だからワタシを座らせて

【監督】市川徹
【出演】田村英里子/六平直政/朝倉えりか/松田優/吉井怜/網本圭吾
【公開日】2006/10.7
【製作】日本

【ストーリー】
一流企業に勤めるOL・気位貴子は、30歳過ぎの“お局様”。最近は通勤時間が苦痛になり、何とか満員電車で座る方法を考え始める。そんな時、同じ会社に勤める逸見大輔と出会い、2人で『座る技術』を必死に模索する内、かすかな恋心を抱くようになっていく・・。
一方、同じ会社に勤める原田太は、53歳のサラリーマン。三十年近く通勤地獄に耐えてきたが、定年間近にして熟年離婚の危機に陥っていた。そんな中やはり同じ会社に勤める白鳥涼子と出会う。涼子に素質を見込んだ原田は、自分が培ってきた『座る技術』を伝授しようとする・・。


【コメント】
自分も車を持つ以前はどこかに出掛けるにしても電車を必要としていましたが、今じゃ全くと言っていいほど使わなくなりましたね~。でも都心の京王線のように大混雑する電車で通勤する人にとって、席に座ると言うのはかなりサバイバルなものでもあるんでしょうねw

この映画も原作を基にした作品らしく、通勤電車を使う様々な登場人物の視点で、電車の席をいかに効率良く無駄なく座れるかと言う説明を交えながらストーリーが進んで行きます。

電車に乗る時の効率的な並び方や、電車を降りる人の初期動作(読んでる本にしおりを挟んだり、組んでる足を解いたり)など、確かに劇中に出てくる『座る技術』は分かりやすく通勤電車をしてる人には勉強にもなりますし、電車を使わない自分のような者にも『ほほぉ~』と納得出来るものがあります。
でもこの映画で見応えあるのって『それだけ』のような気もしますし、登場人物それぞれのストーリーや事情は妙に薄っぺらく感じてしまう。

三十路のお局様に持病に苦しむサラリーマン。遅刻常習犯の女性とその女性に自分の培った『座る技術』を伝授させる定年間近のSM(シニアマネージャー)と、登場人物も多いけど終始パッとしない展開だから、ちょっとウザくなる。
それに登場人物みんな同じ会社に勤めているっていうのも結構違和感があり、もっと時間・場所・立場の違う人々をそれぞれに描いて欲しかったものです。


原作は読んでませんが、映画はちょっと脚色し過ぎなのかもしれませんね。通勤電車でのお互いの悩みを通して恋が芽生えていくっていう展開はいらない気がします。
どうせなら電車の席を巡って壮絶なサバイバル戦へと発展していくっていうぶっ飛んだコメディ路線にした方が良かったかもしれない。席を奪い合うライバルっぽいヤツと必殺技みたいなものを出して、刹那の攻防を繰り広げるって感じだと面白く観れたかも?(^▽^;)
あと、原作本もさりげなく出す辺りがかなりいやらしいです。

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
 
やっぱり俺の人生の絶頂期は仙台で生活をしていた時だな。あの頃は夢も希望も恋も休みも自由も気力も体力も好奇心もあったけど、今は全部失っちゃったもんな。あるものといえば休みのない仕事と通勤地獄と疲れの抜けない体くらいか。。。これじゃあ、人生消化試合にもなるわ

PAGETOP