呪怨 パンデミック

【監督】清水崇
【出演】アンバー・タンブリン/アリエル・ケベル/ジェニファー・ビールス/エディソン・チャン/宇野実彩子/サラ・ローマー/サラ・ミシェル・ゲラー
【公開日】2007/8.18
【製作】アメリカ

【ストーリー】
東京でインターナショナル・スクールに通うアリソンは、友人らと共にに郊外にある幽霊屋敷を訪れる。ヴァネッサとミユキはアリソンを怖がらせようと、彼女を二階の押し入れに閉じ込めてしまう。悪ふざけのつもりだったが、突然本当に戸が開かなくなってしまい、アリソンは暗闇の中で怪しい気配を感じる・・。
一方ある事件に巻き込まれ、日本の病院で入院している姉・カレンを訪ねるべく、アメリカから妹のオーブリーが来日した・・・


【コメント】(↑は吹き替え版の評価です)
シリーズ最恐の割にはあまり怖くなかったですね。もう何度も俊雄くんと伽椰子さんの神出鬼没な驚かせ方を観てるから目が慣れてしまったのもあるんでしょうけど、もう1つは多分吹き替えのせいだとも思いますね。・・と言うかその吹き替えの方が映画の内容よりも最恐でした。

基本的なストーリー展開は前作の『THE JUON』とあまり変わっておらず、複数の物語が時間を前後しながら同時進行していくお決まりのパターン。前作でサラ・ミシェル・ゲラーが演じたカレンの妹のオーブリーに、同級生と共に伽椰子の家を訪れたアリソン。そして海を越えてシカゴのとあるアパートで恐怖の体験をするジェイクというように、伽椰子の呪いも遂には海外にまで到達してしまいます。
パンデミック(感染爆発)も納得の例えで、まるで伽椰子の呪いが伝染病のように無関係な人にまで及び、もう歯止めがきかない状況に陥って世界オワタな有り様になってしまいます。

恐怖シーンも相変わらずベタな所や意外な所から登場して怖がらせてくれる俊雄くんと伽椰子さんですが、今回は日本版の『呪怨』で見られた恐怖シーンが装いも新たに使われており、シリーズ通して見てる人にはピンと来る所があるかもしれませんね。
新聞紙を窓にベタベタ張って隙間から目がギョロンと覗き見てるシーンとか、猫が足元を通って下を覗くと、俊雄くんが体育座りでスタンバってるシーンとかもなんか懐かしい(あのシーンは自分も一番ビビりました)w
あと、いないいないバァ~が印象的だった老人ホームのおじいちゃんが本作でも何故か出演しており、日本版とお変わりない奇行を繰り返しているのにも笑ってしまいました。

しかし今回は決定的に不満な所が1つあり、それが↑でも言ってる吹き替えの存在です。
自分の所では字幕版が公開されていなかったのでしぶしぶ吹き替え版の方を観たんですが、もう清々しいくらいに下手なんですよねぇ吉本の人達。・・いや、もしかしたら下手なんて言葉すら生易しいかもしれませんねこれは。聞いてるだけで苦痛でしたっ。
主要キャラの声をほぼ女性芸人達が担当しているので、折角の恐怖シーンも彼女達の棒読みが見事に削ぎ殺してくれる。ハリセンボンの2人も下手、森三中の3人も下手、まちゃまちゃなんてあまりに下手過ぎて頭を抱えてしまうほどでした(--;)
一体何考えてるんでしょうね吉本も。明らかに話題性ばかりを重視した感じに見え、声優としての実力なんてまるで度外視な姿勢が、お金を払って観に来ているお客さんをなめてるようで嫌いです


本作で伽椰子の母親も登場し、彼女の幼少期の過去が明らかになったりとオリジナルの要素も多少加えているんですが、個人的に見所はそこだけだったような気がします。
そして何よりも、吹き替えの酷さが作品全体の質を一気に落としていて粗悪なものへと成り果ててしまっている。
字幕版で観たかったですけど、もし自分のとこのように吹き替え版しか無かったら絶対観ない事をオススメしますね。お金と時間を損して、尚且つ怒りも蓄積されること請け合いです。

