タラデガ・ナイト

【監督】アダム・マッケイ
【出演】ウィル・フェレル/ジョン・C・ライリー/サーシャ・バロン・コーエン/ゲイリー・コール/マイケル・クラーク・ダンカン/レスリー・ビブ/他
【公開日】未公開
【製作】アメリカ

【ストーリー】
NASCARの弱小レースチームでメカニックマンとして働いていたリッキー・ボビーは、ひょんなことからドライバーに抜擢され、その隠されたドライバー・テクニックで瞬く間にNASCARの頂点へと君臨する。
しかしフランスで活躍していた天才F1ドライバージャン・ジラールがNASCARに参戦。ライバル心を露にしレースで勝負を挑むものの、大クラッシュを引き起こしてしまい、それと同時にリッキーは走る事自体が怖くなってしまった。そしてライバルに負けた事により順調だった彼の生活は一変。国民的スターだった人気も地に落ちてしまう。
再起をはかるべく、リッキーは恐怖を克服しようとするが・・・


【コメント】
『プロデューサーズ』や『主人公は僕だった』など、最近のウィル・フェレルの出演映画を観て来て、ようやく彼の魅力が自分にも分かりかけてきた今日この頃。ハロルドのような真面目な役も良いですけど、やっぱりお笑いが型に嵌っていますね。
『栄光と挫折、後に再起』なんていうお決まりの展開は自分も結構観てきましたし本作のストーリーもそんな流れなんですが、そこにウィル・フェレルのコメディ色が加わると、笑いが絶えず何とも飽きさせない内容に仕上がっていました。

レースのメカニックマンだった主人公リッキーがいきなりドライバーになるシーンは突飛過ぎる気がしますけど、そこからはもう勝ちに勝ちを重ねる常勝続きで負け知らず。しかしフランスから来た天才ドライバージャン・ジラールに大敗を喫し、それ以来レースをする事が怖くなってしまうのですが、リッキーのライバルとなるこのジャン・ジラールを演じたサーシャ・バロン・コーエンもかーなーり濃いキャラでウィル同様笑わせてくれます。
この人はあの『ボラット』が日本でも公開されたことにより結構注目されてきている人ですけど、本作の彼はうそ臭いカザフスタン人のボラットと違って中々の2枚目でナイスガイ。でも『ゲイ』っていう設定が邪魔して3枚目に見えてしまうのが痛いですね(^▽^;)リッキーへの怪しいアプローチもキモイけど、最後には友情が芽生えるから憎めないキャラです♪

後半ではレースが怖くなって走れなくなってしまったリッキーを、音信不通だった父親がその恐怖を克服させる特訓をするのですが、この特訓方法もどこかの漫画のネタをそのまま引っ張ってきたかのような無茶無謀な方法でこれまたおバカw
車の中に野性のクーガーを入れて走ったり、目隠し走行したり、大麻所持の通報で警察に追い掛け回されたりと、効果のなさそうな特訓ばかりに見えるけど、これで恐怖を克服してしまう辺りやはりお約束ですね(笑
でもこういう笑えるシーンだけじゃなく、仲違いだった父親と親子の絆を取り戻す感動や、本格的なスピード感や派手にクラッシュしたりするカーレースシーン等も迫力があり、コメディ映画に留まらない見応えを感じられます。


ウィル・フェレルの過去の作品でまだ観ていないものもありますけど、この『タラデガ・ナイト』は彼の出演作の中で自分は一番面白かったかもしれません。笑いあり感動もあり、『シェイク&ベイク』な親友との友情ありとお腹一杯で満足の出来る一本♪
キャスティングも豪華でしたし、個人的に好きな俳優さんの1人であるマイケル・クラーク・ダンカンも久々に見れて嬉しかったですw
あとこの作品ってオチもイイですね。リッキーの子供でウォーカーとテキサス・レンジャーという超絶な悪態を付く兄弟がいるんですけど、この2人の劇的な変化がエンドロール後に用意されていて、最後にちょっとした安堵感が生まれました。

リッキーの母ちゃん凄いね

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
                                    {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/} 原題長過ぎてタイトルに入りきらないっ。『Talladega Nights - The Ballad of Ricky Bobby』←これが原題。というか邦題のサブタイトル、べつ
【TALLADEGANIGHTS:THEBALLADOFRICKYBOBBY:2006年劇場未公開】製作国:アメリカ監督:アダム・マッケイ出演:ウィル・フェレル、ジョン・C・ライリー、サシャ・バロン・コーエン、ゲイリー・コール生まれながらのスピード狂リッキー・ボビーは、念願のNASCARにデビューす
監督 アダム・マッケイ 主演 ウィル・フェレル 2006年 アメリカ映画 121分 コメディ 採点★★★ 笑うのが大嫌いな国民性なのか、劇場で笑うのはマナー違反と教わってしまったのか、はたまた「日本人はゼッテー笑わせてやんねぇ!」と配給会社が固い決意をしてしまったのか
そして、出た!!! おやくそく、ウィルのストリーキング! でも、パンツとヘルメッ
タラデガ・ナイト オーバルの狼 コレクターズ・エディション ¥3,591 ?『タラデガ・ナイト オーバルの狼』?リッキー・ボビーカーレースのために生まれてきた男の物語。?コメディ映画って癖があるから笑いのツボを外すと居心地悪くなってしまう。なん
 コチラの「タラテガ・ナイト オーバルの狼」は、「主人公は僕だった」のウィル・フェレル主演のアメリカではF1以上に人気のあるモータースポーツ"NASCAR"を舞台に繰り広げられるコメディです。 ウィル・フェレル主演作としては、全米BOX OFFICEにおいて初の1位
昨日に引き続き、劇場未公開作のコメディ。 主演は、アホアホ・コメディ俳優のウィル・フェレル。
あらすじNASCARで華々しい活躍をしてきた国民的ドライバーリッキー・ボビーは、地位も名誉も全て手にしていたが欧州の元F1レーサーのジャン・ジラールの華々しい出現により彼の生活は大きく揺らぐ・・・。感想2006年のアメリカで『ディパーテッド』より『ドリームガ...
『タラデガ・ナイト オーバルの狼』を観ましたアメリカの人気カーレース“NASCAR”を舞台に、ドライバーとしての才能を発揮し頂点に登り詰めた男の転落と復活への道のりを熱くそしておバカに綴る全米大ヒット・コメディです>>『タラデガ・ナイト オーバルの狼』関連原題...

PAGETOP