ナイトミュージアム

【監督】ショーン・レヴィ
【出演】ベン・スティラー/カーラ・グギーノ/ディック・ヴァン・ダイク/ミッキー・ルーニー/ビル・コッブス/ジェイク・チェリー/ロビン・ウィリアムズ
【公開日】2007/3.17
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ニューヨークで暮らす失業中のラリーは前妻が再婚すると知りひどく動揺するが、愛する息子ニッキーとの絆を保つために、ニューヨーク自然史博物館の深夜勤務のガードマンとして働く事になった。しかし勤務初日の夜、不思議な物音を聞いて誰もいないはずの展示室を覗くと、そこではエジプトのミイラ、原始人、ライオンの剥製にモアイ像、更には巨大なティラノザウルスまでありとあらゆる展示物がまるで生き返ったかのように動き出していた・・・


【コメント】
T-レックスに追っかけられる迫力ある予告編からかなり興味をそそられもしましたし、あの後ラリーはどうやってそのT-レックスを振り切るんだろうと続きも結構気になって仕方ありませんでした。最近はネタバレ全開な予告編が多いようですし、本作のように期待に胸膨らむような見せ方だといいんですけどね~。

最新のVFXを用いて骨格模型のT-レックスや動物の剥製が走り回る姿は、リアル過ぎて真夜中の博物館同様不気味なくらいですし、館内でラリーと歴史上の偉人達が繰り広げるドタバタな騒動も喜劇じみていて笑えてしまいます♪そしてその偉人達を演じているのもロビン・ウィリアムズにオーウェン・ウィルソンといったコメディ映画に馴染みのある俳優さんばかりで固めているから、素直に楽しめるんだとも思いました♪
それに自分はこの映画で初めて知ったのですが、テディベアの由来ってルーズベルト大統領が元だったんですね( ・∀・)ノシΩへぇ~♪へぇ~♪へぇ~♪
歴史の勉強だけじゃなく雑学も豊富になったりと、なんかお得な気分にもなる映画ですっ(笑

その他にもフン族やネアンデルタール人など、一挙手一投足が面白いキャラクターもたくさん出て来るんですけど、中でも一番面白かったのはノドジロオマキザルのデクスターですねっ♪物凄い芸達者な猿でそこにも驚いてしまったのですが、やはりラリーと一悶着起こすシーンが爆笑モノ。特にビンタ勝負は最高です( ≧∇≦)b
自分は普段笑えるシーンが出て来ても極力声のトーンを落として小笑い程度に留めてしまうのですが、ビンタシーンは久々に思い切り吹いてしまって他のお客さん達と混じって声を大にして大笑いしてしまいました♪なので個人的にはあのビンタシーンだけでこの映画は観る価値があるように思え、そして自分はその場面だけで評価を1つ上げたい気分にもなってしまいましたですよ(笑


ストーリーも分かり易いから確かに家族向け万人向けな娯楽作品ではありますけど、冷静に内容を観てみると1950年代から今日までの約50年間、博物館内はずっとあんなどんちゃん騒ぎだったのにも関わらず、今の今まで誰にも気付かれなかったと言うのも不思議であり疑問に思う所でもあります
それともその辺りはやはりあの3人の老警備員達の影の功労があったのでしょうか?そう思うと苦労も分かるし、石版を使って腹黒い気持ちが芽生えてしまうのも分かる気がするかも?(^^;)
でもあの人達も黒幕の割にはどことなく愛嬌があって、悪役としての『ノリ』みたいなものも『ホームアローン』ぽくて憎めなかったですね。

