ピアノの森

【監督】小島正幸
【声の出演】上戸彩/神木隆之介/池脇千鶴/福田麻由子/宮迫博之/田中敦子/田中真弓/高田純二
【公開日】2007/7.21
【製作】日本

【ストーリー】
田舎町へ引っ越してきた雨宮修平は、ピアニストを夢見る小学5年生。早速ガキ大将のキンピラに目を付けられ、度胸試しの為に学校の森の近くにある壊れたピアノを弾いて来い言われるが、そこを同級生の一ノ瀬海に救われる。放課後、海は修平を学校近くの森に案内するとそこには確かにピアノはあったが、修平が弾こうとすると音が出ず、何故か海が弾くと音が出るのだった。海の奏でるピアノの音色に感動を受ける修平。その修平の話を聞いた音楽教師の阿字野も、森で海のピアノに心を動かされていた。
翌日、音楽室で阿字野から様々な曲を聴かされた海は、その曲を森のピアノで弾くが、何故かショパンだけが弾けなかった。阿字野に教えを乞い、それと引き替えに海は修平も参加するピアノコンクールに出場する事となる・・・


【コメント】
映画の影響で原作本を読む・・・・。なんて事は自分は滅多に無いんですけど、この『ピアノの森』は観終わった後、原作である漫画の方を読みたくなってきました。海と修平はその後、世界に羽ばたいたんでしょうか?続編なんて期待出来ないので、非常に気になって仕方がありません。

同じクラシックアニメとしては最近『のだめカンタービレ』を観ているのですが、本作の『ピアノの森』に出てくる主人公の1人、一ノ瀬海ものだめと結構似通ってる所があるように思えます。天才的なピアノのセンスを持っているものの、その演奏は独特で型にはまらず、常人ではあまり理解できないという点が何かそっくりに見えてしまう。
もう1人の主人公である雨宮修平はさすがに千秋には似てませんけど、早くプロのピアニストになろうと頑張ってはいるが、そのピアノをあまり好きになれず、終始悩みを抱えて込んでしまっている少年。
そして天才的な才能でピアノを我流に弾きこなす海と、毎日の練習の積み重ねで弾く努力家の修平。この正反対の2人が森のピアノを通して時にライバルとしてピアノの腕を磨き、そして時に友達として友情を深めていくといった所を丁寧に描いていますね。
クラシックも全然詳しくないし、海が言っていたように『ジャジャジャジャーーン!!』と言う有名な曲しか自分も知りませんが、ひっそりとした森の中で奏でられるクラシック曲は癒されるような雰囲気を与えてくれて、作曲者・曲名諸々知らなくてもモウマンタイ。演奏者もプロらしいですから、十分聞き惚れる事が出来ると思います。

声優もメインは俳優、脇はベテラン声優とある意味見飽きた組み合わせですけど、海を演じた上戸彩と修平を演じた神木隆之介くんのコンビは確か『インストール』以来だったはず。神木くんの胸タッチが今でも印象的ですねぇ・・・・・ってかなりどうでもいい事ですけどw
でも今回この2人、声優としては双方ミスマッチだったような感じが致します。
『ローグギャラクシー』っていうゲームで上戸嬢の声優っぷりを初めて聞いた時はまずまず我慢出来た範囲内でしたけど、海の声を演じてる上で彼女の声は少年役にあんまり適していない気がする。海は男の子ですけど、声が声なもんですから時々女の子っぽくも見えてしまうのが何とも痛辛い(--;)
もう一方の修平の声を演じた神木くんも声優は今回が初めてじゃないのに、感情の表現みたいなものが声に入っていなかったような気がしますね。自然体の演技をしていたかもしれませんけど、自分は単純に下手に聞こえた。そいえばピー助の時も『ピューイピューイ』ばっかりだったから感情もへったくれも無かったですしね~(^^;)

唯一上手かったなって思えたのは池脇千鶴と宮迫博之の2人くらいでしょうか?特に宮迫は低音だとカッコ良くてちょっとビックリ。更に『修平さぁん』なんて甘ったるいような声出してたベテランの田中敦子にも同様にビックリしてしまいましたw
それと後半だけポッと出だった『便所姫』こと、丸山誉子の存在も何か惜しい。海の髪の毛をウェンディという犬に見立てて触りまくるちょっとズレてて変わった女の子なんですが、出来れば結構前から海や修平と出会って3人での面白いやり取りなども観たかった気がします。それとも漫画の方だと結構絡んでるんでしょうか?う~ん、やっぱり気になるから単行本買いたくなってきました。


