スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ

【監督】三池崇史
【出演】伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/桃井かおり/木村佳乃/香川照之/安藤政信/石橋貴明/堺雅人/クエンティン・タランティーノ
【公開日】2007/9.15
【製作】日本

【ストーリー】
壇ノ浦の戦いから数百年後、とある山奥の寒村。そこでは源義経率いる源氏ギャングと平清盛率いる平家ギャングが、村に言い伝えられる埋蔵金を巡って血なまぐさい抗争を繰り広げていた。そこへある時、心に傷を負った流れ者のスゴ腕ガンマンが村へと流れ着いた。彼がどちらの用心棒に付くのかそれぞれの思惑がぶつかり合う中、源平の戦いは更に激化してゆくのだった・・・


【コメント】
マカロニとスキヤキどっちが好きと聞かれると、自分はやっぱりスキヤキでしょうかね?しいたけ以外ならどの具材も一応好きなのでっ(笑)だからそのスキヤキのように色々な要素を盛り込んだこの『スキヤキウェスタン ジャンゴ』も、鍋を突付く楽しみの如く面白く観れた作品でしたっ♪

クエンティン・タランティーノも出演してるので彼の作品で本作を例えるとなると、あの『キルビル』が一番しっくり来るかもしれませんね。様々な映画のオマージュを散りばめて融合させていた『キルビル』と同様に、『ジャンゴ』も西部劇+源平合戦、銃もあるけど刀も持参でおまけにスカジャン・ジーパン当たり前。セリフも全員和製英語で『ICHIRO、MATSUI』なんて聴き逃してしまいそうだった人名まで喋ったりと、とにかくふんだんに和と洋がコラボってて、何とも荒唐無稽な世界観になっていますね。だからファンタジーのような妄想世界でもあるこの和製ウエスタンは、昔の西部映画とは切り離して日本独特の作風だと思って深く考えず観た方が良いかもしれない。
自分もその西部映画・・・・マカロニ・ウェスタンと呼ばれる作品を一度も観た事が無いですし、本作の随所に加えられているであろうマカロニエッセンスもあまり分からなかったので、結果『トランスフォーマー』の時のようにドンパチ激しいアクションシーンなどに結構注目していましたね。特に馬に乗りながらの銃撃シーンなどは、タラのCG無しスタントのように本格的に見えた。西部劇じっくり観た事無いだけに、日本の大河ドラマとは違った迫力も感じられました。

登場人物の中で個人的に好きなのは、やっぱりガンマンを演じてた伊藤英明。出で立ちもガンアクションも一番キマッてるように見え、後半ではそのガンマンのお家芸とも言えるクイックドロウ(早撃ち)なんかも披露してくれて、目に入る敵を片っ端からサーチアンドデストロイ(見敵必殺)していく姿がカッコイイです♪
自分は高校生の頃モデルガンを割と所有していて、ガンマンが使っていたような回転式拳銃も2丁持っていたので、クイックドロウとか見せられるとそこにシビレるあこがれるゥ!!な気持ちが芽生えてきますね♪今更ながら、リサイクルショップに持っていかないで取って置くべきだったかも・・・(--;)。
あと桃井かおりが演じてたルリ子も、『血まみれ弁天』に返り咲いてから2丁拳銃で華麗に戦う姿がガンマン同様にカッコ良かったですが、反面、後半辺りに出て来たタランティーノとのスキヤキ談義では逆に笑いを誘ってくれてまるでコントのよう・・・・・・・・と言うよりコントそのものでした(^w^)
伝説のガンマンであるピリンゴを演じたタランティーノもちゃぶ台返ししたりとワルノリ全開で、更にアニオタだから息子の名前はアキラにしたなんてエピソードにもかなり吹いてしまった、いちアニオタ・メビウスです。


過激描写だけじゃなくツボに来るギャグや笑いも色んな所に盛り込んであって、個人的にはかなり見応えのあった異色作でしたね。最後に主題歌を歌うサブちゃんの力強い熱唱も聴き応え抜群で、なんか自分も握りこぶし作りながら『ジャァ~~ンゴォ~~~♪』なんて言いたくなってしまいました。
それにサブちゃんと言えば年末の紅白歌合戦ですが、今年はもしかしたらこのジャンゴを歌うんじゃないかと凄い期待もしてしまう♪
年納めにジャンゴ・・・・・・うわぁ~、最高じゃないですかソレ♪( ´▽`)