『呪怨 パンデミック』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
華がないレネー【Story】東京でインターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は、友人らとともに幽霊屋敷を訪れる。ヴァネッサ(テレサ・パルマー)とミユキ(宇野実彩子)は、アリソンを怖がらせ
?『呪怨 パンデミック (吹替え版)』?ついに始まる、恐怖の爆発感染。?パンデミックとは、ある感染症が世界的に流行することを言う。つう事で、今までの呪怨シリーズは不心得者が、家に執着する伽椰子の場所を荒らす事で呪われる設定だったんですけど、今回は
 評価:△       歌はイラネ!度:100% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない) 『あらすじ』 インターナショナルス
夏にふさわしい肝試し映画の真打は、サム・ライミの「ゴーストハウス・ピクチャーズ」第2弾!こえ~~~~~~~~~~~
呪怨 パンデミック THE GRUDGE 22007年   清水崇 監督  サム・ライミ 、ロブ・タパート 、一瀬隆重 制作サラ・ミシシェル・ゲラー アンバー・タンブリン アリエル・ケベル エディソン・チャン テレサ・パルマー サラ・ロイマー ジェニファー・ビールズ .
ハリウッドリメイク版【呪怨2】(と呼んでいいのか?)【呪怨 パンデミック】早速鑑賞してきました☆まずはストーリーから。。東京。インターナショナル・スクールに通うアリソンは、クラスメートのヴァネッサとミユ...
「パンデミック」とは、世界的な流行病に対する医学用語。ある感染症が世界的に流行する事を言う。感染爆発、あるいは汎発流行。東京。インターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は、クラスメートのヴァネッサとミユキに連れられ、幽霊屋敷として...
 最近映画に行く頻度が減ってきました。と言うのは仕事が忙しくなくなったんです。普通、忙しくなくなると時間ができますが、僕の場合仕事が早く終わるとレイトショーまで時間が空きすぎる。ずっとレイトショー料金で観ていたので正規料金で観るのももったいないような気が
パンデミックとは感染症が流行すること・・・ということは、呪縛霊のような固定のものとは全く関係ないような・・・
63.呪怨パンデミック■原題:TheGrudge2■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:102分■鑑賞日:8月22日、新宿グランドオデヲン座(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:清水崇□脚本:スティーブン・サスコ□製作:サム・ライミ、ロブ...
怨念は国境を越える・・・
東京のインターナショナルスクールに通うアリソンは、クラスメイトのヴァネッサとミユキに連れられ、幽霊屋敷として有名なある一軒家にやってきた。そこはかつて佐伯伽椰子という女性が夫に惨殺され、その息子の俊
監督 清水崇 主演 アンバー・タンブリン 2006年 アメリカ映画 108分 ホラー 採点★★ 謎ってのは、下手に解明しない方が面白かったりするんですよねぇ。真実が、あれやこれやと頭の中で想像したり妄想してたりした願望を凌駕するってことは、滅多にありませんし。フライ?...
ホラー映画洋画 ホラー映画初心者のすけきよです。ハリウッド版呪怨第2弾「呪怨 パンデミック」観ました。 DMMでレンタルする あらすじ:究極の‘呪怨’シリーズ最新・最恐作ついに登場!!オリジナルストーリーで初めて明らかにされるおぞましき‘伽椰子’誕生の秘?...
THE GRUDGE 2 2006年:アメリカ 監督:清水崇 製作:サム・ライミ、一瀬隆重 出演:アンバー・タンブリン、ジェニファー・ビールス、エディソン・チャン、サラ・ミシェル・ゲラー、アリエル・ケベル、宇野実彩子 ある日、東京のインターナショナルスクールに通う少...
あらすじ東京でインターナショナル・スクールに通うアリソン(アリエル・ケベル)は、友人らとともに幽霊屋敷を訪れる。ヴァネッサ(テレサ・パルマー)とミユキ(宇野実彩子)はアリソンを怖がらせようと彼女を二階の押し入れに閉じ込める。悪ふざけのつもりが、突然、本...

コメントの投稿

非公開コメント

音の大事さ

メビウスさんこんばんは!TBさせてもらいました♪

久しぶりのバツ評価ですね(驚)
私は字幕で観たのですがそこまでの悪い印象は持ちませんでした。日頃から吹き替えは避けているので、メビウスさんのレヴューからも今回は大いに正解だったように思います。
音(声)って大事なんですね。

 バツッΣ(゜口゜!!)

 明日観に行く予定なんですが…
え~どーしよーかな~。たましょ
く、大の「呪怨」好きでして。

 いや、でも愛する伽椰子様の
あのうめき声を聞きたいので観
てきますw

吹き替え最悪・・

>daiさんこんばんわ♪

ホント久々のバツ評価・・・と言うより、今年初めてのバツ評価ですw自分って甘い評価だと認めてるので、×を出すのは☆を出すよりも稀なんですよねぇ(^▽^;)
でも吹き替え版はホントひどくて・・・棒読み吉本芸人達のせいで、恐さが悪い意味で削がれちゃってましたし、自分も字幕だったらもうちょっと評価上げてました。
アニメとか好きだから、声優にも気を遣う自分にとっては今回の吹き替えは版は最低でしたです・・

>たましょくさんこんばんわ♪

あ・・分かり難くて申し訳ありません。今回の評価は吹き替え版としての評価なんです。字幕版だと多分ここまで評価下げてないと思いますし、それくらい今回の吹き替えは最悪だったんですよ・・・。
吉本芸人達のダメダメっぷりで評価を2~3つ位下げています。たましょくさんの所に字幕版があったら是非字幕の方を観て下さいませ。ファンの方が吹き替え観るとかなりがっかりすると思いますので・・
v-388

吹替え版はホントにひどかった・・・

あんなにヒドイ吹替え版は生涯出合ったことありません。
洒落じゃすまないダメっぷりでしたね。
伽椰子と俊雄がコレでもかと怖がらせてくれたのに・・・。
字幕版なら楽しめたのになぁと思えてならないです。
『呪怨3』では、是非そんなことの無い様お願いしたいなぁ。

伽椰子様の世界征服!?

