サイレンサー

【監督】リー・ダニエルズ
【出演】ヘレン・ミレン/キューバ・グッディング・Jr/スティーヴン・ドーフ/ヴァネッサ・フェルリト/メイシー・グレイ
【公開日】2007/4.21
【製作】アメリカ

【ストーリー】
女暗殺者のローズは末期ガンに体を蝕まれており、次の仕事を最後に引退し、静かな余生を送ろうとしていた。
そんな彼女に対し組織のボス、クレイトンが下した殺しの依頼は、彼の妻であるヴィッキーの暗殺だった。恋人であり仕事のパートナーでもあるマイキーと共にヴィッキーの住む屋敷に忍び込み任務を果たそうとするローズだったが、ヴィッキーは妊娠をしており、そして彼女の目の前で破水をしてしまう。屋敷の中でヴィッキーの出産の手伝いをしたローズは、そのまま彼女達を匿うが・・・


【コメント】
『クイーン』でアカデミー賞主演女優賞をヘレン・ミレンが獲得したため、日本でも急遽公開されたという彼女の主演作。同じくオスカー俳優のキューバ・グッティング・Jrも共演しており、結構豪華なキャストが揃っている作品です。

2人のオスカー俳優の演技は結構抑え目で少し物足りなかった気もしますが、その代わりとも言わんばかりな濃厚なセックスシーンにはかなり仰天してしまいました
後から知ったんですが恋人という関係でもあるらしく、年の差カプールでもあったローズとマイキー。『クイーン』は観ていませんけど、ヘレン・ミレンは本作である意味その『クイーン』より体当たりな演技をしているなーとも思いました(^▽^;)

でもこの作品ってヘレン・ミレンが主演というよりも、相棒のマイキーを演じたキューバ・グッティング・Jrが主演だと思うんですけどね~?ローズは中盤辺りで退場してしまいますし、その後はローズの遺志を継いだマイキーが組織のボスからヴィッキーと彼女の息子を匿い、長いこと共同生活を続けていくという展開になるのですけども、本作はこの辺りから結構面白くなってくるんですよね。暗殺家業一筋に生きてきた男がヴィッキー達と暮らしていく内に、次第に人並の家庭を持つ事の幸せを願うようになっていく所は、『レオン』をちょっと思い起こしてしまう。

後になって組織を離反するものの、それをボスに感づかれてしまい窮地に陥ってしまうのですが、その最後の結末が何とも『えーっ!』って感じでこれもまたある意味驚愕だった(^^;)
暗殺者を父に持つ息子は良くも悪くも立派に育った感じがしてしまい、マイキーは良いかもしれませんが、ヴィッキーは胸中複雑だと思いますねー。あの後家庭内トラブル頻繁に起こっていると思われ( ̄▽ ̄;)(汗


良作ではないですけど駄作でもなく普通に面白かった作品で、それほど損な気持ちにはならなかったです。
メイキングであーだこーだ討論してたシマウマの無意味さや(本当に意味無いw)、窪塚洋介に激似な役者さんがいたりと、個人的に楽しめる要素もあったのでそれほど飽きなかった内容でございました。

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
時間からしたら、超・安産じゃん(違)サイレンサーposted with amazlet on 07.06.28タキコーポレーション (2007/06/08)売り上げランキング: 22327Amazon.co.jp で詳細を見る
今回紹介する作品はヘレン・ミレンとキューバ・グッティン・JR主演の映画『サイレンサー』です。まずは映画のストーリーから・・・女ヒットマンのローズは末期がんに侵されていた。仕事のパートナーであり『恋人のマイキーは、今後の仕事を最後に、2人でどこか遠く、彼女
 『宿命に翻弄されない生き方――。』  コチラの「サイレンサー」は、「クィーン」に便乗?して2007年に公開されたヘレン・ミレン出演の2005年製作のクライム・サスペンスです。  主演は、キューバ・グッディング・Jr.。共演は、「デス・プルーフ in グラインドハウ?...
「サイレンサー」をDVDで観ました~♪ 東京では劇場公開してたみたいですねぇ・・・ 関西では公開されてたんでしょうか?不明・・・(^_^;) 末期癌で余命いくばくもないローズ(ヘレン・ミレン)は、相棒のマイキー(キューバ・グッディンバーグJr.)と最後の...

PAGETOP