最後もハッピーな終わり方♪飛行機酔い克服できたら自然史博物館行ってみたいっすw

『ナイトミュージアム』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
歴史を知っとかナイト!
Dream Came True【Story】ニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は前妻が(キム・レイヴァー)が再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキー(ジェイク・チェリー)との絆を保つために、ラリーは
昨日から公開のテレビでもCMがやってる全米3週連続1位のナイトミュージアムを観てきたよ。 CMで夜の博物館で動き出すぅ~みたいな感じでやってて気になっちゃって仕方なくてさ。 雰囲気的にはジュマンジとかザスーラのような感じがしたからきっと楽しいんじゃなかろう
ナイトミュージアム上映時間 1時間48分監督 ショーン・レヴィ出演 ベン・スティラー カーラ・グギーノ ロビン・ウィリアムズ ディック・ヴァン・ダイク スティーヴ・クーガン オーウェン・ウィルソン評価 8点(10点満点)会場 丸ビルホール(試写....
評価:○  ジュマンジ度:50%評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)『あらすじ』 仕事をしても長続きせず、せっかくの事業も
ナイトミュージアムを観てきた。笑えた!映画の出来栄え的にはストーリとか演出とかはそれほど完成度は高くはないかな。それでも、この映画好きだとおもえたのは笑えたからだろうね。ほんとに面白かった。内容はどこかジュマンジを思い起こさせる感じがした。おそらく、ロビ
 ベン・スティラーが『ジュマンジ』ばりの博物館で 夜警を勤めるハメになり、巻き起こる大騒動。 個人評価 ★★★  『 映画雑感 』
事業に失敗し職を失ったラリー。息子の信頼を取り戻すために一刻も早く再就職をしようとしていた所に舞い込んできたのは、ニューヨークにある自然史博物館の夜警の仕事だった。なんでもない仕事だと思われた夜警だったが、初日の夜から異変が起こる。夜の博物館でラリーが..
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 108分監督 ショーン・レヴィ 原作 ミラン・トレンク 脚本 ロバート・ベン・ガラント 、トーマス・レノン 音楽 アラン・シルヴェストリ 出演 ベン・スティラー 、カーラ・グギーノ 、ディック・ヴァン・ダイク ....
予告を観てから、ず~~~と楽しみにしていた~子どもと一緒に、吹替版を観てきました~【story】ニューヨーク自然史博物館の夜間警備に就いたラリー(ベン・スティラー)。バツイチで順調とはいえない生活をおくる彼にとって、この仕事は離れて暮らす息子に、父の威厳をア
楽しい作品が見たい気分であり、ちょうど良かった。バッチリ笑わせてもらったから、先行上映で割引がきかなかったけれどノープロブレムだね。基本的には子供向け。けど大人が観ても十分楽しめるから、春休みに仲良く親子で楽しむのにピッタリのコメディ映画
 現在劇場公開中ですね。 「ナイトミュージアム」  難しいこと抜きですね。はちゃめちゃぶりをいかに楽しむかの映画ですよ。 
夜の博物館で─みんなみんな生き返る!博物館の秘密を解き明かせ!夜の博物館は、秘密と謎とスリルがいっぱい
春休みを意識してなのかあまり日本ではメジャーではないベン・スティラーの映画がどうしてここまで宣伝されているのか・・・?少し疑問にも思っていたのですがベン・スティラー大好きな私はもちろん初日に見に行きました。(宣伝効果か田舎の映画館でもすごい観客でした。..
3週連続全米NO.1の記録を引っさげて日本上陸・・・日本では、ロバート・デ・ニーロと共演してもヒットしなかったベン・スティラーが主演。ひらりんは大好きなので、前々から注目してましたが・・・。今回は配給元が強気らしく・・・CMバンバン流してるし・・・先行上
『 ナイト ミュージアム 』を観た。ラリーを演じるベン・スティラー、ハマリ役{/hakushu/}すっごく楽しかった~^^コメディに、アクションあり、ちょっと感動も{/kirakira/}予告編で幾度となく見たティラノサウルスに追いかけられるシーン。お~っ、いきなりピンチか?!
「ナイトミュージアム」新宿バルト9で鑑賞wakoさんに同行させていただきました。いつもお世話様です。新宿バルト9、まだオープン前ですが新宿初のシネコンで9スクリーン。もともと東映があったところだと思います。音もいいし、椅子もいいし、アクセスもいい。が、エレベ
先行上映第2弾・・・ほんとは『ハッピィフィート』の前に観てるんだけど『ナイト・ミュージーアム』も一足お先鑑賞です。失業中でバツイチのラリーこのままじゃ、愛息のニッキーにも愛想をつかされてしまう・・・やっと見つけた自然史博物館の夜警の仕事は、なぜなのか前任
(原題:Night at the Museum)----これ、予告編観たよ。ティラノサウルスの骨が夜警を追っかけていた。確かその役はベン・スティラーだよね?「うん。もう、それですべて説明がついちゃう。と言うことで、これ以上はお話の必要ないかな」----それ、あまりにも無責任だよ。
監督:ショーン・レヴィ出演:ベン・スティラー、カーラ・グギーノ、ロビン・ウィリアムズ、ディック・ヴァン・ダイク、スティーヴ・クーガン、リッキー・ジャーヴェイス評価:83点公式サイト(ネタバレあります)深夜の博物館。ドタバタコメディをつく....
「ナイトミュージアム」を観て来ました。この映画はお手軽コメディ映画なので、終始リラックスして観れたのは良かったんですが・・・、正直言って、めちゃくちゃ面白かったと言う事も無かったです。所々笑えて普通に
ベン・スティラー…アクが抜けた?
 先行ロードショーにてナイトミュージアムを見てきました。なんか、最近先行ロードショーって少なくないですか?よく行く映画館だけやってないのかなぁ?
『NIGHTATTHEMUSEUM』公開:2007/03/17(03/10)製作国:アメリカ監督:ショーン・レヴィ出演:ベン・スティラー、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、ロビン・ウィリアムズむかし蝋人形に近づいたらいき
