘇って来るのをひしひしと感じた良作でした♪
そして次回作である『破』も予告を観る限りでは新しいキャラクターに新しいエヴァと、旧作とは完全に異なったストーリーになる事が予想されるだけに、既に楽しみで仕方がないですね。
来年はジブリ最新作ではなく、またまたエヴァに期待大ですっ♪

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
やっぱりエヴァが好き。その思い再確認。
「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」は今から10年前に公開された映画エヴァンゲリオンの再映画化作品でエヴァ現象を起こしたほどの社会現象まで起こした映画である。ストーリーは序盤を編集した内容になっているが、内容は10年前と違った内容も盛り込まれておりより進化した
今週の平日休みは、映画見る予定じゃなかったんだけど・・・たまたま時間が取れて、ついつい「チネチッタ川崎」まで足を運んで・・・まだ見てない一番早く見れる映画・・・が、「ヱヴァ~」でした。
 評価/★★☆☆☆(ユナイテッド・シネマにて鑑賞) 総監督:庵野秀明 ユナイテッド・シネマが満席なのはじめて見ましたw さすがヱヴァ。まあ、私はよくヱヴァ知らんのですが…。 一応、ちょっと前Yahooで無料で6話くらい見れたので観ておきましたが、正解だった。 
『エヴァンゲリオン』は評判になった後、録画したビデオを持ってた友人に借りて、1話目があまりにも面白かったんで1週間くらいでまとめて見たもんです。要するにハマったわけなんですけど、プラモが流行した後、運良く再放送が始まって毎日1話ずつ見てた『ガンダム』と違
人気ブログランキングの順位は?Eva: 1.0 You Are (Not) Alone
近未来、世界は「セカンドインパクト」という大災害によって南極が崩壊しその姿を大きく変えていた。大災害から15年後、日本に謎の巨大生物・使徒が襲来した。14歳の少年碇シンジは使徒に対抗する決戦兵器・エヴァンゲリオンのパイロットとなって戦う事を余儀なくされ.
さすがに「リメイクではない」というだけあって、随所に手が入れられていた。それは”エヴァを見たことがある程度”の私にもひとめ目でハッキリ判るものから、こんなのあったっけ?おぼろげながら変化を感じるもの
時は近未来。「セカンドインパクト」と呼ばれる未曾有の大災害から十数年。それを引き
最初にエヴァンゲリオン初号機(通称しょごたん)を見たとき、わたしが驚いたのはその
 総監督:庵野秀明12年前に社会現象を巻き起こした「新世紀エヴァンゲリオン」の劇場版リメイク作品です。ストーリーはTVシリーズの第壱話から第6話までのストーリーを90分にまとめたものです。まず、映像面で旧劇場版と違う所は使徒や背景に3DCGが使われているという
12年前の熱狂、ふたたび。これだけ話題になった映画は最近ないのではないか?と思う。これは設備の良いところで観たかったので、私が東京の映画館で一番キレイで立派だと思う「ユナイテッドシネマ豊洲」に行った。公開から1週間が経っているが混雑している。客層を見ると、
【映画的カリスマ指数】★★★★★ ここから始まる、神性・神聖・新生ヱヴァンゲリヲン
”萌える”というほどではありませんけれど、『エヴァンゲリオン』のキャラクター・デザインはかなりお気に入りです。綾波レイも惣流・アスカ・ラングレーも葛城ミサトも、皆それぞれ魅力的だと思います。それでも『エヴァ』ファンではありません。リアルタイムでTVシリー
'95年TV放映された「新世紀エヴァンゲリオン」を今回新たに作り直す劇場版全4部作の第1部。基本的にテレビシリーズの総集編であまり熱心なファンではないので細部の設定や構成など違いは良く解りませんでしたよ。ファンだったらあそこが違うここが違うで話題も出来そ...
いや~、もうメチャクチャ待ち焦がれてた 劇場版エヴァ。やっと行ってまいりました。 って何じゃこりゃ~という混雑。 梅田はシネリーブルしかやってないので ミニシアターでマニアをさばくなんて・・・。 しかもどう考えても次世代の少年たちが来てる。 ・・ってキミラガッコ
({/kaeru_fine/}一時{/kaeru_rain/}) 明日から夏季休暇です{/up/}{/up/}{/face_nika/} しかも私にとっては近年稀な5連休(今のところ…{/face_ase2/})。 呼び出されないといいなぁ{/hiyo_please/} さて、本日も映画の鑑賞記録。アニメです。 「ヱヴァンゲリヲン...
エヴァンゲリオン再起動!!リニューアルでもリメイクでも続編でもない「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」全4部作の第1部!!
エヴァンゲリオン:序は地上波で鑑賞し初体験だったが 結論は全体的に満足もが出て来ない事が驚いたよ 内容はが命令でと共に使途と闘う展開だ 私は世代だが天邪鬼でブーム時は興味を示さず 残酷な天使のテーゼは歌え&&など知りは アニメ名場面&曲スペシャルな...
『 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 』 (2007)  監  督 :庵野秀明(総監督)、鶴巻和哉、摩砂雪キャスト :緒方恵美、林原めぐみ、三石琴乃、山口由里子、立木文彦、清川元夢、 関智一、岩永 哲哉、...

