ハンニバル・ライジング

【監督】ピーター・ウェーバー
【出演】ギャスパー・ウリエル/コン・リー/リス・エヴァンス/ケヴィン・マクキッド/ドミニク・ウエスト
【公開日】2007/4.21
【製作】アメリカ、イギリス、フランス

【ストーリー】
1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生活を始めたハンニバルだったが、ドイツ軍のグルータス率いる逃亡兵達が現れ2人を監禁してしまう。やがて小屋の食料が底を尽き始めると、グルータスは自分達が生き延びる為にミーシャを犠牲にしようと考える。必死で抵抗するハンニバルだったが、頭を殴られ意識を失ってしまう。
やがて戦争が終結しその8年後、成長したハンニバルは収容されていた孤児院を脱走し、逃亡兵達への復讐を誓う・・・


【コメント】
レクター博士と言ったらアンソニー・ホプキンスが真っ先に思い浮かぶほど印象深い存在。しかし若かりし時代とはいえ、やはりそのレクターを若手のギャスパー・ウリエルが演じている事で最初は全く別物な感じにも見えた。幼い日に妹を殺されたため、全体的に私怨のようなストーリーになっているのも別物と感じた理由の1つかもしれません。だけどそれと平行してレクターの内なる狂気が徐々に目覚めていく過程も中々見応えがありました。

彼の豊富な医学知識や人体解剖術はパリでの医学生時代によって培われ、貴族のような立ち振る舞いや美学はコン・リーが演じるレディ・ムラサキの教養を受けた事で洗練され、そしてあの冷酷なまでの残虐性はレディ・ムラサキに卑猥な言葉を浴びせた肉屋の男を殺害した事で開花を果たす。
この辺りは『羊たちの沈黙』でレクターの隣室の男がクラリスに性的な侮辱を浴びせたため、後にレクターに言葉だけで殺されたっていう所と似てますね。殺人鬼ではあるんですけど、女性に対する侮辱を決して許さない紳士な部分もあるから、レクターは憎めないんですよねぇ~。でも今思うと『言葉だけでどうやって殺したんよ?』って突っ込みたい部分でもありますけど( ̄▽ ̄;)

またヤング(若さ)ゆえか、レディ・ムラサキに制止されるも危険を顧みず妹の復讐に躍起になり、返って窮地に陥りそうになる場面もあったりと、冷静で用意周到にも関わらず少し危うい所も見られる。レディ・ムラサキに対しても淡い恋心が芽生える人間らしい感情があるのも新鮮ですが、その彼女にも最後は愛を拒絶されてしまい、怨敵グルータスを食らう事で本当のモンスターとなるシーンが印象的でした。

でも何で本作で日本文化を取り入れたんでしょうね~?この設定にも最初は違和感感じましたし、あの鎧のお面と『沈黙』で見せた拘束具のマスクと接点付けたかっただけだと思ったんですけど、日本を舞台にした続編がまだあるとか言うらしいので、間接的に次回作への『繋ぎ』を示していたのかもしれませんね。
次回作ではくれぐれも間違った日本を描かないで欲しいものです。