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
随分前にネ友のJさんに教えてもらった「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ (SUKI
今とは違う時代の日本、源氏と平家が雌雄を決した檀之浦の戦いから数百年。とある村に眠る埋蔵金を巡って二大勢力は再び対立していた。膠着状態が続いていた両者の戦いだったが、村に現れた凄腕の用心棒によって事態は動き出す。両陣営は用心棒を仲間に加えようと策を巡ら.
邦画はあまり観ないのだが、派手な予告に惹かれたし、とあるTV番組で出演者の佐藤浩市さんが、「これが面白くないんだったら映画ファンなんかヤメタ方がいい。文句があるなら佐藤浩市の所へ直接言いに来い」なぁ~んて仰っていたので・・・俄然興味が湧いてきちゃった~【st
楽しんだもん勝ち!
「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」(PG-12指定)は奇才三池崇史監督が源平合戦を和製ウエスタン風に描いた異色の決闘ストーリーである。1185年の壇ノ浦の合戦から数百年後を舞台にして名前はそのままに平家対源氏の対決が描かれている。
2007年/日本監督:三池崇史出演:伊藤英明(ガンマン)   佐藤浩市(平 清盛)    伊勢谷友介(源 義経)   安藤政信(与一)   石橋貴明(弁慶)   木村佳乃(静)   桃井かおり(ルリ子)   小栗 旬(アキラ)   香川照之(保安官)   ク
感動度[:ハート:]           2007/09/15公開  (公式サイト)笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】三池崇史【脚本】三池崇史/NAKA雅MURA【主題歌】北島三郎 『ジャンゴ~さすらい~』【映倫】PG-12【時間】121分【出演】
記事タイトルの元ネタがわかったあなた・・・ ずばり三十代以上ですね? 黒澤明の『
 『生き残れるのは、一人だけ。』 コチラの「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」は、実は密かに、って別に隠してたワケではありませんが、めちゃめちゃ楽しみにしていたPG-12指定の和製ウェスタンです。9/15に公開されていたのですが、先週はお休みさせていただいており....
人気ブログランキングの順位は?源氏×平家×用心棒 ─ ”埋蔵金”を巡る壮絶な戦いがいま始まる!生き残れるのは、一人だけ。
時代劇+西部劇やから、岡本喜八の『EAST MEETS WEST』みたいなんかな~と思ったら、いきなりジャニーズの大きな口の人が英語喋るんで、新春かくし芸大会みたいなノリに。でもタランティーノが出てると、ちゃんとタランティーノ映画みたいになってるから不思議や。センスが
スキヤキ♪
今週は3連休なので日曜深夜もナイトショウ開催中・・・って事で、今週末公開の期待の本作を鑑賞。なんてったって、予告編何度も見せられて、興味津々だったからね。
 日本  西部劇&アクション 監督:三池崇史 出演:伊藤英明     佐藤浩市     伊勢谷友介     桃井かおり【物語】 壇ノ浦の戦いから数百年後。山あいの寒村“湯田(ユタ)”は平家の落人が拓いた村。ある時、そこに平家再興の埋蔵金が....
試写会にて「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」 三池崇史監督による、全編英語セリフの和製ウエスタン活劇。ストーリーは源平の戦いの要素を取り入れて、源義経率いる白い源氏ギャングと平清盛率いる赤い平家ギャングがお宝を巡って抗争を繰り広げるといういたって単純なも
平家と源氏の争い。 祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色盛者必衰の理……時代劇??西部劇??そこにたどり着いたガンマン。軽く楽しむつもりで行ってきました。その結果、期待通り、きっちり楽しんで来ました。伊藤英明、伊勢谷友介、そして桃井かおり
