バベル

【監督】アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
【出演】ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェット/ガエル・ガルシア・ベルナル/アドリアナ・バラッザ/役所広司/菊地凛子/二階堂智
【公開日】2007/4.28
【製作】メキシコ

【ストーリー】
アメリカ人夫婦・リチャードとスーザンは幼い息子と娘をメキシコ人の乳母に託し、モロッコを旅していた。だが山道を行くバスの中、どこからか放たれた1発の銃弾がスーザンの肩を打ち抜く。大量に出血し、みるみる衰弱していくスーザン。リチャードは大使館に連絡し救助を求めるが、テロの疑いを持ったアメリカ政府は行動を起こそうとせず、リチャードは焦りと苛立ちを募らせていた・・
一方、その銃を発砲したのはモロッコの山中に住む幼い兄弟だった。地元の警察に追われ逃げ惑う兄弟と父親。そしてまた一方で、その銃の書類上の所有者である日本の会社員・ヤスジローにも捜査の手が伸びていた・・・


【コメント】
そいえば東京に居る自分の親戚のおじさんは外国に何度か旅行に行ってるらしいのですが、以前観光旅行の写真見せられた時に『英語とか出来るの?』って質問したら、『そんなもん(英語)出来なくてもジェスチャーとかでなんとかなるもんだって。ホテルや道訪ねる時とか俺は英語使んねーぞ』とか破天荒な事言ってましたけど、言葉のやり取り無しでどうやって旅行しているんだろうと毎回疑問に思ってしまう(--;)
やっぱり言葉が通じないっていうのは辛いものがありますよ。この映画観ると。

一発の銃弾から起こった連鎖的な悲劇がモロッコ・メキシコ・日本と舞台を変え、国も言語も違う人々の数奇な結び付きを描いた展開は確かに昨年観た『クラッシュ』と似通っている所がありますが、自分の意思を伝える事の出来ないもどかしさやコミュニケーション不全と言った、自分の身近にも有り得るような出来事を描いた本作の方が共感は大きかった気がする。時間軸を並行させながらのストーリー展開もそれほど複雑な方では無かったですね。

モロッコで銃撃された妻を救うべく辺境の地で助けを求めるも政治的な問題や言葉の隔たりで苦悩するリチャード。息子の結婚式のため、そのリチャードの子供達を連れ国境を越えてメキシコに帰郷する乳母のアメリア。触れ合いを求め、自分の思いを言葉で表す事が出来ない聾唖の少女チエコ。
この3つの国で起こるエピソードは単に言語の違いだけでなく、心のすれ違いによっても思いが伝わらず分かり合う事が出来ない哀しみに満ちていましたが、反面絶望的な状況に陥った後に訪れる愛や絆の再生等には切なくも感動が込み上げてきました。
また、モロッコでの銃撃でアメリカ政府がテロリストの犯行と決め付け事態を大袈裟なものにしてしまう所に、9.11以降のアメリカのテロに対する過敏な反応も見受けられた気がします。リチャードとその場に居た観光客の態度もかなり傲慢で、アメリカ人の描かれ方が妙に嫌悪風だったのも印象に残りました。

キャストで注目したのはやはり助演女優賞にノミネートされた菊池凛子で、話題になっていただけはあり自分も期待が大きかったです。聾唖の少女が抱える孤独や苦悩を上手く演じていると思いますし、裸一貫の体当たりもなかなかのもの。役柄ゆえセリフは無かったですけど、ハリウッドの次回作もすでに決まっていると言うらしいので、次の出演作にもこれまた期待が高まってしまいます。
その他にも乳母のアメリアを演じたアドリアナ・バラッザと言う人も、菊池凛子と同じく助演女優賞にノミネートされただけはあって、負けず劣らずな迫真の演技で個人的には良かったです。自身の切なる思いが警備員に伝わらず涙を流す最後のシーンは、愚かな行いをした事への自責の念も重なっているようにも見えてしまいました。


でも日本のディスコシーンで、光の点滅が何回も出て来て気分を害してしまうという問題の場面もあり、二度観るのは正直勘弁って感じがしますね(^^;)。チエコが刑事に渡したあの紙の内容もなんだったんだろうと謎な部分も残った。分かる人には分かるんでしょうか・・?

『バベル』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描か
 アメリカ ドラマ 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット     ケイト・ブランシェット     ガエル・ガルシア・ベルナル     役所広司モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のア...
うーん、そうね。50キロくらいなら何とか・・・ ってそりゃバーベルじゃい! 菊池
それは、一発の銃弾から始まった事件は、モロッコから東京に─そしてメキシコへと移っていく言葉が通じない心も伝わらない想いは、どこにも届かないかつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....
原題:BABEL製作国:アメリカ製作年度:2006年上映時間:143分監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ製作指揮:――原作:――脚本:ギジェルモ・アリアガ出演:ブラッド・ピット/ケイト・ブランシェ
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
壊れかけた夫婦の絆を取り戻すため、リチャードは、妻スーザンを誘い、モロッコを旅します。その旅の途中、バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜いてしまいます。なんとか医者のいる村までたどり着きますが、応急処置しかできません。リチャ
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ..
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
原題:Babel我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の
「BABEL/バベル」2007年 米★★★★★観てきました!!GW第1弾目は、やはりこの「バベル」めちゃめちゃ楽しみにしていたのですよ~。やっと観れた、安堵感が1番目の感想かな?^^はるか昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこうと...
日本にいても、チエコは異邦人だった。バベルの塔。天に届こうと建設しようとした人間たちは、神の怒りに触れ言語を分かたれた。モロッコ、メキシコ、日本、アメリカ・・・彼らは理解しあえない。言語が異なるから?いや、言語が同じでも理解しあえない
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ーーこ
菊地凛子のアカデミー助演女優賞ノミネートで話題になった「バベル」だが、評論家らの評価もおおむね良く、 菊地凛子の演技も気になって観に行った。結果、監督賞は、お預けしてた分、マーティン・スコセッシでもかまわなかったが、作品賞は、「ディパーデット」ではなく、
「なんかスゴイらしいぞ!」という噂とは裏腹に、公開されるや否や全国の映画ファンに
4月27日(金)◆424日目◆最初に言う。点数は10点満点、いや、それ以上である!アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥの最高傑作!!映画とは世界を見ることだ。それをイニャリトゥは、『アモーレス・ペロス』、『21g』の脚本家ギジェルモ・アリアガと『ブロークバック・
 メキシコ編と日本編が対照的に思えた。前者は婚礼の宴が、後者はむき出しの孤独が印象に残った。 世界のどこでも、文化は違っても人間の営みは同じで。愛すること、祝福することを知らない民族はいない。一方で、互いを信じられず、憎みあうこともあるだろう。孤独に苛..
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』 コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのです
う~む、これエントリするつもりじゃなかったのだけど、巷間では案外評判が良い?ようで驚いた。今日の評論はかなり辛口になろうかと思うので、TBも(不肖の論評を理解していただける数人の)映画評論お仲間程度にしか打っていない。いや、アータ、某コンビニでこんな駄作
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
バベルはWOWOWで先月の中旬に録画していたのを鑑賞したけども 全体的に悪くは無いし理解は出来るが微妙な感じでスッキリしないね 内容はモロッコ&&の3カ国オムニバスをが繋ぐ感じだけど モロッコは兄弟&被害者の夫婦では被害者夫婦の子供達だったけど はを...
BABEL 2006年:アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ 、エル・ファニング 夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅する?...
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
【関連記事】 バベル(ブラッド・ピット) 壁紙

PAGETOP