パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド

【監督】ゴア・ヴァービンスキー
【出演】ジョニー・デップ/オーランド・ブルーム/キーラ・ナイトレイ/ジェフリー・ラッシュ/ビル・ナイ/チョウ・ユンファ/ナオミ・ハリス/他
【公開日】2007/5.25
【製作】アメリカ

【ストーリー】
七つの海を駆け巡った海賊の時代が終わろうとしていた・・
世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿は、“深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズを操り、海賊達を次々と葬っていった。彼らが生き残る道はただ1つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ決戦を挑む事。だが鍵を握る9人目の人物こそ、溺死した船乗りが沈む“デイヴィ・ジョーンズ・ロッカー”に囚われているキャプテン・ジャック・スパロウ、その人だった・・・

【コメント】
1作目はジャック。2作目はウィル。そして締めを飾る本作でもやっぱりジャック!・・・・と思ったら裏をかいて何とギブスでした∑( ̄▽ ̄;)
シリーズ通して一番楽しみにしているビンタシーン。今回が3作品中一番笑えましたっ♪ビンタが見れれば個人的にはすでに感無量♪・・・でもギブスさんも3作品中で一番ジャックにこき使われていたように思え、ちょっとかわいそうでした(汗

クラーケンに飲み込まれ生死不明となったジャック。そして死んだはずのバルボッサまでも登場し、たくさんの謎と期待を残しながら終わった前作『デッドマンズ・チェスト』
そして本作『ワールド・エンド』でその数々の謎が明らかとなり、更にサオ・フェンといった新しい海賊も登場し、ストーリーも前作以上に濃い内容になっている。多少ドタバタで息つく暇も無いっていう展開もありますけど、3時間近い上映に耐えるにはそのドタバタが『飽き』防止にもなり逆に救いでもある気がします。

相変わらずCGを盛り込んだ派手なアクションと、思わずププッと吹いてしまうお笑い要素を上手く織り交ぜていますが、今回はアクションの方に見応えを感じました。冒頭のサオ・フェンのアジトから激しい戦いが行われますし、終盤のブラックパール号とフライング・ダッチマン号での戦いも渦に飲み込まれ大砲ドッカンドッカン吹き荒れる中、デイヴィ・ジョーンズとキモ部下達vs海賊達の取っ組み合いも迫力があります。
お笑いに関しては前作の方が上のような気がしますけど、唯一面白かったのはジャックがバルボッサの望遠鏡に対抗して、横で色々とお馬鹿な行動をしている姿は結構笑えましたねw何とも大人気なくてバルボッサと一緒に失笑してしまいました。

ただジャックをデイヴィ・ジョーンズ・ロッカーから救出した後に、仲間内や敵味方の間で騙し合いや裏切り、駆け引きなどが目まぐるしく繰り広げられ、一体誰が誰と組んで誰が誰の味方になっているかというのを映像を観ながら頭の中で整理するのが少し大変でしたね。
それとクラーケンの存在も大きな不満だった。『何時の間に死んでるの?』と思ったのは十中八九自分だけじゃないとも思うので、砂浜で朽ち果てた姿を見てかなり呆気に取られちゃいました。前作での暴れっぷりを本作でも披露してくれると楽しみにしていただけに凄く残念。
同じく5月に公開された超大作『スパイダーマン3』でも、ハリーの執事が真実を隠していて『そんな事なんで黙ってたの?』っていう心のツッコミを入れちゃいましたけど、クラーケンの突然の死もそれに似たり寄ったりな気がする(--;)
超大作って変な所で抜けてますねw


そんな少々大雑把な所も見受けられた完結編『ワールド・エンド』でありましたが、それでも前2作同様面白い事に変わりは無かった♪
正直最後にウィルがああいう結末になるとは思いもしなかったから、一瞬バッドエンドも想像してしまいましたが、すぐさま生まれ変わった姿で登場し、最終的にジャックを出し抜いてオイシイ所全部持って行ったような感じがします(笑
エリザベスと結婚もして欲しかったですけど、お馴染みエンドロール後のオチのシーンを観たら、離れててもお互いの愛は変わっていないようで安心できました。

そして我らがキャプテン・ジャック・スパロウはあれから何処に向かうのか・・?最後に海図に記されていた『生命の水(アクア・ウィタエ)』というのも気になったのですが、次への伏線だったらもう勘弁。これで潔く終わってください

