蒼き狼 地果て海尽きるまで

【監督】澤井信一郎
【出演】反町隆史/菊川怜/若村麻由美/袴田吉彦/松山ケンイチ/Ara/津川雅彦/松方弘樹/他
【公開日】2007/3.3
【製作】日本、モンゴル

【ストーリー】
12世紀末のモンゴル。モンゴル部族の長の息子として生まれ、彼らの始祖“蒼き狼”の生まれ変わりと言われたテムジンは、モンゴルの未来を担う存在として大切に育てられた。ところが14歳で父親を対立する部族に殺されると全てが一変する。母親が敵から略奪された身である事を理由に、父の部下たちに見捨てられてしまう。その上母は父と出会う前にすでにテムジンを身篭っていたという疑いが向けられる。苦悩しながらも不屈の魂を持つテムジンは、家族を守るため、そして自らが“蒼き狼”の血筋である事を証明するため、様々な困難に立ち向かっていく・・


【コメント】
学生の頃歴史の教科書で一度は聞いた事があるチンギス・ハーンという名前ですが、正直モンゴルを統一した偉大な人物と言うこと以外、自分も殆ど記憶に無かったりします(^^;)
今の歴史の教科書には劇中でもあったテムジン(チンギス・ハーン)の生い立ちや、部族間同士の争い、それに女性が戦利品と言う扱いを受けていた事まで詳しく載せているのか定かではありませんが、なんにせよ自分の知らなかった当時のモンゴルの情勢や、テムジンの凄絶な人生を描いてる本作は、『へぇ~』と思いながら新しい知識を脳に取り入れての鑑賞でもあった気がしますw

しかし構想27年、総製作費30億円の壮大な歴史超大作と銘打ってはいるものの、イマイチ『壮大』って雰囲気が伝わってこないのは、やっぱり日本人ばかりが主要キャスト等を演じている為か、どうにもアンチモンゴルみたいに見えてしまうんですよねぇ・・(汗
せっかく合作してるんですから、地元モンゴルの役者さんも主要キャストに加えて共演させて欲しかった所もありますね。それに日本語オンリーなモンゴルってのもやっぱり奇妙ですね。

でもモンゴルの軍の人達も協力した大平原での騎馬戦や、反町ハーンの即位式で使われた何万人ものエキストラ陣といったように、CGに頼らない本格的な部分等は中々見応えがありました。
即位式のシーンなんて、遠くにいる人達は絶対一部CGかと思ってしまいましたが、全部モノホンらしいですね。・・だけでモノホン故にか、ちょっと痛いシーンを発見してしまったんですよね・・。即位式でチンギス隆史が熱弁してる最中にエキストラの群集が一瞬映るシーンがあるのですが、そのシーンで大きくアクビしてるガキがいたんですけど・・(^▽^;)あれは気のせいでも見間違いでもないと思うんですけどね~?自分以外にも、他に発見した人がいればいいんですけどっ(苦笑


オールモンゴルロケも敢行し、日本でのスクリーン公開も400以上。そして本作の宣伝費用も膨大であったりと、邦画史上空前のスケールとなった『蒼き狼』ですが、全体的に観るとあまり突出したものが感じられず、個人的には淡々と観ただけの2時間30分だった気がします。
CG過多にならずリアル志向な戦闘シーンも確かに良かったんですけど、正面突撃のみの戦い方ばかりで何だか凄く単調にも見えてしまい、夜中に奇襲をかけるとか、別働隊を背後に回して挟み撃ちにする!とか、もう少し多彩な戦略も見たかったんですけどね。
テングリやアンダと言ったモンゴル特有の言語にもちょっと戸惑い気味でした



【3/6追記】
5日の深夜に本作のメイキングみたいなものが放映されていたので見たのですが、やっぱり自分って表面上の部分でしか観てなかった事を実感しました・・(--;)
騎馬戦で馬が入り乱れている中でのスタッフの命懸けの撮影や、即位式のシーンのためだけに1億ポポ~ンとつぎ込んだり、エキストラを運ぶため町のバスを全部チャーターしたりと、改めてスケールを大きさを実感した感じです。
表面上で観た評価としては↑の通り○ですが、出演者やスタッフ、それにエキストラの皆さんの陰ながらの努力も踏まえると、1つ評価を上げて◎としたいです♪