意外な展開で満足度1位!
2007年03月17日公開の映画「ナイトミュージアム」を見た。第26代アメリカ大統領のルーズベルト、アメリカ先住民のサカジャウィア、古代エジプトのファラオ、オクタヴィウスとグラディエーター、西部開拓時代のカウ
T-REXが冷水機で飲めない水を飲んでいる妙なB級くさい予告&CMで気になってい
骨のティラノザウルスを見てると飼ってる犬を思い出した・・・
真夜中の自然史博物館を舞台に、そこで働く夜間警備員の男が体験する不思議な現象を描いたファンタジーコメディです。
2007/アメリカ監督:ショーン・レヴィ出演:ベン・スティラー   カーラ・グギーノ   ロビン・ウィリアムズベン・スティラーだからこそ楽しいコメディ[:わーい:]以下、ネタバレ感想
映画館にて「ナイトミュージアム」(字幕版)真夜中の自然史博物館を舞台に繰り広げられるファンタジー・アドベンチャー。ニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は前妻が再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキー(ジェイク・チェリー)とのきずなを保
子供の頃、博物館が大好きだった人は多いと思う。私もその一人で、恐竜の化石、古代のジオラマ、歴史上の人物や絶滅した生物たちの精巧な人形といった陳列物にロマンを掻き立てられたものだ。そして、たぶん多くの子供たちが
ありえね~っ。なんて言っちゃイケマセン。ファンタジーですから{/kirakira/}NYに実在するあのアメリカ自然史博物館が舞台★バツイチ子持ちのツイてない男がやっとのことでありついた仕事はそこの夜警。原始人、エジプトのミイラ、モアイ像、ティラノザウルス、、、、展示物
「ナイト・ミュージアム」 2007年 米★★★★★面白かったですよ~♪大人も十分楽しる冒険ファンタジー。NYに住むバツイチで、職と引越し(家賃踏み倒し)を転々とし別れた妻に呆れられているラリー(スティラー)。この妻役、「24」シリ...
これは特に男性をくすぐる映画でしょう♪CMからインパクトがあり興味をそそられますがたまには単純に楽しめそうな映画もいいかなぁと鑑賞☆監督:ショーン・レビ 原作:ミラン・トレンク 出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギノ、ディック・バ..
ベン・スティーラー好きなんです。ハリウッド俳優の中、アメリカでは大人気でも、日本ではあまり人気の無い人の筆頭じゃないでしょうか。ベンベンファミリー(そんなのあるかどうかですけど)も同じで、盟友オーウェン・ウイルソン、ウィル・フェレル、ヴィ...
 もし、博物館の模型や蝋人形等の展示物が夜中に動き出したら・・・ そんなもしもが縦横無尽に駆け巡る夜のファンタジー。ベン・スティラーの驚きタッチもたまらないキラキラした作品でした。 ラリー・デイリー(ベン・スティラー)は、1人息子....
今日から子ども達は春休み。春休みの子供向け映画の中で、親子で「観たい」と意見が一致したのが「ナイトミュージアム」。日本語吹替え版です。映画館は混んでいるだろうな、と予測はしていましたが、レディースディじゃないし、とタカをくくっていたのが間違い。9:50の
ナイトミュージアム、観てきました。ラリー(ベン・スティラー)がようやく見つけた仕事は、自然史博物館の夜警。前任者からマニュアルをもらい、初仕事に就くが、その博物館では夜になると展示物が思い思いに動き出すのだった。。。という冒険ファンタジー。楽しかったよ~
「ナイト・ミュージアム」を観てきました~♪NYに住むラリー(ベン・スティラー)は、現在失業中・・・離婚した妻と再婚相手と住む一人息子ニッキーも父に正業について欲しいと望んでいる。ニッキーの期待に応えるため、ラリーは博物館の夜警の仕事をはじめる・・・人気B
みんなみんな、動き出す! ■監督 ショーン・レヴィ■脚本 ロバート・ベン・ガラント&トーマス・レノン■キャスト ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、リッキー・ジャーヴ
2007年19本目の劇場鑑賞です。先行レイトショーで観ました。「ピンクパンサー」「ジャスト・マリッジ」のショーン・レヴィ監督作品。ニューヨークの国立自然史博物館を舞台に、新任の夜警となった主人公の目の前で、展示物が次々と動き出し大騒動を繰り広げるさまをコミカ..
映画「ナイト ミュージアム」に関するトラックバックを募集しています。
ようこそ夜の博物館へラリー役のベン・スティラーは子どもの頃、アメリカ自然史博物館によく行ったそうです。そして展示物を見ては「この熊が動き出したらどうしょう?」と想像したそうです。だから今回のこの作品の企画には、すぐに反応したベン。誰しも一度は思う、奇想天
 CMで中年がウワァァァァァァァァァ(AA略)と動く蝋人形に驚く映画である。
日本ではどういうわけかまったく売れないアメリカのスターがいます。アメリカで興行的には大ヒットを出していても名前を云ってもわからず、作品名をいくつか出さないと伝わらないというのが面白いです。個人的にそ
「イオン下田TOHOシネタウン」での1日4本鑑賞ですが、1本目が、
 アメリカ コメディ&ファンタジー&アドベンチャー 監督:ショーン・レヴィ 出演:ベン・スティラー     ロビン・ウィリアムズ     カーラ・グギーノ     ディック・ヴァン・ダイクニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。...
 花粉症&風邪&発熱・・・もしかしてインフルエンザ?!な一週間から立ち直ったので、 映画「ナイト・ミュージアム」に行って来ました。 今年・・・といっても、まだ3ヶ月だし、映画館では10本目ぐらいなのですが、 一番の快作でした!!!   完璧B級と思って..
ナイトミュージアムを見に行きました~面白かったです~ ベン・スティラー、あいかわらずいい奴です~。ロビン・ウィリアムズもあいかわらずいい人~。 博物館のねーちゃんも素敵。そっか妙齢になってもあんな感じだと魅力的でいけるのね。ふむふむ。