『ハンニバル・ライジング』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
レクター博士誕生ストーリー。というより復讐劇。
痛い・恐い・気持ち悪いが3拍子揃ったこの作品。残虐非道なものは得意ではないのだけど、『羊たちの沈黙』以来見続けてきた「ハンニバル・レクター」のシリーズ、今更止められない。4作目にして”誕生”を描くという『スター・ウォーズ』のような構成だけ
大天使の名を持つギャスパーくん。
 アメリカ&イギリス&フランス サスペンス 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル     コン・リー     リス・エヴァンス     ケヴィン・マクキッド1944年のリトアニア。戦禍で両親を亡くしたハンニバル少年は幼い妹ミ...
映画館にて「ハンニバル・ライジング」トマス・ハリス原作のハンニバルシリーズ最新作。レクター博士が“人喰いハンニバル”になるまでを描く。1944年のリトアニア。名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失う。幼い妹ミーシャを連れて山小屋で生活を
映画鑑賞前に、原作を読了した。原作には、生意気にも、芝居がかった語り口調と残忍さ、心理描写の甘さ等を感じたが、映画となるといいのでは。。。と思い、公開を心待ちにしていた。なんたってギャスパー・ウリエル君が観たいのだ~~~【story】戦争で家族と死に別れ、孤
☆「ハンニバル・ライジング」監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン・ウォーターズ、リチャード・ブレイク 1944年リトアニア。名門貴族であるレクター家もドイツ軍の侵略にあい
ハンニバル・ライジング(公式サイト)ハンニバル・ライジング (出演 キャスパー・ウリエル)監督:ピーター・ウェーバー出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、内容:彼の謎を解く鍵は“日本”にあった…。1944年リトアニア。名門貴族で....
トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾
ソーッファミソファミレ♪ソーッファミソファミレ♪ドレミファソーラファ、ミ・レ・ド♪
「羊たちの沈黙」以来、レクター博士@アンソニー・ホプキンスのファンで、後の2作は
ハンニバル・ライジング (出演 キャスパー・ウリエル) 1944年、6歳になるハンニバル・レクターはリトアニアのレクター城で家族と暮らしていた。 戦争の最中、リトアニアを奪い返そうとするソ連とドイツの戦いは激化し、貴族の家系であるレクター一家も疎開を余儀なくされ
「復讐は毒と同じ。人を醜くするのよ!」メイおばさんの話を聞いていてもきっとだめでしょうねぇ。おばさんがレディー・ムラサキだったばっかりに…って、違うかっ
2007年30本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「真珠の耳飾りの少女」のピーター・ウェーバー監督作品。トマス・ハリス原作の“ハンニバル・レクター”シリーズの「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」に続く映画化第4弾。新たに書き下ろされた同名原作...
映画「ハンニバル・ライジング」に関するトラックバックを募集しています。
やっぱり「ニッポン」はこんな扱い。<公式ページ>ハンニバル・レクター博士と言えば、映画史上屈指の知的変態として名高い人食い野郎です。本作は、このおっさんがいかにしてかようなロクでもない衝動を持つに至ったかを描く、まぁ最近つとに増えた”ビギニングもの”の一
原題:HANNIBAL RISING製作国:アメリカ/イギリス/フランス製作年度:2007年上映時間:121分監督:ピーター・ウェーバー製作指揮:ジェームズ・クレイトン/ダンカン・リード原作:トマス・ハリス脚本:トマス・ハリ
アンソニー・ホプキンスが演じたレクター博士のシリーズ、第四弾「ハンニバル・ライジング」が遂に公開されたでも、アンソニー・ホプキンスは出演していないので、あしからずハンニバル・レクターは、鬼才トマス・ハリスが生み出した“世界で最もインテリジェンスのある”シ
監督 ピーター・ウェーバー 主演 ギャスパー・ウリエル 2007年 アメリカ/イギリス/フランス映画 121分 サスペンス 採点★ 観た映画の感想をサクっと書くことを目的にしていたサブタレも、いつの間にやら文章がどんどんと長くなってしまい、書くことが全く浮かばないよう