『蒼き狼 地果て海尽きるまで』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」は12~13世紀にかけて世界最大の帝国を築き上げる基礎を作ったモンゴル帝国の王チンギス・ハーンの半生が描かれた作品である。歴史書的には謎の多い人物ではあるものの、ゆえに世界最大の帝国を作り上げた人物像を知りたくなる作品であ
「史上空前のエンタテインメント超大作」としては、最初っから期待していなかったけれど時間だけは超大作(辛) 『モンゴルの大自然は広大だわ』、という感じではあったけれど、なんともホコリっぽい壮大さだったなぁ(笑)(以下、若干ネタに触れます)
12世紀末のモンゴル。モンゴル部族の族長・イェスゲイの息子・テムジンは、モンゴル統一という夢を抱いていた。しかし彼が14歳になったある日、父が毒殺された事をきっかけにして、部族はバラバラになってしまう。そして7年後、成長したテムジンはモンゴル統一に向けて
「ジャムカ、お前の勝ちやな・・・チッチキチー」
角川春樹事務所製作の超大作ですね、モンゴル建国の英雄にして世界史上最大の帝国を
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆ その英雄、蒼き狼の血と共にあらん 
感動度[:ハート:]          2007/03/03公開  (公式サイト)泣き度[:悲しい:]壮大さ[:富士山:][:富士山:]満足度[:星:][:星:] 【監督】澤井信一郎 【脚本】中島丈博【原作】森村誠一 『地果て海尽きるまで 小説チンギス汗』 【時間】136分【出演】反町隆史/菊
先日、映画「蒼き狼~地果て海尽きるまで~」を鑑賞してきました。この映画は歴史上に実在する人物・チンギス・ハーンの波乱万丈な人生を映画化したストーリー。
  私は、あなたの息子として死ねるでしょうか?    評価:★5点(満点10点) 2006年 136min監督:澤井信一郎出演:反町隆史 菊川怜 若村麻由美 Ara 袴田吉彦 松山ケンイチ史上最大の帝国を築い...
 初っ端のシーンから映画に入り込めない違和感。 序盤の重要性をなんと心得ているのかと問いたい。  エキストラの人数や、馬の話は聞き及んでの通り。 あのCG、VFXでない群集の迫力は是非とも大画面で堪能してほしい。 モンゴルの壮大な景色はやはり圧巻。
近ごろ純粋に映画のおもしろさの評価ができなくなってきている。この映画が現在の日本映画界に存在することそのものが偉大で、恐怖すら感じられてしまうのだ。
突っ込んだらアカン,ツッコんだらあかん!
反町くんで、角川で・・・なんとなぁくTVドラマの『戦国自衛隊』思い出しながら^^;とりあえず、まぁ検証!っとレディースディの1本目『蒼き狼 地果て海尽きるまで』観にいってきました。客層が、やっぱり若くないし(爆)抗争する遊牧民、負ければ男は殺され、女子供
いわゆる日本の大作映画という感じですね。 オールモンゴルロケということで、それこ
蒼き狼 地果て海尽きるまで なぜ今モンゴルなのか、チンギス・ハーンなのかという疑問は、さておき見てまいりました。 モンゴル建国800年だかららしいけど、 ポイズン主演でチンギスハン映画を作る意味はよくわからんのだが。 まあ、これぞ角川映画だよなあってかん