2007/09/15公開(09/16鑑賞)製作国:日本 PG-12監督・脚本:三池崇史出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之源氏が平家を滅ぼした壇ノ浦の戦いから、数百年後の山間の村。伝説の宝を求めて、義経の源氏軍と清盛の平家軍が激しく対立していた。そこへ
予告編観てこれは面白そうだと期待してました。 予告で流れるサブちゃん歌う♪ジャンゴ~って主題歌、これ知ってるかも? その「ジャンゴ」って主人公が出てくるマカロニウェスタンどんなかは ほぼ覚えてないですけどあの曲は記憶の片隅にあるってことはテレビ放映...
監督:三池崇史 CAST:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之 他 壇ノ浦の戦いから数百年、平家の落人が住む村、湯田に、埋蔵金の噂を聞きつけて多くのよ...
ジャンゴぉぉぉぉ~ 何でもっと早くに出てこなかったんだろう。こんな邦画を待ってたよ。
原題:―― 製作年度:2007年 製作国:日本 上映時間:121分 監督:三池崇史 製作指揮:―― 原作:―― 脚本:三池崇史/NAKA雅MURA 出演:伊藤英明/佐藤浩市/伊勢谷友介/桃井かおり/木村由乃/安藤正信/香川照之 北島三郎
 2007年 これがスキヤキ・ウェスタン 9月21日、MOVX京都にて鑑賞。あのタランティーノが崇拝している監督三池崇史が、ちょっと異色な作品を作った。それが「SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ」。何と、ハリウッド映画のルーツであるウェスタンと日本映画の源流で
*オリジナル・サウンドトラック監督:三池崇史出演:ガンマン・・「伊藤英明」平清盛・・・「佐藤浩市」源頼朝・・・「伊勢谷友介」静・・・・・「木村佳乃」アキラ・・・「小栗旬」公開:2007年  公式HP「タイムスリップ...
北島三郎の主題歌が流れる予告を観た時から、とても観たくて初日に行ってきました。
Sukiyaki Is A Japanese Food【Story】とある山奥の寒村、源義経率いる源氏ギャングと平清盛率いる平家ギャングが、村に言い伝えられるお宝をめぐって血なまぐさい抗争を繰り広げていた...
監督:三池崇史 出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、桃井かおり、香川照之、石橋貴明、安藤政信、木村佳乃、小栗旬、クエンティン・タランティーノ、香取慎吾 評価:90点 公式サイト (ネタバレあります) おお、面白い。 マカロニ・ウエスタンをパロっ?...
好調好調{/up/}。 今年に入ってこんなに連日更新したのは初めてです(内容が無いとはいえね{/face_ase2/})。 …で、ここいらがへたり時なんですけどね{/face_ase2/} 今日{/kaeru_fine/}は朝と夕方から少しだけ出かけて、あとは寝てました{/kaeru_night/}{/ase/}。 天気?...
スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴは今月の14日にWOWOWでして 火曜の午前中に鑑賞したが滅茶苦茶な感じだったが良かったね 内容は源氏VS平氏の時代劇を西部劇で凄いヤリ手の用心棒が来て 抗争が激化して皆が死ぬと言うセリフ全編を英語の展開だったね 冒頭...
あらすじ壇ノ浦の戦いから数百年、平家の落人が拓いた山あいの寒村“湯田”は、埋蔵金の噂を聞きつけ押し寄せたよそ者たちに荒らされ放題だった。そして今、平清盛の平家ギャングと源義経率いる源氏ギャングの果て無き抗争の真っ只中に、さすらいのガンマンが流れ着く。清...
作品情報 タイトル:スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ 制作:2007年・日本 監督:三池崇史 出演:伊藤英明、佐藤浩市、伊勢谷友介、安藤政信、堺雅人、小栗旬、田中要次、石橋貴明、木村佳乃、香取慎吾、クエンティン・タランティーノ、香川照之、桃井かおり あらすじ:...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

