ミス・ポター

【監督】クリス・ヌーナン
【出演】レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス
【公開日】2007/9.15
【製作】イギリス、アメリカ

【ストーリー】
1902年のヴィクトリア王朝時代のイギリス。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ビアトリクス・ポターは、幼い頃からの夢であった大好きな動物達の物語を絵本として世に出す事をずっと願っていた。そしてポターはついに“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を出版。本はたちまちベストセラーとなった。
最初の夢が叶うと同時に、ポターはやがて編集者のノーマンと恋に落ちる。家族の反対を押し切り、ノーマンの姉ミリーにも支えられ、生涯を誓い合う2人。しかし2人のその先には思わぬ運命が待っていた・・・


【コメント】
世界的に有名な児童文学『ピーターラビット』の生みの親であるビアトリクス・ポターの半生を描いた本作。上流階級である者が仕事を持つ事すら有り得なかった時代に絵本作家としての夢を成し遂げ、更には本の編集者との恋と別れ、そしてその後は自然保護活動として第2の人生を送ったりと、ポターも何だか日曜朝の『波瀾万丈』に出て来るような人達と同様に波乱な人生を歩んでいた女性でしたw

『世界的に有名』と言っても、この絵本に関して自分は作者のビアトリクス・ポターとピーターラビットくらいしか知らなく、殆ど無知でもあったので、この本がどういう経緯で作られたのかという部分に期待を込めて鑑賞したのですが、なんか作者であるポターと本の編集者であるノーマンとの恋愛模様が絵本の秘話よりも主立っていましたね。だからちょっと思っていた感じとは違っていましたけども、自分はあまりラブストーリーモノも観ていなかったので結果オーライでもあった気がします(^▽^;)

封建的な空気が漂っている窮屈な時代と度々出てくる親の猛反対(特に母親の方)も手伝ってか、絵本作家として仕事を持ったり商売人であるノーマンと恋に落ちたりするポターは、当時からすると中々の反骨精神を持ったタフな女性でもあったようですね。それでいて一度決めた事は仕事でも恋でも最後までやり切るような決断力の強さも伺え、尚且つ齢30を過ぎていてもどことなくキュートな感じの女性にも見えてしまう。ポターを演じているレニー・ゼルウィガーがその彼女の性格を上手く好演していますね。
ユアン・マクレガー演じるノーマン・ウォーンとの恋の育み方もかなり初々しく、文通の内容とかは観ているこっちまで恥ずかしくなってくるほど
駅で別れ際に交わすキスシーンなどはさすがに脚色ぽかったですけど、ひょっとしてアレも実際にあったのかなと思うとなんとドラマチックなことかっ。列車の蒸気がタイミングよく2人を包みこんで、ベタ好きな自分もちょっとハニかんでしまいました(^▽^;)
それに彼女が生前所有していた湖水地方の雄大な自然の景色も圧巻で見所の1つですね。環境破壊などが騒がれている昨今ですが、100年経っても全然色褪せていない自然の美しさを見ると、ポターが愛し、そして守りたかったものが分かる気がします。


しかし全体的に盛り上がる部分などがあまり無く、淡々とした展開が終わりまで続く感じなので、良くも悪くも無難な作品のようにも思えます。あとノーマンとのラブストーリーが中心のようでもあったから、終盤に出て来たウィリアムの存在やポターの自然保護活動の内容が『ついで』のように思え、ちっぽけな感じにも見えてしまいました。
この作品は93分と非常に観易い上映時間でもあるんですが、個人的にはもう2~30分増やしてポターの第2の人生についてももう少し深く描いて欲しかったというのもありました。

