レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語

【監督】ブラッド・シルバーリング
【出演】ジム・キャリー/ジュード・ロウ/メリル・ストリープ/リアム・エイケン/エミリー・ブラウニング/ティモシー・スポール
【製作】2004年/アメリカ

【ストーリー】
ボードレール家のヴァイオレット、クラウス、サニーは幼くも賢い三姉弟妹。彼らの不幸は自宅全焼の火事で両親を亡くす事から始まった。
身寄りの無い3人は遠縁の親戚オラフ伯爵(ジム・キャリー)に引き取られる。しかし、伯爵は欲張りな悪人で3人の巨額な遺産を横取りしようと画策するのだった。次々と襲い掛かる災厄を、知恵と勇気で跳ね除けていくボードレール三姉弟妹に、果たして幸せな日々は訪れるのだろうか・・?

【コメント】
非常に惨めで可愛そうでと、正に不幸のオンパレードみたいな感じの映画なんですが、ジム・キャリーが出ているせいか、不幸映画と言うよりもパロディ映画にも見えなくもなかったです。

確かにこの映画全編通して不幸・・と言うよりも作品全体が非常に暗い!!
美術や背景に到ってはほぼ全編に渡って暗い配色しか使用されておらず、青空なんかも微塵も出ない。どんよりどよどよの曇り空・・雰囲気ではかなり暗くさせています(^▽^;)
冒頭でレモニー・スニケット役のジュード・ロウ(声だけ)が、『本当にこの映画観るの?すっごい不愉快になるよ?今ならまだ間に合うから別な映画観た方が良いんじゃない?』みたいな感じで、観客にこの映画に対する心理的興味みたいなものを与えてて、結構凝ってました。(実際にそこで本当に席立って出て行く人いたら面白いですけど♪)
まあそれ程駄目だしするのなら、どんなに不幸か見てやろうじゃないかっ!!と思って観てみたら案外・・・・(-_-;)

何と言うか・・『変な親戚達から次々とタライ回しにされて、イヤなオジさんが追っかけてくる』みたいな・・
不幸な映画って言うよりも、どっちかと言えば出演している役者の個性が凄い引き出ているのと、アカデミー賞を受賞した程のメイクアップそのものに自分は目が向きました♪

ジム・キャリーは久々に『彼らしさ』が出ていて、悪人役ながらもどこか憎めず面白い役所ですし、三姉弟妹、特に長女役のエミリー・ブラウニングと言う子がひっじょぉ~に可愛いのですけど・・?(〃▽〃)
ダコタ・ファニングから乗り換えようとしている自分がいます・・(ぇ
でもメリル・ストリープも出演していたらしいのですが、実際どこにいたのか全然分かりませんでした。

元々アメリカの児童書が原作なので、子供が観てもシンプルで分かりやすい為、GWに観るとしたらオススメな1本かもしれません。

『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』公式サイト
 
あまりに可哀想なファンタジー3姉弟妹を襲う、不幸、不幸、不幸。 レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語  原題:Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events 監督:ブラッド・シルバーリング原作:レモニー・スニケット出演:ジム・キャリーリアム・エイケン エ
レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディションん~~~、あまり不幸っていうかんじもしなかったような[:汗:]だいたい親が亡くなっても遺産があるってのがねぇ~。それに子供たちは、発明の天才に、読んだ本をすべて暗記、噛むのが好き、どうみてもピン

コメントの投稿

非公開コメント

あまり不幸にも見えなかったですよね(^^;;

ジュード・ロウがでていたなんて・・・
き、気がつかなかったよォ~~~(ーー;)

顔が出ない人

>えふさんこんばんわ♪

自分も最初ジュード・ロウってどういう役で出てくるかと思ったんですが、劇中の語り部的な役所で、終始顔を見せないんですよね。そこもまた面白いんですけど。ジュードも顔が出ないのに良く引き受けたものですよね(笑

PAGETOP