ストーリーもクラシックの曲も感動できるし、マッドハウスの細やかで綺麗なアニメーションも輪を掛けて素晴らしいのですが、やはり今回は個人的に声優が不釣合いに聞こえ、落ち度を1つ作ってしまってる気がします。
非声優が一方的に悪いってわけじゃないんですけど、これだけ良質なアニメなんですから知名度云々よりもせめて実力あるタレントの方を起用して、より完璧で隙の無い作品に仕上げて欲しかったのもありますし、実力ある人がいないのなら素直にベテランの声優を使って欲しいとも思う今日この頃でございます。

『ピアノの森』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
行こう、森へ。悲しいときも、楽しいときもそこにピアノがあった。
プロのピアニストを目指して日々練習を重ねる少年・修平。彼は転校先の学校で不思議な雰囲気の少年・海と友達になる。海に連れられて訪れた森の中には、音の鳴らない古ぼけたピアノが置いてあった。海がそのピアノを弾き始めると、音の鳴らないはずのピアノから美しい音色.
人気ブログランキングの順位は?森のピアノに育てられた少年はピアノの不思議な運命によって天才的な才能に目覚める。行こう、森へ。悲しいときも、楽しいときも、そこにピアノがあった。
私は、音楽を聴くのは好きだが、演奏するほうはからっきし苦手だ。絶対音感なんて望むべくも無く、小学校の発表会で私だけ縦笛が上手く吹けず、先生から「全体の迷惑になるから、吹くまねだけして、音を出さないでね!」と、残酷な
映画「ピアノの森」を観て来ましたが、ピアノをめぐる愛と友情の物語でとってもピュア
1ヶ月ぶりの舞台挨拶レポートは、上戸彩、神木隆之介、池脇千鶴、福田麻由子、宮迫博之が声の出演をしている、一色まこと原作のアニメ『ピアノの森』でございます(爆)会場は丸の内プラゼール。 (写真) ここってロビーが狭すぎだから、開場時とか終了後は大混雑するん
森のピアノを弾くことができる少年とピアニストを夢見る少年の物語です。
 潔いピアノの音色が森に響く時、1人の少年の心を紡ぎ、もう1人の少年の夢を語ろうとする。 親の七光りではない。おそらく雨宮修平(神木隆之介)は、真摯にピアノに向き合い、自分の色を出していたのだろう。そんな彼は、田舎町に転校し、心揺さぶる....
「ファンタジー度:100%だよなー」とまず思う。(原作は未読)現代風なのだけど、子供たちの雰囲気はどちらかというと”昭和の風”で今っぽくないし、何より、十数年も森で雨ざらしにされていながらピカピカの
天賦のピアノの才を持つ少年一ノ瀬海と、ピアニストの家に生まれながらも努力の天才雨
感動度[:ハート:][:ハート:]          2007/07/21公開  (公式サイト)笑い度[:ラッキー:]音楽度[:かわいい:][:かわいい:][:かわいい:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】小島正幸【脚本】蓬莱竜太【原作】一色まこと 『ピアノの森 The perfect world of KAI
「ピアノの森」の試写会に行って来ました。アニメという事もあり子供連れの姿が多かったのですが、映画自体は大人も充分に楽しめる内容でした。そもそも「モーニング」という青年漫画誌に連載されていたのですから、それも当然な訳です昨年の「のだめカンタービレ」によって
{/kaeru_fine/}{/hiyoko_cloud/} 今週はチョイ凹み気味なテンション{/down/}だったピロEKです。 …何があったって訳でも無いんだけどね。 …このご時世(?)平凡にノンビリ安穏な場所を見つけて生活(この場合仕事ね)すること自体が人からは良く見られないものなんだ...
一時期、ピアノブームみたいなのが来て ピアノにまつわる映画作品がいくつか公開され その一つだったと思います。 私のブログに別作品でコメントして下さった方の オススメです。 原作は、累計350万部を突破したコミックだそうですが 未読です。 ピアニストを目?...

コメントの投稿

非公開コメント

あまり気にならなかった(^^ゞ

映画を観ている時点では、
誰が声優さんかとか、余り気にならなくて、
確かに、脩平さんの声には、元気さが、
感じられなかったけど(笑)

エンドロールを観て、あら!上戸彩ちゃん?
って位でした(^^ゞ
単に、予習不足って事かもしれませんけどね~

映像は、好きなタッチでした。
森の中の木漏れ日や、月光に照らされた、
ピアノ、そして演奏には癒されました(^_^)v

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

良い映画なんですが、今一つ満足できなかったんですよね。理由はいくつかあるでしょうが、声優陣に問題があったのは事実でしょうね。

>唯一上手かったなって思えたのは池脇千鶴と宮迫博之の2人
池脇千鶴はときどき声優やってますからね。宮迫はカッコ良すぎ。ちょっと笑ってしまいましたよ。

のだめが最高

メビウスさん、こんにちは。
私もこの続きのほうこそ気になってます。
でも、「神童」の時は原作が読みたくなったのだけど、今回はまったく・・・。
一色作品を好まらないからかと。
今時、あんなに潔いケンカをする子供を見たことがありませんし、なんかリアルの無いファンタジーはちょっと・・・ですね。
カイが楽譜を読め無いのはともかくとしても、5年生にもなって音符すら知らない設定は問題外。いくら天才でもしらけてしまいました。
声優については同じく。
池脇さんは、成長しましたねw
フォウのときはどうなる事かと思いましたがwww

