べクシル

【監督】曽利文彦
【声の出演】黒木メイサ/谷原章介/松雪泰子/柿原徹也/朴路美/櫻井孝宏/大塚明夫/森川智之
【公開日】2007/8.18
【製作】日本

【ストーリー】
21世紀初頭。人類に延命効果をもたらしたバイオテクノロジーとロボット産業が急速に発展した事により、日本は市場を独占し、世界を大きくリードした。しかし様々な危険性が指摘されるようになると、国連はこれらの技術を厳格に規制することを求めた。しかし日本政府はその要求に従わず、 我が道を行く決定を下す。その決断とは『日本鎖国』であった・・
2067年。日本はハイテク技術を駆使した完全なる鎖国をスタートする。その後日本の情勢は秘密のベールに包まれたまま10年が経過した。そして2077年。米国特殊部隊『SWORD』所属の女性兵士べクシルは、日本への潜入作戦を実行する・・・


【コメント】
『鎖国』なんてのは今の時代だと有り得ない事ですけど、行き過ぎた科学のもたらす成果が時に非難や危険視の対象になると言うのは、今でも時々話題に上るクローン問題なども同じような気がしますね。
本作はそんな鎖国をしたハイテク日本に潜入する特殊部隊の1人、ベクシルの活躍を『3Dライブアニメ』という映像表現で描いているのですが、いやはやこの所映画で観るCGやVFXの進歩には驚かされてばかりいるような気がします

最近観た『トランスフォーマー』でのロボット達の滑らかな動きや、曽利監督の前作でもある『APPLESEED』で使われた3Dライブメーションも凄かったですが、この3Dライブアニメというのも負けず劣らずな映像美を発揮していますね。物の質感や人物の表情の豊かさなど細部に至るまでかなりリアルですし、モーションキャプチャーも手伝っているから、先ずこういった映像面だけでも本作は見応えを感じる事が出来ると思います。
べクシル達の他にも多種多様なロボットも色々登場し、迫力あるアクションシーンを見せてくれますけど、ビジュアル的にはロボット大好きな自分の琴線に触れるものがいなくてちょっと残念(^^;)でも鎖国をした日本に生息するジャグというモンスターだけは、その異様な姿と大きさで結構なインパクトを与えてくれましたが、金属を探知して砂漠からグモッ!と出て来ると言う習性が『トレマーズ』のグラボイドっぽくも見え、そしてデカイ口を開けて獲物をそのまま飲み込んでしまうというスタイルも、『ファイナルファンタジー』に出て来たサンドウォームというモンスターにも見えてしまう。なんか総合的に見て、ジャグは自分の知ってる色々なモンスターの特徴がごちゃごちゃにパクリミックスされた化け物のようにも見えてしまいましたね(笑

また、今回声優を演じた黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子の御三方に至っては、声優初挑戦とは思えないくらいに上手かったですし、自分の中では予想外な程好印象でした♪
なんせ本作の前の映画鑑賞で、先週観た『呪怨 パンデミック』の吹き替え版の酷さがトラウマになっているので、声優初挑戦っていうキャッチコピーは最近警戒してしまう所があります。
やはり声優やるからには実力もそうですが、担当するキャラクターと声が合ってるかと言うのも重要な要素だとも思うので、そう言う点では3人は上手くマッチしてると思う。個人的にはマリアの吹き替えを担当していた松雪泰子が凄いクールビューティーでカッコイイ声を披露しており、そのため本作ではマリアが一番好きなキャラクターになってしまいましたね♪女性の髪型で自分が一番好きなポニーテールだったって所もポイント高いですw
サブのキャラクターではプロの声優を使い、キャスティングの面では隙が無いように思えましたが・・・・・メインがタレント、脇がプロっていう布陣、ホント最近のアニメ映画で多く観られるようになって来ましたね。プロの仕事無くなるんじゃないでしょうか?(汗

けど大和重鉱のキサラギの思惑が重なってたにせよ、国際連合の協定に不服なので鎖国しましたって考えが最初かなり極端だなーとも思いましたが、ロボット産業を独占している日本企業が大和重鉱1社だけっていうのもこれまた極端ですね。他の企業は全部買収でもされちゃったんでしょうか?
それにたった10年で日本全土がまっさらーな荒野だけになってるっていう展開もイマイチ合点がいかないものがあります。予防接種にかこつけてサイバーウィルスを注入し、人間を機械化し統一してしまおうと言う目的は理解できるんですけど、海に浮かんでいる大和重鉱本社と東京以外の他の都市や街は、どうして無くなってしまったのか?という疑問が不透明なままになってる気がします。
個人的な予想としてはジャグにムシャムシャ食べられてしまったのではないかと思ってるんですが、でもジャグは金属だけを探知して捕食するから各地の山や森といった自然だけは残るはずではないかと?・・・・・・・・う~む、やはり謎です。