原題:Night at the Museumとんでもなく馬鹿馬鹿しいのに、むちゃくちゃ面白くて泣けてくる。古代からルーズベルト大統領まで一堂に会するファンタジーなコメディ・アドベンチャー アメリカではお馴染みの子連れ離婚、バツイチ男ラリー・デリー(ベン・スティラー)は
みんな みんな、動き出す起業に失敗した男がようやくありついた職は、歴史博物館の夜警。ところが、夜になると展示されている人形や骨格標本が動き出すという有り様。その理由は博物館に展示されている、あるモノにあるのだが、これを狙う者もいてちょっとした騒動に・・・
私の居住地では,なぜか美術館で試写会が行われていたようです裂 そーゆー試写会も面白いかなと思って応募してみたんだけどハズレちゃったから。ぐすっ。 試写会はハズレたけれど,Ben Stillerが出演してるんだったら見なきゃ☆みたいな妙な義務感があって鑑賞し
             評価:★10点(満点10点) 2006年 135min 監督:ショーン・レヴィ出演:ベン・スティラー カーラ・グギーノ ロビン・ウィリアムズ ....
ナイトミュージアム(シネマイクスピアリ)「誰も入れるな、何も出すな」『全然期待してなかったけど面白かった!(失礼)』レビューが多かった本作、そのためつい期待して行ってしまったので「まあ普通に面白かった」感想となりました・・・一夜のドタバタかと思いき
監督 ショーン・レヴィ 主演 ベン・スティラー 2006年 アメリカ映画 108分 コメディ 採点★★★★ 立て続けに入院ネタで申し訳ないのですが、入院二日目の深夜、絶食による空腹と日頃の不摂生がたたり全く眠れなかった私は、コッソリと病室を抜け出し、病院の入り口に隣接
―以下ネタバレ無し―春休みに合わせた子供向けファンタジー映画。CMを見た限りでは、おバカな要素盛り沢山の笑えるコメディって印象ですが、果たして大人が楽しめる作品かどうか・・・。ナイト ミュージアム★★★★☆[ストーリー]子供のために安定した職を探す父。見
4月4日(水):401日目前の日から急に寒くなる。夕方、雨が振り出してからさらに寒くなった。仕事が楽だったのがせめてもの救い。午後6時に終業。御成門駅から三田線に乗り日比谷へ。今日はそこそこ評判がいい『ナイト ミュージアム』をチョイス。帝劇近くのスカラ座での上
【NIGHT AT THE MUSEUM】2006年/アメリカ 監督:ショーン・レヴィ  出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ、ジェイク・チェリー自然史博物館の夜警の仕事に就いたラリーが勤務初日に見た光
監督:ショーン・レヴィ全体的に説明不足で、キャラクターもあまり描けていない内にどんどんストーリーが進んでいきます。歴史上の人物も出てくるんですが、日本人にとっては、名前は聞いた事があっても具体的に何をした人なのか説明が無いので、キャラクターをとらえずらい
公開された時、意外にも話題になったのでずっと気になってました。DVDで鑑賞。ニューヨークに住むラリーは職についても長続きしない。最愛の息子ニッキーは元妻の再婚相手になついてしまっている。父子の絆を取り戻すために職を得ようと職安に行き、得た仕事は、
2006年:アメリカ 原作:ミラン トレンク 監督:ショーン・レヴィ 出演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、スティーヴ・クーガン、リッキー・ジャーヴェイス、ジェイク・チェリー ニュー?...
 『みんな みんな、動き出す! 夜の博物館は、秘密と謎とスリルがいっぱい』 コチラの「ナイトミュージアム」は、3/24公開、3/10&11には先行上映もされるベン・スティラー主演のコメディなのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪ アメリカでの公開時には3週....
ナイト ミュージアム監督:ショーン・レヴィ出演:ベン・スティラー、カーラ・グギーノ、ディック・ヴァン・ダイク、ミッキー・ルーニー、ビル・コッブス、ジェイク・チェリー、...
あらすじニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は息子ニッキー(ジェイク・チェリー)とのきずなを保つために自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受ける。真夜中、展示物が魔法を使ったように生き返り・・・。感想博物館の展示物が夜中に動き出...
ナイトミュージアムはWOWOWでし16日に観たが 結論はジュマンジより良いけど展開が少し早いね 内容はバツイチの主人公ラリーが博物館の夜就職も 展示物が動くも一緒に元のを捕まえる展開だ 俺は歴史が得意もだけでなど歴史は分からんが &小人など予告で観
みんな みんな、動き出す!
ナイト ミュージアム (ボーナスDVD付) ¥1,039 Amazon.co.jp ずーっと見たかったんだけど、見そびれていて 今年2を見に行く前にやっとこ見ました! 監督はショーン・レヴィ監督、 出演はこのブログではおなじみベンさまことベン・スティラー、ロビン・?...
バツイチのラリーは何をしても長続きせず、今度は紹介された自然史博物館での夜警の仕事に就くことに。来場者減の煽りでリストラされる3人の老警備員たちから引継ぎを受けたラリーだったが、夜になると突然展示物たちが動き出し、館内は大騒動。慌てて連絡するものの、老警備員はさも当然と言わんばかりに全てをラリーに任せてしまう。実はこの博物館に収められている古代エジプトの秘宝「アクメンラーの石版」が、彼らに命...
親子で、安心して楽しめる、ファミリーむけ作品ですね。 素朴な発想と、コミカル・ティストの活劇が面白かったです。 「夜中になると、博物館の展示物に命が吹き込まれて、動き出し…」という発想は「トイ・ストーリー」にも通じるかな?と感じたのですが、 個人的に「MOTHER2」を思い出してしまったのでした。 序盤はちょっと冴えない存在のパパだったのが、子供の尊敬も勝ち得て、バカにし...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは♪