『ミス・ポター』公式サイト

ブログランキング
↑FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
 
2006年/アメリカ監督:クリス・ヌーナン出演:レニー・ゼルウィガー(ビアトリクス・ポター)   ユアン・マクレガー(ノーマン・ウォーン)   エミリー・ワトソン(ミリー・ウォーン)   バーバラ・フリン(ヘレン・ポター)   ビル・パターソン(ルパート・ポ
【ミス・ポター 】 9月 日(土) 公開 監督 : クリス・ヌーナン 出演 
今週から続々と期待している新作が公開される何本観れるかなぁ~【story】1902年、ビクトリア王朝時代。身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ビアトリクス・ポター(レ二ー・ゼルウィガー)は、『ピーターラビットとその仲間たち』の
監督:クリス・ヌーナン CAST:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー 他1902年、ヴィクトリア王朝時代の封建的なロンドン。上流階級の女性、ビクトリアス・ポタ...
Miss Potter(2006/アメリカ)【劇場公開】監督:クリス・ヌーナン出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン/ビル・パターソン/バーバラ・フリン/マッティエロック・ギブス ようこそ、ピーターラビットが生まれた世界へ。上品で暖かくなる、
”ピーター・ラビット”には、絵本というより、ウェッジ・ウッドの食器でお世話になったかな~てなもので、実は読んだことが無かったりする。しかし、あのイラストを見れば、ミス・ポターがどんなに動物たちと大自
こらピーター,魔法を使っちゃダメ!
トレンド一番館より最新トレンドをご紹介!ミス・ポターの国からと、強く薦められたのが、 ‘ミス・ポター’、ピーターラビットの作者のお話です。 かた~い映画かと思いきや、ブリジットがヒロインを演じているんですね
とても癒される素敵な作品でした。特に女性にオススメです。ピーターラビットが大好きな人はもちろん、あまり興味なくても十分心安らげる。青いジャケットを着たピーターラビット、その家族や仲間達~私も絵本こそ持ってはいないが、子供の頃からいろんなグッズな....
イギリス上流貴族の娘、ビアトリクス・ポターは、32歳になっても結婚せずに絵本ばかり書いていた。そんな中で生まれたキャラクター「ピーターラビット」を出版しようとするビアトリクスだったが、なかなか出版社が見つからない。やっと見つけた出版社からやってきたのは.
青い上着をはおった愛らしいうさぎ、ピーターラビット。 世界で一番有名なこのうさぎを生み出した女性こそが、 ビアトリクス・ポターである。
「Potterさん」と言っても、眼鏡を掛けた魔法使いの少年ではない。英国の児童文学者で画家、というよりは世界一有名なウサギ、ピーター・ラビットの生みの親として知られるビアトリクス・ポターの半生を描いた「ミス・ポ
私が絵を描いていて特にお手本にしている絵本画家は、「ムーミン」のトーベ・ヤンソンと、「ピーター・ラビット」の作者。どちらも特別に個性的なタッチではないけれども、ほのぼの...
ピーターのパパはウサギパイに・・・
 『その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。』 コチラの「ミス・ポター」は、「ピーターラビット」の作者ビアトリクス・ポターの恋と波乱に満ちた半生を描く感動作で、9/15に公開となっていたのですが、昨日の「スキヤキ・ウェスタン ジャンゴ」とは逆に、あまり期待...
原題:Miss Potterその物語の初版登場は今から100と5年も前のこと、第1作の「ピーターラビットのおはなし」だけでも4500万部を超えいまも世界中に親しまれているという・・ ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)は少女時代、両親に連れられロンドンから避
ヴィクトリア朝の封建的な空気が残る1902年のロンドン。上流階級の家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は、子供の頃からの夢であった絵本を出版しようとしていていた。主人公は、青い上着を着た愛らしいうさぎ、ピーター。新人編集者、ノーマン(ユアン・マク
'07.09.15 『ミス・ポター』@TOHOシネマズ市川コルトン水色ジャケットの世界一有名なうさぎピーター・ラビット。その作者ビアトリクス・ポターの人生を描いた映画。ピーター・ラビットとイギリス湖水地方が大好きなので見る。「ロンドンの上流家庭に生まれたビア...
When You Taught Me How To Dance の歌が頭のなかで鳴っている…そんな作品でした。
★劇場映画『ミス・ポター』全国公開中!【PETER RABBIT】 ピーターラビット フォトポケット2段商品価格:420円レビュー平均:0.0英国政府観光庁、「ミス・ポター」のムービー・マップを配布トラベルビジョン英国政府観光庁は、イギリスの童話作家でピーターラビットの生み
【MISS POTTER】監督・製作 クリス・ヌーナン    脚本 リチャード・マルトビー・Jr 製作総指揮 レネー・ゼルウィガー 製作年度 2006年     日本公開 2007年9月15日   上映時間 1時間33分製作国 ア
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。 9月17日、MOVX京都にて鑑賞しました。「ピーターラビット」を生んだビアトリクス・ポターの物語。お話も素敵ですが、イギリスの湖水地方の景色もたまらなく美しく、心が和む映画です。 STORY時は1902年、ロンド
美しい心の故郷と、可愛い友達
TVでCMが流れ始めた頃、同行者が観に行きたいと言っていた映画ミス・ポター。シネプレックスわかばで『幸せのレシピ』と同じファースト・デイ割引で¥1,000観賞してきました[:ウィンク:][:チョキ:] 私の『ミス・ポター』の評価は★★★★☆(4.5) 暖かい気持ちになれる...
「やりたいことをしたい。自立したい。好きな人と結婚したい。」今ならば当たり前とも言える思いが、100年前のイギリスでは並大抵のことではなかった。1902年のイギリス。上流階級の家庭に育ったビアトリクス(レニー・ゼルウィガー)は両親の反対を押し切りながらも、自活
ピーターラビットの世界に魅せられた初心者向けふぁんサイト
監督:クリス・ヌーナン 出演:レニー・ゼルウィガー、ユアン・マクレガー、エミリー・ワトソン、ロイド・オーウェン、バーバラ・フリン、ビル・パターソン 評価:75点 公式サイト むかしむかしそのむかし、私が中学生だった頃、好きな女の子がピーターラビット...
あらすじ1902年、ヴィクトリア王朝時代。封建的で身分の高い女性が仕事を持つことなど考えられなかった時代に、上流階級の女性ポター(レニー・ゼルウィガー)は“ピーターラビットとその仲間たち”の物語を次々と出版する。やがて編集者のノーマン(ユアン・マクレガ...
ミス・ポター MISS POTTER 監督 クリス・ヌーナン 出演 レニー・ゼルウィガー ユアン・マクレガー     エミリー・ワトソン ビル・パ...
その恋が私を変え、私の絵が世界を変えた。