 ご忠告通り、字幕で観賞。

 梶原善!嬉しい出演♪おじいちゃん
見た瞬間に癒されてしまいました♪で
も、怖さとゆー点では、シリーズ1作
目の時にような衝撃的怖さはなかった
かな。

 伽椰子の幼少エピソード…う~ん、
なんか違う気がしました。あと、母親
の英語力「どんだけ~」と言いたいw

 でも、やっぱ伽椰子様が好きv-10

最悪声優

>たかひょさんこんばんわ♪

自分もあんな酷すぎる吹き替えを聞いたのはもしかしたら初めてかもしれません。まちゃまちゃが担当しているトリッシュが画面に出てくるたび、うへぇ~~・・(´▽`;)と気持ちがどん底に。
全員下手でしたが、まちゃまちゃはもうぶっちぎりで下手でしたね。当分バラエティでも彼女の姿見たくないです(汗

>たましょくさんこんばんわ♪

たましょくさん随分伽椰子さんに惚れ込んでますね・・(^▽^;)確かに本作でも冒頭でちょっとだけ映った、生前の伽椰子さんは結構な美人さんですよね。死んだ後の姿と比較するとかなりのギャップを感じてしまいます(笑
でも伽椰子の母親が何故に英語ペラペラ?なんていう違和感がある辺り、字幕版も『穴』が結構あるようですねw
ちなみに吹き替え版では伽椰子ママも普通に日本語でしたが、やはり棒読みでした(滝汗

こんにちは!

いつもありがとうございます!&
ご愁傷様でした。
そこまでひどい吹き替え、
あたしも是非!見てみたいです!!
楽しみ!!

アイタタタ・・

>猫姫さんこんばんわ♪

吹き替えは凄いですよー。吉本の人達の声聞く度に『アイタッ!アイタタタッ!』って苦痛の表情浮かべてしまいますよ(汗
猫姫さんも怖いもの見たさな感覚で、一度吹き替え版に挑んでみてはどうでしょう?逆にあれほど酷いのは吹き替え版で年に一度あるかかないかだと思うので、ある意味価値はあるかもしれませんね(^^;)

こんばんは~

吹き替え版の酷評、あちこちで語られていますね~
あ~試写会、字幕版で良かった~ 笑

マジ怖かったです。
しかも肝心のシーンになると、クーラーの冷風がひゅ~~っとあたるんですよ 汗

はじめまして☆

八ちゃんのトコから飛んできました~☆

自分も【吹き替え版】を迂闊にも観てしまいまして…汗

呪怨ファンとしては残念でなりませんでした(^^;

っと、トラックバックさせていただきました♪

私も吹き替え版を見ましたが、
あんな吹き替え版ではダメだと
思います!!
見ている人をバカにしているかのような棒読みで、イライラv-359
してきました!!
あんな呪怨もう見たくない!
ぜひ、字幕版でみたかった・・・。
あんなので、よくOKでましたね。

了承とか・・

>八っちゃんさんこんばんわ♪

やっぱり酷評なのは自分だけじゃないようですね、ちょっとホッとしましたw
字幕だと自分も怖さ満喫できたと思うと凄く勿体無くて・・クーラーの相乗効果も得られると思いましたが、自分の近場の映画館省エネ対策なのか、クーラーあんまり効いてませんでした(汗

>ひいろんさんこんばんわ♪

わざわざお越し頂き有難うございます♪拙いブログですが、よろしくですっ♪
あちゃ・・ひいろんさんも吹き替え版観ちゃいましたか・・(^^;)もう酷すぎてトラウマになっちゃいますよね。この先下手な声優さんが現れても、当分吉本芸人達は抜けないと思いますねっ(笑

>(^-^)さんこんばんわ♪

笑いと恐怖の相乗効果なんて滑稽なアイデア考えた人が、この酷さを引き起こした張本人だと思うと、呪いたくてたまりませんねっ。
これだと清水監督の了承とか多分取ってないでしょうね~。ホント、オフレコとかでよくオッケー出たものだと疑いたくなっちゃいますよこれじゃ。

コメントありがとうございました

私は字幕版で観ましたが、パンデミックって
言うほどじゃないので、拍子抜けしました(^_^;)

そのメンバーの吹き替えを公開してしまう
映画会社が、1番怖いですよね(笑)

吹き替えが最恐

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

吹き替え版はあまりの下手さに怖いのも然る事ながらですが、体中から鳥肌が立って凄い変な感じになりますよ。記事にも書いてますが特にまちゃまちゃが際立って下手くそでしたね~。感情なんて全然こもってませんでしたし、枯れたような声が凄いミスマッチでございました。
あれを聞くと、映画会社の人は吹き替えのチェックとかしてなかったんじゃないでしょうか?仮にチェックしてたとしても、笑いと恐怖のコラボなんて謳い文句作っちゃったもんですから、後に引けなくなったのかも?或いは吉本の圧力とか?w

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

PAGETOP