プラネット・テラー in グラインドハウス

【監督】ロバート・ロドリゲス
【出演】ローズ・マッゴーワン/フレディ・ロドリゲス/マイケル・ビーン/ジェフ・フェイヒー/ジョシュ・ブローリン/マーリー・シェルトン/ナヴィーン・アンドリュース/ブルース・ウィリス
【公開日】2007/9.22
【製作】アメリカ

【ストーリー】
テキサスの田舎町。米軍の悪人部隊長の生物兵器実験により、町中にウィルス感染者が増殖。感染者達は次々と恐ろしくも凶暴なゾンビと化す。ゴーゴー・ダンサーのチェリーは片足に深い傷を負うが、失った足にM16を装着し、元恋人のエル・レイと共に軍隊やゾンビを相手に死闘を繰り広げるのだった・・・


【コメント】
クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ』に引き続くグラインドハウス第2弾は、彼の親友であるロバート・ロドリゲス監督作。ゾンビに片足を奪われたストリッパー・チェリーが元恋人のレイと共に、恐怖のゾンビ・ウィルスもブルース・ウィリスも全部纏めてデストロイしていくというグロくて痛快なゾンビ映画です。

CG無しノンストップ・カーアクション等が見応えだった『デス・プルーフ』も迫力ありましたけど、この『プラネット・テラー』も負けてはいませんね。・・・いや、でも個人的に娯楽的な部分ではこちらの方が良かったかもしれない。なんせ『ダルさ』を全然感じませんでしたから。
『デス・プルーフ』はカーアクションの場面になるまで女性キャラ達のぐだぐだな会話を延々と聞かなければいけないから、残念にもそれが難アリの部分だったのですが、『プラネット・テラー』の方はそういった眠くなるような場面が無かったから飽きなかったし、少しホッとしましたね。両作品ともあんなダラダラとした会話が入っていたら、2本立ての全米公開バージョンなんかはかなり辛そうです(汗

グラインドハウスに見られたフィルムのキズや飛びもまた健在で、今回は1巻紛失という凄い痛みまで加えている凝りよう(^^;)。しかもその紛失がとてもイイ場面で発生したため、これは悔しい!非常に悔しいっ!!
『デス・プルーフ』の記事の方で自分は『見所ある場面でもシーンが飛んだりなんかして爽快感を削がれるような事があったとも思いますので、本作でもその『悔しさ』みたいなものを少しだけ体験したかった』と書きましたが、まさか本当に体験できるとは思いませんでしたね。不手際お詫びしますなんて謝罪も用意周到で笑ってしまいました♪
ただ今回画面の『揺れ』のようなものが結構激しくて、目がちょっと疲れてしまった所もありましたけど、そんなフィルムの劣化も後半にチェリーが片足マシンガンで見せるガンアクションによって些細な感じに思えてしまった。

『デス・プルーフ』では金髪美女パムを演じたローズ・マッゴーマン。本作では片足ストリッパーのチェリーをエロク・強く・カッコ良く演じてて、自分もかなり魅了されました。冒頭のストリップダンスでは彼女のオケツにかなり注目してしまいましたし、足にマシンガンを装着してからは手で持つのとはまた違った撃ち方を披露してくれてとても斬新。無駄な才能とやらでバズーカもひらりとかわす姿もカッコイイ♪
でも正直な所、足に付けたマシンガンをどうやって撃ってるんだろう?なんて現実的な疑問も浮かんでくるんですけど、それを言っちゃあおしまいでしょうかね?


マイケル・ビーンも出演してるせいか、恋人の死を乗り越え、その後テキサス以外の場所でも勇敢にゾンビと戦ってるチェリーの姿が『ターミネーター』のサラ・コナーっぽい雰囲気に見えちゃったままジ・エンドとなったプラネット・テラー。う~ん・・・・、オチはデス・プルーフの方が上でした(笑
でもグラインドハウスがこの2作だけっていうのも勿体無い気もしますねホント。自分もまさかここまで笑えて楽しめて爽快な気分にさせてくれるとは思わなかったので、タランティーノとロドリゲスがまた何か考えてるのであれば、続編とはいかないまでも再度別な作品を作ってくれないかなと願うばかりっ♪

取り敢えず『マチェーテ』観たいっ!!