コメントの投稿

非公開コメント

わたしも、ピーターラビットくらいしか知らなかったのでいろいろなことを知ることができてよかったです。(女性だということも知らなかった(汗))

特に第二の人生~湖水地方を買い取って自然を守ったのには驚きと感動でした。彼女がいなかったら・・・湖水地方は開拓され、今年の夏はもっと暑かったかもしれないとおもうと、彼女の功績ははかりしれないものがありますね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
私もメビウスさんと同じような感想を持ちました。
ビアトリクスとノーマンの初々しい恋には胸がジーンとしたり恥ずかしくなったり・・・
そして湖水地方の景観の美しさには癒されました。
でもイマイチ盛り上がりに欠けるんですよね。
特に私も自然保護へと向かった彼女の意志が薄くしか描かれていなかったのは残念でした。
全体的に優しい雰囲気の映画で良かったのですが、もうちょっとインパクトが欲しかったところです。

どんだけ広いんでしょう?

>えふさんこんばんわ♪

おっ、えふさん自分と同じ無知組ですね。仲間がいてちょっとホッとしました(笑)
ポターが最終的に所有した湖水地方の面積は4000エーカーと言ってましたが、それってどれくらい広いんでしょうね?1エーカーは役4840平方ヤードだそうなのでえーと・・・・・・・・・とにかく無茶苦茶広いって事でしょうね(汗)そうなるとどれだけオークションやらで買い取ったか見当も付きませんね(^^;)

>由香さんこんばんわ♪

ちょっと忘れがちでしたが、これって実話なんですよね。だから淡々と描いていたのはもしかしたら史実になるべく近いようにしたかったからなのかもしれませんね。
駅でキスをするシーンのようにあんまり盛り上がり多すぎると返って脚色が目立ってしまうからとか考えてしまいます。