5月1日(火)◆428日目◆仕事はそこそこ。忙しくはなかった。あれ、もしかして、『スパイダーマン3』が見れるか?……それは無理だった。午後6時半に日劇に電話した時点で既にソールドアウト。しゃあないので『ハンニバル・ライジング』を見る。う~~ん、レクターのような
蜘蛛の巣から始まったよ。あれ?『スパイダーマン』??続いてイノシシ登場!あれ?『華麗なる一族』??戦車が疾走して、空からは爆撃も始まり、本格戦争映画に!ほんまにコレ、レクター博士の映画か???結構、作りこまれてますやん!この方向でいいのか?と思いつつ見て
□作品オフィシャルサイト  『ハンニバル・ライジング』□監督 ピーター・ウェーバー□脚本・原作 トマス・ハリス □キャスト ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンズ、ケヴィン・マクキッド■鑑賞日 5月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度
監督:ピーター・ウェーバー出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、アーロン・トーマス、ヘレナ・リア・タコヴシュカ、リス・エヴァンス評価:74点公式サイト(ネタバレあります)頑張れ、負けるな!ハンニバル・レクター!クールで妖艶な強さが最高....
「ハンニバル・ライジング」★★★☆ギャスパー・ウリエル 、コン・リー 主演ピーター・ウェーバー 監督、2007年、フランス芸術を愛し、美食家、驚くべき知能の高さと反面に見せるグロテスクさ。人間誰もがもつ才能や知的な好奇心も博士にあっ...
今回紹介する映画は現在公開中のハンニバル・レクターの原点を描いた映画でシリーズ第四弾のこれです。ハンニバル・ライジング 観て来ました、ハンニバル・ライジング今までのハンニバル・レクターシリーズとは少し毛色の違う映画でしたが、中々楽しめました。ハンニバル・
観よう観ようと思って、タイミング的に後回しになってたサスペンスもの。「ハンニバル・レクター」シリーズは、あまり詳しく知らないけど・・・誕生秘話なら、別物としても見れるし・・・。今週末までの公開らしいので、ギリギリ間に合いました。
ハンニバル6歳の時、愛し、守るべき妹ミーシャが誕生したが、それはまた一生忘れることのできない悲劇の原因ともなった
【HANNIBAL RISING:2007/04/21公開】製作国:アメリカ/イギリス/フランス R-15監督:ピーター・ウェーバー原作:トマス・ハリス『ハンニバル・ライジング』(新潮社刊)出演:ギャスパー・ウリエル、コン・リー、リス・エヴァンス、ケヴィン・マクキッド、スティーヴン
これは、映画としては上映時の評判があまり良くなかった事や、ハンニバルレクターを演じる主演のギャスパー・ウリエルとアンソニーホプキンスとの接点が感じられなかったんで、ダメな続編系かと思ってたんですが、ところがどっこい。そんな思い込みも吹っ飛びましたね・....
 『1991年「羊たちの沈黙」 2001年「ハンニバル」 2002年「レッド・ドラゴン」― そして2007年、ついにレクター「誕生<ライジング>」の謎が明らかになる。』 コチラの「ハンニバル・ライジング」は、トマス・ハリス原作の"ハンニバル・レクター"シリーズの
「羊たちの沈黙」「ハンニバル」「レッド・ドラゴン」の冷酷な殺人鬼・レクター博士。 彼の人格はいかにして形成されたのか―レクター誕生を紐解く、幼少期~青年期を描いた作品。 1952年リトアニア―戦争で家族と死に別れたハ
2007年:アメリカ・イギリス・フランス 原作:トマス・ハリス 監督:ピーター・ウェーバー 出演:ギャスパー・ウリエル、リス・エヴァンス、コン・リー、ドミニク・ウェスト、ケヴィン・マクキッド、リチャード・ブレーク レクター博士の青年期に焦点を当て、“人喰...
いい評判は聞かないのですが、 あのレクター氏の生い立ちは見届けたいですよね。(笑) DVDで鑑賞。 1944年リトアニア。 戦闘が近づいてきたため、 レクター伯爵夫妻は長男ハンニバルと妹ミーシャを連れ、 領内の狩猟小屋に身を潜めるのだが 爆撃に巻き込まれ、夫?...
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション(2007/08/24)ギャスパー・ウリエル;コン・リー;リス・エヴァンス;ケビン・マクキッド;ドミニク...
ハンニバル・レクターの過去を描いた作品ですが、個人的にはあるときふいに人肉に目覚めたというほうがしっくりくる。単純に美味しそうだったからと言う理由でもいい。 人食い行為

PAGETOP