遠くの空に消えた(評価:○)

遠くの空に消えた

【監督】行定勲
【出演】神木隆之介/大後寿々花/ささの友間/小日向文世/鈴木砂羽/伊藤歩/長塚圭史/田中哲司/柏原崇/チャン・チェン/石橋蓮司/大竹しのぶ/三浦友和
【公開日】2007/8.18
【製作】日本

【ストーリー】
青い麦畑、どこまでも続く一本道、ビル一つ無い大空。時がゆったりと流れるのどかな田舎町・馬酔村は今、空港建設を巡る争いに揺れていた。空港公団団長である父に連れられ都会から転校して来た亮介は、地元の悪ガキの公平とふとしたことから友情を築いていく。そして二人をさらに結び付けたのが、いつも一人で丘の上に立つ少女・ヒハルだった。UFOが父親を連れ去ったと信じ、毎日空を見上げている彼女の話を信じる事が三人の友情の証でもあった。しかし、大人たちの空港建設を巡る愚かな争いは日に日に激しくなり、子供たちの夢までも握りつぶそうとしていた・・・


【コメント】
行定監督は『セカチュー』の印象が強い監督さんですが、なんだかシャマラン監督のようにも思えてきましたね(^^;)。現実とファンタジーが融合したような本作の内容は首傾げの部分もありましたが、登場人物の誰もが抱えている『信じる』と言う純粋な想いはなんか身に染みました。
この映画を観て自分も何かを信じたりとか信じ続けているものがあったかなー?なんて事をふと思っちゃいましたけど、今はたいして何も思い浮かばない辺りが悲しい・・・。やはり大人になってくるとだんだん『見極め』と言うものも付いてくるから、『信じる』なんていう感情が自分には薄れてきてるような気がしてなりません(汗

でもこの作品ってかなり人を選びそうな内容だっていうのが自分も鑑賞して何となく理解できました。
空港建設問題を巡る争いに村全体が揺れ動いてる中、子供達の仕掛ける小さな奇跡というものが描かれているのですが、その舞台となっている馬酔村がもう幻想的と言いますか、最初どこにでもある普通の田舎を想像していた自分は結構面食らいました
馬酔村の住人達も凄い個性的な人達がたくさんいて、石橋蓮司が演じている西洋かぶれな地主さんも妙なもんですし、全身黒服で子分とギャルを引き連れている田中哲司の悪びれた親分姿もベタベタな感じに見える。村人の集会所のようになっている飲み屋も日本の居酒屋みたいな感じではなく、外国のバーのようになってる辺りも変わってますね。
やっぱり観る上での前提として、監督の世界観って所も忘れない方がいいと思いますけども、個人的にはあの『トリック』の世界観にも似通っているようにも見えたので、そのトリックの独特な雰囲気が好きな人にとっては、もしかしたら馬酔村の住人の存在はツボかもしれませんねw

キャスティング面では大人の俳優より子役の3人が素晴らしく、既に多くの大作で大人顔負けの演技を披露してきた神木隆之介と大後寿々花の2人は、子供なれどもう安心して観れるようなベテランの風貌を醸し出しているのですが、個人的には今回その2人よりも土田公平を演じたささの友間という子にかなり目を引かれました。
彼も2人と同じように数多くの映画やドラマに出演して実績を積んだ名子役の1人だそうですが、自分はささのくんの出演している作品を殆ど観ていないので彼を全然知らなかったんですよねぇ。初主演も務めたという『鉄人28号』も未見なので。
『バトル・ロワイヤルⅡ』や『リンダリンダリンダ』にも出演していたそうですが、どこで出ていたのかさっぱり思い出せないので実質今回が彼の演技をじっくり観れる機会だったんですけど、いやいや結構びっくりさせられました。見た感じだと3人の中で一番イイ演技をしていたと思いますね♪
亮介がちょっとクールだから、演じてる神木くんもどこかしら抑えた演技をしていたように見える分、うんこ爆竹を敢行する公平の悪ガキっぷりや、好きな女の子の夢を毎夜見るマセた一面などが面白くて印象に残る
それに最後に大掛かりな奇跡を起こすシーンでも、彼が率先して大勢の子供達を従えて実行に移す姿がなんとも頼もしい。この作品って亮介が主人公だと思うんですけど、途中から公平が主人公のように見えてしまいましたね(笑


しかし子供の行動力と言うものは、その気になれば『奇跡』というものすらいとも簡単に起こしてしまうんだなって思っちゃいましたね。『終わり良ければ全てよし』みたいな感じで、物事を単純に考えてるような年頃でもあるからかあんな大それた事が出来たんだとも思いますが、それでも議論や討論で無駄に立ち止まったりお金で無理矢理解決してしまうような大人には到底出来ない事ですね。
けど正直な所、『奇跡』の割にはちょっと拍子抜け・・・と言うより地味だなって思ったのは自分だけでしょうか?(汗)
『奇跡』言うくらいですから、ヒハルのお父さんが出てくるんじゃ・・・なんて淡い期待もしていた自分(^▽^;)
それと亮介パパも昔は馬酔村にいたのに、彼の事を覚えていたのが公平のパパとバーのママさんだけってのも変に違和感ありました。他の人は分からないほど変わり映えしちゃってたんでしょうかね?

『遠くの空に消えた』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 

8 Comments

たましょく  

 ども、たましょくです♪

 子役3人の演技はかなり良かった
ですよね!たましょくもこの映画で
ささの友間の存在を知ったのですが
雰囲気も役柄にピッタリ♪

 映画としては、イマイチ感動に浸
れない印象が。確かに「トリック」
的な世界観ありますね。ただ、この
作品のそこまでのコメディ色を求め
ていたワケもなく…

2007/09/15 (Sat) 11:07 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

イイ悪ガキ

>たましょくさんこんにちは♪

ささのくんはイイ悪ガキしてましたね♪子役はそれこそ神木くんとか有名な子しか自分も知らないので、今回はこのささのくんの存在を知っただけでも価値があった作品のようにも思えます♪

でも確かに『トリック』のようにお笑い中心の作品ではありませんでしたが、地主役の石橋蓮司がトリックにも出ていた事があるのでちょっと関連付けてしまいましたw

2007/09/17 (Mon) 12:53 | EDIT | REPLY |   
シャーロット  

こんばんは。
この監督さんの作品って思い出すと一度も見たことがなくて;まあ今までの路線とちょっと違うなあという感じで見ました。
私的にはこういう訳のわからなさ加減は結構好きだったりするんですが(笑)ちょっと変わった雰囲気の映画でしたよね。まあ、自分の撮りたい映画作る事と売れる映画を作る事は必ずしも一致しないような気もしないでもない・・・でも現場は楽しそうだろうなって感じもします。監督にしたらきっとこういう作品を作りたかったんだろうなって思えたりもしたのでした。
そうそう、友間くん、いい役者になれそうですよねww

2007/09/17 (Mon) 20:55 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

路線変更でしょか?

>シャーロットさんこんばんわ♪

自分も実際『セカチュー』しか観た事がないんですけど、行定監督は原作がある作品の方は良く見せてるのに、本作のようにオリジナルとなると勝手が違うのか色んな話を詰め込みすぎてる感じがいたします。
自分の好きなものしか撮らないようになると万人向けより一部のファン向けになってしまう所があるから・・・・う~む、行定監督もタランティーノみたいな路線に走るんでしょうか?(汗

2007/09/17 (Mon) 23:38 | EDIT | REPLY |   
dai  

こんばんは★

いや~あ、久々にすごい作品を観ましたw
何というかどうしょうもなく駄作でした・・・。意味のない演出、意味のないノスタルジックなど、どれをとってもひどかったです。
監督はなんていう脚本を書いたんでしょう。
下手なネットの落書きより酷い内容でした。

2008/04/19 (Sat) 23:34 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

独特の世界観

>daiさんこんにちは♪

ありゃま・・daiさんにはかなり受けが悪かった作品だったみたいですね(^^;)(汗
確かにあの世界観は最初自分も戸惑いましたし、最後まで付いて行けないんじゃないかという不安もありましたね。
行定監督は何も考えず気楽に観て下さいと言ってたようなんですが、気楽に観て自分もちょっと『しこり』のようなものが残りました・・・

2008/04/21 (Mon) 15:41 | EDIT | REPLY |   
kimion20002000  

うんこ

TBありがとう。
あの「うんこ爆弾」にしても、別に面白いと思わなかったし。小さな小さなUFOも、予算を考えれば、いいんだろうけど(笑)
まったく、狙いがわかりませんでした。

2008/05/24 (Sat) 00:30 | EDIT | REPLY |   
メビウス  

何も残らず

>kimion20002000さんこんばんわ♪

何でも監督は何も考えずに観て欲しいと言っていたそうなんですが、自分も何も考えず観たら何も残らない映画でした(汗)
ファンタジーな世界と割り切って見れば面白いかもしれませんね。

2008/05/25 (Sun) 00:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

7 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  遠くの空に消えた
  • ファンタジーといえばファンタジー。シュールっちゃあシュール・・・。
  • 2007.09.14 (Fri) 23:24 | Akira's VOICE
この記事へのトラックバック
  •  遠くの空に消えた
  •  評価:○       バラバラなままのパズル度:55% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』 空港建設をめぐ
  • 2007.09.15 (Sat) 11:08 | 何書☆ねくすと
この記事へのトラックバック
  •  遠くの空に消えた~試写会にて
  • 「蜂は航空力学的に言えば、飛べる構造じゃないらしいんだ。なのに、実際はとんでるだろ。何故だと思う?・・・」
  • 2007.09.17 (Mon) 20:47 | シャーロットの涙
この記事へのトラックバック
  •  【2007-117】遠くの空に消えた INTO THE FARAWAY SKY
  • 人気ブログランキングの順位は?『UFOの存在を君たちは信じる?信じるかどうかが問題なの。』最後の夏休み、史上最大のいたずらを!少女のために、少年よ奇跡を起こせ!きみのためなら、ぼくらは、UFOだって呼べるんだ。
  • 2007.09.19 (Wed) 23:12 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!
この記事へのトラックバック
  •  信じるか信じないかはアナタ次第デス。(笑)~「遠くの空に消えた」~
  • 行定監督の最新作で神木君が出てるとなると やっぱりミーハー気分でそそくさと行ってしまう Agehaさんなのでした♪ 年頃の小学生のイタズラも悩みも それはそれで微笑ましいし、 ケンカして仲良くなって・・・は こののどかな雰囲気の中でしかないかもな。 みんなの見てる
  • 2007.09.21 (Fri) 13:43 | ペパーミントの魔術師
この記事へのトラックバック
  •  遠くの空に消えた
  • 遠くの空に消えていった地位 【Story】 亮介(神木隆之介)は、父親(三浦友和)の都合で広大な大地の広がるのどかな町に転校してくる。彼...
  • 2008.04.19 (Sat) 23:30 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  mini review 08297「遠くの空に消えた」★★★☆☆☆☆☆☆☆
  • 『春の雪』の行定勲監督が7年間温めてきた物語を映画化した感動作。平和な田舎町で空港建設をめぐる大人たちの争いに巻き込まれながらも、たくましく生きる子どもたちが起こす小さな“奇跡”を描く。都会から来た主人公を演じるのは『妖怪大戦争』などの天才子役、神木隆?...
  • 2008.05.20 (Tue) 13:05 | サーカスな日々