『APPLESEED』以上にリアルな3DCGや、ブンブンサテライツのようなカッコイイ楽曲も各シーンを盛り上げてくれて楽しめる部分も多々ありましたが、↑の日本の荒野化のように説明不足な点も同様に多々見られ、映像は素晴らしいのに内容で損をしちゃってるように思えてなんか勿体無くも感じました。
あと本作って世界129カ国というビッグスケールで上映が決定されてるらしいですけど、観た後色んな人から『日本は悪』ってイメージが定着しそうでちょっと不安です(--;)

『べクシル 2077 日本鎖国』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
ハイテク鎖国した日本。とんでもないことになってます。
希望よ、ひらけ。
 評価/★★★☆☆(ユナイテッドシネマにて鑑賞) 監督:曽利文彦 ペリーは出てこない! いつペリーに開国を迫られるのかハラハラしたがペリーは出てこなかったw 『アップルシード』の廉価版だと言い切っていい。士郎正宗を意識せざるを得ないその世界はまったく廉価
評価★★★★この映像はいったい何!!!こんなに滑らかに動くアニメは、どんな手法で作られたのか・・・。
フルCGのSFアニメ「ベクシル -2077 日本鎖国」を見てきました。結構評判
「ベクシル -2077 日本鎖国-」は今から70年後の世界を描いた作品で日本が鎖国政策をとって10年を迎えた日本にアメリカの特殊部隊が潜入して鎖国された日本を舞台に戦いが繰り広げられるストーリーである。日本はかつて江戸時代に鎖国政策をした時代はあったけれど、7
人間の映画ではない、そうふっきれて観るとわりと良い映画だ。
21世紀初頭、急速に発展したロボット工学はその危険性ゆえに国際規制の対象とされた。世界最先端の技術を持つ日本だけが規制に最後まで反対し、日本は国連から離脱し貿易はもちろん電波情報までも遮断した「ハイテク鎖国」に突入する。そして10年後、日本の不穏な動き.
河童のクゥを観ようと思ったら満席で入れず。で、ベクシルを観た...真逆じゃん?!(泣く)ちょっと前のこと。あまりの暑さに、水の中を河童のクゥにつかまって泳いでいる画像が涼しそうだなぁ~と思って急に観たくな
海外のフルCGアニメは「いかに実写に近づくか」を狙ってるの に対して、日本のCG
●監督への道。ふたりのCG職人が歩む道でわかる「ベクシル」というソフトの成り立ちと歩む方向●だから曽利文彦氏は監督なのだ。国内の評価?「そんなの関係ねぇ(小島よしお)」とばかりに世界への道を歩いていってほしい。
今週の平日休みの映画鑑賞は日本のアニメ。より実写に近い3Dアニメってやつで、予告編を見てて、ちょっと興味持ってた作品。海外での反響もいいみたいで、オファーが殺到とか。
「モップガール」北川景子(きたがわけいこ、恵子)谷原章介(たにはらしょうすけ)http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070908-00000133-sph-ent女優の北川景子(きたがわけいこ、恵子)(20)が、10月スタートのテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「モップガール」(...
観て思ったのは、この映画を何故3DCGリアルアニメーションなのかということ。 最
2077年、ハイテク鎖国から10年たった日本舞台にしたCGアニメ。『アップルシード』よりもキレイになったグラフィックで、顔の表情はかなり微妙な変化もします。鎖国した日本はどうなってるかと言うと...見てビックリでした。後半は寝てるだけの、二人のヒロインの元&...
人ごとの できるかぎりの 蝶の舞  昨今のアニメの独自なワールド(技術的にも徒党的にも)、いろいろ込み入っているようで純粋鑑賞者の知らないところで事情がたくさんあるようで、知らずして語ると、普通の映画鑑賞のスタンスでいくと、火の粉がどこからか降ってきそう
 今回はベクシル -2077 日本鎖国-を観てきました。呪怨 パンデミックのように声優が最悪じゃなければいいけど・・・。
監督:曽利文彦 出演:黒木メイサ、谷原章介、松雪泰子 評価:74点 (ネタバレあります) 10年間ハイテク鎖国を続けた2077年の日本に潜入してみると・・・。 昭和20年代-30年代の街並みがいきなり現れたときには、何が起こったのかと一番驚いた。 どれだけ....
{/hiyoko_cloud/}青山テルマは、正司歌江(照江でも花江でも可)に似ていると思っているピロEKです{/face_ase2/}。 ですから、彼女がTVで「カワイイ」などと評されていると違和感{/face_ase1/}。 さて、本日は映画レビューです。 「ベクシル2077日本鎖国」 (監督?...
ベクシル 2077 鎖国はWOWOWでしたが 20日に鑑賞して結論は悪くないが満足は無いね 内容は産業が進みが世界リードも反発され が国連を脱退しハイテク鎖国で10年が経過して の特殊部隊が潜入に挑む展開だったね アクションに関しては凄い良かったし大満
あらすじ2067年、世界市場を独占した日本は、国際的な反発が強まる中ハイテク技術を駆使した“鎖国”を強行し、国交を断絶した。10年後、米国特殊部隊“SWORD”の女兵士ベクシルが日本に極秘潜入し、驚くべき真実を目の当たりにする・・・。感想『ピンポン』の曽利...
なんとなくスルーしたままだった3DCGアニメーション作品。3DCGを拒絶する私ではないが、声優に俳優が起用されていた事から気が乗らず、手を出さなかったといったところだ。今回も『エクスマキナ』がもう一度
2067年。 日本は歴史上二度目となる鎖国体勢に突入する。 映画中の日本は鎖国政策を敷いている。これは現政治へのメッセージなのか、それともSF少年の戯れなのか。後者のほうだろう、と思いたい。 猛烈な吹雪の中を、SWORDの軍用飛行船が飛んでいた。 ...
2067年。 日本は歴史上二度目となる鎖国体勢に突入する。 鎖国政策を敷く日本。これは、反日的なメッセージだろうか。それともSF少年の戯れだろうか。後者であると願いたい。 猛烈な吹雪の中を、SWORDの軍用飛行船が飛んでいた。 飛行船の中には、すで...

コメントの投稿

非公開コメント

もう観られたのですね。

どうしようかと迷っています^^;
俳優さんたちの声優はよかったですか!
松雪泰子の声は低くてかっこいいですよね。
ビジュアルは見どころありそう。
時間があったら観にいこうかなあ。

予備知識必要かもしれません

>アイマックさんこんばんわ♪

フルCGで描いた人物や世界観は凄くリアルですし臨場感もたっぷりですからそこは誰が見ても満足は出来ると思いますよ♪
ただ、ストーリーの方は、映画観ただけじゃちょっと理解できない所も多いかもしれませんね。
yahooの『映画』の所にべクシルの特集サイトがあるんですが、そこには大和重鉱の歴史や、日本が鎖国をするまでの歩みが説明されていますので、鑑賞前に予備知識として覗いて見るのもいいかもしれませんよっ♪

TB&コメントありがとうございました

荒廃した世界の理由とか掘り下げてくれるともっと面白かったかなとも思います、世界観は好きなのでちょっと惜しいことしたなとも感じてしまいました。
アクション重視に傾いていました、まあそれはそれで楽しめましたけど

こんばんは

TB&コメントありがとうございました。

高水準である事は間違いなんですが、ストーリーもアクションも、もっと上にいける気がする出来でした。特にストーリーに関してはもっと掘り下げて欲しかったですね。設定を十分に活かしきれていない印象でした。

もうちょっと長く

>くまんちゅうさんこんばんわ♪

10分くらい時間あれば日本が廃れた理由くらい簡潔に説明できると思うんですけどね(^^;)丸投げになってしまっていたので自分は結構気になってしまいました。
アクション部分ではジャグに追われながら大和重鉱本社を目指すシーンがよかったですね♪スピーディで中々迫力もありましたっ。

>えめきんさんこんばんわ♪

やはり尺の関係もあってストーリーも切り詰めているんでしょうけど、毎度の事ながら2時間以上でも別に問題ないと思うんですけどね~?3D酔いする人には辛いかもしれませんが、自分はもうちょっと長くても問題なかったですね。途切れ途切れだったマリアとレオン、そしてマリアとキサラギの関係も深く知りたかったです。