1日3本強行軍ですので 後日またゆっくりUPしなおすとして とりあえず感想を。 Akira's VOICEのAKIRAさんとこで 「俺は何者なのだ」 日本人やないかい! はい,スッキリ。w って書き込んでたのがもう思いっきりウケてしまって 同じツッコミをしたくて行ったような
地上最大の帝国を築いた男、チンギス・ハーン人は彼を、”蒼き狼”と呼んだ今、初めて明かされる歴史に隠された英雄の素顔と苦悩壮絶な戦いの果てに、男が見たものとは・・・
『蒼き狼』鑑賞レビュー!地果て海尽きるまでモンゴル建国800年記念作品角川春樹事務所創立10周年記念作品蒼き狼の末裔チンギス・ハーン歴史に秘められた英雄の素顔が、今解き明かされる!ハーンが抱いた野望の根源に迫ろうとする人間味たっぷりの偉人伝 ★review★本作は、
映画「蒼き狼 地果て海尽きるまで」見に行ってきましたヽ(´ー`)ノ続きから感想ドウゾ。
今週は見たいものがいろいろあったのでシネコン2軒はしご。こちらは2本目で、「川崎チネチッタ」に移動。いやー、2時間半の映画を続けて2本は、きついなーーーっ。
蒼き狼 地果て海尽きるまでを観て来ました。【story】部族間の闘争が激化していた12世紀のモンゴル。ボルジギン族の長の妻ホエルン(若村麻由美)が出産。テムジン(反町隆史)と名付けられたその子こそ、後のチンギス・ハーンである。14歳になったテムジン。...
毎月1日は映画の日 1本1000円 こんな割引デーを逃さず3本(笑)蒼き狼 地果て海尽きるまで ?- http://www.aoki-ookami.com/ Yahoo!ブログ - 蒼き狼 地果て海尽きるまで ?- http://blogs.yahoo.co.jp/aokiookami2007/ Yahoo!映画 - 蒼き狼 地果て海尽きるまで
今さらながらという感じだが『蒼き狼 地果て海尽きるまで』を見てきた。あまり評判は良くないが、モンゴルの広大な平原での撮影ということで、映画館で観ておくべき作品だと思ってのこと。
蒼き狼 地果て海尽きるまで2007年   澤井信一郎 監督  原田徹 セカンドユニット監督  角川春樹 制作総指揮  森村誠一 原作反町隆史 菊川怜 若村麻由美 袴田吉彦 松山ケンイチ Ara 野村祐人 保阪尚希 榎木孝明 津川雅彦 松方弘樹コーエー(光...
監督:澤井信一郎 原作:森村誠一出演:反町隆史 、菊川怜 、若村麻由美 、Ara 、袴田吉彦 、松山ケンイチ 公式サイトママの評価:☆☆☆★★構想27年、製作費30億と言う巨額を注ぎ込み作られた「蒼き狼 地果て海尽きるまで」。この手の超大作で、しかも...
蒼き狼 地果て海尽きるまで 出演 反町隆史、菊川怜、若村麻由美ほか エキストラの
本当に壮大だけど、良くも悪くも角川映画の流れを汲んでいるなぁ
監督:澤井信一郎出演:反町隆史、菊川怜、松山ケンイチ、Ara、袴田吉彦、野村祐人、平山祐介、池松壮亮、保阪尚希、若村麻由美、松方弘樹評価:50点壮大なモンゴルの大自然の映像に40点。CGを使わず、本物の人と馬で撮影したという迫力のある戦闘シーンに20...