『グラインドハウス』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
こういうのが見たかったんだよ!B級お馬鹿映画! てえことで、ロドリゲス版グライン
監督・脚本・撮影:ロバート・ロドリゲス出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン、マーリー・シェルトン、ジェフ・フェイヒーファーギー、クエンティン・タランティーノ評価:80点公式サイトもとも....
 『地球の未来は彼女に託された 最強ヒロイン登場!』 コチラの「プラネット・テラー in グラインドハウス」は、先に公開されたクエンティン・タランティーノ監督の「デス・プルーフ in グラインドハウス」と"グラインドハウス"を再現した2本立ての内の1本で、
【Robert Rodriguez's Planet Terror】R-152007/09/22公開(09/22鑑賞)製作国:アメリカ監督・製作・脚本・撮影・編集・音楽:ロバート・ロドリゲス出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブローリン、マーリー・シェルトン、ジ
「プラネット・テラーinグラインドハウス(ロバート・ロドリゲス監督)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてくだ...
スタンダップ・コメディアンを夢見る女性チェリー。しかし彼女の夢は、軍の毒ガスによって大量発生したゾンビに片脚を奪われた事によって途絶えてしまう。ゾンビはみるみる内に勢力を拡大し、チェリー達生存者は完全に孤立してしまう。しかしチェリーは失った片脚の代わり..
タランティーノ監督の『デス・プルーフinグラインドハウス』が思いの外面白かったのでコチラも楽しみにしていた。↓の【story】を見る限りじゃー小躍りしたくなるくらいぶっ飛んでいそうではないか【story】テキサスの田舎町。米軍の部隊長マルドゥーン(ブルース・ウィリス
                                                                                                                   