結局はウイリアム

メビウスさん、こんばんは。
サクセスストーリーにしたほうが、エンタメとして盛り上がったかもしれませんね。
けれど、所詮おっとりとしたお嬢様。何が何でも職業婦人ということでもなく、「強い意思」が感じられないだけに、ピュアなラブストーリーが順当なのかもしれません。
結局は夢見る夢子ちゃん・・と辛口になりそうなのがウィリアムの存在かな?
彼女は自分の理解者が好きなんですね~(^^)

生涯付き添う人なのに・・・

>たいむさんこんばんわ♪

ノーマンとの恋物語も良かったですけど、出来ればウィリアムとの恋物語も深く描いて欲しかった所ですよね。生涯付き添う人ですから、見方によってはノーマンよりも描かれ方は上のような気もするんですけどね~?(汗
でも思うに、最近の実話モノの作品って字幕で〆てしまうものが多いと思うのは気のせいでしょうか?

世界一有名なウサギ

メビウスさん、こんばんは。
私もピーター・ラビットって絵は知っていたけど本はちゃんと読んだことなかったので、もちろんこのミス・ポターのことも知りませんでした。

ビアトリクスとノーマンの恋とかなんか素敵でした。
ピーター・ラビットが生まれるきっかけとかも見てみたかったかな。

こんにちは!

私も世界的に有名なわりには、思い入れもないしポターという人も関心もなかったですが、この映画をみたら、ピーター・ラビットに興味をもちました。
二人の静かなふれあいが時代を感じさせてたし、きれいな風景、動物たちのアニメーションに癒されましたねえ!みてよかったなと思いました☆

ポター繋がりw

>Hitomiさんこんばんわ♪

自分は本屋さんですらこのピーターラビットの本を見た事が無いのがなんか悲しいですね(汗)若い人にはビアトリクス・ポターよりもハリー・ポッターの方が知名度ありそうなので、今回の映画で知らない人達にもたくさん触れられれば良いですねっ。

>アイマックさんこんばんわ♪

作品の元となったものを知る事で興味を持ったりする事は自分もご多分に漏れずですね。
こういう実話の作品や漫画なんかに結構影響受けて原作とかに興味を持って読んでしまうこともあるんですが、ピーターラビットって今じゃあんまり本屋に置いていないのか、少なくとも自分んとこの近くの本屋さんにはありませんでしたw

後半・・・

確かに、ノーマンとの恋に重点が置かれた描き方でしたね。
とはいえ、ビアトリクスの一途さ・逞しさ・可愛らしさなどは、
淡々とした流れの中にもしっかり感じることが出来ました。
後半の、自然保護に傾倒したあたりをもう少し、
骨太に描いて欲しかったです。

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

ピーターラビットとは縁のない人生を送ってきましたが、魅力的なキャラクター、所々に挿入されるアニメーション、豪華な役者陣と、予備知識無しでも十分楽しめる作品に仕上がってました。特にレニー・ゼルヴィガーが魅力的でしたね。

癒されるアニメ

>未来さんこんばんわ♪

後半は出来ればビアトリクスの晩年くらいまで大胆に描いても良かったですね。(^^;)実話モノって最近字幕で〆るの多いような気がしますし、没後まで作品で描いてるのは少ない気がします。

>えめきんさんこんばんわ♪

絵本の内容もそうですが、ピーターとその仲間達が描かれている挿絵もあまり観たこと無かったので、アニメーションで動くピーターたちは愛嬌があって癒されたような感じもしますね。お皿とか食器の類にもよく描かれているらしいですが、自分はピーターの人形とか欲しくなってきました。
映画館の売り場にデカイピーターがででんと置いてあったので、手持ちがあれば動くところでしたw

おはようございます(^-^)

最近は、録画を見る事が多くなってしまって、
なかなかシネコンへ足を運ばなくなってしまいました(^^ゞ
でも、やはり芸術の秋でしょうか?
これから暫くはシネコン通いが始まりそうです(^-^)