コメントの投稿

非公開コメント

初心者

エヴァ初心者のひらりんとしては、意味不明な部分が多くて戸惑いました。
だいたい、何十話もあるであろう原作アニメ?を、凝縮して映画にするのは、この作品に限らず、無理が有りますよね。
初心者にもわかる脚本・編集をお願いしたいところです。

こんばんわ

ひゃあ!無事にご覧になれてホントに良かった!!ね?1ヶ月待たされた甲斐があったでしょ!?

実際、旧作ファンだって、放映当時は訳分かんないままこの世界観にのめり込んでいったわけだから、多少の意味不明もエヴァならではじゃないかと思うんです。
むしろ、以前よりもマニアックな描写がそぎ取られていて、かなり入り込みやすくなっていたんじゃないかなあとも感じました。

≫でっかいブルーウォーターことラミエルが

ウハハハ!!巧い!
ガイナックスの『不思議な海のナディア』!!もうマジ大好きなNHKアニメ!!最高!

ちなみにブルーウォーターも私のカラオケ十八番でございます(笑)。

いずれにしろ、『破』、一秒でも早く観たいっす!!

1ヶ月

メビウスさん、こんにちは!
1ヶ月待たされたんですかー。待ちに待ったと言うところでしょうね。
「序」はある意味おさらいのような感じもあったのでしょうね。今後の展開が楽しみです。

待たされた甲斐ありましたっ

>ひらりんさんこんばんわ♪

本作は冒頭から説明もなしにいきなりドンパチですもんね(^^;)テレビ版もそんな感じではあったんですけど、初めての人には唐突に感じるかもしれませんね。
この序ではセカンドインパクトやら人類補完計画といった物語の核となる部分にはまだ触れていませんけど、次の破では結構突っ込んだ所まで触れるかもしれませんよ?・・でも破からは完全なオリジナルストーリーになるかもしれないので、ひらりんさんと同じ初心者な視点で観る事になりそうです。

>睦月さんこんばんわ♪

いや~、今月はやっと地元で公開という事もあって、当日までずっとエヴァの事ばっか考えておりました。朝早くから起きて映画館に向かったら自分が一番最初のお客さんだったっていうくらい気合入ってましたよw
けど確かにエヴァは訳分かんない所多いですよね。作品の中での情報量が多すぎるから、自分も未だ理解していない部分もあるんですよね~(^^;)破では自分にも分かり易い描き方してくれるでしょうかね?