モデルガンですか。僕は子供の頃に兄ちゃんからエアガンで狙撃された事があって(事もあろうに一緒に遊んでた僕の友達まで狙撃しやがった)、それ以降モデルガンの類は苦手です。でも銃は大好きなのでゲームで撃ちまくってますけど(笑)。

全体的に好きな作品ではあるんですが、この内容ならもっと上を、もっと馬鹿を目指せたのではないかと思ってしまいました。期待が大きすぎた事もあり評価としてはボチボチですね。

こんにちは!

お邪魔しま~す♪
普段邦画はあまり観ないのですが・・・これはスッゴク楽しめました~^^・
オープニングのタラちゃんシーンから掴みはOKだったみたいです(笑)
1番ビビッときたのは伊勢谷君でした~
彼のカッコ良さにやられちゃいました!
木村さんのダンスシーンはイマイチ引いちゃったのですが、全体的に面白い映画で大満足でした♪

イマイチなんでしょうか?

>えめきんさんこんにちは♪

え?撃たれたんですか?(・□・;)(汗)いけない兄ですねぇ・・・。モデルガンといった類はサバイバルゲームのような決められた所で使うのが前提なので、むやみやたらに人に向けて撃ってはいけないんですけどね(汗)。自分は眺めて満足するよなコレクションの類で留めていましたね。

そういえばこの作品は『満員御礼』とか『大ヒット公開中』なんてCMを殆ど聞かない辺り、興行的にはイマイチなんでしょうかね?

>由香さんこんにちは♪

あ、そう言えば由香さんって確かに邦画の類はあんまり観てないですよね。映画記事も結構洋画モノが多い事に気づきました(^^;)そういう自分も今年はあんまり邦画観てないですね・・。せいぜい観るのは大作ものばかりで、単館上映作品は全然観ていませんです(汗)

自分は登場人物の中ではガンマン演じる伊藤英明が良かったですけど、由香さんは伊勢ヤンですかw暴れん坊将軍のマツケンのように刀を操る姿がカッコ良かったですけど、ちょっとボンバーヘッドだったのが個人的減点でした(笑

紅白でサブちゃんが“ジャンゴ~”と歌うなら、何年ぶりかで紅白見てもいいんだけどな(笑)
年越ソバではなく、年越しスキヤキでジャンゴ~はいけるかも(爆)
“ジャンゴ~”と聞くと自然と握り拳が・・・!

キル・ビル同様、どんでもないものを見てしまった、って作品でした~~(笑)

こんにちは♪

TB&コメントありがとうございました!
思っていたよりストーリーもしっかりしてたんですけど
何も考えずに楽しめる作品でしたねw

僕も3年前くらいに勢いで友達とエアガンを買ったんですけど
結局やる場所がなくて使えないんですよね~。
でも2日前に庭にスズメバチがいたので
窓から狙いました♪

年越しスキヤキw

>えふさんこんばんわ♪

自分もここ数年は紅白じゃなく同時間に入るK-1とか見ていたので、もしサブちゃんがジャンゴ歌うのなら『最後』だけ見てしまいそう(笑)。
ジャンゴに合わせて年越しそばじゃなく、年越しスキヤキってのも面白いですねっ♪
年末は一緒に期待しましょう♪

>こーいちさんこんばんわ♪

荒唐無稽な作品は色々と突っ込み所満載でもあるので、楽しんだもの勝ちだと思いますね。
ん?こーいちさんもエアガン持ってたんですか?そうそう、エアガンって使う場所限定されてしまうので、あんまり大っぴらに撃てないんですよね。エアガンのタマもバイオ弾ならともかく、普通のBB弾じゃ散らかっちゃいますもんね(汗

でも庭のスズメバチにならアリかも?(^^;)と言うか庭にスズメバチの巣ってかなり怖いですっ(汗

コメント&TBありがとうございました

マカロニ・ウェスタンに関してはわたしも良く知りませんが、この『用心棒』は『七人の侍』と同様、手を変え品を変え何度もリメイクされてますよね。わたしは野良猫版『用心棒』とも言える『どらん猫小鉄』という漫画が特に好きです

>イチロー・マツイ
はあからさますぎてすぎてすぐわかりましたが、「トシオ」ってなんでこの名前なんでしょう。もしかして『呪怨』の坊や?

あと用を足しているところを見られて恥ずかしがる桃井かおりに、不覚にも萌えました

大晦日

この映画が大ヒットしてたら、サブちゃんの「ジャンゴ」もあったかもしれないと思うと実に惜しい客の入りです。

今年の年末は「PRIDE」ほぼ消滅で、格闘技×2でないのが残念~。

イマイチ?