さて、コメント&TB有り難うございましたm(_ _)m

私は、ピーターラビットしか知らなくて、
絵本だって見たことないし、
作者の名前さえ知らなかったんです(^_^;)
でも、ピーターの可愛さと、予告を見て、
可愛らしいポターの半生を見てみたいなって
思って、見ることにしました。

あまり外出したことの無い当時の女性。
そんな中でもポターは、ドンドン外に出るようにしてましたね。(^-^)
どこに行くにでも、着いてくる乳母?
一つ行動するのにも、大変だろうなぁって(笑)

大自然の中で、たたずんでいる姿を見て、
思わず「タラのテーマ」が、浮かんでしまいました(^^ゞ

こんにちは

好きな映画です。
子供の頃から彼女の作品には親しんでましたが、ロンドンよりも湖水地方の美しい風景が印象的でした。
まさしく本の世界そのものです。
伝記としてより、私小説としてみると、より高く評価できる作品だと思います。

こんにちわ~

メビウスさん
文通の内容恥ずかしかったですねー!
「水鳥が口ばしを近づけるたびに、あなたとの唇を思い出します」みたいな文章があって、何て恥ずかしいカップルなのーって思ってしまいました(笑
でも、可愛らしかったから良し!です。
私ももう少し環境問題等に力を見せて欲しいな何て思ったのですが、これ以上長くなるよりもさっぱりで良かったかなとも今は思っています。

致し方なく?

>すぅ☆さんこんばんわ♪

最近すぅ☆さんは録画のものも加えると自分よりも映画を観ている気がします。しっかりと映画通になっていますねw
そういえばポターの後ろを常に付いてきた乳母の存在。最初はかなりうっとおしいと思いましたが、ポターとノーマンの為に気を遣う場面などもあったりしてだんだん憎めないキャラになってきました。
でもあの人結婚したんでしょうか?

>ノラネコさんこんばんわ♪

当時のロンドンの街並みの再現なども見事なものでしたが、湖水地方の田園風景などは自分も注目せざるをえませんでしたね。
ただ自分は実話という所を切り離せなかっただけに、脚色部分を粗探しして相違点を見つけるのに躍起になってたっていうのも正直な所です。だから最後もつまんなく観てしまったのかも・・?(汗

>なななさんこんばんわ♪

あんな文通の内容、昭和の時代でも書く人って限られていたかもしれませんね(^^;)
でも今は携帯とかあってメールのやり取りなどで気軽に相手と話せたりしますけど、ポターの時代は当然そんな利器が存在しないから、文通というのは凄く重要なコミュニケーションの1つだったとも思えますね。次の返事が届くのにもかなり時間が掛かっていたようなので、1つの手紙にありったけの想いを込めていたんでしょうね~。
恥ずかしい文面なのも致し方なく?

確かに

ちょっとベタベタな感じのメロドラマちっくでもありましたから、
男性だったらちょっと恥ずかしい(/ω\)
かもしれませんねぇ~。
それに、描き方も確かに淡々ともしてましたから、
起伏の激しい映画が好きな方にはちと退屈かなぁ~。
まぁあたしはとても楽しめたんですけどねv( ̄Д ̄)v

こっぱずかしい

>miyuさんこんばんわ♪

なまじ恋愛映画を観ていないものですから、ドラマチックなシーンではちょっと恥ずかしがっておりました。免疫と言いますか、慣れていませんからね~(^^;)
自分が楽しめたのはアニメ好きだからピーターラビットが動き回るアニメーションでしょうか?(汗

こんばんは♪

メビウスさん、ようやく遊びに来れました!(o^^o)ノ
観終えて優しいキモチが残る素敵な作品でしたね。
大人の初々しい恋を、息の合った二人が見事に演じていました。
恥かしくなったり、はにかんでしまったりのメビウスさんを
思わず想像しちゃったりして(笑)
エミリー・ワトソンも相変わらずの存在感で、ノーマンの姉から
良き理解者へと変わっていく様を巧く表現していたと思います。
何より鑑賞後は、ピーターラビットと仲間達が
ますます可愛らしく思えるようになりました!
湖水地方の景観にも癒され、映画館で観て正解でした♪