2本立てで観てきました♪
爆発の中から飛び出してくる片脚マシンガン美女、チェリー・ダーリン!一番っカッコいい!!このシーンが、一番テンション上がりまくり!このチェリーをやってるローズ・マッゴーワンって『デス・プルーフ』で、
  ☆公式サイト☆ 今日は「幸せのレシピ」のジャパンプレミア試写状を友達にあげてこちらの映画を鑑賞♪ “グラインドハウス”と呼ばれる、センセーショナルなB級映画にオマージュを捧げたアクション・ホラー。軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら撒
タラのグラインドハウス映画「デス・プルーフ」は、何だかなぁ~!‥‥という感じで、ワシ的には非常に困惑させられた一本でありました。だからゲス(ロドリゲス)版グラインドハウスの「プラネット・テラー」も、観に行くのが実に億劫だったんですが、二本揃わなければグラ
9/14 試写会で 観てきました。【グラインドハウス】タランティーノ×ロドリゲス公式サイトあらすじ:軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら撒いたことで、テキサス州オースティンにある町の住民はゾンビ化してしまう。ゾンビたちが次々と人々を襲..
レシピ泥棒はゾンビ?
デス・プルーフ VS プラネット・テラーのグラインドハウス対決(勝手に)は、私の好みは、当初の予想と違って、プラネットの勝ち?
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ ゾンビども・・・あたいの片足が火を噴くぜ 
     ★★★★☆  クエンティン・タランテイーノの 「デス・プルーフ in グラインドハウス」(2007年、米)」と対をなす、 ロバート・ロドリゲス監督の作品である。 原題は「Robert Rodoriguez's Planet Terror」。 「デス・プルーフ」がカーアクションなのに対し
また予告篇から。『ザ・シューター 極大射程』のおっさん版みたいなストーリーの『マチェーテ』という映画で、これがなかなかようできとる。主役のおっさんも、『デスパレートな妻たち』の風船おじさんとして強烈な印象を残した人や。これも面白そやなぁ~。でも、ふだん予
最もスタイリッシュな対ゾンビ兵器とは―? 四連ショットガン?  芝刈り機?  ...
今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・ タランティーノとロバート・ロドリゲスのコラボ企画「グラインドハウス」の二本目。 タラちゃんの「デス・プルーフ」は9月はじめに鑑賞済み。
ようやく観てきました。 <日比谷みゆき座> 監督:ロバート・ロドリゲス 脚本:ロバート・ロドリゲス テキサスの片田舎。米軍基地から生化学兵器のガスが漏れだした!そのガスを浴びた人々は凶暴化して・・・!! グロい!グロすぎる!!全編これスプラッタ!! た...
【Robert Rodriguez's Planet Terror】2007年/アメリカ 監督:ロバート・ロドリゲス  出演:ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス、フレディ・ロドリゲス、マイケル・ビーン片足がマ...
デス・プルーフに続くグラインドハウス作品。ロバート・ロドリゲス監督作。グラインドハウス映画でブルース・ウィリスが登場とは豪勢なつくり。冒頭からgogo danceにロドリゲスの音楽が聞かせる。物語は軍の機密にゾンビ、不倫夫婦にレズビアン、何故かミニスカ・
 ゾンビがいっぱい~ クエンティン・タランティーノ×ロバート・ロドリゲス、二人の最新作がデレクターズ・カットとして日本上陸 ということで、前回はタランティーノの「デス・プルーフinグラインドハウス」の鑑賞記事を紹介しました。遅くなりましたが、今回は
米軍の失策でテキサスの田舎町に生物化学兵器が流出し、感染者は次々と凶暴なゾンビ
今回紹介する映画は、ロバート・ロドリゲス監督のホラー作品の「プラネット・テラー in グラインドハウス」です。 プラネット・テラー in グラインドハウスのストーリーテキサスの田舎町。米軍基地の部隊長マルドゥーンは科学者のアビーを相手に、恐怖の生物化学兵器の取...
 今作は、以前感想を書いたデス・プルーフ in グラインドハウスとの同時上映作であり、そちらの監督タラちゃんことクエンティン・タランティ...
監督 ロバート・ロドリゲス 主演 ローズ・マッゴーワン 2007年 アメリカ映画 105分 ホラー 採点★★★★ 映画代が高い!1800円は高過ぎる!サービスデイやらで安くなったりはするが、それでも高いものは高い。1800円もあれば、それなりに腹一杯に食べれますし。?...
★★★☆  タランティーノの兄弟分、ロバート・ロドリゲス監督の本領発揮。ザラザラでわざと雨あとをつけたドギツイ映像は、同監督の『シン・シティー』を思わせる超B級映画である。 プラネット・テラー プレミアム・エディション販売元:ジェネオン エンタテインメント
[[attached(1,center)]] 軍人マルドゥーン(ブルース・ウィリス)が細菌兵器をばら撒いたことで、テキサス州オースティンにある町の住民は、「ゾンビ化」してしまう。 ゾンビたちが次々と人々を襲う中、片足がマシンガンになっている人気ストリッパー、チェリー(ロ...
原題 ROBERT RODRIGUEZ\'S PLANET TERROR 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 105分 監督 ロバート・ロドリゲス 脚本 ロバート・ロドリゲス 音楽 グレーム・レヴェル 出演 ローズ・マッゴーワン、ブルース・ウィリス フレディ・ロドリゲス、ジョシュ・ブ?...
はい本日二度目の更新です(本日ひとつ前の記事はこちら)。 今日{/kaeru_fine/}ガソリン入れてきたんですが、やっぱりお高いですねぇ{/face_hekomu/}。4月末と比較すると満タンで1,000円前後違うのかな。 …でも4月の終わりに行列までして給油する方々の気持ちは理解出?...
あらすじゴーゴーダンサーのチェリー(ローズ・マッゴーワン)は2週間前に別れた恋人レイ(フレディ・ロドリゲス)と再会する。しかし、彼とドライブ中事故に遭い、ゾンビに襲われ片足を食いちぎられてしまう。一方、女医のダコタ(マーリー・シェルトン)は、横暴な夫ブ...
『プラネット・テラーinグラインドハウス』を観ましたクエンティン・タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作した2本立てムービー「グラインドハウス」のうちのロバート・ロドリゲス監督版。謎の化学兵器でゾンビと化した感染者が溢れかえる...
プラネット・テラー in グラインドハウスはWOWOWで して確か先月の前半に鑑賞した記憶あるんだけど 結論はB級のバイオハザードと言う感じだが良いよ 内容は壊れた実験装置から出たガスにより人がゾンビ化し 片足になった主人公ら逃げながら戦うと感じの展開だ
地球の未来は彼女に託された 最強ヒロイン登場!