『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
【PIRATES OF THE CARIBBEAN:ATWORLD'SEND:2007/05/25】05/24前夜祭製作国:アメリカ監督:ゴア・ヴァービンスキー出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、チョウ・ユンファデイヴィ
待ちわびた海賊どもだぁぁぁ~【story】七つの海を駆け巡った海賊の時代が終ろうとしていた―世界制覇を目論む東インド会社のベケット卿は、『深海の悪霊』デイヴィ・ジョーンズを操り、海賊たちを次々と葬っていく。彼らが生き残る道はただ一つ。9人の『伝説の海賊』を招集
原題:Pirates of the Caribbean: At World's End3部作の完結編といわれているけど、ジャック・スパロウが恋に破れてお茶目に次の旅へと向かっていくのはいいとして、これもまた終わらない物語のよう・・・ 呪われた"世界の果て"から命をかけて連れ戻せ-あの
感動度[:ハート:]           2007/05/25公開  (公式サイト)笑い度[:ラッキー:]娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:]満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】ゴア・ヴァービンスキー 【脚本】テッド・エリオット/テリー・ロッシオ【時間】169
アメリカ アドベンチャー&アクション&コメディ 監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ     オーランド・ブルーム     キーラ・ナイトレイ     ジェフリー・ラッシュ【物語】デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な...
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC7で鑑賞プレミアが武道館だったので全く行く気がしなかったので殆ど応募せず今日の最速に望みました。たった今戻ってきたところ,大正解。武道館で3時間これはきついわ!シネコンの
□作品オフィシャルサイト 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』□監督:ゴア・ヴァービンスキー □脚本 テッド・エリオット&テリー・ロッシオ□キャスト ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、チョウ・ユンファ、ジェフリー・ラ
LOVEと,PRIDEがひとつになった時,我々は歴史の目撃者となる!
5月25日(金)◆452日目◆仕事→雨で大変だったなあ。ひとこと塾→やっぱり今回の課題はみんな苦戦したね。「ひとこと塾」の講義終了後、おなじみの「上海飯店」での打ち上げ。早い!うまい!で、11時に解散した後、『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を見
DVDにて「呪われた海賊たち」と「デッドマンズ・チェスト」をおさらいしての鑑賞。なにぶん、1回ずつしか観ていない作品(しかも昨年の公開時)で、ぜんぜん頭に入ってないから(^^;)一応締めくくりの3話目。人気は余所のこととして、割と冷めた視
ディズニーランドのアトラクション“カリブの海賊”を映画化したアクション・アドベンチャー、シリーズ第3弾。長い、長いよ2時間50分。アクションはそれなりにハデだけど、やっぱり長いよ。キャラそれぞれの思惑、裏切りが少々ストーリーを解り難くしていると思う。...
海の悪魔デイヴィ・ジョーンズとの戦いの末に命を落としたキャプテン・ジャック・スパロウ。彼らの仲間達は、ジャックを蘇らせるために、かつての敵バルボッサと共に世界の果てを目指す。一方、東インド会社は、デイヴィ・ジョーンズを配下に置き、海賊を根絶やしにしよう.
サオ・フェン(チョウ・ユンファ)はあっさりとして、前回大活躍のクラーケンはあんな事になってるし、ティア・ダルマはティア・ダルマでしょ。やっと出てきてくれたジャック・スパロウは、何だか、まるでウン
なんと、ワタシ、1日に2度観ました!想定外に早く帰宅した娘と吹替えで公開初日に2度目の鑑賞。(あっ、だんなも一緒でした!)ディズニーなのに子供までが...と心配したオープニング。中2の次女、や
世界中で大ヒットを記録した「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」に続くアクション・アドベンチャー第3弾。主演は「リバティーン」「チャーリーとチョコレート工場」のジョニー・デップ。共演...
グリーンフラッシュの映像が違う!とりあえず叫んでおいてから、報告です。予定通りに
ヨーホー ヨーホー海賊はやめられない
 うーん、三部作(二作目以降ノリで作っちゃった)の締めとしてはよかったです。(以下ネタバレビュー!!↓↓↓)  アクションシーンは(三作の中で)一番よかったです。一作目で「海賊モノなのに海のシーンが少ない」と批判されたこともあってか?終盤の大海原、...
決断の時が来た。今こそ覚悟を決めるのだ。呪われた「世界の果て」から命をかけて連れ戻せ。ーーーあの、ジャック・スパロウを・・・
ネタバレしてます。
【英題: PIRATES OF THE CARIBBEAN:AT WORLDS END 】監督    ≪ ゴア・ヴァービンスキー脚本    ≪ テッド・エリオット / テリー・ロッシオ 製作年度 ≪ 2007年日本公開 ≪ 2007年5月25日上映時間 ≪ 2時
ジョニーは船上で言った。「ぶっ飛んでると言ってくれ!」  そんなトンだ海賊を描い
3部作の完結編。今作を観るにあたり、1作目、2作目を再度DVDで観直した。全体を通して観た印象だと、今作が1番海賊映画らしい作品ではあったと思う。ストーリーはやや複雑だが見応えは充分!猿のジャックも大活躍(笑)エンドロールの後もお見逃しのないように。お台
前作「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」で、このシ-リーズが「スター・ウォーズ」っぽくなってることに好感を持ち、どのような完結を迎えるか、多少なりとも興味があったんですが・・・。《ネタバレあり》「ジェダイの復讐」は、スノースピーダーの