松雪泰子さん、声もクールビューティーでしたね。

2077年の日本って、なんか一昔前の香港の九龍城みたいで人間も国籍不明っぽい感じでしたね。
食欲も無いアンドロイド化した人間が、こういう街を形成するかな?と思っちゃいました。
説得力あるストーリーだと、かっこいい映像美がもう少し活きたのにね...。

九龍城

>あんさんこんばんわ♪

香港の九龍城っていうイメージはなんか分かりますねw道の周りに屋台がズラズラ~と並んでいましたし、自分もあまり東京って感じには見えなかったかも?
シリアスな展開だったけど、あまり納得できる終わり方でも無かったので、変に『しこり』のようなものが残っちゃいましたね(汗

トラ・コメどうもです

やっと書き終えました。
この作品・・・日本人の自虐的発想は面白いけど、外国で誤解されないように願いますね。

国内じゃ飽き足らず・・

>ひらりんさんこんばんわ♪

作品ではキサラギが国内だけじゃなく、他の国すらも実験場にしようと言っていたので、アニメとは言えああいう発言はちょっと控えたほうがいいかもと思うのは自分だけでしょうか?(^^;)
外国でも大々的に公開されるので、様々な賛否を聞きたいですね♪

俳優

こんにちは、メビウスさん。いつもTB&コメントありがとうございます。
最近では俳優が声優をやるっていうのは当たり前になってきましたねぇ。
まぁとりあえず『APPLESEED』よりも凄くなったCGを観たかったのでそれは満足しました。黒木メイサも観られたしw

安易な起用は留めるべき

>もじゃさんこんばんわ♪

今回声優に挑戦した黒木メイサや松雪泰子は個人的には凄い合っていたので問題なかったのですが、最近アニメの声優業界でも本当にタレントの起用とか多くなってきたのが目に付きます。
それについて山ちゃん(山寺宏一)も以前安易な起用をやめた方がいいのでは?と批判していましたが、それも一理ありだと思いました。作品が良くても、吹き替えを担当している方が合ってなかったり棒読みだったりと全然ダメだったら作品の質事態を落としかねませんよね。

以前観た『呪怨パンデミック』がまさにそうでした(--;)

こんばんは

メビウスさん、こんばんは。

アップルシードの時よりも3Dライブアニメの表現力は増していましたね。
ただキャラクターもメカもデザインがアップルシードの流れを汲んでいるような感じで、見た目に新鮮さがないのがちょっと残念でした。

亜種?

>はらやんさんこんにちは♪

やっぱり曽利監督は『アップルシード』をまだ引きずっているんでしょうか?
確かにべクシル達ソードの着ていたメカスーツが、アップルシードでデュナンが着ていたメカスーツに似てなくもなしで、オリジナル作品なのにどうにもアップルシードの亜種のようにも感じる事がありますねw

コメントありがとうございました

『トレマーズ』思い出しましたよね(笑)
山や森は直接食べなくても、金属を求めて彷徨う
ジャグによって、自然に平らにされたんじゃないでしょうか。
それにしても、設定が極端すぎますよね(笑)

ついでに

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

地中からゴバッ!と勢いよく出てくる所とかトレマーズに似てますよねwでもあれだけ巨体だから、金属を食べるついでにもりとかも一緒に飲み込んだ可能性がありますね。それだと日本中から緑や山が失われてまっさらになってるのも一応納得いきますけど、曖昧な部分もあるから何とも言えませんよね・・(^^;)内容はも少し単純でも良かったかも?

こんにちは!

さがしましたよ~(笑)
技術的には申し分ないしアイディアは買いますが、内容が途中からヘタな邦画なみになってしまうのはナンですね~(^^;
全土更地ってのが謎ですね。いくらジャグが徘徊してもどうやって山脈を崩したのか不明です。それで川や湖を埋め立てたのかしら(笑)

カッコイイメカ

>たいむさんこんばんわ♪

TB貼れなかったので、探させてしまいましたね・・(汗)お手数を掛けてしまって申し訳ありません(--;)

内容はもう少し頑張って欲しかった所がありますが、その分自分はエクスマキナ同様劇中に出ていたカッコイイメカ類に目が行きましたwベクシル達が着用していたパワードスーツが結構カッコ良かったんですよね~♪
音楽もアップルシードに参加していたブンブンサテライツなどが楽曲提供していたので、個人的にはその辺りも評価に加えました♪

PAGETOP