>SGA屋伍一さんこんばんわ♪

『七人の侍』はあの黒澤監督の代表作でもありますし、自分も名前くらいは知っているのですが、古い作品でもあるからか、自分の界隈のレンタル店にどこにも置いてなくて、観る事が出来ないんですよね~(汗)
それに『世界の黒澤』とも呼ばれていますから、彼の作品に影響を受けてる監督さんも多いでしょうし、三池監督もその1人でしょうか?ガンマンという人物も『用心棒』から来ているのかもしれませんね。

>aq99さんこんばんわ♪

『大ヒット上映中!』とかいうお決まりのCMが出ていない辺り、やはり興行的にはイマイチなんでしょうか?
・・・確かにこの作品も人選びそうですもんね。映画がヒットしていないんじゃ、サブちゃんも紅白でジャンゴ~♪はおあずけになってしまうかも?
う~ん、やっぱり今年は自分も同じく格闘技鑑賞になりそうな感じが高まってきましたが、取り敢えずサブちゃんは必ず最後に出て来るので、最後だけはチェックしてみた方がいいですね(笑

こちらにも。
へえー、メビウスさんもガンマンだったのかー。専門用語がでてくるだけで尊敬。爆
でも、ほんと、皆さん西部劇はまってましたね。乗馬なんかも結構上手だった(ように見えた)し。
こういう映画を撮ろうという発想がまず面白いです。ちょっと男臭いけど、クールすぎずにユーモアがあるところが私には楽しめました。
年越しスキヤキ、それ、いただきー。笑
年末の紅白、私も何気に気になりますww

ガンマンかぶれ

>シャーロットさんこんばんわ♪

ああ、よくぞ聞いてくれました(笑)実は自分も高校の頃はかなりのガンマン『かぶれ』でした(爆
でも当時モデルガンのカッコ良さに凄く憧れていたのは事実です。それこそ部屋に銃とかいっぱい飾っていましたし、実はライフルも一丁持ってたりとかなり危ない青春を送っとりました(^▽^;)

でもサブちゃんにはホント紅白でジャンゴ歌って欲しいですねw
杞憂に終わるかもしれませんけど、年越しスキヤキの準備をするのもまた面白いかも?
でもって豆腐を見て『絹ごしじゃないか!!!』とか?(笑

紅白で

「ジャンゴ」聞きたいですねぇ~。
応援にはもちろん平家と源氏のみなさんに
お越しいただいて~(´∀`*)ウフフ
ガンマンって地見だし人気なかったけど、
メビウスさんはお好きなんですね。
しかも、観るところが渋いっ!
強烈なキャラ達にすっかり目を奪われて
しまっていましたが、
ガンマンちゃんと活躍してたんですね♪

こんにちは♪

全編英語劇に当初は不安でいっぱいだったんですが
そんなのは杞憂で最初から最後まで思いっきり楽し
めた作品でした。

やっぱり男なんで侍&ガンマンが無条件で好きと言う
こともあってこの組み合わせは最高でした!!
エアガンは少年の必須アイテムですよね。
44マグナム握って一人ハリー・キャラハンを少年時代を
思うとスゲェ恥ずかしくなってきます…。r(^^;)

TBありがとうございました

こんばんは♪
伊藤君はガンマンとして終盤は見せ場があったのに、なぜか記憶にあまり残らなかったんですよね(汗)
やはり周囲に濃いキャラが多すぎたんでしょうか。
三池監督にはまたまたぶっ飛んだ映画を撮って欲しいな~って思います。

宙ぶらりん

>miyuさんこんばんわ♪

サブちゃんもド演歌じゃなく、趣向を凝らしてジャンゴのような変わった歌をたまに紅白で熱唱して欲しいものですねw
映画では源氏(白)が勝ったから、紅白でも白が勝ったりとか?(笑
でもガンマンは主人公なのに、あまり人気ないですね。やはり海猿よりもキャシャーンの方がいいんでしょうか?(汗

>風情さんこんばんわ♪

外国の人から観たら和製英語は不安と違和感でいっぱいでしょうけど、日本だと映画で外国語聞くうえであまりアクセントとか気にして見る人は少ないと思うので問題はないかもしれませんね。自分も英語サッパリなので、誰がヘタウマか分かりませんですw

※44マグナムは迫力があってイイですよねー♪ハリー・キャラハンのマグナムじゃないですが、自分は『シティーハンター』の冴羽が持っていたマグナムのシルバータイプは持ってましたよ~♪

