300

【監督】ザック・スナイダー
【出演】ジェラルド・バトラー/レナ・ヘディ/デヴィッド・ウェンハム/ミヒャエル・ファスベンダー/ヴィンセント・リーガン/ドミニク・ウェスト/ロドリゴ・サントロ
【公開日】2007/6.9
【製作】アメリカ

【ストーリー】
紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、ペルシア帝国からの遣いがやって来た。国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの王クセルクセスに服従しろと使者は言う。『服従か死か』と問われれば、スパルタの答えはひとつ・・・彼らに服従はありえない。レオニダスはペルシアの使者を葬り去り、その瞬間スパルタは100万の大軍を敵に回した。
戦いを決意した王のもとに集まったのは300人。しかし彼らには大軍を封じる秘策があった。史上最強の300人が、テルモピュライの地でペルシア軍を迎え撃つ・・・


【コメント】
自分が憧れる肉体美を持つ男達が300人もっ!!6つ割れの腹筋等は野郎視点で観てもとても美しい・・。スパルタの戦士を演じた俳優陣達は、定められた食事とトレーニングによってあの体を作ったといいますから、自分にもその訓練法を教えてもらいたいものですホントw
そんな屈強な肉体を武器にした、300人のスパルタ軍戦士達の戦いを描いた本作。100万の軍勢にも臆しない戦士達の姿にかなり心打ち震えました。

フランク・ミラーのグラフィック・ノベルが原作だそうですが、同じく彼の原作の映画化で、あの『シン・シティ』で使われていたモノクロ表現と似たような独特の映像が本作でもかなり際立っている。シン・シティが全編モノクロ風だったのに対し、300は何かセピア風な所が強調されていたように思えましたね。そのせいで全体的に暗めなビジュアルも多くあるんですけど、しかしそれが逆に紀元前の世界観に上手く馴染んでいる色調だとも感じました。

そしてその映像の美しさも然る事ながらですが、300人のスパルタ戦士と100万のペルシア軍との戦いもかなり圧巻で見所アリ♪
数で押してくるペルシア軍に対し、スパルタ戦士達は300人が一糸乱れぬ巧みな戦術で敵軍を確実に仕留めていき、1人1人が正に一騎当千の強さを見せ付けてくれる。特にジェラルド・バトラー演じるレオニダス王の勇猛果敢な単独特攻シーンはかなりカッコ良いものがあり、敵をバッタバッタと薙ぎ倒して行くその姿にはちょっとした爽快感のようなものも込み上げてくる。あれは『真・三国無双』っていうゲームをやったことある人なら、多分理解できるであろう感覚ではないでしょうか?(^▽^;)(笑
また敵であるペルシア軍の戦士達も多彩な顔ぶれが揃っており、ペルシア近衛隊は不気味なお面被った忍者みたいな風貌だったり、更には巨人に魔術師、そしてサイや象といった動物までも兵器に使ったりと、悪の側にも中々の魅力が詰まっておりました。


血しぶきもたくさん飛ぶし、腕とか足とか首がスポンスポンと斬り飛ばされるバイオレンスな描写もかなり目立つんですけど、それほど不快な気分にならないのが結構不思議(自分に免疫付いて来ただけかもしれませんが)。
本作で自分はどっちかと言うとストーリーは二の次で、迫力ある戦闘シーンに釘付けになった方なので、自分のように単純に楽しむだけでも見応えを感じる作品だと思います♪
そいえばフランク・ミラーは本作でもまたカメオ出演とかしているんでしょうかね?『シン・シティ』でも出没していましたから、今回もどこかでちゃっかり登場しているのかもしれない。
でも300人の中にはさすがに入っていないでしょうね(笑