コメントの投稿

非公開コメント

お!早速見ておいででしたね。
日本語でというのはやっぱ、現地の様子がつかめないという点で
奇異かなあと思っていました。現地の人はエキストラ程度の出演でしたか。
先日の「墨攻」が中国語でカッコよかったので、比べてしまいますね。
そもそも、反町が主役というのも弱いなあとの思いがあります。
2週間後に私は「モンゴル馬頭琴コンサート」に行くので そこでチケットが
当選するのを期待しています。外れたらあきらめて自腹で見に行きます。

リアリティ

メビウスさん、こんばんは。
戦い方の単調さは、「城がないからかなー」なんて思ってました。
なんといっても騎馬戦のみですからね。

>大きくアクビしてるガキ
あははは(笑)。
それは見つけませんでしたが、逆にリアルなんじゃないですか?
それよりも、私はEDでの青い空と雲のなかに、一直線の飛行機雲を見た気がして???でしたよ。

馬頭琴は美しい

>香菜さんこんばんわ♪

早速観たのですが、少し期待過剰だった所もありましたね(^^;)日本人の主要キャスト全員がモンゴルの言葉で演じていれば、それこそ凄い本格的に感じたですけどね。
そいえば劇中でもモンゴルの弦楽器、馬頭琴が出ており、美しい音色を奏でておりました♪香菜さんの当選を自分も願っておりますよ♪

>たいむさんこんばんわ♪

大きくアクビしてるガキは確か真ん中くらいにいたんですよね。エキストラの人達もやっぱり飽きてたんじゃないのかなー?なんて思っちゃいました(笑
でも飛行機雲があるというのもまた珍妙ですね。12世紀のモンゴルに飛行機が飛んでいたわけでもないし・・編集した人はかなりチェックを怠ってますね(^^;)

こんばんは

>日本語オンリーなモンゴルってのもやっぱり奇妙
やっぱりそこが一番辛いですよね。ハリウッド映画でも舞台が英語圏じゃないのにバリバリ英語を喋ってるというのが多々ありますが、やっぱり違和感がありますしね。全編日本語の『硫黄島からの手紙』がどれだけ凄いかが分かります。
ちょっと話はズレますが、新人のAraは「お前実は現地人か?」と突っ込みたくなる位日本語がヘタクソでしたね(笑)。

アクビ

あ~俺も見ちゃったかも(笑)
エキストラの失態としては『燃えよドラゴン』がおすすめです。
ヒゲ面の男との戦いのシーンで、大笑いしているエキストラがいますよん♪

こんばんわ

≫そのシーンで大きくアクビしてるガキがいたんですけど・・(^▽^;)

メビウスさん、いつもながら、見ている箇所が細かいですねえ・・感心してしまいます。私なんか、反町さんの絶叫にも近い雄叫びに圧倒されてしまって、それどころではありませんでした(苦笑)。

前評判はあまりよくなかったようですが、案外そんなに悪くもないんですよね。映像も迫力があって、音響も良かったと思います。

義経が海を渡ってチンギス・ハンになったという伝説に基づけば・・キャストがオール日本人でも間違いはないのかもしれません(苦笑)。

たまたま発見

>えめきんさんこんばんわ♪

全編日本語にしなければいけないのは長期のロケ滞在とは言え、主要キャスト全員にモンゴルの言葉を覚えさせる時間が無かったせいもあると思いますね。かといってモンゴルに来る前に覚えようとしてもその分時間も押しますし、やはり製作側にの色々と妥協しなければいけない所があったんでしょうね。
そいえば昨日テレビで放映されたメイキングでAraがオーディションで選ばれた理由を角川氏がオーラがどうとか・・・なんて言ってましたw

>kossyさんこんばんわ♪

やっぱり2万人以上もエキストラがいるんですから、それを1つに纏めるっ事事態が無理ですよね(^^;)反町ハーンの即位式を見て、暇ぶっこいてた子供もいたって証拠ですねw
しかし『燃えよドラゴン』にもそんなNGシーンが?昔に観たきりですから、気付かなかったですね~(^^;)

>睦月さんこんばんわ♪

ははは・・(^▽^;)人より違う部分を見て意外なものを発見できればいいんですけど、今回はホントたまたまでしたね。真ん中辺りを観てたらちょーどそのアクビしてる子供がいたんですよね。棚からボタモチかな?(笑

※でも義経伝説は諸説ありますけど、海渡ってチンギス・ハーンになったっていう説は初めて聞きました(^▽^;)それじゃあ弁慶は誰でしょうね?ジャムカ?(爆

TB&コメありがとうございます!

メビウスさん、こんばんは♪
観てきました~。
日本語も気にならなかったし予想していたよりも見れたんですけど
そんなに面白いところもなかったです(爆)。
大作って割にはスケールが小さく感じますよね~。
戦闘シーンもせっかくCGを使わないんだったらもっと凝って欲しかったです。
アクビの子、探したんですけど見つけられませんでした~(笑)。

こんばんわ!メビウスさん!