超久々です

>Anyさんこんにちは♪

映画館の中は暗がりだから、自分のはにかんだ恥ずかしい顔が他の人に見られなくてちょっとホッとしてますね(笑)
そいえばエミリー・ワトソンを映画の中で観たのは自分は『レッド・ドラゴン』以来で超久々ですね。『ティム・バートンのコープス・ブライド』にも出ていますけど、あの時は声だけでしたからね。

海外旅行とかに行けたら、自分もポターが守った湖水地方に行ってみたい♪聞く所によると連日観光客でひしめき合ってるらしいです。

こんばんは☆
ああ、昔はラブレター。今はネットやメールで。。。んー、同じ事が書いてあっても、手紙の方がもらえると何故か嬉しいかも。

そんな事を含めても、昔はどんなことをするにも時間と距離がかかったのですよね。またそんなことは当たり前であったから、ゆったり構えていられたのかもしれないけど。
女性も今は随分と自由な立場にいられるようになったものですよね。結婚しなくてもあまり噂される事も減り…。

そうそう、自然保護が出来るほどの収入っていったいどのくらいなんでしょうかね…あんなに美しい自然に囲まれて、好きな絵を描いて莫大な収入も得られて家族もいて・・・絵に描いたような幸せな感じに見えましたが、実際はそんな彼女にも悲恋な物語があったということなんですかね。

手紙

>シャーロットさんこんばんわ♪

ケータイメールでの機械文だとあまり感情というものが伝わってきませんけど、手紙だとその人が記した文面や筆記からどういう気持ちで書いたかが伝わりやすいとも思いますので、ノーマンやポターの手紙のやりとりは、今の自分達から見てもとても重要で大切なことだと感じますね。

ポターの絵本で得た資産は詳しく描かれていませんでしたが、印税だけで不自由なく暮らせると言ってた辺り、もの凄い収入だったんでしょうねw
今のハリポタの作者なんて目じゃないかも?(汗

TB・コメントありがとうございます!

メビウスさん
おはようございます!
久しぶりに心癒される作品でした。
「ピーターラビット」の作者のことは
この映画を観るまでまったく知らず。
今では働く女性はめずらしくないけど、この時代では彼女の生き方を貫くのは難しかったでしょうね。しかし
100年後の現在も「ピーターラビット」が世界中で支持されるというのは
凄いことですよね。まさしく彼女は本当のアーティストです。母へレンの邪魔も通用せず。しっかり自立したビアトリクスに拍手を送りたいです!

100年は凄い

>mezzotintさんこんばんわ♪

考えてみたら、100年以上経っても当時と変わらずたくさんの人々に愛されている本って凄い事ですよね。文学じゃないですけど、長年愛されている本で有名なものと言えば、自分は『ゴルゴ13』や『こち亀』なんてものしか頭に思い浮かばないんですけど・・?(汗
今じゃ児童文学も星の数ほど出回っていますけど、そんな中でも未だ売れ続けているんですから、やはり自分も直接手に持ってその魅力を感じ取ってみたいものですねっ。

確かに

展開はベタな感じでしたね・・・
ただ、ああいう当たり前のこともその時代にとっては並大抵のことじゃなかったのかな、と思いました。
レニー&ユアンが初々しかったですね。
私も「ピーター・ラビット」をそんなに良く知ってるわけではないんですが、なんだか見る目が変わりました~

窮屈な時代ですね・・

>カオリさんこんばんわ♪

ポターが職を持ったりノーマンと恋に落ちたりすると言った事は、現代からすると当たり前のように見えますが、格差社会などがまだ根付いてる時代だと、その当たり前のことすら出来ない、したくても周りが許してくれないという状況が生まれ、自分っていい時代に生まれたな~なんてつくづく思ってしまいますね。
そんな窮屈な時代の中でも、お互いの意思を貫いたポターとノーマンの行動はかなり勇気の要る事だったはずですね。

PAGETOP