コメントの投稿

非公開コメント

B級

メビウスさん、こんばんは。
意味不明で制作者の都合の良い設定だらけなのがB級のやっちゃえ作品。だから、引き金のないマシンガンがOKなんですよね~。そういう作品だと最初から思って見れば、ただ楽しいだけになるのが面白いですねー(^^)
最後にはガトリングガンに変更されているあたりに、「エヴァ」を彷彿したのは多分、私だけですね(爆)

ラストは確かに「デス」のほうだったけど、テンポがよくって私はコチラが好みです。

こんばんは☆

「デス・プルーフ」も面白かったですけどあちらは後半に飛ばしてきますが、こちらは最初から飛ばしてますねぇ。
グロいのは苦手でしたがそんなの吹き飛んじゃうほど面白かったです。
チェリーの片足マシンガンには今か今かと待ってました。どうやって撃ってるんでしょーねぇ。そこはB級映画だから気にしちゃだめですって(笑)
でもって私も『マチェーテ』が観たいーっ!!

ツッコミ厳禁

>たいむさんこんばんわ♪

そっか、B級だってことをつい忘れていました(^^;)細かい所に目を光らせてついつい突っ込んでしまいます(汗汗
あ~、そういえば劇場版のエヴァにも確かガトリングガンが出て来るんですよね?自分の所はエヴァが10月ですからまだ観ていませんけど、今から楽しみですね♪

>ゆかりんさんこんばんわ♪

そうそう、最初から飛ばしてましたね。ローズ・マッゴーマンの踊りで早くも興奮高まってしまった自分ですw
マシンガンはやっぱり突っ込み厳禁?(^^;)レイが持ってきた時、チェリーのために足でも撃てるように速攻改造したと思っておきましょう♪(笑

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

B級映画の魅力がこれでもかと詰まった最高の娯楽映画でした。片脚マシンガン美女・チェリーも最高!
とにかく全編見せ場だらけで全くダレる事無く映画が進行してましたね。『デス・プルーフ』でも不満を払拭してくれる素晴しい出来でした。

>足に付けたマシンガンをどうやって撃ってるんだろう?
根性ですよ!あのマシンガンはきっと根性と直結してるんですよ!(笑)

こんにちは!

お邪魔します^^・
面白かったですね~
フィルムの1巻消失のタイミングが絶妙で笑っちゃいました~
で・・・エル・レイって誰よ?!って感じがいいわ~
タラちゃんもブルースも最後はスゴイ事になっていましたね(汗)
タラちゃんなんて溶けてましたものね。アレが1番キモかった気がします(笑)

メビウスさんこんにちは☆

キャストも良かったし、この企画成功ですね♪
はやくDVDでタラのとセットで一気観したいなー^^

女医もgood♪

>えめきんさんこんばんわ♪

B級は当たり外れ激しいですけど、これほど大当たりな作品は数少ないのでホント観て良かったです♪
チェリーも良かったですけど女医のダコタさんも良くありませんでした?注射器をビュッ!!と飛ばしたり、更におみ足も晒してサービス満点です♪(笑

>由香さんこんばんわ♪

フィルムがどんどん焼けていく1巻紛失のシーンは、自分の周りでも笑い声が聞こえていましたw男としては非常に悔しい瞬間でした(^^;)でも当時のグラインドハウスもこんな感じだったと思うとリアルで観ていた人達に激しく同情してしまいますね。昔だったらお金返せだったんじゃないでしょうか?(汗)
そういえばエル・レイの本職って何だったんでしょう?流れからするとブルース隊長と同じ元軍人かな?