おぉー!あくびしてたガキがいましたか!それは気づかなかったな!
それにしても名前だけモンゴルで会話はすべて日本語でしたね!なんだかすごく違和感を覚えましたけど、、、。
キャストもそれぞれの良さを生かしきれていないというか、、、。
期待していたんですけど、正直消化不良でした、、、。残念!

だんだん自信が・・

>こーいちさんこんばんわ♪

面白く観れなかった要因としては、やはりお話が堅すぎて笑わせる要素などが1つもなかったのも含まれるのでしょうかね~?大笑いさせないにしても、ユーモアがある箇所を見せてクスッと笑う程度も良かったんですけど、そんな場面も無かったような~・・・?(汗

>あっしゅさんこんばんわ♪

うう・・あれから色々な方のブログも見てますけど、あくびしてる子供を見たという記事が1つもありません・・。こうなるとやはり自分のみ間違いだったのかもと自信が無くなって来ました・・(滝汗)でも真偽確かめるためにもう1回映画料金払うのもなんだかなーな感じですし、もうDVD早く出て!!としか・・・(^▽^;)

真面目な中にも

笑いを求めてしまいまして^^;
たこ焼きほっぺの菊川玲に、一人ほくそ笑んでました(爆)
うたた寝しなかったの、そんなちょっとしたおかしさが
ツボにはまってたのでしょうか
あー欠伸をしたガキンコ 見逃したのが残念です~

気のせいかも・・

>にゃんこさんこんばんわ♪

歴史大作に笑いを含めるっていうのは思いのほか難しいかもしれませんね。洋画とかならアメリカンジョークとか交えて話せるから良いかもしれませんけどw
欠伸をしたガキは、もしかしたら自分の気のせい・・・って可能性も高くなってきました・・。誰も発見していないので(汗

こんにちは!

いぁ、追記しないといけないようだから、ダメ映画だと思います。
それだけお金使って、スタッフが命かけたのに、この出来だと言うことでしょう。
だって、自分の子供かどうかわからないから虐げるストーリーなんて、偉大なチンギスには、似合いません。お話が、小さすぎる。
あれ?あたしがぶった斬っているじゃないですか!

斬ってなかったり・・

>猫姫さんこんばんわ♪

ブログタイトルの割には最近ぶった斬ってないメビウスだったりします(^^;)このブログタイトルもほぼ思いつきですしね~。猫姫さんの方がよく斬ってるw(笑)
ロングランとかされていないところ見ると、やっぱり元取れなかった映画なんでしょうか?角川氏も焦っていることでしょう・・(汗

公開が終わらないうちにときょうやっと見て来ました。
辛口評ばかり聞いて行ったのでドキドキせず見れました。

一番思ったことは モンゴルについてもっと説明になるシーンを
出してほしかったなあということです。
平原のでかさとか 夜になると真っ暗で満天の星だとか
馬頭琴を奏でるシーンとか 食べるシーンとか……。
コンサートでは説明があってよかったのです。

反町は怒鳴るセリフの時、何を言ってるのかわかんなかったわ。
あんなだったら 平原に声が吸収されちゃう~。
ジャムカ役の平山祐介が活舌よく聞きとりやすかったので
鍛えた役者さんかと思ったらモデル出身と知りビックリ!
エンドロールでケイタリングの人もいてこれまたビックリ!
モンゴルクルーが漢字だと思ったら英語でビックリ!
Thaiクルーってあったけど どこでなの?とビックリ
など ビックリ!が多かったです。

それと教科書の挿し絵のジンギスハンは太ってたので
反町のほうが「蒼き狼」のイメージには 合ってました。

知識少ないと不利ですね

香菜さんこんばんわ♪

自分もモンゴルを題材にした映画って殆ど・・・・と言うか全然観ていないので、モンゴル知識とか少ないとちょっと付いていけない所とかあるのは否めませんね。テングリとかモンゴル独特の用語も飛び交っていましたしね。
でもモンゴルクルーが英語圏というのは本当に驚きですね(^^;)現地の言葉で話さなかったんでしょうか?通訳が何十人もいたと聞きましたが、理由が分かった気がしますw

PAGETOP