    25日から日米同時公開!ということで観てきました~海賊たち!!1は面白かったし、2は、、、ジャックが笑えて、、、。このシリーズのファンってわけじゃないけど毎回劇場で観てるしお祭り映画だからね♪それに今回楽しみだったのは海賊になってるチョウ・
PIRATES of the CARIBBEAN: THE CURSE OF THE BLACK PEARLPIRATES OF THE CARIBBEAN: DEAD MAN'S CHESTPirates of the Caribbean: At Worlds End 公式前作デッドマンズ・チェストから1年こよなく愛するジョニーデップ様の最新作パイレーツ・オブ・カリビ....
「田中さん、理解できた?」「う~ん・・」エンドロールの後、僕の後方に座ってた大学生らしきグループからそんな声が上がり、「僕だけじゃなかったんだな。」とちょっと安心(笑)「カリブの海賊」という、ディズニーランドのアトラクションから生まれた映画という事で、「
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドReview 行ってまいりました開幕週に!パイレーツ人気恐るべしでしたよ。午後一番の回を一時間程余裕をみて行ったのですが,満席で6時まで時間を潰して鑑賞しました
       ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ主演『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞●あらすじ●前作の「デッドマンズ・チェスト」をまだごらんになってない方は
デイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊たちは、最後の望みである“伝説の海賊”9人を招集し、世界中の海賊たちによる全面
映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」に関するトラックバックを募集しています。
2007年39本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」のゴア・ヴァービンスキー監督作品。パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ3部作の完結編となるアクション...
三部作最終作は「デッドマンズ・チェスト」から打って変わって、けっこうシリアスなス
 出来れば、映画終了するまで、席を立たないで下さい途中で出られた方、最後にちょっと見せ場がありますよ。5月29日、MOVX京都にて鑑賞、他の映画のレヴューを書かなければいけないのですが・・・・。それは後日にして、「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールドエンド
海賊たちの存亡を賭けた決戦迫る。
前夜祭にて「パイレーツ・オブ・カリビアン / ワールド・エンド」 孤高の海賊ジャック・スパロウを主人公にしたアクション・アドベンチャーのシリーズ第3作。主役のジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)が登場するまで約40分。まだなの?まだなの?と気が急いていて、
待ちに待った「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」!寝る時間を削って、DVDで前2作「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」、「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェス
パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド監督:ゴア・ヴァービンスキー出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、トム
【Pirates of the Caribbean: At World's End】2007年/アメリカ 監督:ゴア・ヴァービンスキー  出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュジョナサン・プライス
先週から来日・アジアプレミアなどで大盛り上りだった‘海賊とゆかいな仲間たち’やっと公開となりました。あまりにも素晴しかった第一作目、ややパワーダウンかと思われた二作目、ここまできて三作目はどんな展開でどう纏めるのか、少々の不安と大きな期待を持ち....
やりたい放題・・・・こんな無茶苦茶な、もとい自由なハリウッド大作は久々に観た。前作「デッドマンズ・チェスト」の記事で、このシリーズは「SW」に近くなってきたと書いたが、撤回する。展開に「SW」からのいただ
 今月公開された2大超大作は、いずれもみるものか否かいささか迷いました。内容がほぼ推測がつき、自分が興味を持てそうもないことの予想ができたからですが、時間があったこともあり、とりあえずこちらの方は鑑賞
。。。先日やっと観賞して参りました~♪『パイレーツ オブ カリビアン~ワール.ドエンド~』まず、はじめに。これから観る方へエンドロールまでしっかり観ましょう!!じゃないと、感動半減します。帰りの時間が
『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』を4K Pure Cinemaという仕様で観た。[DCI準拠デジタルシネマ]で、高画質・高音質のハイクォリティ・ムービーが実現。これまでの2K規格の4倍の画素数(800万画素)を持つ最高水準。音響に関しても音源を圧縮する事なく
ヨーホー、ヨーホー、ディズニー映画史上、最も多く人が殺されてバタバタと倒れる作品!!「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズ3部作完結編。STORY (チラシ\"パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド\"より引用)七つの海を駆けめぐった海賊の時代
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンドPIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END監督 ゴア・ヴァービンスキー出演 ジョニー・デップ オーランド・ブルーム    キーラ・ナイトレイ ジェフ