どうやって選んでいるのやら・・

>すぅ☆さんこんばんわ♪

自分は人一倍アニメとか好きな方なので、やっぱり声優のヘタウマ加減にはちょっと敏感になっています(^^;)
それに映像の美しさもさすがマッドハウスという感じです♪『時をかける少女』とかイイ作品のアニメ手掛けてるだけに、ピアノを弾く際の指の細やかな動きにも職人技を感じさせます♪

>えめきんさんこんばんわ♪

う~む・・やっぱり声優も知名度の方を選んだんでしょうか?いつも思うことなんですが、タレントの方はどうやって役に抜擢されるのか未だに分かりません。ちゃんとオーディションとか受けているんでしょうかね?(汗

>たいむさんこんばんわ♪

自分が小学校の頃は海たちのように取っ組み合いをして教室でケンカしてたのは何度か見た事ありますけど、今じゃああ派手にやらず、口で相手をけなすいじめの方が多いですよね。やっぱりたいむさんの言うように、昭和のイメージが若干入っているのでしょうか?

>5年生になって音符も知らない

確かあの学校の音楽教師は阿字野先生だったはず・・・。授業すらやる気出していなかったんでしょうね(汗

こんばんは

神木君はピースケもやってたんですねえ。
私は昔の「のび太の恐竜」を観たときも子供心に思ったんですが、何で恐竜の声を人間が?(笑
人間にしか聞こえなくてワザトラシーと思ったものですが、リメイクでも同じ事をやってるんですね。
故藤子F氏に何か拘りでもあったのかな。

実はピー助の時も・・

>ノラネコさんこんにちは♪

神木くんはピー助の時でもちょっと棒読みでした(--;)『ハウルの動く城』の時は上手いなーって思っていたんですが、ブランク空き過ぎていたのか今回の演技には少し残念なものがありましたね。
まだ山ちゃん(山寺宏一)のように二足のわらじで活動するには無理っぽそうです・・(汗

こんばんわ☆

メビウスさん☆こんばんわ
『スパイダーマン3』のコメント&TBのお返しすっかり遅くなってしまいごめんなさい・・・

僕はこの作品、続きがあるのかな?と思い劇場を後にしました。
確かに海の描き方などは『のだめカンタービレ』を彷彿とさせますね。
ピアノ曲はどれをとってもすっかり堪能出来ましたし、楽曲を追う意味でもこの作品素直に楽しめました。
声って難しいですよね。僕はさほど気に留めずにストーリーを追って観ていました♪

のだめ似

>orangeさんこんばんわ♪

『スパイダーマン3』のTB確認しましたっ。遅れても別に構いませんですよ。誰にでも都合と言うものはありますからモウマンタイですw

音符の読めない海がのだめとダブってしまって、自分もかなり似通った印象を受けましたね。ピアノを自分の好きなように楽しく弾いてる所もそっくり。プリゴロタまでそっくりだったらどうしようかと思いましたけど(笑

orangeさんも声優あまり気にしない派?(どんな派だ)
う~む、もしかしたら自分が異常に神経質なだけかもしれませんね(汗

おじゃまします

おじゃまします。
いつも反応が遅くなってしまい申し訳ありません。
宮迫博之は上手かったですね。普通に声優業でも通用するのかも知れません。
逆に上戸綾は…もっと男の子の上手い声優に任せた方が良かったのかも…
…最近ではプロ声優も、グラビアあがりだったり、アイドルあがりだったりという場合もあるみたいだから、まぁ普通の俳優さんらと大差ないのかも知れませんけどね。
では、また来させていただきます。今後とも宜しくお願いいたします。

少々懸念

>ピロEKさんこんばんわ♪

宮迫は普段バラエティで見るハイトーンボイスがイメージとして定着してるので、本作の阿字野のような低く抑えた声はある意味新鮮でしたね。ああいう風に声質を変えてキャラクターに合わせるくらい役作りに熱心なタレントさんが多いと嬉しいんですけども、残念ながら現状は話題性重視に見えるんですよね~。
今の声優業界はちょっと分からないのですが、こうもタレントさんに仕事を取られると、声優の若い芽も育たなくなりそうで不安ですね。

PAGETOP