真救世主伝説 北斗の拳 ユリア伝

【監督】えだひでひと
【声の出演】阿部寛/宇梶剛士/石田ゆり子/桐本琢也/堀内賢有/三木眞一郎/デビット伊東/他
【製作】日本

【ストーリー】
世界大戦後の荒廃した大地。そこは国家も社会秩序も崩れ去り、混沌と狂気が支配する暴力の荒野と化していた。ある男は己の願望に生き、ある男は乱世に覇を唱え、またある男は人々の為に戦おうとした・・
そして最強と呼ばれる男達の中、未来を希望の光で照らそうとする女性がいた。その女性の名はユリア・・・星々と彼女の宿命が響き合う・・・


【コメント】
全5作のシリーズからなる『真救世主伝説 北斗の拳』の第2弾である本作ユリア伝。別な視点で描かれた新しい北斗の拳とはいえ、去年の『ラオウ伝 殉愛の章』は個人的に観ても不満爆発な出来であり、残りの4作もかなりの不安を感じたのですが、その不安が本作でも見事的中してまたまた残念な出来ばえでした・・。

今回はユリア伝だけあって、北斗の拳のヒロインであるユリアの視点から描かれたものになっており、ビルから飛び降りて南斗五車星に助けられたその後どうしてたんですか?とか、南斗最後の将になってからどんな事してたんですか?等々、漫画の方で見られなかったユリアの色々な足跡を辿るストーリーとなっておりました。
ケンシロウが戦っている間に、別な場所でユリアと五車星も来るべきラオウとの戦いに備えて密かに活動していたと言う内容は、原作で詳しく明かされていなかった分確かに新鮮味があって見応えのある部分だったと思います。しかし去年の『殉愛の章』と違い、ユリア伝はOVA作品なためか収録されている時間が65分と大変短く、そのせいでユリアの足跡を矢継ぎ早な展開で観せられる羽目になってしまい、何とも淡白な感じに見えてしまう。声優を担当した石田ゆり子もあんまり感情が入っていないような喋り方でしたし、なんかあの宇梶ラオウと匹敵するくらい合ってなかったと思います・・

そして65分と言う短い時間が災いしてか、ユリアのみならず本作で登場するシン、ジャギ、レイの3人の扱いが去年のサウザーより更に酷いものとなっており、もう完全なチョイ役状態・・。これには本当にガッカリしました(--;)
ジャギなんてシンに悪魔の囁きするだけに登場したようなもんですし、レイに至っては唐突に出て来て唐突に死んでと何がしたかったのか意味不明です。如何にも『原作読んだ人なら分かるでしょう』みたいな作り方で凄い大雑把。雑に見せると逆に不快だから、最初から出さなかったほうが良かったんじゃないでしょうか?


今年公開される第3弾『ラオウ伝 激闘の章』に続く伏線のようなものでもある『ユリア伝』ですけど、個人的には『ラオウ伝 殉愛の章』よりもつまらなく、この先のシリーズの更なる不安をも掻き立てさせるような駄作ぶりでした。
大塚明夫verの『退かぬ!媚びぬ!!省みぬ!!!』をまた聞けたのは良かったですけど・・

『真救世主伝説 北斗の拳』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを
ついにきました。北斗の拳ONLINEクローズドβ募集
映画3本+OVA2本、計<五部作>でリメイクするというプロジェクトの2作目で、前作(『真救世主伝説 北斗の拳/ラオウ伝~殉愛の章~』)には登場しなかった、ある意味で『北斗の拳』世界の元凶とも言うべきユリアを中心に据えた1時間強のOVA作品。いきなり聖帝サ
最新芸能ニュース
人気漫画「北斗の拳」で主人公と闘って死んだ登場人物「ラオウ」を弔おうと、“葬儀”に当たる「ラオウ昇魂式」が18日夜、東京・高輪の高野山東京別院で行われ、冷たい雨の中、芸能人やファンら約3000人が参加した。 根強い人気があるラオウの最期を描くアニメ映画が
【2007年オリジナルビデオ】製作国:日本監督:うえだひでひと原作:武論尊(作)、原哲夫(画)声の出演:阿部寛、石田ゆり子、宇梶剛士、デビット伊東「真救世主伝説 北斗の拳」シリーズの第2弾。南斗慈母星の宿命を背負ったユリアと、ケンシロウ、ラオウ、シン、南斗五車
あらすじケンシロウ、南斗聖拳のシン、そして、ケンシロウの最大のライバルとなるラオウなど、最強と呼ばれる男たちの中で翻弄されつつも、ユリアは自らの思いを貫いていく。混乱と混沌が支配する狂気の世界の中で、ユリアが照らす希望の光の先に何があるのか・・・。感想...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは☆
こんな短い時間でまとめたもんだから名場面集みたいでした。
大好きなレイが出てきたかと思ったらあの扱い、、、ひどいですね。
見るつもりは無かったんですがつい・・・
ほんとに原作を読んでいないとよくわからないでしょうね。