TBさせていただきました☆

突っ込みどころはいっぱいありましたが、家族で観るのに最高の映画ですね。書かれていたように、歴史の勉強だけじゃなく雑学の勉強にも最適でした!!

今、息子がこの映画を見に行ってます。
何も考えずに笑いたいと言ってたから
正解だったのかな?
私も近日中に見に行きます。
私はきょうはデジャブを見て来ました。
私の好きな映画でした。

 ども、たましょくです♪

 デクスターには、助演男優賞をあげたい!Tレックスもまさか
あんなカワイイ「犬」だったとはw笑えるシーンもけっこーあっ
たのですが、全体的には大雑把でしたね。ま、難しいことを考え
ず観られる作品とゆーことで♪

10本の指に入る

>daiさんこんばんわ♪

テディベアの由来を普通に知らなかった自分ですが、あれってやっぱり世間一般の常識みたいなもんでしょうか?(汗)学生の頃は歴史結構良い点取っていたんですけど、今じゃ歴代米大統領どころか日本の大名様の名前もうろ覚えでございます(^^;)この映画で歴史の点数上がった学生さんいたら見てみたいですねw

>香菜さんこんばんわ♪

この映画は確かに気軽に観れる作品なので、多分香菜さんにもオススメ出来るかと思います♪とにかくオススメなのはデクスターとラリーのビンタシーンですっ♪あれで笑わない人は多分いませんよ♪
そいえば『デジャヴ』も公開されてましたね。『ハッピーフィート』も観たいんですけど、こうも一気に観たい映画が集中すると時間の折り合いも付かなくて苦労してしまいます・・(汗

>たましょくさんこんばんわ♪

デクスターはホント人間並の演技でしたよねっ。悔しがる仕草や窓の鍵を上手に開けたりする所はとても動物とは思えませんw自分も色んな映画で名演技する動物を数々観てきましたが、デクスターは10本の指に入るかも?
でも内容的に大雑把な部分は子供なら許容範囲ないかもしれないけど、大人視点で冷静に観ると色々突っ込んじゃいますね。T-レックスがあんだけ外で走り回ってたのに誰も気付いてなかったりとか・・

こんにちは

TB&コメントありがとうございました。

楽しい映画でしたね。批評家からはそんなに高評価は得られないでしょうが、こういう映画も良いと思います。
ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ、あとサルも良かったですが、個人的にはオーウェン・ウィルソンがツボでした。あの暴風に耐えるシーンは最高でしたね。

おはようございます♪

突っ込み所も多々ある作品ですが、娯楽作品として素直に楽しめる作品でした。
デクスター達展示物たちのキャラも良かったし、
演じている出演者達も楽しそうで面白かったです♪
しかし、クライマックスやラストのキャラ達がゴチャゴチャになる
CG映像には本当にビックリしました。
TB&コメントありがとうございました。

こんにちは~♪
T-REX君がワンちゃんみたいに可愛かったし、お猿さんとベンの叩き合いは可笑しかったですね~^^・
私も、あんなドンチャン騒ぎで、何で周りにバレないんだろう。。。と思いましたよ(笑)

おサルもいいけど、ワンコが好き(笑)

メビウスさん、こんばんは。
小悪党どまりで、毒がなく、見事なまでにファミリー向けでしたね。
ラリーが本気で彼らと付き合うから素敵なのですよね。
折角だし、もう少し泣かせるくらいの深さがほしかったかなー、とは思いますが。

老警備員達も頑張ってたかも?