『300 スリーハンドレッド』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
まさか当たるとは思ってなかった、試写会が当たったので見てきました。「300<スリ
300人VS100万人!?
300 上映時間 1時間57分監督 ザック・スナイダー出演 ジェラルド・バトラー レナ・ヘディ デヴィッド・ウェンハム ドミニク・ウェスト ミヒャエル・ファスベンダー評価 7点(10点満点)会場 中野サンプラザ(試写会) 二日連続、中野サンプラザで....
先行上映にて「300〈スリーハンドレッド〉」『シン・シティ』でも知られるアメコミを代表する作家フランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に映画化。紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)か
開場30分前に行ったのに、もう既に劇場の前は長蛇の列。古代ギリシャとペルシャ帝国が戦ったペルシャ戦争の激戦地、テルモピレーの戦いを基にしたグラフィックノベルを映画化した「300」は、オスカーシーズン明けで、
紀元前480年。強大な軍事力を誇るペルシャ軍はスパルタ国に侵攻した。降伏を促すペルシャ軍に対し、徹底抗戦の姿勢をとるスパルタ王レオニダス。しかし、国の運営を司る預言者達に戦を禁じられ、レオニダスは戦う術を失う。彼はスパルタの精鋭300人のみを率いて、10
なんだろう?300??で、予告はグラディエーター風味?強大なペルシャ軍に対して300人の精鋭部隊で立ち向かったスパルタ軍の物語なのでした。『300(スリーハンドレッド)』一足お先に観られました。とっても不思議な感覚の映像です。挿絵を観てるような、影とコント
監督:ザック・スナイダー出演:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディ、デヴィッド・ウェンハム、ドミニク・ウェスト、ミヒャエル・ファスベンダー評価:70点公式サイト(ネタバレあります)紀元前480年の話。スパルタ王レオニダスの元に大帝国ペルシアの...
血が飛び交う、 首がすっ飛ぶ、 槍が身体を貫く、 剣が胴を切り裂く、 闘いの後に
アメリカ公開時にナンバーワンになり、今年前半のヒット作の中に数えられた作品。だから、日本公開されたら絶対観に行こうと思っていました。映画「300」の感想です。100万対300(20
{/hiyo_en2/}おや、こんな都心にアスレチックがあるなんて。{/kaeru_en4/}よーし、体を鍛えてスパルタの軍団に入るぞ。{/hiyo_en2/}あなた、ついこの間、「ザ・シューター」観てスナイパーになるって言ったばかりじゃない。{/kaeru_en4/}いやいや、「300」なんていう血沸
スプラッタムービーに不純さはつきものなのだが、歴史スペクタクルの名を借りた最も純粋なスプラッタムービーだ!
監督:ザック・スナイダー CAST:ジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー 他STORY:紀元前480年、ギリシャのスパルタ。その国の兵士達は、幼い頃から厳しい戦闘訓練によって鍛え上げられていた。そんなスパルタの王、レオニダス(ジェラルド・バトラー)はペルシアの大王ク
 アメリカ アクション&アドベンチャー&歴史劇 監督:ザック・スナイダー 出演:ジェラルド・バトラー     レナ・ヘディ     デヴィッド・ウェンハム     ドミニク・ウェスト【物語】紀元前480年、千もの国々を征服してきた大帝国ペル...
 評価/★★★★★(ユナイテッド・シネマにて鑑賞) 監督:ザック・スナイダー  アクション快作!もう最高です。 そして、マッチョ!CGではない筋肉達。 サイのくだりが大好き。えっ!?どう処理するんだ、こいつを!?とか思ってしまった時点で私の負けですw筋肉強
 This is Sparta!!!!
スパルタと聞くと、戸塚ヨットスクールを思い出す。
”300VS100万” 桁違いもここまで違いすぎると笑えてくる。1人あたりが百人力だったとしても及びも付かない。が、しかし、多勢に無勢で挑む姿。戦う意義には感動すら覚える。(どこかの国のやるに事欠い
~ 漢(おとこ)の生き様、少数精鋭の独壇場 ~約100万のペルシア軍に、たった300人で戦いを挑んだ筋肉隆々のスパルタ戦士達を描いたこの作品。全米では興収2億ドル(約240億円)を突破した話題作です。そして主演のジェラルド・バトラーらが来日した際は、会場に1200人....
スプラッタムービーに不純さはつきものなのだが、歴史スペクタクルの名を借りた最も純粋なスプラッタムービーだ!
100万のペルシャ軍を迎え撃つ、スパルタの300人の裸の男たち。
「300(スリーハンドレッド)」(R-15指定)は紀元前480年のギリシャを舞台にスパルタ軍300とペルシャ軍100万という圧倒的な不利な状況下でペルシャ軍と戦ったスパルタ軍の猛者達の奮闘を描いたストーリーである。物量では確かに敵わない相手でも戦い方次第でその状況
久しぶりの映画レビュー。まずは最新作から小出しにしていきます。300 <スリーハンドレッド>★★★★☆実際に歴史上起こった(とされる)スパルタvsペルシアの戦い、いわゆるテルモピュライ(テルモピレー)の戦い(ウィキペディア参照)を描いたアクション超大作。「シン
予告観たときからすごく気になっていました。
出演者全員、ビリーズブートキャンプで腹筋を鍛えたに違いない!!■ストーリー紀元前480年、スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国の遣いが現れ、「土と水」を差し出す(=服従せよ)と告げる。「服従」という言葉のないスパルタの法に従い、100万のペルシャ軍と戦うこ