ファンにはガッカリ?

>ゆかりんさんこんにちは♪

レイは北斗の拳の中でも結構人気が高いキャラだとも思いますし、ファンにとってあのチョイ役ぶりは本当にガッカリ来る所だと思います(--;)自分はジャギがお気に入りだったので、彼にももう少し活躍して欲しかった所ですね。

でも正直このユリア伝観なくても次の『激闘の章』にはなんら問題は無いと思うのですけどね~。なんか無理矢理ユリアの足跡をストーリーに突っ込んだ感じに見えちゃいます(汗

コメントありがとうございました

石田ゆり子のユリアは、ほぼサンでしたね(^_^;)

レイは、あんな登場のさせ方なら、辻褄が合わなくなりますし
出てこなくても良かったですよね。

ブルテリア好きの為に作ったような作品でしたね(笑)

ダメユリア

>YOSHIYU機さんこんばんわ♪

石田ユリアはまだサンが抜け切れていないんでしょうかね~?もうちょっと感情込めて演じて欲しかった所もあります。
レイもかなり人気のあるキャラクターですから、あんな拙い登場だと、ファンのお怒りを買うのも必至。ホント、中途半端に出すくらいならそのまま出さないで通しちゃった方が良かったと思います。

ケーブルテレビで少しだけ見ました。石田ゆり子さん・・・正直言ってヘタ・下手ですね。同じゆり子でも、山本ユリアと雲泥の差です。あの人、演技してないもん。台本読んでるだけだし・・宇梶さんも、ラオウの声質じゃないと思う。多感な10代の頃に見た、北斗の拳のイメージ壊さないで欲しい。あの程度の演技なら、私でも出来ます。スタッフってなに考えてるの?神谷さん・内海さん・山本さんこそが、本当の役者さんです。異論のある人いますか?

ワースト

>石田ユリアさんこんばんわ♪

こういったOVAや劇場用アニメでもそうですが、タレント声優は大抵話題性作りの方が優先されて、実力度外視で起用される事も多々あるので、自分も正直非声優さんは苦手です。それに北斗の拳は漫画でもアニメでも長年ファンに愛され続けている作品ですから、こういう部分で作品の質を落とされるとなると、ファンの方も納得行かないと思いますね。まだ最後のケンシロウ伝は観ていませんが、一応5部作の中ではこのユリア伝がワーストですね(汗

高校生になる男の子が、北斗の拳に興味を持つようになりましたので、アニメと平成版を見せました。宇梶ラオウや石田ユリアの台詞を聞いたとたん、もういいって(笑)内海ラオウ・山本ユリアの演技は、言う事ないって(笑)私は、ファルコが好きなので、理由を言うと ママもかわいいねといわれました。

破壊力バツグン

>聞ける演技をしてねさんこんばんわ♪

北斗の拳は漫画とアニメともに未だに印象に残ってる作品なので、やっぱり自分もキャストが一新された真の方は最初違和感がたくさんありましたね。宇梶ラオウに石田ユリアは特に破壊力バツグンでしたし、旧作のアニメに思い入れがある人ならかなりキツカッたとは思いますねぇ(汗

ちなみに平成版とはひょっとしてOVAの子安の方でしょうか?^^;

石田に宇梶 最悪・聞く価値なし

タレント声優さん

>司さん♪

タレント声優さんの起用事態は悪く思ってはいないのですが、それがちゃんと適役かどうかで良し悪しが真っ二つになっちゃうんですよねぇ・・^^;残念ながら石田ユリアに宇梶ラオウは自分も力不足を感じずにはいられませんでした。でもユリア伝はストーリーも輪をかけてひどかったので、ちょっと目も当てられませんでしたねぇ・・(汗

PAGETOP