>えめきんさんこんばんわ♪

喜劇俳優で固めている本作ですから笑わないわけがありませんね。
オーウェン・ウィルソンもラストシーンでベン・スティラーよりもオイシイ場面いっぱいで楽しませてもらいました。そうそう、あのタイヤの空気を抜くシーンは自分も笑えました♪タイヤの空気圧に飛ばされないように必死こいて空気抜いてるのに、遠目から車見るとビクともしてない辺りが面白いw

>耕作さんこんばんわ♪

展示物のキャラクター皆個性的でしたもんね~。個人的にデクスター1番ですけど、その次はフン族ですね♪最後ラリーに『ちょっとだけ・・』って感じでおねだりするシーンも笑えました♪
でも最後のバカ騒ぎはちょっとはしゃぎすぎじゃないでしょうかね?(^^;)あれじゃ1発でバレちゃいます(汗

>由香さんこんばんわ♪

長年あれだけドンちゃん騒ぎだったのに周りにバレなかったのは、やはりあの老警備員達の働きがあったんじゃないかと自分は推理しております。
彼らも長年あそこで警備をして展示物が外に出ないように(渋々ながら)守ってきたんだと思うと、やはり一概に悪人と決め付けられないですね~。でもラリー同様、デクスターには手こずっていたと思いますね(笑

>たいむさんこんばんわ♪

ああいう博物館があれば毎日お祭り騒ぎで楽しそうですけど、自分だったらラリーのように付き合う事はできませんね~(^^;)忙しすぎて絶対過労死しますよアレ(汗)ライオンの剥製も捕まえないと食べられちゃうし、常に命の危険に晒されているようなものじゃないでしょうか?
やっぱりラリーのその後がきになりますね・・

こんばんは!

すごくすごく楽しめたこの映画は
私の中では大好きな映画になりました。
もう終わっちゃうの~なんてもっと
見たくなったりして本当によかった!
大好きなオーウェンが思いのほか多く出てたので
さらに喜ばしかったです。
ビンタ対決には私も笑っちゃいましたよ。
マジで面白い事するベン・スティラー大好きです。

ベン・スティラー

ベンって典型的な猿顔ですよね。
お猿さんもライバル意識出したのかしら?

2時間半は無理か・・

>ALICEさんこんばんわ♪

この映画って確か2時間も無いんですよね?おこちゃま向けの映画でもあるから、じっくり鑑賞の2時間半はやっぱり無理だったんでしょうね(^▽^;)自分ももう少し観たかったですね。石版の謎とかパパッと解決して欲しかったですし。
ベン・スティラーは初めて観ましたが、本当に面白い俳優さんです。彼が出演している『ドッジボール』とか観てみたいですね♪

>chikatさんこんばんわ♪

確かにじじじ~・・・と見ると猿顔e-249っぽいかもwだからデクスターも本気でビンタしていたのでしょうか?(笑)ベン・スティラーが起用されたのも猿顔が関係していたかもしれませんね(笑

とらば・こめんとどうもでーーす

ベン・スティラーに、はまる人が増えてくれると嬉しいですね。
「ズーランダー」のほかにも、
ジャック・ブラックと共演してる「隣のリッチマン」とか、
ジェニファー・アニストンと共演してる「ポリー・My・love」、
「おまけつき新婚生活」では、ドリュー・バリモアとも共演してました。
才能あるけど、変なヤツ・・・ですね。

これからメジャーに?

>ひらりんさんこんばんわ♪

未公開作品が多いみたいですけど、ベン・スティラーの出演作ってかなり多いんですね。1作も観ていない自分がちょっと時代に取り残されているような気もしますけど・・(^^;)
自分のように本作で初めて彼を知った人もたくさんいるでしょうし、もしかしたら日本ではこれからメジャーになるかもしれませんね♪面白い俳優さんなので自分もチェキv-218

おかしなジャージのこだわりの

『ロイヤルテネンバウムズ』なんか超豪華キャストで
ベンちゃん出演作ですよ~(笑)
変な映画ですけど、よかったらDVD鑑賞してみてください。

ナイトミュージーアム・・・実際あったら、ほんっと体験したいですね~
猫的には、やっぱりカメオのくせに(笑)かなり目立ってるオーウェンは
ツボでしたね~
小さすぎたから、エンドクレジットにのってないから
え?錯覚????なんてちょっぴり不安にもなりましたが(笑)

オススメよー♪

メビウスさん、こんばんはー♪

実はベン・スティラーファン♪(笑)
あの濃さが日本だとなかなか受け入れられなくて残念ですよー。
盟友・オーウェン・ウィルソンもちゃんと出てたし、満足してます。
陰謀がショボイとか、うるさく言わないことにしました(笑)

こんばんは

メビウスさん、こんばんは。
コメント&TB返しありがとうございました^^
>最近はネタバレ全開な予告編が多いようですし
同感です。いいとこ全部みせちゃってるよ~っていうのが多いですよね。
本当に、この予告編は、え?どうなるのーっ?!って楽しみでした♪
そして、本編でそのT-REXの可愛らしさに思わずニヤリです☆

最後、何気にフン族とコミュニケーションとれてるところもツボでした。

アトラクションに欲しいです

>にゃんこさんこんばんわ♪

ナイトミュージアムのような博物館は実際にはないですけど、アトラクションとしてなら実現しそうな感じがしませんでしょうか?ラリーのようにTーレックスに追っかけられたらなんとも面白そうです♪
『ロイヤルテネンバウムズ』という作品にもベン・スティラー出演?いや~自分がよく通っているレンタル店には絶対なさそうですね~。遠出しなきゃw

>あむろさんこんばんわ♪

あむろさんもベン・スティラーファンだとは、やはり日本であまり人気がないといっても隠れファンはたくさんいそうですね。
でも盟友のオーウェン・ウィルソンと見比べると確かにベンの方が濃い感じですね。顔も(笑

>happy-cloverさんこんばんわ♪

予告編はこれから観るお客に対し、如何にその映画に興味を持ってもらうか面白く感じてもらうかというものでもありますから、劇中の名場面などを見せて集客に一役買わせたいのは分かるんですけど、過剰に見せすぎるのは良くありませんよね~。最近『予告編で見せすぎ』っていうコメントが珍しくなくなりましたしね(汗

そいえばラリーってフン族との会話ちゃんと成立していたように見えましたが、何ででしょうね?もしかしたら突っ込んじゃいけない部分なのかもしれません(笑

こんにちは☆
ちょっとした歴史の勉強にもなりましたね。
ベン・スティラーが出てるから絶対面白いと思ってましたが、子供はもちろん大人でもかなり楽しめましたね。もう一度観たくなりました♪
それぞれのキャラが個性的でした。Tレックスくんはワンコみたいで、お手させたいなぁ~

一石二鳥

>ゆかりんさんこんばんわ♪

子供向けな内容でもあり、歴史の勉強にもなったりと一石二鳥な映画ですね♪自分もポカホンタスは知ってたけど、サカジャヴィアは知らなかったクチなので、ちょっとだけ知識豊富になりましたw
自分はベン・スティラー作品は初見でしたが、この作品を機に注目したい俳優さんの1人になりましたねー♪彼の作品は絶対笑える・面白いというのも納得できますね♪

こんばんは☆

メビウスさん、こんばんは。
TB&コメントありがとうございました。

私は、実はこの作品には期待していませんでした。
いい意味で期待を裏切ってくれました(笑)
久々笑わせてもらい、いい気分です♪

はまってしまったら楽しい作品ですよね(笑)
わたしはT-REXの骨とやっぱり、、、
あのビンタ合戦がお気に入りです(爆)
マジで猿相手にやってたのかとおもうと・・・(爆)

オーウェン・ウィルソンが出てるのがビックリでした!

TBありがとうございました

メビウスさん、こんばんは♪
こういうファミリー向けのコメディってアメリカはお手の物ですよね!
大人から子供まで上手く楽しめるように作ってありました。
しかも、何気に歴史の勉強までできちゃう(笑)
あのネイティブアメリカンの少女(名前忘れた~)もきっとアメリカでは有名なんでしょうね~。

ビンタビンタ!

>ふぁんさんこんばんわ♪

たいして期待もしていなかった映画が面白い内容だと結構得した気分にもなりますよね。自分は予告編でT-レックスに追っかけられたその後が気になっていたので期待していましたが、その期待通りの面白さでしたねっ♪

>えふさんこんばんわ♪

ビンタ合戦は自分もツボにハマりました♪真顔でビンタ繰り出してるラリーと、人間相手に臆する事無くビンタするデクスターどっちも面白くて一番の笑い所でしたっ♪あれだとDVDの映像特典とか楽しみですね(笑

>ミチさんこんばんわ♪

ネイティブアメリカンの女性はサカジャヴィアという名前ですね。確かに覚えるには少々呼び難い名前・・(^^;)
公式サイトにも書いていましたが、アメリカの1㌦硬貨に描かれているくらいサカジャヴィアは有名なんだそうです。でも自分その1㌦硬貨すら見た事無いので、映画観るまでは全然知らなかったですね。

こんばんは

他愛ない話ですけど、大好きです。
映画の見世物としての楽しさを、これほどストレートに表現した映画って久々じゃないでしょうか。
もし自分に子供がいたら、この映画を観に行って、その帰りに博物館直行ですね(笑

メビウスさん☆

アハハ!
あのどんちゃん騒ぎで気付かないのはおかしいですねー☆
後始末は誰がするの?とか毎回ガラス割れたりして経費はどうなってんの?とかツッこむとキリがないですけど
楽しい映画でしたねー。
子供も楽しめますよね♪

TBコメントありがとうございます☆

博物館ブームになるかも?

>ノラネコさんこんばんわ♪

この映画の影響で、もしかしたら今年は動物園や水族館だけじゃなく、博物館の方も親子連れで賑わいそうな予感がしないでもないですねw
館内で『あの人形動きそう!!』とかワーキャー騒ぐ子供たちの姿がちょっと目に浮かびそうです(笑)

>migさんこんばんわ♪

ラストのどんちゃん騒ぎは終わり方としては良いですけど、後日談を考えると違和感感じますね(^▽^;)
館内がもうディスコ状態になってたから後片付けが大変そう・・・もしかしたらラリーは再度館長に怒られてクビになってたりとか悪い方向も考えてしまいますよ・・(汗

ベン・スティラー

メビウスさんこんにちわ。
予告やCMだとTレックスの追っかけがメインになってる
みたいな印象ですけど、実際はネタっぽいですよね(笑)
そうか50年間毎晩アレってのは考えもしなかったです・・・
ベン・スティラー始めてなんですか?
監督作の「ズーランダー」や「ドッジボール」「スタスキー&ハッチ」
なんかオススメですよん。超下品な「メリーに首ったけ」も
ありますし!^^

多彩な才能ですね

>kazuponさんこんばんわ♪

ラリーもT-レックスの扱いに四苦八苦していましたし、老警備員達もあれと同じ目に逢っていたかと思うと、ちょっと同情心が芽生えてきちゃいました(^^;)犬は可愛いですけど、あれだけ巨大だと可愛い以前に脅威でもありますね(汗
でもベン・スティラーはあの『メリーに首ったけ』にも出ていたんですね。監督もこなしたりと、ホント多彩な才能を持っていますね。出来ればコメディ以外でも彼の演技が観たいものです♪

こんばんわ☆

コメント&TBありがとうございました~!
ビンタシーンは面白かったですね。一つの行動を反復すると本当にコミカルになる秀逸な笑いでした。
僕もあの予告でT-REXがどうなるのか?という疑問をあおった感じが良かったと思います。
歴史の一部分を少しずつ知る楽しみもありましたし、ラリーが次第に生き生きしていく感じが素敵な作品でしたね♪

ウマイ♪

>orangeさんこんばんわ♪

恐竜って聞くだけでやはり凶暴なイメージを持つので、あの予告編でもそういった先入観を植え付けられちゃいましたね。実は犬だっていうオチを観た時は肩透かしをくらった反面、『ウマイ♪』とも思っちゃったりしましたし、ああいう良い見せ方をする予告編がもっとあればいいんですけどねー♪

今晩は☆★

メビウスさん
TB&コメントおおきにですv-237
メビウスさんもベンの映画は初めてだそうで・・・。
以前に映画のチラシで彼のお顔を拝見して、
それから気にはなっていた方なのですが。
今回この映画の役どころは本当にピッタシ!
そして何と!今や、コメディ映画界の頂点俳優
らしいです。

頂点

>mezzotintさんこんばんわ♪

なんとコメディ映画界の頂点に君臨する方だったのですか、ベン・スティラーは(^▽^;)自分も彼の作品を色々な方から聞きましたが、未公開作品も多い中、彼の出演作や監督作がかなり多くてびっくりです。知ってる人は知ってるのでしょうけど、自分は本作が初見だったのでなんか時代に取り残されてるような感じになっちゃいました(汗

こんにちは♪

>テディベアの由来ってルーズベルト大統領が元だった
えぇ~ッ!!知らなかったんすかッ!?これ有名な話ですぞえ。
まぁそれはさておき、理屈抜きで思いっきり楽しんで観ちゃいま
した。ラリーとサルの大人気ないマジビンタの張り合いは
最高ですよね~ボクもツッコミながら抱腹してましたもん♪
(゚▽゚)v

ビンタの威力

>風情♪さんこんばんわ♪

お恥ずかしながらテディ・ベアの語源全然知りませんでした(^^;)なにぶん興味が無かったもので・・(汗)トリビアの泉とか見ておくべきでした。
ビンタ合戦はシーンを思い出すたび、なんか思い出し笑いしそうです♪ビンタってやっぱり痛いですけど、デクスター役のサルのビンタの威力ってどのくらいあるんでしょうね?こればかりは食らったベン・スティラーしか分かりませんねw

細かいところは

確かにツッコミどころもあるだろうけど、
もう何よりもそれ以上に展示物が
動き出すっつ~発想が素晴らしく、
ただ動くだけじゃなくってみんなキャラが
しっかり立ってるところなんて本当サイコーに
楽しい映画でした♪
自分のところにもレスさせていただいたのですが、
リンクの件とてもありがたく思ってます。
是非よろしくお願いいたします。
それから、あたしの方もリンクさせて
いただいちゃっていいですか?

リンクありがとございます♪

>miyuさんこんばんわ♪

博物館の展示物って現実でも凄いリアルですから、『ひょっとしたら動くかも・・?』っていう子供心持った記憶があるだけに、それを実現した本作は大人になった自分も素直に楽しめる良作ですね。それに聞いた話では続編も企画されてるというから、まだまだラリーの奮闘は続きそうですねw

※それとリンクの件、了承して頂き有難うございます♪早速貼らせて頂きました(笑
あとmiyuさんの方のリンクも全然オケですよ。自分の方のリンクはフリーなので、こんな拙いブログで良ければ是非是非お願いいたします♪

コメントおーきに

Tレックスの可愛さが、ツボの映画でした。

それから、美しいサカジャウィア(合ってる?(笑))を
見つめるテディが、切なくて良かったです。

ビンタ合戦

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

Tレックスのほかにも自分はフン族の人達も好きでしたね♪あとおサルのデクスターも芸達者で、ビンタ合戦は腹抱えて大笑いしてました♪

PAGETOP