>migさんこんばんわ♪

フィルムの痛みを敢えて再現するなんて、観ていて不快になるんじゃ・・・と最初は思いましたが、不快どころか逆に思い切り笑う羽目にっw意図的だって知らずに観に行った人は係員呼んだりしたんじゃないでしょうか?(笑

DVDになったらやっぱりタラとロドリゲスセットでしょうね♪単品だったらちょっとセコイ(^^;)でも特典次第では自分も買いですっ♪

こんばんわー

メビウスさん♪
こっちは「ダルさ」を感じてる暇がなかったですよね!
あの切り方も絶妙でしたよね~。
いいところスパっと抜いちゃって、結局エル・レイって誰やねーんとか何でみんなここにいるのよー??とか色んな疑問がわきましたが、それすらももうどうでもよくなるほどでした(笑
デス・プルーフのおうがオチは上ですが、こちらも何となくどーでもいいバカさが残る感じで好きです♪

そうなんですよねぇ~

こちらは全編楽しめましたよね!
でも、グラインドハウスverで観てたら、
最後に「デスプル」だから、
やっぱりあのダラダラの会話シーンは
爆睡しちゃってたんじゃないかなぁ~って
思ってます。
別々で良かったかも(^-^;

それからメビウスさんの記事を読んで
思い出したけど、
あのブリッジでバズーカかわすのも
すんごい興奮したなぁ~♪

ぷぷ、ホントにあのマシンガンは、どうやって撃っていたんでしょうね。

めらめら焼けていく『1巻紛失』!ずっとキモチ悪いの我慢してやっとラブシーンなのに、女でも『おいっ!?』って思ってしまいました。
メビウスさんは、希望通りに『悔しさ』が味わえて良かったですねぇ(笑)

2本立ては辛そうですね

>なななさんこんばんわ♪

デスプルはダルさも際立ってましたが、プラネットはグロさが際立ってましたね(^^;)ププッとさせる小笑いのギャグも交えてて、確かに『飽き』というものがなかったですね。
エル・レイの存在は結局謎でしたが、ロドリゲス監督の『エル・マリアッチ』と何か関係があるのかな?とも思っちゃいますねw

>miyuさんこんばんわ♪

全米公開verの二本立てって最後がデスプルなんですか?プラネットが最後の方が良い感じもするんですけどね?確かにあのダルさが最後に来るとキツイですね。3時間近いと聞きましたから、力尽きて寝てしまう人もいたんじゃないかと思いますね(汗

>あんさんこんばんわ♪

グロさ一辺倒の作品だっただけに、チェリーとレイの絡みはキタッ!と思ったんですが何故かフィルムがメラメラメラ・・・(^^;)いや~・・・突っ込み入れたのは恐らく自分やあんさんだけではないと思いますよ(笑
でも当時のグラインドハウスだったら、あの1巻紛失は経営側からするとかなりパニくりますね。フィルムに異常が起きませんようにって感じで、毎日ヒヤヒヤもんだったんじゃないでしょうか?

こんにちは~。
実はメビウスさんの記事、拝見していたのだけど☆だったから躊躇してこちらからコメント入れられなかったのですー。ごめんなさい><
とにかく全然楽しめなかったことだけが悔やまれますー。
ゾンビはもうやめておきます。。。♪

グロ系だめです

>きららさんこんばんわ♪

きららさんはゾンビといったグロ系が苦手だったんですねぇ・・・(^^;)でも自分もそれ程免疫付いてるわけじゃないですよ。やっぱりゾンビが無造作に人間の内臓とか引っ張り出して食べてしまう所とかって顔顰めてしまいますよ(汗)
けど自分が『☆』を付けたのは、チェリーの功績が大きいですね。あんなにエロカッコイイ女性を観たのは、『アンダーワールド エヴォリューション』のケイト・ベッキンセール以来でしょうか?(笑

こんばんわ

私もデスよりはこちらの作品の方が断然楽しめましたです。
やっぱりデスのダラダラっぷりには耐えかねるものがありましたですよ・・・その点、こちらは最初から最後まで勢いがあって楽しく観れました♪

あの消失シーンがどうなってたのか・・・激しく気になりますよねえ(笑)。一体どんな!?一体どんだけ~!?・・・ああ、モンモンとしてきます(苦笑)。

来年あたり、ぜひ『マチェーテ』の完成版を見たい!デスやプラよりも面白い1作になりそうなので・・・(笑)

飛んだ部分がやはり気になります

>睦月さんこんばんわ♪

娯楽性に富んでいる方はやはりこのプラネットの方ですよね。デスプルも面白いんですけど、良くも悪くも超オタク映画wタラと波長が合う人じゃないと心底楽しめませんね(汗
1巻紛失してもストーリーは問題なく理解できましたけど、マイケル・ビーンはどうやって撃たれたんだろう?とか、ダコタ女医とパパさんは自宅からどうやって脱出したんだろう?とか凄い気になる所がすっ飛んでますねw
DVDの特典とかで消失シーンを再現しないものでしょうかね?

鉄板

やっぱり「ゾンビ」ネタは鉄板ですね~。
最近は誰が撮ってもそこそこオモロイ。

ストーリーなんてどうでもええとすぐ割り切れるから、目の前のシーンだけに集中できるのがエエです!

同感ですw

>aq99さんこんばんわ♪

お恥ずかしながら、ゾンビ映画をあまり観ていなくて・・(^^;)でも誰が撮ってもそこそこ面白いというのは分かる気がします。

前に観た作品なんですけど、『ゾンビキング』と言うB級モノで、ゾンビとプロレスラーが意味もなく戦うストーリーなんですが、これがまた凄く面白くて・・・(笑
ご丁寧ロメロの名前も入っているんですけど、ロメロ本人は全然関係していない辺りも素晴らしかったですw

エロ・強っ女優

本作を契機にロバート・ロドリゲス監督と婚約したらしい、ローズ・マッゴーワン。
監督のハートもマシンガンでぶち抜いちゃったんですね。

こりゃめでたいっ

>ひらりんさんこんばんわ♪

ええっ!マジですか?!ロドリゲス監督とマッゴーマンが婚約とはっ♪映画をきっかけに結婚する監督と出演者は多いですけど、これはめでたいですねー♪
ホント、彼女にゾンビと一緒にハートもロックオンされてしまったようでwロドリゲス監督も凄い羨ましいです♪

1巻紛失にはやられましたね(笑)
エル・レイっていったい何者!?
結局誰もそこのところの真実ってわからないんですよね。
私はチェリーが足のマシンガンをどうやって撃っているのかより
傷口痛くないのかな、痛み止め飲んでるのかな・・・
などと、どうでもいいことを心配してしまいました。

ゾンビがあれだけうようよいて気持ち悪いのに
恐怖心よりも笑いがわきおこるのはすごいです。
ギャグ満載映画、楽しかったですね~。

紛失してる箇所に・・・

>ジュンさんこんばんわ♪

もしかしたらあの1巻紛失してるシーンでエル・レイの正体が明らかになっていたかもしれませんね(笑)
ダリアもパパと一緒にどうやって逃げてきたか分かりませんし、警官役のマイケル・ビーンもどういう風に撃たれたかはっきりしていないですしね。なんか重要な所がそのまんま消し飛んでいるのは悔しいですね。当時のグラインドハウスもこんなんだったと思うと同情してしまいます
i-229

こんにちは

見てきましたー。
こういうB級具合が新鮮でいいですよね。
私もあの予告編はまりました!神父が人殺しって言うのが面白い。セリフも楽しかったのであっちも映画化してほしいなと思いました。

完成度高い

>カオリさんこんばんわ♪

フェイク予告に出て来た『マチェーテ』も本編と同じく完成度高いですよね(笑)たった数分の映像でもかなりの魅力が詰まっていて、そのまんま映画になったらプラネット・テラーよりも面白い娯楽作になりそうですね。でもなんか復讐モノっぽかったので、グロ描写はキツソウ・・(--;)

グラインドハウスがこれで終わりなのはあっけないので、誰か第3弾やらないものでしょうかね?(笑

いつもありがとうございます!