>ミチさんこんばんわ♪

ガンマン役の伊藤英明は用心棒という設定だったためか、どっち付かずな役柄でもありましたし、キャラの中では一番纏まっていない宙ぶらりんな人物であるのは否めませんね(^^;)彼の過去も断片的なのでそこもまた宙ぶらりん(汗
だから自分が好きだったのはやはり『見てくれ』の部分だけですね。それに彼が見せた『早撃ち』などは相当練習しないと出来ないでしょうし、伊藤英明がガンマン演じる上での影の努力をあの早撃ちに見た気がします。

裏主演

主役級が勢ぞろいしてただけに、伊藤英明の影が薄かったのはしょうがないところですね。
桃井さんがあーなっちゃってたからには、裏主役・・とでも読んであげたいですね。
てことは、タラちゃんは裏主役の・・・
どうりで待遇が良かったハズですね。

影主役

>ひらりんさんこんばんわ♪

表の主役よりも裏の主役の活躍の方が後半の追い上げが凄かった感じがします。血まみれ弁天は拳銃両手にカッコイイアクション披露してくれましたし、もう一人の裏・・・と言うより影主役でもあるタラは笑いを振りまいてくれていました。大抵他の国からの出演者ってチョイ役になる事多い気がしますが、三池監督はタラを尊敬してるせいかかなり重要な役所でしたね。

こんばんは☆

スキヤキは好んで食べないですねぇ・・・
ってそんな話ではなくて。
私もさぶちゃんに紅白で♪ジャンゴ~って歌ってほしいです、ってそんな話ではない?

私は桃井姐さんがカッコ良かったのでそれでいいです(笑)

年を感じさせない動き

>ゆかりんさんこんばんわ♪

ゆかりんさんはスキヤキそれほど好きな方ではないんですか?自分だったら大手を振ってがっついちゃいますよ?でもあんまり甘すぎるスキヤキはちょっと嫌ですね(笑)

桃井姐さん、結構お年を召しているのにかなり機敏な動き。
今年は洋画でもスタローンやブルース・ウィルスが年齢を感じさせないアクションを披露してくれたので、桃井姐さんもまだまだ若い者にはっ!って感じの激しいアクションをこなしててカッコ良かったですね♪

kazupon

メビウスさん

TBありがとうございました。^^
そうそう、タラちゃんと桃井さんの
場面、コントみたいだったって同感です。タランティーノそんなに頻繁に
来日してるわけでもないのに、なんだかお茶の間感のある人ですよね。^^
サブちゃんには紅白でジャンゴ、是非
歌ってもらいたいもんです。

桃井さんの服装が・・・

>kazuponさんこんばんわ♪

桃井かおるはタラとコントする時、かなり違和感のある服装で演じていたのでそれが尚更笑いを誘っていましたねっw少女役をやらせるにはかなりハードル高いですが、それでも見事に演じた桃井姐さんは凄いと思います(^^;)

紅白で歌う曲はサブちゃんもまだ決まっていないと思いますが、出来ればジャンゴ歌って欲しいですね。初めて聴く人でもかなり心動かされると思います♪

アイ・ライク・シラタキ!!

メビウスさん、お久しぶりです。
お元気でしたか?
先日、スーパーで「きおう」というリンゴを買ったら
激マズで食べられたものじゃありませんでした・・・

しょーーーっく!!

メビウスさんもこの作品は楽しまれたようですね。
もち、スワロもかなり楽しみましたよ!
邦画には珍しくなかなかオツな娯楽作品でしたよね。

そして、この感想にメビウスさんがどんな人か伺える要素が盛り込まれているのも
メビウスファンとしては見逃せませんね(笑)
ふぅ~ん・・・しいたけ食べないんだ。
っていうか、ウチのスキヤキにはしいたけ入ってないよ。
銃に関するコアなお話しは意外でした。
しかもリサイクルショップに売ったとは・・・(笑)
素敵。

すっぱいリンゴ

>スワロさんこんばんわ♪ご無沙汰しております♪

自分も相も変わらず元気しております。最近仕事疲れが多いので、家に帰ったらリンゴじゃなくバナナばっかり食べてますw
あ、『きおう』食べたんですか?自分もあんまり食べる品種ではないですが、きおうって食べ頃間違えると、凄いすっぱいですよ。自分だったら『おうりん』とか『むつ』をオススメしますよ。デカイし味も文句なしなのです。