300 スリーハンドレッド 3002006年  ザック・スナイダー 監督・脚本  フランク・ミラー 原作・制作総指揮  リン・バーリー 原作ジェラルド・バトラー レナ・ヘディー デイビッド・ウェナム ドミニク・ウェスト ビンセント・リーガン マイケル・ファ..
評価:☆     血戦度:90%評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)『あらすじ』 かつて、国の教えに従い数々の試練を乗り越
伝説の追体験。脳裏に刻み込まれました。
ジェラルド・バトラーの肉体美を堪能しに劇場へ―【story】紀元前480年。スパルタ王レオ二ダス(ジェラルド・バトラー)の元にペルシャ帝国からの遣いがやってきた。国を滅ぼされたくなければ、ペルシャの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)に服従しろと使者は言う。『
【 300 】監督/脚本 ≪ ザック・スナイダー原作    ≪ リン・バーリー 製作年度 ≪ 2006年日本公開 ≪ 2007年6月9日上映時間 ≪ 1時間57分製作国   ≪ アメリカ配給    ≪ ワーナー・ブラザース映画CAST
≪ストーリー≫紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無
戦えない子供は谷底へ突き落とされ、男たちはとてつもない国を育てた。スパルタだ・・・そこに侵略軍が現れた人類史上──最強の300人VS侵略軍100万人史上最大のとてつもない真っ向勝負が幕を開ける。300人VS1,000,000人、真っ向勝負!...
いまどきバンカラ(死語)な気風で知られる私立スパルタ学園。番格の西田烈王(にしだ
各国で大ヒットを記録し、いよいよ日本上陸となるスペクタクル映画『300』。本日は
監督 ザック・スナイダー 主演 ジェラルド・バトラー 2007年 アメリカ映画 117分 アクション 採点★★★★★ もう評価も付けたことだし、余計なことをウダウダと書かずに一言「これがスパルタだ!!」とだけ書いて終わらせるのが一番良い気もするので、こっから先は無駄話っ
6月9日から公開の「300 / スリーハンドレッド」を観ました。「シンシティ」などのアメコミの人気作家であるフランク・ミラーのグラフィックノベルが原作。たった300人のスパルタ人兵士が、どのようにして100万のペ
300人VS1,000,000人、真っ向勝負!
原題:300スパルタといえばスパルタ教育、もしくはスパルタンX、いずれも懐かしくさえある響きなのだが・・この物語は、まるで劇画のように激しく熱いスパルタ戦士・・・ 古代ギリシアは紀元前480年のこと、遂に、千の国の征服者たるペルシャ帝国の覇権の波がスパルタにも
       「わんぱくでもいい たくましく育って欲しい」スゴイ すごい 凄い 凄すぎるぅぅぅぅ~~~っ!!!        熱いぜ!この男たち!「スパルタの掟」ひと~つ、戦えない子供は谷底へ捨てろふた~つ、7歳で母と決別せよみっつ、成人の儀式は、飢えた猛
【300(スリーハンドレッド)】主演ジェラルド・バトラーインタビュー -AmebaVision 300[スリーハンドレッド] - http://wwws.warnerbros.co.jp/300/ Yahoo!動画 - 映画 - 「キネマ横丁」 「300 スリーハンドレッド」特番 Yahoo!映画 - 300 スリーハンドレッ
 史実を強みに、見応えのある映像が展開される。躍動する身体はCG処理されているとは言え、美しく見えるのは確か。また「降伏するよりは死を」といった勇ましい言葉は本能的に人を奮い立たせる。レオニダス王が「ただ語り継げ」と望んだ通りに、ギリシャ軍は最終的にペルシ
画面から感じるエネルギーのポテンシャルがすごいです。 原作はフランク・ミラーのグ
『300-スリーハンドレッド-』観てきました。公式HPはこちら。映画館でもらったパンフ(シネマフロンティアニュース)よりあらすじを。紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)はペルシアの大王クセルクセスから服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レ
世界各国で大人気のこの作品は絶対に観逃すまいと思いつつ、観に行くのが遅くなってしまった。セピア色のスタイリッシュな映像。血飛沫も色を抑えてあるのでそれほど残酷ではない。何よりも美しいし、カッコイ
【物語】紀元前480年、ペルシア大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)はスパルタを次なる標的に定め、服従の証を立てるよう迫る。その要求を拒否したスパルタの王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、スパルタの精
公開中の映画「300(スリーハンドレッド)」を観賞。監督・脚本はザック・スナイダー。製作総指揮・原作はフランク・ミラ。出演はジェラルド・バトラー、レナ・ヘディー、デイビッド・ウェナム、ドミニク・ウェスト、ビンセント・リーガンほか。紀元前480年。スパルタ王レオ
全米で興行収入2億ドルを突破したというヒット作。ギリシャやペルシャの戦士ものはヒットしない・・・という今までの常識を覆したそうで。主人公はスパルタ教育で有名なスパルタの王。300人対100万人の対決・・・というのがウリ・・です。