Slight【Story】“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び、海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集するこ
監督:ゴア・ヴァービンスキー出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ジョナサン・プライス、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ評価:85点公式サイト(ネタバレあります)2時間50分はいくらなんでも長いだ...
TDR(別に東京に限らなく全世界にあるディズニーランド)のアトラクション「カリブの海賊」を始めて体験した時に一体だれがこの超大作シリーズを想像できただろうか。「ID4」の超大型宇宙船をある朝、空一杯の雲からイメージできたローランド・エメリッヒの様に、この世界は新
「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」を観てきました~♪東インド会社のベケット(トム・ホランダー)は、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)の心臓を手に入れ、デイヴィ・ジョーンズと彼の船を意のままに操り、世界中の海賊を討伐していく。追い詰められた
Dグレはアレンが登場したけど千年伯爵がテッキー達に戦闘の開始を告げワールドエンドは冒頭から処刑&歌で次が戦闘になってジャック迎えに行き後は共闘と裏切りの連続で最初から最後まで集中し目が離せない展開だしジャック親子は母を含め凄くウィル親子は良くエリザベス親
吹替版にて、2回目の鑑賞してきました。DVDでお馴染みの声だと、やっぱり集中できます。そして直前には、「呪われた海賊たち」「デッドマンズ・チェスト」をもう一度予習しました(笑)そこで気付いたんですが、「テコの原理」って言葉が、「呪われた海賊たち」「ワールド
6点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』6.5点『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』7点う~ん、これは・・・ま、めいっぱいお金はかけているのでアクションだけは単純に楽しい
やっと観てきましたよワールドエンド。 公開から随分経ってしまいました~、許して!
レビューを更新しました。レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。Review→映画レビュー、から見れます
5月25日の公開から遅れること2週間、ようやく待望の『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を観に行って来ました~~・・・・・・・がっ期待してたのと、かな~り違うxxxx『呪われた海賊』 、『デッドマンズ・チェスト』の時とは違ってジャックは...
これぞハリウッド映画 って感じ。贅沢三昧、マネー使いまくって作ってます な、映画ですクライマックスの海上での戦闘シーンは ド迫力ですとにかく、ここまで派手なもん作って流行らん訳ないやろ と。ジョニーデップやしね~ワタクシも かなり満足させて頂きました、..
いつの間にか三部作になってしまった『パイレーツ・オブ・カリビアン』の完結篇。もっとも4作目以降の製作も動き始めたという話もあるようなので、まだまだジャック・スパロウに会えるチャンスはあるかも知れないが、とりあえず一連のお話はこれでオシマイ(らしい)。前作
 『世界の果てまで《制覇<ジャック>》する―。』 コチラの「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」は、5/25公開になったメガヒットシリーズ3部作の完結編なのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪ 「パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち」...
2007年5月26日鑑賞ストーリーデイヴィ・ジョーンズの心臓を手中に収め強大な支配力を得た東インド会社のベケット卿は、世界制覇を目論み次々と海賊たちを撃破、ついに海賊の時代は終焉を迎えようとしていた。そこで海賊
     _  ∩   ( ゚∀゚)彡 俺たちゃ海賊♪俺たちゃ海賊♪俺たちゃ海賊♪俺たちゃ海賊♪   (  ⊂彡    |   |     し ⌒J  前作から凡そ一年ぶりに、『パイ...
ようやく「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの最後を飾るこの作品を見ることができました。本当は映画館で見ようと思ってたのに、結局今になってしまいました・・・。 この作品は3部作のラストの作品だけあって、これまでの伏線を回収することに重きを置いていた...
あらすじ“深海の悪霊”、デイヴィ・ジョーンズ(ビル・ナイ)と東インド会社のベケット卿(トム・ホランダー)が手を結び海賊たちは滅亡の危機に瀕していた。生き残る手段は“9人の海賊たち”を招集することだったが9人のうちのひとりはあのジャック・スパロウ(ジョニ...
2007年:アメリカ 監督:ゴア・ヴァービンスキー 出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ジェフリー・ラッシュ、ステラン・スカルスゲールド、ナオミ・ハリス、ビル・ナイ、ジョナサン・プライス、チョウ・ユンファ、ジャック・ダヴェンポ...
2作目 には本当にがっかりさせられたのですが、 一応見届けなくてはね。(笑) DVDで観賞。 東インド貿易会社のベケット卿は、 “深海の悪霊”デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、 彼と手を組んで、海賊達を次々と葬っていく。 追い詰められた海賊達は 9人の...
世界の果てまで制覇(ジャック)する! 【関連記事】 「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」 「パイレーツ・オブ・カリビアン/...
  2作目、3作目と話が繋がっています。 深海の悪霊デイヴィ・ジョーンズが出てきます。ブラックパールを手にする時に交わした契約のため、デイヴィ・ジョーンズに追われるはめになったジャック、結婚式をジャックを助けた罪で邪魔されるウィルとエリザベス。今さら...

PAGETOP