でもやっぱりラミエルってブルーウォーターそっくりですよね?テレビアニメ見た当初から自分そう思ってましたし(笑)。
ナディアも当時の放映以来かなりご無沙汰です。自分も好きだったアニメなのでどっかで再放送とかされて欲しいですね♪

>カオリさんこんばんわ♪

この『序』は後半の『ヤシマ作戦』以外はあまり変わっていないので、確かに旧作ファンにはおさらいのようにも見えますが、画はデジタルだし3DCGも凄くたくさん使ってるので、おさらいでも旧作以上に楽しく観れた感じがしますね。
第3新東京市のビジュアルなどは結構鳥肌が立って心の中で『すげーすげー』ばっかり言ってましたw

公開が遅れてたんですね~。
その甲斐もあって☆とは、よかったですね~。
予想を上回るヒットのしかただから、「破」は、公開規模が大きくなるかな~。
そうあってくれんと、大阪梅田地区のキャパ100前後のミニシアター単館上映では、さばききれないって!!
夕方のチケットを買うのに朝から並ぶって・・・。

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

総集編とは思えないまとまりの良さでしたよね。6話までの印象的なシーンはしっかり入っている上に、新しい見せ場もタップリ入っていて大満足な内容でした。

僕もゼルエル大好きです!アイツの圧倒的な強さを完全新規作画、劇場大スクリーンで拝みたい!

公開拡大希望♪

>aq99さんこんばんわ♪

公開前はシネコンでやるのかな?とも思ったんですが、予想よりも公開される規模が縮小気味でそこは意外でした。初日公開が地元で無いと聞かされたときは凄いがっくりしましたが、1ヶ月待たされただけはある完成度の高さでかなり満足しましたよ♪
ホント『破』では公開規模が超拡大して欲しいですね♪自分も今度こそは初日で観たいですからっ♪

>えめきんさんこんばんわ♪

多少テレビの方のカットを削っていたとはいえ、シンジの『逃げちゃダメだ』とか、初号機の暴走シーンと言った名セリフ・名シーンをしっかり再現してるのはファンとしては嬉しいですね♪『破』はアスカが出て来ますから是非第9話の名シーン、ユニゾンキックをスクリーンで拝みたいものですw
それとゼルエルももしかしたらギリギリ『破』に入るかもしれませんね?だとしたらもう1つの名シーンであるシンクロ率400%初号機が観れるかも?

期待度大

メビウスさん、こんばんは。
やっとの公開オメデトウございます♪

ラミエルが綺麗でしたね~。
ヤシマ作戦は変更箇所が多多あったことからも釘付け。レイが来る!って分ってても手に力が入っちゃいましたし。

次回でのアスカ&カヲル君の登場が楽しみです。”ユニゾン”絡みの一連のシーンはそのまま見せて欲しいですね。
あの「無様」を(^^)

コメント・TBありがとうございました

おばんです

>テレビアニメを見て好きになったイチオールド(?)ファン

メビウスさんって放映時幾つくらいだったの? もしかしてシンジくんと同じくらいの年だったりして

>よくよく見ると微妙に変わってる部分があるんですよね。

あげるとキリがないですね(笑) とりあえずサキエルが「第4使徒」になってましたっけ。んでラミエル戦の最中に「あと8体倒す」とか言ってたので、今回の使徒は全部で14体? いずれにしてもあと8体ならなんとか全部倒せそうです

>マンドラゴラを抜いた時の様な不気味な叫び声

あれは痛々しかったですね。今回は人類が滅びるかどうかの瀬戸際だというのに「使徒たんかわいそう」と思えるところが多かったです(^^;)

この出来なら「破」も大いに期待できそうです。はやいとこ正確な公開時期を決めてほしいもんですね!