世界各国でNO.1ヒット記録6月10日、MOVX京都にて鑑賞。300人vs1,000,000人のバトルえぇ~そんな戦い、勝てっこないじゃん。しかし彼らは100万人相手に戦うことを望んだ。弱い者は生きることさえ許されないスパルタの男たちはそのようなところに生まれ、そのよ
スイマセン、こんな書き方で。f(´-`;) 鍛え抜かれた肉体と研ぎ澄まされた感覚、 見事なまでの連携プレー。 それがあってはじめて300人で戦えるわけで。 でもね。 どこにでも犠牲はあるもの。 スパルタの戦士になれぬもの、生まれたその瞬間から 命の選別がなさ
スパルタブートキャンプ(多分同ネタ多数)<公式サイト>史実「テルモピュライの戦い」を元にした、フランク・ミラー(「シン・シティ」)の劇画の実写化。まぁ予告やポスターを見ていただければ分かるとおり、全編これ男性ホルモンの本格マッチョ映画であります。放射能す
レビューを更新しました。レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。Review→映画レビュー、から見れます
全米大ヒットというのがようわかります。なんか「300」軍団ってアメフトみたいやもん。ヨロイつけて、一糸乱れぬ作戦通りに動いて、勝利した暁には雄叫びあげる。戦闘の流れも、第一ピリオドの人壁作戦から、第二ピリオドで仮面の忍者、第三ピリオドで象とサイ、第四ピリ
紀元前480年の話。スパルタ教育とかの語源となったっていう話を、世界史の授業で習った気もしますが、遠い昔の事なのですっかり霞の彼方で・・・。これから観ようと思っている方は、前もってこの時代のことを知っていた方が、より映画の世界を楽しめると思います。あらす
全米大ヒットというのがようわかります。なんか「300」軍団ってアメフトみたいやもん。ヨロイつけて、一糸乱れぬ作戦通りに動いて、勝利した暁には雄叫びあげる。戦闘の流れも、第一ピリオドの人壁作戦から、第二ピリオドで仮面の忍者、第三ピリオドで象とサイ、第四ピリ
 『300人VS1,000,000人、真っ向勝負!』 コチラの「300 スリーハンドレッド」は、史上もっとも熾烈な闘いのひとつとも言われる紀元前480年の"テルモピュライの戦い"を基にしたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを斬新で強烈なヴィジュアルで映画化したR-1
今回紹介する映画は、『300 』です。 まずは映画のストーリーから・・・ 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。 曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダス?...
今日の話題は映画DVD「300(スリー・ハンドレッド)」である。お値段は3,980円とお高い(笑)。特典ディスク付版しかなかったので仕方なく買った。本編は117分と、この手のいわゆる「歴史スペクタクル巨編」?にしては、若干短いかもしれない。時代はギリシャ
今日{/kaeru_fine/}は、地元のお金かからないイベントのひとつ“勝山橋ホクホク食堂”ってのに出かけました。オクサンの知り合いが“九州手打ち蕎麦愛好会”ってので出店。十割手打ち蕎麦ってのを食べてきました。お安い値段なのに美味しくて、追加でもう一杯って感じで、お
解説: 『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作。監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。屈強なスパルタの王レオニダスを『オペラ座の怪?...
あらすじ紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)は、ペルシアの大王クセルクセス(ロドリゴ・サントロ)から服従の証を立てるよう迫られる。そこで、レオニダス王が取った選択肢は一つ。わずか300人の精鋭たちとともにペルシアの大群に立ち向か...
血、血、血、飛びまくる血明らかにCGで作った血だったので 不思議と結構観れるもの。リアルに吹き出ていたら とても最後まで観れやしないっ紀元前480年 ここでは最強のスパルタ兵を育てる為に、男の子は生まれた時から選別される戦士になれない者は育てられずに ...
自分のまわりの友達はこの作品を酷評している人が多くて、観るつもりが当初はなかったもののなんとなく気になったんで観てみました。 紀元前480年、大帝国ペルシアが数々の国を征服し、次なる標的に定めたのはスパルタ。ペルシアの王・クセルクセスは服従の証を立てる?...
『300<スリーハンドレッド>』を観ました『シン・シティ』でも知られるフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを基に、スパルタの兵士300人がペルシアの巨大軍と戦う姿を描いたアクション超大作です>>『300<スリーハンドレッド>』関連原題:300ジャンル:アクシ...
300(スリーハンドレッド)はWOWOWでし5日に鑑賞して 結論から言えば悪くないが好みに合わず2度目は無いね 内容はスパルタ王がペルシア大王の軍門に下るのを拒否し 100万人VS300人の戦争が起こって闘う展開だったね ペルシア軍100万人は異常
[歴史映画]ブログ村キーワード『300<スリーハンドレッド>』紀元前480年。スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)のもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王(ロドリゴ・サントロ)の遣いがやって来た。曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅...

PAGETOP