あ・・、話反れましたがジャンゴ面白かったですね~。今年はあんまり邦画を観ていないので、久々に当たり邦画引くと面白さも倍増ですっ♪ストーリー云々より登場キャラやギャグで楽しむ映画ですね。

と言うかスワロさん、スキヤキにしいたけ入れないんですか?な、なんて羨ましい鍋なんでしょう・・・(^▽^;)

桃井かおり♪

メビウスさん
今晩はv-222
桃井かおりさん、なかなかv-218でした。銃さばきもかっこいいし
私の中では彼女が一番でしたねv-237タランティーノとの絡みも
良かったし・・・。ラッキーな桃井さんでした。何か桃井さんのことばかり書いてしまいました(^_^;)

カッコイイ♪笑えるw

>mezzotintさんこんばんわ♪

自分も桃井かおりは伊藤英明の次に良いと思っているので彼女のカッコ良さには惚れ惚れしてしまいました♪一時期は銃マニアでしたから、二丁拳銃なんて憧れでしたし、彼女くらいの年齢であんなアクションかまされると逆に男顔負けのカッコ良さを感じるんですよね。
でも落とす所はしっかり落としていて、タラとのコントでは逆に思い切り笑わされましたね♪例え絹ごしでも近距離でぶつけられると痛そうです(笑

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

>鍋を突付く楽しみの如く面白く観れた作品
まさにそうですね!
具沢山で味が濃くて、僕も堪能させてもらいました。
最近のアクション映画の銃は大概オートなので、リボルバーの早撃ちとか見るとしびれますよねー。
あとやはり最後のサブちゃんの歌は良かった。
サブちゃんにオファーしたセンスだけで三池監督スゴいなあと思います。
紅白の「ジャンゴ」期待しちゃいますね。

鍋映画

>はらやんさんこんばんわ♪

石橋貴明のような嫌いな具材も入っていた鍋映画でしたけど、自分も同様に面白かったです♪
ごった煮ストーリーは好き嫌い別れますけども、本格的なガンアクションと騎馬戦で補って余りある感じもするんですよねぇ。サブちゃんの歌も力強くて、個人的には最後まで飽きなかった作品でしたね♪

メビウスさんおはようございます♪

この作品で一番おいしいのは香川でも桃井でも、タラでもなく、意外にSaburou Kitajimaだった気がしますw

紅白では是非「ジャアンゴ~オ♪」と拳を利かせて歌ってほしいものです。そうすれば紅白を見る気になるのですが・・・(笑)

紅白でジャンゴォォ~~♪

>daiさんこんばんわ♪

Saburou Kitajimaは出演こそしていないものの、作品の締めとして素晴らしい歌を熱唱してくれたので、スキヤキ風に言えば隠し味?みたいな存在でしょうね(笑

そいえばサブちゃんは今年も紅白出場決定してますが、何を歌うのかはまだ分かってないみたいですね。淡い期待ですけど、ジャンゴならどんなに素晴らしい事か・・・w

おじゃまします

おじゃまします。
マカロニとスキヤキなら意外とマカロニかもしれないピロEKです。
そして、今日残ったマカロニサラダを炒めて“焼きマカロニ”にして食べたけど失敗料理だったピロEKです。
…と、映画の話に触れなくてスイマセン。
では、また来させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

マカロニ

>ピロEKさんこんばんわ♪

わははっwスキヤキは好きですが、自分も確かにマカロニ好きです♪オカンが作るのはチーズをこれでもかこれでもかと入れてレンジでチンするので、水が手元に無いと絶対完食出来無いですね(笑
でも炒めるマカロニというのは食べた事が無いかも?なんか美味しそうですね♪

コメントおーきに

桃井さんとタランティーノのコントは良かったですよね。
貴明のコントは見たくなかったですが。

アニメ好きだからアキラと言わせてましたけど
アキラとルリコは、小林旭と浅丘ルリ子から
名づけたみたいですよね。

ダダ滑り

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

桃井&タラのコントに比べたら、石橋貴明の笑いなんて失笑モノですよね(^^;)あの女言葉になりながらの1人コントはバラエティーでも散々見てきたので今更感もありました・・(汗

と言うかアキラは『AKIRA』から取ったんじゃないんですね(^▽^;)アニメ好きでアキラとくれば、真っ先にそっちを思い浮かべてしまいますよ(笑

PAGETOP