こんばんわ。
自分も公開初日に観たんですが、
ヤシマ作戦は見応えありますよね。
実際尺も相当裂いているんですが・・・。
DVDでTVシリーズと見比べましたが、
本当に別物でした。
しかし自分が気になったのはキャラの微妙な性格変化と新たに追加されたシーン(トウジ達がシンジを励ますシーン)やミサトのセリフでした。
ここにはすごい違和感を感じたんですよね。
なんかエヴァらしくないぞ!?という感じで。
でも次回作からはストーリーも変わるらしいですし、だからこそ違和感なく新生した別物として観れそうなので非常に楽しみです。

削除候補

>たいむさんこんばんわ♪

ヤシマ作戦で陽電子砲を1発外した後のラミエルの大火力と来たらもの凄くて、そういった1シーン1シーンにかなり釘付けになっていた気がします。レイが盾で防ぐシーンでも、シンジと同様早くしてくれ~!って手に力入ってしまいましたしw
序で出番が無かった分、破はアスカの出番が多そうですね。ユニゾンキックが今から楽しみ♪最後の2人の無様な掛け合いも見物になりそうです♪

>SGA屋伍一さんこんばんわ♪

そうです。自分はエヴァが放映されていた当時は丁度シンジと同じ年齢だったんですよね~(^▽^;)その頃からロボットモノが好きだったからエヴァも同様に好きでしたけど、同い年の子が主人公って所も魅かれた部分かもしれませんね。
そいえば劇中でゲンドウは使徒を8体倒すとか言ってて、新劇は使徒の数が縮小されている事にも驚きました。シンジ・レイ・アスカの3人になってからテレビの方でもとんとん拍子で使徒を殲滅してましたが、破では削除される使徒が出そうですね。
取り敢えず候補としてはマトリエルとサンダルフォンでしょうか?(汗

>ぴょん吉さんこんばんわ♪

大幅に変わってたヤシマ作戦を観た後、テレビ版の第6話を見ると物足りなさを感じそうですね。(^^;)デジタル画は昔のテレビアニメじゃそうそうやっていなかったので、迫力も段違いです。
キャラクターの性格がテレビと若干変わってると言うのは自分も感じる所がありましたね。シンジはミサトに向かって反抗的な態度で不満をぶつけるシーンが印象的でしたし、ミサトはゲンドウの命令を無視し、逆にゲンドウに『自分の息子を信じて下さい』と問いただすシーンが新鮮に見えました。
破でもこういった変更点があると思うと、次回も飽きさせない内容になりそうですね。

次回

こんにちは、メビウスさん。いつもTB&コメントありがとうございます。
TV版は人に進められて3年位前にDVDで観ました。
今回は全くの新作を映画でやると思ってたので総集編はちょっと拍子抜けした感じかなぁ。
でも、次回は大分変わってきそうですね。アスカあまだ出ないのかな?

アスカ大暴れ

>もじゃさんこんばんわ♪

前半に掛けては総集編と言う感じを抱くのも分かりますね。部分的に変わってるだけで内容は変わってませんもんね。でも後半はガラリと様変わりしていたので、個人的には嬉しかったですよ♪
アスカは『破』から新キャラやカオル君と一緒に大暴れだと思います♪弐号機と共にスクリーンで活躍する姿に期待せざるを得ません♪

おじゃまします

おじゃまします。遅い反応で申し訳ないです。
今回のエヴァンゲリオンは絵も随分綺麗になっているし、新たな謎も沢山出てきて、今後に期待する部分は大きいのですが、未だ2本目がハッキリしていないというのも如何にもエヴァ。
テンションを上げすぎないように慎重に対応していきたいです…のこりの3作には。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

延期してもいいですw

>ピロEKさんこんばんわ♪

そいえば前の劇場版も凄い遅れたりなんだりしてたので、エヴァファンにとって『延期』はもしかしたら予想の範囲内だったのかもしれませんね(笑
まあ何事も予定通り行かないのが常でもありますし、自分も今回の劇場版には凄い期待をしていますから、例え何ヶ月延期になろうとも素晴らしい作品に仕上げてくれるのなら何時でも待っていたいですよね。
次の『破』は新キャラクターに新エヴァも出るみたいなので、否が応にも期待が膨らみます。

PAGETOP