メビウスさん
TBのみで、いつもすみませんm(__)m
そうなんですよ!ロドリゲスファミリーがぞろぞろ出演しているんですよね。主要スタッフも自らやっていると
言うし・・・・。凄い方です。とにかく、最初からテンション高いので驚きました。そして最後まで、変わらないところも、驚きで~す(@_@;)

一家総出

>mezzotintさんこんばんわ♪

いえいえ、mezzotintさんはいつもTBの後にちゃんとコメントもしてくれますので、こちらとしてもとても感謝しておりますです♪
自分の子供や身内を出演させているハリウッドスターは数多くいますけど、それはせいぜい1人か2人?でもロドリゲスの方は正に一家総出という感じでスケールが違いますね(笑
でもファミリー映画とかじゃなく、ゾンビ映画に出演すると言うのも面白おかしい部分かもしれませんね。ロドリゲスの息子なんて銃の暴発で撃たれちゃいますし、息子にそんな役をさせる親も凄い・・(汗

メビウスさんご無沙汰でした。コメントありがとうございます。『デスプルーフ』をこれから観ようと思うのですが、メビウスさんは不満ありでしたか。
それにしても、どうやったら、片脚マシンガンの発想が出来るのでしょうかね。彼等の感性には頭が下がります。

発想の逆転

>ケントさんこんばんわ♪ご無沙汰しております。

あ、ケントさんデスプルーフまだでしたか(^▽^;)でもデスプルとプラネットはどっちから観ても問題ないですけど、個人的にデスプルの女性会話がちょっと苦手だったので、デスプルを先に観て正解でした(汗

銃って手に持って使うものですが、まさか足を使って撃つなんて、発想の逆転ですね。『常識に囚われては新しいものは生み出せない』と日本のある偉人が言いましたが、その通りだと思いましたw

こんばんわ☆彡

TB&コメントありがとうございました♪

「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を彷彿とさせる面白さでした。
娯楽性を追及した、遊び心満載の作品で最高です。
ただ、個人的には無難な題材を選んだロドリゲス作品より、
レクイエム的なタランティーノ作品の方が好みでした。
あっ、20分短いアメリカ公開Verの方ですけどね(笑)

スッキリ

>耕作さんこんにちは♪

娯楽性に富んだ映画は自分も好きですね♪やっぱり映画は観終わった後にすっきりしたような気分になりたいですけど、そういう意味ではデスプルのほうが上のような気もしますね。
最後の『THE END』は誰でも吹き出すはずですw

コメントおーきに

グラインドハウス2が観たいですよね。

予告編の「マチェーテ」が観たいなと思ったら
本当に作ったみたいですよね(笑)
楽しみです♪

ホントに作ってたんですか・・・w

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

えっ?!『マチェーテ』ってホントに作ってたんですか!それは初耳♪予告編観たときから自分もかなり気に入ってたたんですよねぇ♪
グラインドハウス2があるとしたら、真っ先にマチェーテをじっくり観たいものです。アクションもド派手そう♪

エロ・グロ!

メビウスさん、こんばんは~。
本当、最近メビウスさんとの絡みが少なくなってしまいました・・・
うぅ・・・残念でなりません・・・

で、スワロはこの作品をDVDで見たんですけど、
やっぱり2本立てで見たかったなぁ~(悔)

スワロは『デス・プルーフ』の方がツボだったんですけど
メビウスさんはこちらの方がツボだったようで。
スワロは同じ“女”なのでムダな会話シーンも
こういうのあるある!みたいな感じで見られました(苦笑)
今回はたしかにウダウダしたシーンは無かったし、
ガンアクション(?)が爽快でもありましたね。

>足に付けたマシンガンをどうやって撃ってるんだろう?
ちっちっちっ!
そんなナンセンスなこと言っちゃいけません。
きっと彼がトリガーを引かずに発砲できる細工をしてくれたんですよ(苦)

どうにも無駄話に見えてしまって・・(汗

>スワロさんこんばんわ♪

最近映画館の方じゃなく、DVD(オール未公開)を頻繁に鑑賞してるせいか、なんか去年以上にスワロさんと話題を共有出来なくなってますね~・・・(^^;)でも来月から映画館の方にも足を運ぼうと思いますので、また同じ作品を観たら楽しくコメントしましょう。

デスプルの女性の会話は、やはり同姓の方から見ると納得できる所があるみたいですね。野郎視点だとどうにも無駄話のように見えちゃう辺り、もしかしたらデスプルは女性に人気があるのかも?(笑

PAGETOP