Pim0011.jpg

【監督】アンドリュー・ラウ/アラン・マック
【出演】トニー・レオン/アンディ・ラウ/レオン・ライ/チェン・ダオミン/ケリー・チャン/アンソニー・ウォン/エリック・ツァン
【製作】2003年/中国

【ストーリー】
潜入捜査官ヤン(トニー・レオン)の死後から10ヶ月・・ラウ(アンディ・ラウ)は警察内にいる自分以外の潜入マフィアをを全て始末する為に、今だ眠れぬ日々を送っていた。
ある日妻マリーとの離婚調停の最中、ラウの前にエリート警察官ヨン(レオン・ライ)が立ちはだかる。過去にサムの商売相手であった本土の大物シェン(チェン・ダオミン)と接触していた事を知ったラウはヨンを潜入マフィアと確信し始める。
だがその裏で、ヤンの死の真相を知る者が密かに迫っていた・・

【コメント】
今回もまた前作に勝るとも劣らないような豪華なキャスティング、そして濃厚(?)なシナリオ!
旧キャストに加え、新たにレオン・ライ、そして自分が良く内藤剛志と見間違うチェン・ダオミン♪(ぇ
と言うかグラサンにブラックコート羽織ったチェン・ダオミンメチャクチャマフィアボスの風格漂い過ぎ・・怖ぇーーよ!

さて、ストーリーはⅠのラストのその後、そしてそこに到るまでの謎をヤンの回想シーンを通じて語られる今作。
ですが、完結編でもある今作はどっちかと言えばラウを中心とした物語のようにも見えますね。
ラウが忌まわしい過去(罪)を隠し持ったまま、善人になりたいと願いその罪を完全に消し去り、潜入マフィアから本物の警察官になりたいという願望を抱くようになる。
誰の力も借りずに残りの潜入マフィアを探し、孤軍奮闘する彼の姿は、常に切羽詰ったような状況で何だか痛々しい(-_-;)
そんなラウの苦悩とも取れる描写が観る側にとってもひしひしと感じられる所がとてもイイです。

Ⅰのラストの前日談でもあるヤンの回想シーンを時折に加え、脇をお馴染みのウォン刑事とマフィアのボスのサム。そしてキナ臭さ大爆発のヨン刑事やマフィアの大ボスシェンが物語に絡む事により、Ⅰにもあった警察とマフィアの一触即発的な緊張感に更に拍車を掛けている感じがします。
でも今回はどっちかと言えば、警察は警察、マフィアはマフィアの中と言った組織内での陰謀が渦巻いてましたね~。これはこれでも非常に面白かったですが。
ただ、不満を挙げるなら現在(ラウサイド)と過去(ヤンサイド)が入り混じったように物語が進んでいくので、ちょっと展開がごっちゃになり過ぎて、当初は頭がこんがらがりました。

香港映画の金字塔的作品なインファナルアフェア3部作。
この作品の魅力、正に無間地獄なり・・(意味違
DVDはコンプリートで出るのかな?

と言うかリメイク版は期待していいものなんでしょかね~?ちょっと微妙に思えてきた・・(^~^;)
 改めましてこんばんは!ってなワケで「インファナル・アフェア」シリーズ3本立てのラストを飾るのがコチラの「インファナル・アフェア」3部作の最終章です。  2では1の11年前の1991年から1997年までだったんですが、コチラでは1までに至るヤン(トニー・レオン)と1の...

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP